「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(4) 名将の条件とは

「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(4) 名将の条件とは

曹操は官渡の戦いで袁紹を破った後、華北を順調に平定し、いよいよ南方へと軍を向けました。ところが赤壁の戦いで、孫権・劉備(玄徳)の連合軍に思わぬ敗北を喫したのです。この敗戦を受け、曹操に反旗をひるがえす武将も現れました。曹操軍の有力武将となった張遼にとっても、ここからが腕の見せ所となるのです。


曹操、思わぬ敗北! どうなる張遼の未来?

曹操、思わぬ敗北! どうなる張遼の未来?

曹操、思わぬ敗北! どうなる張遼の未来?

華北を平定した曹操は、本格的に南方へ進出します。208年には、荊州(けいしゅう/注)を支配していた劉琮(りゅうそう)を降伏させました。その勢いに乗って江南を攻め、孫権(そんけん)・劉備(りゅうび)の連合軍と戦いますが、船団が火攻めにあい敗退します(赤壁の戦い)。

(注)荊州(けいしゅう)……現在の湖北省を中心とする一帯。当時は群雄のひとり劉表(りゅうひょう)が支配していたが、その死後にあとを継いだ息子(劉琮)は曹操に降伏する。
(注)江南(こうなん)……長江下流の南岸地域。後に呉王朝を建国する孫権が支配していた。

赤壁での敗北は、曹操の中国支配を少なからず動揺させました。これまで仕方なく曹操に従っていた武将たちのなかには、「いまこそ曹操を倒すチャンスだ!」と考え、反乱する者も出てきたのです。
思わぬところで足元をすくわれた曹操軍団。ピンチを救うのは、やはり張遼でした。

反乱に断固として対処

反乱に断固として対処

反乱に断固として対処

こうして曹操に反旗をひるがえした武将のひとりが、陳蘭(ちんらん)でした。彼はもともと、後漢末の群雄のひとり袁術(えんじゅつ)に仕えましたが、その後独立し、山賊となって暴れまわっていました。しかし曹操の勢力が大きくなると、山賊稼業にピリオドを打って、大人しくしていたようです。
こうした人物ですので、世の中が乱れれば、また暴れたいと思っているわけです。曹操が赤壁で敗れたのを機に、彼は異民族とともにふたたび挙兵します。さらには呉の孫権の支援もとりつけます。

曹操は張遼らの有力武将を、乱の鎮圧に派遣しました。対する陳蘭は山にこもって抵抗する構えをみせます。このとき陳蘭を助けるべく、孫権の援軍も現地へ向かっていたのです。
これは曹操陣営にとってはやっかいな事態でした。陳蘭のみならず、異民族まで加勢しているのですから、地域の安定にとっては重大な危機です。さらには鎮圧にもたついていると、孫権の介入をまねき、反乱が大きく拡大するリスクがあります。とにかく陳蘭の乱は、傷口が広がらないうちに、すばやく片付ける必要がありました。そしてそのことを最もよく理解していたのは、張遼だったのです。

陳蘭も山賊として頑張ってきた(?)男だけあって、しぶとい抵抗を見せました。山の地形を頼りに守りぬき、孫権の援軍を待つという戦術です。
陳蘭のこもった山はとても高いうえに険しいため、曹操軍の武将たちも攻撃をためらいました。しかし張遼は断固として攻めかかるべきだと主張したのです。

「勇者たるもの、ただ前進あるのみ!」

こうして張遼は反対意見を押し切って、陳蘭の砦を攻撃します。険しい地形をものともせずに攻め寄せて、ついに陳蘭ら反乱首謀者の首を討ち、その軍勢をすべて捕虜としたのです。

曹操が何よりも評価した点

曹操が何よりも評価した点

曹操が何よりも評価した点

反乱の鎮圧後、曹操は諸将の論功(注)にあたり、特に張遼の手柄を賞賛しました。高く険しい山を攻略した決断力・実行力を高く評価し、張遼の領地を加増したのです。

(注)論功(ろんこう)……功績を評価すること。功績を評価したうえでほうびを与えることを「論功行賞」という。

曹操がここまでの評価を与えたのは、攻めにくい山をあえて攻撃したことはもちろん、張遼の状況判断が見事だった点にあります。
陳蘭の反乱がやっかいな点は、孫権が反乱に加勢するため援軍を送ってきていたことです。援軍が現地に到着すれば、曹操軍にとってさらに状況は不利になるうえ、反乱が拡大しないとも限りません。
よって、この状況でなにより大切なのは「孫権の援軍が来る前に、反乱を片付ける」ことでした。だからこそ張遼は高く険しい山をあえて攻撃し、反乱をスピーディーに鎮圧しようとしたのです。
ただ戦いに強いだけではなく、状況に応じて的確な判断ができる―――それが張遼という武将の強みであり、曹操に評価された点でもあるのでしょう。

兵は神速を尊ぶ―――優れた人材の条件

兵は神速を尊ぶ―――優れた人材の条件

兵は神速を尊ぶ―――優れた人材の条件

張遼と同じく曹操に重用された人物に、郭嘉(かくか)という参謀がいました。
彼の曹操への進言として、
「兵は神速を尊ぶ」(へいは しんそくを たっとぶ)
という言葉が残っています。
ここでの兵とは軍事全般のことを指します。つまり「戦争においてはスピードこそが何よりも大切だ」という趣旨の言葉です。まさに張遼の反乱鎮圧にも通じる言葉といえるでしょう。

張遼や郭嘉を見ていると、曹操に評価される人物には共通点があるのが分かります。
まず第一に「何事にもスピーディーな対応ができること」
そして「状況を的確に判断できること」
この2点こそ、危機管理において最も重要な項目であり、曹操が配下に求めていた要素でもあります。いまも昔も、優秀な人材の条件というのは変わらないのですね。

孫権軍との抗争へ―――要地・合肥(がっぴ)の守将に

孫権軍との抗争へ―――要地・合肥(がっぴ)の守将に

孫権軍との抗争へ―――要地・合肥(がっぴ)の守将に

赤壁の戦いの後、呉の孫権は江南での勢力を確立し、劉備(玄徳)は荊州南部を拠点とします。両者は同盟者であり、協調して勢力拡張に乗り出したため、曹操にとって非常にやっかいな状況となりました。曹操は荊州北部の一部を孫権に奪われるなど、この方面で守勢に回ることになったのです。この時点で、曹操軍の南方戦線における主敵は、呉の孫権となっていました(なお一方の劉備(玄徳)は、荊州から西進して蜀(しょく/注)の攻略を目指すことになります)。

(注)蜀(しょく)……現在の四川省を中心とする一帯。劉備(玄徳)はこの地を拠点として蜀漢を建国する。

曹操軍と孫権軍の争点になるのは、合肥(がっぴ)という地でした。曹操は早くからこの地が呉との攻防に重要だと考え、劉馥(りゅうふく)という優秀な人物を送り込み、都市の開発を行わせました。三国志ではあまり有名ではない劉馥ですが、都市開発や農地の拡大に手腕を発揮し、短期間で合肥を豊かな土地にしました。劉馥は208年に死去しますが、彼の築いた防御施設や、蓄えた物資は、後の孫権軍との戦いに大きく役立ったといいます。

その劉馥の死後、合肥の守備を任されたのが張遼でした。合肥は孫権軍との戦いで最重要拠点となる場所でした。曹操は最も信頼する武将である張遼に、その防衛を託したのです。
次回は、張遼と孫権軍との熾烈な戦いについて、見ていきたいと思います。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


張遼 曹操 孫権

関連する投稿


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(1) 呂布にふり回された若き日

「泣く子もだまる」という言葉、読者の皆さんも耳にしたことがあるでしょう。「だだをこねて泣いている子供も、恐怖のあまり泣き止んでしまうほど、恐ろしい存在」という意味だそうです。この言葉は、三国志の武将が語源になっているといいます。その武将は、魏の名将である張遼(ちょうりょう)。どんな男だったのでしょうか。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(2) 真の主人との出会い

後に魏の名将となる張遼は、若いころは安住の地を得ることができず、苦労もしました。なにしろ主人の董卓が、同僚の呂布に殺されてしまうのです。結局彼はそのまま呂布の配下となるのですが、そこからさらに運命は急展開していきます。


【三国志】英雄あだ名列伝~魏編その2~

三国志演義だけでなく、正史にもあだ名や異名を残している武将がいます。正史の三国志は、「史記」、「漢書」に続く正式な歴史書です。ほぼリアルタイムに書かれているので信憑性があります。


「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(3) 危機管理も完璧だった男

若き日の張遼は、丁原、董卓、呂布といった猛将たちに仕えました。しかしこれらの主人たちは皆、志半ばにして討たれてしまい、張遼はそのつど新たな主人に仕えなくてはならなかったのです。呂布が滅んだ後、張遼は曹操に仕えます。後に魏王朝の始祖となるこの男こそ、張遼にとって運命の主人だったのです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。