英雄たちの物語はここから始まった!「桃園の誓い」とは?

英雄たちの物語はここから始まった!「桃園の誓い」とは?

三国志は今から約1800年前、昔の中国の史実です。(史実を元にした小説でもあります。)役人のわいろなどが横行し、治安の乱れた世を正そうと同じ志を持った若者3人が出合うところから三国志ははじまります。この出会いのシーンで最も有名なのが「桃園の誓い」なのです。


3人の若者とは

 この3人の若者の出会いのきっかけとなったのは、とある盗賊の軍団を討伐する義勇兵を募集する立て札の前です。
(この盗賊の軍団は黄布の賊と呼ばれ、後漢に反乱を起こしていた軍団です。しかしその内容は略奪など、ただの盗賊軍団でした)
 まず、その立札の前で劉備(玄徳)が力のない自分を振り返ります。実はこの劉備(玄徳)は前の王朝、つまり前漢の皇帝のひ孫です。
この時の劉備(玄徳)はこう悩んでいました。
『軍隊となるような人材を集められるお金があれば、きっと黄布の賊を倒す事が出来る。しかし今の自分にはそのお金が無い。』
そこへ声をかけたのが張飛です。そして、立て札の前で自分の力の無さに苦しみつつ立ち去ろうとする劉備(玄徳)に声を掛けます。
 『お前は人々のために戦う気はないのか。そのまま立ち去って恥ずかしくないのか。』
 憤る張飛に、劉備(玄徳)は『自分にはそれだけの力が無く情けなく思っている』と正直な気持ちを伝えました。
その正直さに共感した張飛は劉備(玄徳)に『俺には多少のたくわえがある、一緒に戦おう』と誘います。
 その後、居酒屋で理想について語り合う2人の前に現れたのが関羽でした。
酒場の店主に『俺はこれから黄布の乱と戦いに行く。景気づけに一杯やってゆくぞ』と大声で話す関羽にただならぬものを感じた劉備(玄徳)と張飛は、関羽とも意気投合。それが、この3人の出会いとなります。

劉備(玄徳)・張飛・関羽はそれぞれどんな人物だったのか

劉備(玄徳)はすでに述べたように、前王朝(前漢)の皇帝の末裔です。しかしその時は母と二人でわらじやむしろを作ってつつましく暮らしていました。
(父は子供の頃に死亡しています)今の王朝である後漢の政策を嘆いており、自分に力があれば人々を幸せに出来る国を作ることが出来るのにと歯がゆい思いを抱えていた若者でした。
 
 張飛は代々商人の家系でしたが、非常に武術に優れた若者でした。まっすぐで正義感が強いけれど大酒呑み粗暴、でいささかトラブルメーカーな一面も。しかしこの張飛が劉備(玄徳)を見出さなかったら三国志は始まらなかったのです。(張飛が劉備(玄徳)に声をかけたのは、他の人と違う何かを感じたからだと伝えられています。)

 関羽は流れ者。とはいっても決してならず者ではありません。荒れた国を憂い、各地を転々としてはその土地の暴れ者や盗賊を切り捨てて生きてきた者でした。武術に関しては3人の中で最も優れていたと伝えられています。

 この3人に共通するのは正義感です。劉備(玄徳)は高貴な血筋ながらそれを鼻にかけるすことも、本当ならば自分が王族だったのになどと嘆くこともありません。ただ純粋に人々の不幸に胸を痛め、民衆が安心して暮らせる国を作りたいと願っています。
 張飛・関羽も同様で、武術に叩けていますがそれを使っての立身出世を願うという事は全くありませんでした。
 劉備(玄徳)・張飛・関羽の3人はただその強い正義感から人々の幸せのために立ち上がったのです。
 三国志がこうも長く語り継がれた理由の1つは、この3人の生き様のカッコよさにあると言って良いでしょう。
 ちなみにこの時代、日本は弥生時代でようやく稲作が始まった時期でした。

桃園の誓いとは?

ところで、この三国志でよく聞く桃園の誓いとは何でしょうか?
 それは、この劉備(玄徳)・張飛・関羽が酒場で意気投合したのち、張飛の自宅裏にある桃園でそれぞれの志を誓い合った事から来ています。
 時期的に、ちょうど桃の花が満開だったとか。それが史実かどうかはともかく、この3人はこの桃園で兄弟の誓いを立てます。
『我ら3人、生まれた日も時も違えどもここに兄弟の契りを結ぶ。心同じくして助け合い、困窮する者たちを救う。上は国家に報い、下は民の安らかな暮らしのため労を惜しまん事を誓う。生まれた日も時も違えども、死する日は同じ事をここに願うなり。』
 こう言って、劉備(玄徳)を長兄・関羽を次兄・張飛を末弟として義兄弟として生きる事を誓ったとされています。
 これが有名な桃園の誓いなのです。
 短いシーンですが、三国志の中でも最も有名と言っても良いシーンです。満開の桃の花の下、同じ理想を持ち、人々の幸せのため戦う事を誓い合う3人の若者というのは何とも絵になる図ですよね。

史実なの?

実は、この桃園の誓いは後にこの3人を主人公に作られた小説の中のフィクションなのです。三国志自体は史実を元に描かれており、劉備(玄徳)、張飛、関羽ももちろん実在の人物です。が、実際に桃園で誓いを立てたという史実は残っていません。もしかしたら実際にあったかもしれませんが、史実にいちいち『桃の花の下で誓いを立てた』とは書きませんよね。でも、全くの作り話ではないのです。正式な史実には『劉備(玄徳)は常に張飛・関羽を実の兄弟のように親しみ、なおかつ誠実であった。張飛・関羽もまた常に劉備(玄徳)備の傍で補佐役に徹していた。』という内容の記述があります。この3人が同じ理想を持って戦った事は史実であり、その史実を基にしたフィクションなのです。
 この桃園の誓いは、本場中国の人々にとっても大変に心を打つシーンであるようで、張飛の家があったとされる近くに石碑が立っていたりしています。
 この石碑の場所は、劉備と張飛の生まれ育った場所。当時の幽州涿群涿県です。現代でいうと黄海の奥にある入り江近く。ここには「三義広場」という三国志の記念館広場のようなものも建っています。三国志ファンにとっては聖地ですが、北京から1時間ほどという好立地にもかかわらず交通機関が整っていないため、たどり着くのはなかなか大変な場所のようでもあります。

『三国志』の名前の由来

 その後、三国志の物語は登場人物をどんどんと増やしてとてつもなく長く続いて行きます。
 黄布の乱に関していえば、3人で人を集めます。資金難にも悩みましたが、黄布の乱のお陰で仕事に支障をきたしてい隊商から金銭的援助を受け、乱を起こしていた賊軍を蹴散らして名を上げます。
 その名は朝廷にまで届きますが、役人にワイロを渡さなかった劉備(玄徳)は働きの割には低い地位しか与えられません。
 それでも誠実に役職をこなす劉備(玄徳)ですが、さらに国を荒らす野心家たちが次々と出てきて戦いが続く…
 三国志というタイトルは、この後に後漢が滅び(邪心を持った野心家たちによって滅ぼされます)その国は魏・呉・濁の3つに分裂(三国時代)します。ばらばらになった国ではやはり悪政が行われていました。それを再び新しい国に統一するために戦った事に由来しています。
 もちろん劉備(玄徳)・張飛・関羽も活躍しますが、彼らの子孫の代にまで話が続く一大歴史ドラマなのです。
 桃園の誓いは、この壮大な歴史ドラマのエピローグだったのです。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

218年、三国志の永遠のライバルたる曹操(孟徳)と劉備(玄徳)の勢力が激突します。それまで、常に強大勢力の曹操(孟徳)が矮小な劉備(玄徳)を「追う」構図でしたが、荊州・益州を支配し一大勢力となった劉備(玄徳)が曹操(孟徳)の勢力を次々と打ち破って行く展開となって行きます。最初の攻防は蜀の張飛(翼徳)と魏の張郃(儁乂)。戦いの経過を見て行きます。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。