郭嘉や荀彧よりもなぜか評価が低い智略の武将【程昱】

郭嘉や荀彧よりもなぜか評価が低い智略の武将【程昱】

ゲームや小説の影響もあって、曹操の参謀として人気があるのは荀彧・荀攸・郭嘉・司馬懿です。この4人はゲームなどでは蜀の諸葛亮や呉の周瑜と並び知力が高い軍師として存在しています。しかし、曹操配下で同じように智略型でありながら評価が低いのが程昱です。本当に評価が低かったのか、ここで程昱の歴史をみていきましょう。


冷静に判断して視野が広い程昱

程昱(仲徳)は大柄で、身長は190cmを超える巨漢で、髭を蓄えていたころから、周囲には驚異的に見えたといいます。程昱の住んでいた東阿県に黄巾の乱の影響が出始めると、県令は現場を離れてそのまま場外に逃げ出してしまいます。城のトップが逃亡したことを受け、ますます混乱を極めてしまい、民衆や役人は家族とともに山へと避難をしていきました。

そんな中、程昱は一人冷静に周囲を観察し、首謀者が城を掌握していないことを察します。程昱は城内の豪族たちを捕まえて逃亡した県令を探して城を守れば勝てると言い放ちます。程昱の気迫に押されたかのように豪族たちは同意し、城外に逃げた民衆と役人たちも計略をもって城内に引き入れ、程昱は県令も探し当てます。こうして役人や民衆を率いた程昱によって城が守られていきました。

先を見通す目を持つ

河北の一帯を担っていたのが袁紹と公孫サンの2人でした。両者の対立が始まると、周辺の有力者たちはどちらに付こうか迷ってしまう者もいました。程昱は故郷のエン州(中国東部)刺史を務めていた劉岱から相談を受けると、袁紹に付くべきであると述べています。その通りに袁紹が勝利すると、改めて劉岱から士官するように勧められますが、程昱は拒否しています。

劉岱が戦死すると、実力者の曹操が招かれてエン州を支配していきます。曹操は程昱の噂を聞きつけて士官を誘うと、程昱はあっさりと承諾しました。故郷の人々は程昱の行動に疑問を持ちますが、程昱の視線には劉岱では混乱を収める力は無く、曹操ならば飛躍を遂げるに違いないと映ったのでしょう。程昱は曹操に気に入られて県令代行を任されています。

曹操配下で活躍

曹操が徐州に遠征すると、留守を任されていた陳宮と張バクが呂布を引き連れて反乱を起してしまいます。幕臣の夏候惇が捕えられ、エン州の大部分が呂布を恐れて反乱に参加しました。しかし、荀彧と程昱が籠る3城だけは反乱に加わらず、程昱は攻撃してきた陳宮を撃退しました。その結果、曹操が帰還するまで3城を守り抜きました。

曹操は一時期呂布に押され気味になり、袁紹に家族を人質に差し出すように促され、その通りに実行しようと決意しますが、程昱は曹操を説得して押しとどめました。

洛陽を追われた献帝に対して、程昱は曹操に献帝を迎え入れるように進言しています。献帝が許昌に遷都すると、エン州の都督として治安に専念しました。同時期、劉備が呂布の裏切りに遭って曹操のもとへ身を寄せていましたが、程昱は参謀の郭嘉とともに劉備を今の内に暗殺するように提案しています。

曹操は聞き入れませんでしたが、身の危険を感じた劉備は曹操の元を離れて、袁紹に近づきます。後の展開を考えるとこの案を実行していれば、もしかしたら曹操は天下を統一できていたのかもしれません。

袁紹にも怯まない程昱

袁紹が大軍で南下してくる知らせが入り、通過点の程昱の守備していた城兵はわずか700名と少数で、間違いなく落城の危機にありました。曹操は心配し、2000名の増援を派遣しようとしますが、程昱は何と断っています。

袁紹の自尊心から、わずかの手勢しかいない小規模の城は格好つけて見逃すであろうと推測しています。万一、援軍が来れば相手も必死に戦う恐れがあるからです。程昱の読み通りに袁紹はまったく攻撃をしてこず、曹操は程昱の度胸に感嘆しました。

曹氏2代に評価を受ける

程昱は晩年になっても先見の明があり、曹操が荊州を支配したころ、劉備(玄徳)は孫権と同盟を結ぶために呉へ向かいましたが、多くの幕臣は孫権が劉備(玄徳)を殺してしまうと述べていました。しかし程昱は、今の劉備(玄徳)を殺すのは不可能であるとして、孫権と劉備(玄徳)は同盟を結ぶことを予測しています。その通りになり、孫権と劉備(玄徳)は連合して赤壁の戦いで曹操の大軍を破っています。

曹操が涼州の馬超討伐に向かうと、曹丕は留守を任され、程昱はその傘下に入りました。曹操の居ない隙をついて、河間で反乱が起こりますが、程昱は冷静に対処し、将軍の賈信を派遣して鎮圧しています。反乱軍が降伏を願い出ており、包囲された後の降伏は処刑するのが従来の法律で、圧倒的多数の中、程昱は反対しています。

処刑するときと時代が違い、今回は自国の領土内でもあり、降伏以外に生き残る道はありませんでした。程昱は処刑するにしても曹操に確認を取ってからの方がいいと曹丕に訴えます。

会議では処刑するべきとの意見が多く、程昱は黙り込みました。不思議に思った曹丕は程昱を陰で呼び、他に言い足りないことがあれば述べるように促します。程昱は「今回は緊急でもなく、事態が急変するわけでもない。強行で処置を急がなくても大丈夫」と言い、曹丕は程昱の言葉に感心し、曹操の判断を仰ぐことにしました。

曹操は程昱の言う通り、処刑することを許さなかったので、勝手な判断をしなかった曹丕も程昱に頭が上がらなかったといいます。

老臣として引退を申し出る

曹操は程昱に対して、呂布に敗れた後にもしも家族を差しだしていたら、現在の地位は無かったといい、程昱のおかげで今日の自分があるとまで述べて感謝しています。程昱の縁者は一様に祝宴を開いて盛大に祝いましたが、程昱は満足感以上のことを望むのは良くないことであり、もう引退するときだと感じ、曹操に兵権を返上して引退を申し出ています。

多くの成功者は出世を勝ち取り、望むべく地位にまで来たら諌言を受けてしまい、処断される人物もいます。確かに程昱は強情さが仇となり、周囲の人と意見の衝突が多いことから謀反の疑いをかけられることも少なくありませんでした。しかし、最後まで曹操の信頼は変わることなく続いていました。

これは曹丕が後継者になった後も同じで、程昱は復職して三公に推薦される矢先に80歳で亡くなりました。曹丕は父の代からの功臣で、自分と曹操の間を取り持った程昱に感謝し、涙を流していたといいます。

魏では評価がかなり高い程昱

魏王朝での程昱の評価は高く、曹丕の跡を継いだ曹エイは魏の功臣を選ぶ際、夏候惇や曹仁といった一族出身者に続いて程昱を選びました。祀られた功臣は以降も多く選ばれていますが、知将として最初の3人に選ばれた程昱は、荀彧や荀攸、郭嘉といった武将よりも評価が高かったのが見て取れます。

三国志演義では徐庶の引き抜きで母親を人質に取るエピソードがあることから、曹操の悪役ぶりに貢献する幕臣として描かれており、今日では荀彧や郭嘉らに後れをとっているイメージが先行しています。しかし、これらのことを踏まえると、程昱がいかに魏国で評価され、また貢献していったのかがうかがえます。

関連するキーワード


程昱 曹操 劉備(玄徳)

関連する投稿


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

あまり知られていない謀臣に呉の「虞翻」がいます。彼の才は孫策や曹操に認めらながらも孫権には評価されず、不遇を強いられています。三国志演義にはほとんど登場しない虞翻の活躍ぶりを見ていきましょう。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。