一途な武将や愛妻家は誰!?三国時代のフェミニストに迫る

一途な武将や愛妻家は誰!?三国時代のフェミニストに迫る

日本では一夫一妻が常識とされていますが、時代によっては変わるもの。跡取りを必要として多くの側室を抱えたという日本の戦国時代にも一途な武将は沢山いました。これは三国志でも同様なのでしょうか?そこで今回は一途に女性を愛し続けたという三国志の武将を紹介します。


生涯一人の女を心に思い続けた夏侯尚伯仁

夏侯尚伯仁と聞くとわりとマイナーな武将なのでご存じない方もいるでしょうが、お察しの通り夏侯淵妙才と関係しています。実は夏侯尚伯仁という人は夏侯淵妙才の甥であの曹操孟徳の息子である曹丕子文の親友だった男です。

夏侯尚伯仁には愛する愛妾がおりました。正室がいるのなら一途ではないじゃないかと思った方もいるかとは思いますが、夏侯尚伯仁にとってはこの愛妾こそが他の女性に目もくれないほど夢中になれる存在だったのです。

当然、この時には夏侯尚伯仁には正室がおりました。この正室というのが何を隠そう曹氏からもらった正室でした。しかしながら、正室に目もくれなかったことで親友である曹丕子文は怒って愛妾を殺害してしまいます。

恋は盲目とは言いますが、正にその通りで夏侯尚伯仁と曹丕子文の仲を壊してしまったのも夏侯尚伯仁の愛妾に対する一途な思いでした。それからというもの夏侯尚伯仁はおかしくなってしまいました。毎日、愛妾の墓を掘り起こしては愛妾の顔を眺めていたそうです。

愛妾が亡くなった時期は定かではありませんが、愛妾が亡くなってそう立たないうちに夏侯尚伯仁も後を追うようになくなったそうです。愛妾は彼にとってかけがえのない運命の人だったのかもしれません。あの世では一緒になれると良いですよね。

妻黄月英を愛し続けた天才軍師諸葛亮孔明

三国志を知っている人なら誰もが知っている天才軍師諸葛亮孔明 は愛妻家としても有名です。側室を取るのが当たり前だった三国志の時代において諸葛亮孔明は黄月英以外の女性を側室に迎えようとはしなかったのです。

とはいえ黄月英夫人との間にほのぼのとして恋愛エピソードが潜んでいるといったことはあまり聞きません。実は諸葛亮孔明は黄月英夫人を愛している以前にその能力を認めていたと言われています。というのも実は彼女との結婚は諸葛亮孔明が嫁探しをしていると聞いた黄承彦という荊州の名士が自分の娘をと薦めてきたことから決まりました。

黄承彦は自分の娘は肌は黒く髪は赤いが、頭の出来のほうは諸葛亮公明と釣り合うくらいの才女だと薦めてきました。肌が黒く髪が赤いという時点で恐らく黄月英夫人は異民族であったと考えられます。

諸葛亮孔明が黄月英夫人を嫁にもらうと周囲からは諸葛亮孔明の嫁探しだけは絶対に見習うなと笑われたというエピソードがあります。というのもこの当時の感覚では黄月英夫人は女性としては醜く、いわゆるブスと呼ばれる女性であったと言われています。

しかし、諸葛亮孔明はそんなことは気にしませんでした。結果的に黄月英夫人は内助の功で夫である諸葛亮孔明を支え続けました。また、発明の才能にも優れており、非常に頭の良い女性であったと言われています。頭の良い孔明だからこそ頭の良い女性を選んだのでしょうね。

人間は見た目が8割で決まると言われていますが、頭の良い男性や女性は恐らく人を見た目で判断はしないのでしょう。しっかりパートナーとして歩んでいく中でお互いにメリットのある結婚を選んだのではないでしょうか?だからこそ他の女性に流されない孔明。格好良いですよね。

13人の妻に贈る遺言。意外とフェミニストな曹操孟徳

曹操孟徳と聞くと亭主関白そうだとか、ちょっと怖そうだなんて感じる方もいるでしょうが、そんなイメージとは打って変わって実はフェミニストだったりする部分もあったりします。意外と思われるかもしれませんが実は亡くなる直前に曹操は13人の妻に遺言を残しています。

葬儀が済んで残った香を13人の妻に分け与えるように指示を出したり、子供のいない側室が自分の死後、宮殿を追われる可能性があると考えた曹操孟徳は側室が追い出されたとしても生活していくことができるように手に職をつけるべきだとして組み紐の飾りをつけた下駄の作り方を習わせるように指示をし、夫人たちが自分の死後も困らないように手配しました。

日本の戦国時代もそうですが、女性は政略結婚の道具であったり、子供を産むための道具といった認識も当時はあった中で、曹操孟徳は妻13人に対して自身の死後の人生に困らぬようにと配慮するあたりが物凄く優しいとは思いませんか?

冷酷非道やクールなどといったイメージのつきまとう曹操孟徳ですが、自身のライバルと呼べるような武将たちにとってはそのような人間だったのかもしれません。未亡人にもそんなの関係ないと言い寄る女好きのスケベ親父だと思いきや、単に下心だけで女性にアプローチをかけているわけではないということがわかります。

女性に優しい男性は今も昔もフェミニストだとかモテるだとか言われますが、意外と曹操孟徳はモテてはいませんでした。それでも13人の妻に対する配慮の話を聞いてしまうと曹操孟徳に惚れてしまう女性も現代にはいるのではないでしょうか?

女性に優しい男性はいつの時代も素敵だということ

今回は女性に対して一途な男性や優しい男性について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか?夏侯尚伯仁のように運命の人かと思うような女性に出逢って恋をしたかと思えば結果的に周囲に祝福されず恋人を殺され後を追うようなドラマのような恋愛をする人も良いですよね。

諸葛亮孔明のように醜い容姿の夫人を持っていたが為に、周囲からはとやかく言われるものの、そんなことは気にせず。妻の才能や内面的な部分に惚れこんで、結果としてメリットのある結婚をした人間もいます。これは現実的と言えるでしょうか。

曹操孟徳のように死ぬ間際ともいうのに自分の事よりも13人の妻の今後について心配し、自分の死後も妻たちが生活していけるように配慮したフェミニストな男性もとても素敵でした。結論を言えば我儘を聞くのが優しさだとは思いませんが、女性に対してこうした気持ちを持っている男性はいつの時代も素敵だということがわかりましたね。見習いたいところです。

男性の皆さんは彼らのように女性に対して優しくなれると良いかもしれません。女性の皆さんは彼らのように本当に自分を大切にしてくれる人を夫に迎えてみると良いかもしれませんね。その為にはキチンと人を見る目を養わないといけませんよね。頑張りましょう。

関連するキーワード


諸葛亮 曹操 孔明 女性

関連する投稿


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

曹操の妻として曹丕や曹植を産んだ「卞夫人」。彼女と、彼女以外で曹操の正室となった女性を紹介していきます。


曹操(孟徳)の敗北 三国志の覇者曹操も結構負けてる

曹操(孟徳)の敗北 三国志の覇者曹操も結構負けてる

中国が魏、呉、蜀の三国に分かれた時代。統一には至らなかったものの、国土の3分の2を支配した曹操(孟徳)は実質的には三国志の覇者と言ってもいいでしょう。そんな曹操(孟徳)も連戦連勝ではなく、戦に敗れ命からがら助かる…という経験を何度もしています。


世界史のテストに三国志が出てきたら?重要人物ベスト8

世界史のテストに三国志が出てきたら?重要人物ベスト8

もし、世界史のテストに三国志の時代が出てきたとしたら問題になる可能性が高い人物は誰?三国志演義で人気のキャラクターが歴史的に見て重要人物とは限りません。覚えておいたほうが良いのは一体誰なのでしょう。


三国志・誰に仕えるのが一番得策なのか?

三国志・誰に仕えるのが一番得策なのか?

「董卓」「劉備(玄徳)」「曹操」「孫権」のうち誰に仕えるのが得策なのか考えていきましょう。その後の人生を決める大事な決断です。


最新の投稿


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

曹操の妻として曹丕や曹植を産んだ「卞夫人」。彼女と、彼女以外で曹操の正室となった女性を紹介していきます。


https://sangokushirs.com/articles/196