魏の窮地を何度も救った名将【満寵】

魏の窮地を何度も救った名将【満寵】

魏の名将には、夏候惇や夏侯淵といった曹操(孟徳)の一族出身以外では、張遼、楽進、于禁、徐晃、張コウら五大将軍が有名です。しかし、同時期に活躍して魏の建国に貢献した満寵(伯寧)を忘れてはなりません。厳格な性格で規律正しく、順調に加速していく領土の中で、常に公明さを以って生き抜いた満寵をここで紹介していきます。


規律正しく法を裁く

規律正しく法を裁く

規律正しく法を裁く

満寵は190cmほどあったと云われており、当時ではかなり大柄であったと伝えられています。満寵は18歳の時には県の役人に就いており、私兵を率いて暴れまわっていた人物を捕えると、その相手は委縮してしまい、二度と乱暴をすることはなかったといいます。

また、県令を代行したときには、上級役人の横暴に憤り、その役人を逮捕して即座に取り調べました。当然ながら報復の恐れがあるものの、満寵は自分の行いに恥じることなく、自ら官職を捨て、故郷へ帰っています。

曹操配下になっても変わらず厳格な態度を貫く

曹操配下になっても変わらず厳格な態度を貫く

曹操配下になっても変わらず厳格な態度を貫く

満寵は曹操に仕えると、ここでも法に厳しい姿勢を貫きます。あるとき、古参の武将であった曹洪の配下が、権威を盾にして横暴な略奪を行っていました。満寵は躊躇せずにこの人物を逮捕しています。曹洪は曹操へと働きかけを行い、配下を解放しようとしましたが、満寵はその一報を受けると、即座に処刑しています。一族の配下を許可なく処刑してしまった満寵は、通常ならば恨みを買って取り押さえられるところですが、曹操は逆に満寵の度胸と決断力を賞賛しています。

献帝の側近であった楊彪は曹操に恐れられており、袁術と婚姻関係(妻が袁術の妹)があったため逮捕に至りました。満寵は幕臣の荀彧や孔融に手心を加えるよう依頼をされましたが、満寵はこれを聞かず規則に則りに訊問しています。さらに曹操には確かな罪を明確にしてこそ処罰するべきであると直訴し、確かな理由もなかった曹操は楊彪の罪を許しています。

軍功を挙げていく

軍功を挙げていく

軍功を挙げていく

曹操が飛躍するきっかけになった官渡の戦いの頃、満寵は袁紹の郷里である汝南の太守を務めており、残党を滅ぼして治安の安定を図り、農耕に励みました。満寵は順調に出世を重ねていき、激戦であった荊州の樊城に赴任しました。ここでは曹仁の参謀役として期待され、相手は劉備(玄徳)の配下で歴戦の猛者【関羽】でした。

219年、関羽が攻めてくると、援軍に訪れた于禁ら七軍が洪水によって壊滅状態に陥り、曹仁たちが籠る樊城も水没していきました。関羽は水軍を使って兵糧攻めを行っており、食料も付きかけていました。曹仁に関羽へ降伏するよう進言した者もいましたが、満寵は水の流れを読み、水攻めも長くは続かないだろうと推測して曹仁に抗戦を続けるよう進言しています。曹仁は満寵の意見を採用すると、ほどなく徐晃が援軍として駆付けて関羽を打ち破り、樊城は解放されました。

死力を尽くした呉との戦い

死力を尽くした呉との戦い

死力を尽くした呉との戦い

曹丕(文帝)の時代にも重宝されており、224年には前将軍にまで出世し、呉との戦いでは確実に呉軍を打ち破る活躍を見せていきます。228年には魏の都督を務めていた曹休が総大将として、司馬懿や賈逵を引き連れて総勢10万もの大軍で呉に侵攻しました。しかし、曹休は呉軍の偽りの投降に騙されており、呉の大都督である陸遜によって急襲されて大敗を喫しています。

この石亭の戦い後、曹休の後任として満寵が赴任し、以後は呉への対応を強いられました。満寵は汝南からの転任となり、多くの民衆や兵士が後を追うようになり、満寵の仁徳が知らされることとなりました。勝手に付いていったものは、罪にも問われることになりましたが、朝廷によって満寵は専任の親衛隊を引き連れることと、離れた民衆や兵士たちは罪に問われないことが下されました。

これには魏にとって石亭の敗北が大きく、満寵に期待するところが大きかったことも挙げられます。呉にとっては逆に司令官が交代したことを受けて進軍を開始しますが、満寵は名将であることから、容易には攻めることが難しくなりました。

合肥での活躍

合肥での活躍

合肥での活躍

230年には呉軍が攻めてきますが、満寵は侵攻に備えており、呉軍は撤退していきます。しかし、これは孫権再度の罠でもあり、偽装の計略でした。満寵は朝廷から撤退の勅令がくだりますが、満寵はその計略を読んでおり、備えを怠ることはしませんでした。孫権は再度侵攻していきますが、満寵はこれをよく防いで呉軍を退却させています。

翌231年には、呉の武将が投降してきました。満寵は偽りの投降であると見抜き、出迎えたいという将軍の王リョウを諌めます。しかし、満寵は都から急きょ呼び出しを受けて戦地を離れることになります。これは満寵が邪魔になった王リョウの策略でしたが、満寵は軍の担当者に王リョウに兵士を与えないように厳命して都に戻りました。

王リョウは勝手に兵を持ちだして、自分の配下に迎えに行かせます。すると満寵の指摘したとおりに、その武将に裏切られて呉軍の夜襲を受けてしまい、王リョウは大敗を喫してしまいます。満寵の冷静に戦況を見る眼は確かなものがあったのは事実といえるでしょう。

合肥に新城を建築

合肥に新城を建築

合肥に新城を建築

孫権が毎年のように合肥に水軍を用いて侵攻しているのを受け、満寵は立地の悪さを指摘し、233年に新たな新城を築くことを訴えます。反対派の意見も出ますが、満寵は兵法と現場の体感してきた戦略をもって主張を重ね、皇帝の曹エイを動かします。

合肥新城が急ピッチで築かれると、間もなく呉軍が攻めてきました。孫権は合肥新城が岸から遠いのを受けて、上陸をせずに待機していました。孫権の動きから退却するかと思われましたが、満寵は孫権が必ず急襲してくるに違いないと読み、伏兵を用意して待ち伏せを行っています。

孫権は意を決して上陸し、合肥新城を目指しますが、満寵が用意した伏兵によって攻められて敗れ、退却を余儀なくされています。

合肥を守り抜く

合肥を守り抜く

合肥を守り抜く

234年には蜀の諸葛亮(孔明)によって北伐に合わせて、孫権は陸遜を引き連れて大軍で合肥新城に攻めてきます。諸葛亮には司馬懿が対応し、孫権・陸遜には満寵があたりました。満寵は合肥新城へ救援に行くと、わずか数十人の義勇兵を募って、呉の攻城兵器を焼き払い、孫権の甥を射殺する活躍を果たしました。

西では諸葛亮が陣中で没して蜀軍が退却し、東では皇帝の曹エイが自ら援軍を率いて駆け付けるなど、総力戦となりました。満寵は曹エイの援軍を待たずに孫権を退却させています。

魏に大きく貢献していた満寵

魏に大きく貢献していた満寵

魏に大きく貢献していた満寵

満寵は孫権の軍を防ぎ、合肥を守り抜くことができました。諸葛亮の北伐が成功しなかったのも、同時侵攻していた呉軍が満寵によって撃退されたことも要因としてあるのでしょう。満寵は魏に対して多大な貢献を残し、また誰に対しても公明正大で法に厳しい姿勢を貫きながら傲慢な性格ではなかったことから、人民からも多く慕われていました。魏の建国に欠かせない人物だったのは間違いありません。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


満寵 孫権 曹操

関連する投稿


「天下三分の計」を実際に唱えたのは誰!?

三国志のストーリーで重要な役割を果たす「天下三分の計」。多くは諸葛孔明が劉備(玄徳)に献策したものと理解しているが、史実を紐解いてみると面白い事実が分かる。天下を曹操・孫権・劉備(玄徳)の三勢力に分けるという「天下三分」の構想は、意外な人物にオリジナルがあったのだ。


どこが地味!?強烈な個性の持ち主・孫権仲謀と、そのリーダーシップ

「魏の曹操や蜀の劉備と比べて、呉の孫権ってなんだか地味」……三国志に触れていて、そんな印象はありませんか?今回はにわか孫権ファンの筆者が、地味と思われかねない理由と、実はちっとも地味じゃない孫権の素顔について調べてまいりました!


【武将考察】呂蒙、呉下の阿蒙にあらず―荊州奪還戦

【武将考察】シリーズの第4回目は、荊州奪還戦と呂蒙をとりあげます。赤壁の戦い直後から荊州は、曹操、孫権、劉備(玄徳)の三勢力(三国)の境に接する紛争地帯となります。今回は、視点を孫呉におき、荊州奪還における呂蒙の活躍とその人柄、主君である孫権からの評価や関羽の呪いと言われる死の所以についてまとめてみたいと思います。


【三国志】英雄あだ名列伝~呉編~

呉には、正史にあだ名を残している武将と三国志演義で創作されたあだ名をつけられている武将がいます。それらについて調べてみました。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(4) 名将の条件とは

曹操は官渡の戦いで袁紹を破った後、華北を順調に平定し、いよいよ南方へと軍を向けました。ところが赤壁の戦いで、孫権・劉備(玄徳)の連合軍に思わぬ敗北を喫したのです。この敗戦を受け、曹操に反旗をひるがえす武将も現れました。曹操軍の有力武将となった張遼にとっても、ここからが腕の見せ所となるのです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。