曹操とは何者だったのか(青年編 2) 侵入! 撲殺! 権力者をも恐れぬ度胸!

曹操とは何者だったのか(青年編 2) 侵入! 撲殺! 権力者をも恐れぬ度胸!

ヤンチャな少年時代を送った曹操も、20歳を過ぎて役人になります。しかし官職についても、個性的なところは相変わらずだったのです。権力者を恐れぬ曹操の気骨を、ご紹介します。


大臣ポストがお金で買えた時代

さて、曹操の父・曹嵩の話の続きです。
彼は慎み深く、真面目で、忠孝(主君への忠誠と親への孝行)を重んじる人だったと記録されてはいます。
しかしその一方で、お金を払って朝廷の官職を買ったという、あまり立派とは思えない行いも史書に記されています。なんと1億銭という大金を払ってまで、大尉(たいい/国防大臣のような地位)という要職についたのです。曹操の父だけあって、権勢欲が強かったのかもしれませんが……特に政治的な業績は残っていません。となると、それだけの大金をはたいてまで名誉が欲しかったのでしょうか。

ともあれここで重要なのは、曹操の父である曹嵩が、高位の官職を金で買えるほどの財産を持っていたということです(それだけ曹騰が大きな遺産をのこしたのでしょう)。後に曹操が挙兵するとき、私財を投じ、有力者の援助なども得たといいます。あるいはこの裕福な父・曹嵩からの資金援助もあったのかもしれません。

「グラマー女が好きだった」父・曹嵩

曹嵩は曹操の挙兵後も、しばらくは息子と合流せず、戦乱をさけて徐州に逃れていました。その後、曹操が兗州(えんしゅう)に根拠地を得たので、息子の下に行こうとしたのですが、徐州の支配者・陶謙(とうけん)の部下に殺されてしまったのです(これに激怒した曹操は、父の敵討ちとして徐州に攻め込む事になります)。

ある記録によれば、このとき曹嵩の屋敷の周りに陶謙の兵がやってきたといいます。曹嵩は屋敷の裏の土塀(どべい)に穴を開け、まず自分の妾(めかけ/側室の女性)を逃がそうとしました。ところが妾の女性が太っていたため、脱出に失敗しました。やむを得ず曹嵩は便所に逃げ込みますが、結局は発見され、妾とともに殺されてしまったといいます。

なんとも痛ましい話ですが……この記録の通りであれば、「曹嵩はグラマーな女性が好きだった」ということになります(それなりに財産のある人が側室を雇うのですから、望みさえすればスラリとした美人が手に入るわけです。それでもあえて太った女性を側室にしているのですから、そういうタイプが好きだったということになります)。

治世の能臣、乱世の奸雄

さて、話を曹操の若いころに戻します。彼の10代のころについては、こんな記述があります。

太祖(曹操)は若くして機転が利き、権謀術数にも富んでいたが、任侠放蕩(にんきょうほうとう)で、行いや振る舞いを慎む事がなかった。そのため世間に評価されなかった。

つまりは、「知恵は回るけれど素行不良の、ツッパリあんちゃん」といったところでしょう。特に鷹や犬をつかって狩をするのが好きだったといいます(なんだか織田信長が「うつけ者」と呼ばれていた時代に似ていますね)。若いときにヤンチャだった人が、歳を取って案外大物になったりするものかもしれません。

こんな曹操の才能を、早くから見抜いた人物がふたりいました。
そのひとりは橋玄(きょうげん)。彼は曹操に向かってこう言ったのです。
「天下はいままさに乱れようとしている。乱世を静められるのは、あるいは君のような人物であろうか」
また別の史書にはこうもあります。
「君のような人間を見るのははじめてだ。君のような人物にこそ、私の妻子を託したいものだ」
名声の高い知識人(=名士)である橋玄から、このように評価されたことで、曹操の評判も高まったといいます。

そしてもうひとり、許劭(きょしょう)という人物批評家もまた、曹操についてこう論評しました。
「君は治世においては能臣、乱世にあっては奸雄(かんゆう)となるであろう」
奸雄とは、悪知恵に長けた英雄のことをいいます。
許劭は曹操について、「平和な世の中にあっては有能な政治家になるだろうが、世が乱れれば奸智(かんち)に長けた英雄となるだろう」と評したのです。
この人物評に、曹操は思わず声を上げて笑ったといいます。
そして後漢末の世は乱れ、曹操はこの予言どおりに「奸雄」への道を歩んでいくのです。

張譲邸に侵入!

若き日の曹操には、その大物ぶりを髣髴(ほうふつ)とさせるエピソードがあります。そのひとつが「張譲(ちょうじょう)邸侵入事件」です。宦官の実力者であった張譲は、中常侍(ちゅうじょうじ)という要職についており、その権勢を利用して私利私欲をむさぼり、政治の乱れの元凶ともいうべき人物でした。
曹操は宦官である祖父(曹騰)を持ちますが、決して宦官勢力の味方ではなく、後漢王朝の政治の乱れを正そうとする志を持っていました。それゆえ、張譲をはじめとする宦官の横暴に対し、腹にすえかねるものがあったのでしょう。義憤(ぎふん)を持って張譲邸に侵入したものだと思われます。

曹操は首尾よく張譲邸に入り込みます。あるいは張譲の命を狙っていたのかもしれませんが、すぐに張譲に気づかれてしまいました。邸宅の使用人が、侵入者をとらえんと向かってきますが、曹操は庭で戟(ほこ)を振り回し、並外れた武技でもって敵を寄せつけません。そしてついには土塀を乗り越えて、逃走に成功したのです。
曹操は武将としては小柄な体格ですが、そのぶん動きが俊敏だったのでしょうか、この後も優れた戦闘力を発揮する局面が出てきます。

厳格な法の執行 有力者もおかまいなし!

ヤンチャな少年時代を送った曹操ですが、20歳を過ぎると役人になりました。型破りな人物ですが、とりあえずは後漢王朝の統治システムの中に組み込まれたのです。しかし……役人になっても、個性的なところは相変わらずでした。
いくつか官職を歴任する曹操ですが、あるとき洛陽北部尉(らくようほくぶい)という役目を命じられます。「尉」とは、ここでは警察部長といった意味ですので、首都・洛陽の治安担当官のひとつと考えていいでしょう。

曹操はこの職務で法を厳格に執行し、洛陽の人々を震え上がらせます。当時の法では夜間の通行が禁止されていましたが、曹操は違反者を容赦なく殴り殺しました。断固として法を執行する姿勢を示したのです。
あるとき、宦官の有力者として恐れられる蹇碵(けんせき)の叔父が、夜間の通行をして法を犯しました。曹操は有力者の親族でもおかまいなく、即座に彼を処刑したのです。人々は「曹北部尉」の断固たる姿勢に恐れをなし、あえて法を犯す者はいなくなったといいます。

洛陽の有力者たちは曹操を憎みましたが、失脚させようにも付け入るスキがありません。そこで彼らは曹操を推挙し、地方の県令(県の長官)に栄転させることで、曹操を洛陽から追い払ったといいます。

以上見てきたように、曹操はまだ出世しないうちから、なかなか強烈なキャラクターを発揮しています。彼も若いころは「漢王朝の臣」として、世の乱れを正そうとしていたのですね。

関連するキーワード


三国志 曹操

関連する投稿


三国武将の姓(名字)の由来

三国武将の姓(名字)の由来

三国志では姓(名字)を重要視しています。姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。中国の姓(名字)には祖先が住んでいた地名や職業を表す文字が当てられ、戦争時の恩賞としても与えられることがありました。日本の姓(名字)に関する概念は、中国のこれらを真似したものとなっています。


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


最新の投稿


中国四大奇書「三国志演義」と「水滸伝」の登場人物の繋がり

中国四大奇書「三国志演義」と「水滸伝」の登場人物の繋がり

中国四大奇書として名高い「三国志演義(正式名は三国演義)」と水滸伝。水滸伝は三国志演義よりも1000年近く後の中国が舞台ですが、そこには明らかに三国志演義の登場人物を意識した人物が登場します。


戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

中国の三国時代や日本の戦国時代の武将は戦で負けたら自害をするというようなイメージがつきものです。しかし、彼らも投降したり、敵国の君主の僕となったりもしていました。今回は「もしも勝ったら部下になってくれそうな武将たち」をピックアップしてみました。


三国武将の姓(名字)の由来

三国武将の姓(名字)の由来

三国志では姓(名字)を重要視しています。姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。中国の姓(名字)には祖先が住んでいた地名や職業を表す文字が当てられ、戦争時の恩賞としても与えられることがありました。日本の姓(名字)に関する概念は、中国のこれらを真似したものとなっています。


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


https://sangokushirs.com/articles/196