三国志外伝 絶世の美女貂蝉

三国志外伝 絶世の美女貂蝉

皆さんは貂蝉という女性をご存知でしょうか。三国志演義にその名をとどめる傾城の美女・貂蝉のはかなくも美しい生き様をご紹介します。


はじめに

はじめに

はじめに

三国志と聞いて、皆さんは真っ先に何を思い浮かべますか?諸葛亮、劉備(玄徳)、曹操などあまたの英雄たちでしょうか。それとも赤壁の戦いなど数々の名いくさでしょうか。どうしても名だたる武将たちの権謀術数渦巻く熱い戦いに目が行きがちですが、その陰で、ひっそりと咲きはかなくも散っていった美しき女性たちがいることをご存知でしょうか。その中でも、絶世の美女と巷間で称えられているのが貂蝉です。春秋時代の西施、前漢の王昭君、唐の楊貴妃らとともに、中国四大美女の一人に数え上げられる貂蝉。彼女は歌や舞踊に秀でた三国志随一の美女とされております。戦乱の世に生まれ、その美しさ故、時代に翻弄された数奇な女性の人生を少し見てみましょう。

その美しさゆえに

その美しさゆえに

その美しさゆえに

生い立ち

生い立ち

生い立ち

貂蝉の出生については、詳しいことはあまり知られていません。山西省忻州市、あるいは河北省邯鄲永年の出身ともいわれています。その素性は明らかではありませんが、早くに両親を亡くし孤児であったとも伝えられており、幼いころ市場で売られていたのを後漢の司徒王允に見いだされたという説が有力です。王允は、美しくまた心の優しい貂蝉を養女にし、実の娘のようにかわいがりました。身なりを整え、住まいを与え、王允自身の身の回りの世話などさせ養っていました。

美女連環の計

美女連環の計

美女連環の計

その頃、後漢末期の政治的混乱に乗じて、辺境の一将軍にすぎなかった董卓が政権を握り、傍若無人なふるまいを繰り返していました。董卓はその残虐性から人々に恐れられ、民衆も困窮していきました。その董卓から政務を任されていたのが王允です。その時の気分によって突然人民を皆殺しにしたりするような董卓の繰り返される暴挙に手を焼いていた王允は、そこで一計を案じました。

董卓は同郷の呂布という若者を養子にしてかわいがっていました。呂布は武勇に優れ、三国志でも関羽とともに一二を競う最強の武将の一人とされております。彼は董卓の身辺警護をも担っていました。王允はそんな二人を仲違いさせ、呂布に董卓を殺害させようと企てました。そこに一役買ったのが傾城の美女、貂蝉です。王允はまず呂布のもとに美しく装わせた貂蝉を遣わしました。一目見るなり、そのあまりの美しさにすっかり彼女の虜となってしまった呂布は、早速彼女と婚姻の儀を挙げます。王允の策略で、呂布の目を盗んで董卓のもとにも遣わされた貂蝉は、言うまでもなく董卓をも惑わせることに成功。見事董卓の妾となります。これが絶世の美女・貂蝉を介して、董卓と呂布二人の武将を惑わせ、仲違いさせようという「美女連環の計」と称される策略です。董卓からひどい仕打ちを受けたと涙ながらに呂布に打ち明ける貂蝉。無理やり妾にさせられたと思い込んだ呂布は、怒りを爆発させます。また一方で董卓も呂布と貂蝉二人の仲を怪しんでおり、東屋で思いがけず呂布と遭遇した際、事実やいかにと彼に詰め寄りましたが呂布は明確な返答をしなかったため、その場で呂布ののど元に剣を突き立てました。呂布はなんとかその剣をかわして逃走します。
それ以来呂布と董卓の関係はますます悪化してゆきます。お互い貂蝉は自分のものとばかりにただただ猜疑心にまみれ、嫉妬に狂い、一戦を交える機をうかがっていたのです。機は熟しました。ついにその時がきたのです。愛する貂蝉をただただ守りたい一心の呂布は養父董卓を殺害、見事王允の美女連環の計は成功しました。一見王允の見事な策略勝ちに見えますが、その実は、自分を引き取り育ててくれた養父王允の恩に報いるため、わが身の危険をも顧みず呂布と董卓二人の元へ忍んでいった貂蝉の力によるところが大きいのです。戦乱の世に生きた女性ならではの勇気と芯の強さ、また忠義を重んじる彼女の姿勢に女性として、人間としての魅力を感じます。

董卓亡き後

董卓亡き後

董卓亡き後

その後、呂布と貂蝉は夫婦として幸せな日々を送っていましたが、それもつかの間、曹操率いる魏軍に攻め込まれ、ついに孤立無援状態となってしまいます。周囲を曹操軍に囲まれ、策も尽き果て、呂布はついに貂蝉ら家族を後に残し、無謀にも一人前衛突破を試みようとします。貂蝉は、愛する夫を一人だけ死にゆかせたくないと、彼を引き留めましたが、結局城内にまで攻め込まれ、呂布は投降。曹操によって殺害されました。40歳を少し過ぎていたとされています。

後日談

後日談

後日談

その後の貂蝉について詳しいことはあまり分かっていません。歴史の常で様々な説がありますが、蜀の英雄関羽と夫婦になったという後日談まであります。

呂布亡き後、貂蝉は捕虜として魏の都、許都に送られました。かの曹操でさえそのあまりの美しさに言葉を失ったと伝えられています。当時そんな曹操と行動を共にしていた関羽が美しい貂蝉を一目見るなり惚れ込み、彼女との結婚を切望したという、なんとも英雄関羽らしくないエピソードまであるのです。無口で不器用ですが仁義に熱い猛勇関羽が、絶世の美女貂蝉を前にしてただただ赤面、うつむきながらどぎまぎしている姿を想像するだけでも、戦いに明け暮れるこの乱世、心温まる数少ないエピソードとして我々の心を和ませてくれます。また一方で、魏には行かずに呂布の後を追って自害したという説もあります。

真実の姿

真実の姿

真実の姿

このように数々の魅力的なエピソードに事欠かない貂蝉ですが、実は貂蝉という女性は実在しません。三国志には、「三国志」と「三国志演義」の二種類があります。いわゆる歴史的史実に忠実に基づいて西晋時代に陳寿によって書かれたのが「三国志」、それに対してかなり歴史が下った明代に発行された大衆向け娯楽本は「三国志演義」と呼ばれ、羅漢中によって書かれました(諸説あり)。架空の人物である貂蝉は三国志には一切出てきません。娯楽的傾向の強い三国志演義にのみ登場し、花を添えています。

エピソード

エピソード

エピソード

彼女の美しさを物語る素敵なエピソードがあります。
貂蝉が花園で月を眺めていたとき、突然そよ風が吹いてきて、雲が流れ、月を隠してしまいました。これを見ていた王允は、「月までもが彼女を見て、その美しさに気後れし、雲の後ろに隠れてしまった」と感嘆したといいます。「閉月美人」と称される所以です。またあまた居並ぶ英雄たちの誰を倒すことのできなかった暴君・董卓を殺害にまで至らしめ、見事呂布と董卓を仲違いさせたのもその美しさによるものです。董卓の妾であったとある女性がそのモデルとされ、もともと王允とは無関係であるという説もあります。

まとめ

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。三国志というと英雄たちの熱い戦いにばかり注目が集まりがちですが、その陰に多くの女性たちの美しくもはかない人生がありました。2002年には中国甘粛省に貂蝉湖公園が設立されました。高さ2.8メートルの、上質な白玉で作られた美しい貂蝉の彫像を目にすることができます。英雄たちの武勇伝ももちろん魅力ですが、歴史の陰でひっそりと咲いては散っていった女性たちに思いをはせてみるのもいかがでしょうか。三国志のまた違った面白さが見えてきます。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


知らなきゃ良かった? 三国志の伝説の美女 貂蝉と二喬

三国志の美女といえば、貂蝉と二喬。知りたくはないと思いますが、彼女らの隠れた逸話をご紹介しましょう。


三国志を華やかに ~私達だってイロイロ戦ってます~

三国志では英雄が活躍する数々の戦いが描かれてますが、男ばかりの活躍ではむさ苦しくてかないませんよね。そこで華を添えてくれるのが、女性たちです。


王允と呂布から見る処世術!

歴史からいろいろなものを学んで現代社会に役立たせなければいけないということは多々あります。戦国の時代と言えど現代にも通づる考え方は多岐にわたって存在します。王允と呂布を参考に処世術を学んでみましょう。


中国四大美人の一人貂蝉(ちょうせん)はどうなった?

三国志の最高の美女貂蝉は王允の策略により董卓と呂布の仲違いをさせることに成功させます。これにより反董卓連合すら叶わなかった董卓討伐を可能にした訳ですが、その後の様子は未知とされています。ここではそんな貂蝉の最後についての仮説を展開していきたいと思います。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。