三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


劉禅(公嗣)とは

劉禅(公嗣)と聞いてあまりピンとこない人も多いかもしれません。それもそのはず、三国志においてほぼ何もしていない人物と言っても過言ではないからです。何の爪痕も残さなかったから重要人物とはみなさないケースがあるのです。
しかし立場が皇帝ともなると話は別です。劉禅(公嗣)はみんなに慕われた劉備(玄徳)の子で蜀漢の第2代皇帝なのです。
2代目はダメになることが多いと言いますが、彼は典型的な例と言ってもいいかもしれません。国を強くすることもなく皇帝という立場でありながら権限をフルに活用し、将軍を困らせる。そんな人物でした。
挙句の果てに現在では「助けようのない阿斗」=「どうしようもない人物」(阿斗とは劉禅(公嗣)の幼少期の呼び名です)ということわざがあるくらいです。(阿斗を助けるという事に関しては後ほど記載します)
それほど中国では嫌われている人物なので知っていても損はないでしょう。

最後は足を引っ張ることしかなかった劉禅(公嗣)について

上記で彼が嫌われているかという事について漠然と分かっていただけたと思います。次に少し掘り下げてなぜそこまで嫌われているかという事について紹介します。劉禅(公嗣)が嫌われている理由は蜀の末期、姜維(伯約)が孤軍奮闘し魏と命を燃やして戦っている間われ関せずというスタイルで酒に浸っていたのです。
そして姜維(伯約)が援軍を頼んで来ても「戦は嫌いじゃ」と言って援軍を送ることはありませんでした。
ちなみに横山光輝のマンガ三国志では占い師である巫女に、姜維(伯約)に援軍を向けるかどうか尋ねるシーンがあります。ここで巫女は「魏は数年のうち蜀に飲み込まれる」という根拠のない宣言をしてしまいました。
これにより援軍を送るという事はせず、しかも最終的には「戦わず降伏するなら大名にする」と魏から言われあっさり降伏してしまいました。蜀の民はさぞ呆れたことでしょう。しかしさらに追い打ちをかける出来事が起きます。
それは魏に降伏した後、魏の将軍である司馬昭(子上)に対し酒宴の席で「蜀のことなど恋しくない」と言ってしまったのです。これには蜀と敵対していた魏の人間からしても
「こいつはどうしようもない」というレッテルを張られてしまったのです。
魏は何度も諸葛亮(孔明)に辛酸を嘗めさせられて来たので彼を難攻不落の敵だとみなす者ばかりでした。しかしその一方敵として素晴らしく、リスペクトしている面も多々ありました。そのため「これでは諸葛亮(孔明)が生きていたとしてもどうすることもできなかった」と思ったわけです。

諸葛亮(孔明)を選ぶか、劉禅(公嗣)を選ぶか

さて、そんな劉禅(公嗣)ですが、実は蜀漢の二代目皇帝につかなかった可能性もありました。それは劉備(玄徳)は二代目を誰にするかという際、諸葛亮(孔明)に対し「劉禅(公嗣)がふさわしくないのであれは君が2代目を継いでくれ」という選択肢を与えました。
しかし諸葛亮(孔明)は帝位を受けることなく、最前線で北伐を繰り返していたのです。現場が好きなのか、自分が2代目皇帝になるべきではないと思っていたのか、はたまた皇帝になった場合、帝位を簒奪したとみなされるのが嫌だったのか。いずれにせよ諸葛亮(孔明)は丞相という立場を貫きました。(彼が今でも絶大な人気を誇るのはそういったところもあるのかもしれません)
とは言えどうしようもない者が皇帝となったため、諸葛亮(孔明)亡き後その意思を受け継いだ姜維(伯約)が大変な思いをする羽目になったのです。

劉禅(公嗣)がここまで屈折してしまった理由は家庭環境にあるのか

ここで少し劉禅(公嗣)がなぜここまで屈折してしまったかという事に対してみてみましょう。これは個人的な意見ですが、劉禅(公嗣)がここまでダメになった理由として家庭環境にあると思います。
この時代皇帝ともなると親は子にあまり干渉しません。とは言え大なり小なり接点はあるはずです。実際曹操(孟徳)が子を想い、子を可愛がっているシーンもあります。
ところが劉備(玄徳)は民から慕われ義の塊という感じでしたが、妻、子に対してはどうしようもない人物だったのです。今でいう超モラハラ親父な訳ですが、そんな家庭環境が劉禅(公嗣)をここまでダメにしたのではないかと分析しています。
ちなみに劉備(玄徳)が子に対して何をしたかと言ったら、まずは曹操軍に攻め込まれ一時捕獲されてしまった時のことが挙げられます。その際趙雲(子龍)が単騎で敵陣に乗り込み阿斗=後の劉禅(公嗣)を救出しました。その際まだ赤子だというのに「お前のせいで趙雲(子龍)が危ない目に合うところだっただろ」と諫めてしまうのです。
さらに劉備(玄徳)は「兄弟は手足のごとく妻子は衣服のごとく」と言っています。これは、妻子は取り換えることができるけど親兄弟は失ったら二度と戻らない大切な者という例えです。ここまで言われたら屈折してしまう事間違いなしでしょう。

唯一劉禅(公嗣)が救われるかもしれないエピソード

最後に気休めではありますが、劉禅(公嗣)が少しだけ救われるかもしれないエピソードについて紹介します。それは第5子劉諶の存在です。父の劉禅(公嗣)が魏に対して降伏するといった中劉諶はそれでは先帝(劉備(玄徳)のこと)に申し訳が立たないという事で戦って潔く散ることを提案しました。
しかしそんな意見が通るわけもなく、劉禅(公嗣)はあっけなく降伏してしまったのです。この話には続きがあり、父の降伏を恥じた劉諶は「死んで先帝にお詫びをする」と言ったのです。これに対し妻も「夫がそうするなら」と言って呼応し、子供たちもこれに続きます。
どうしようもない劉禅(公嗣)でしたが、このように国を想い、最後まで抗おうとしていた子供がいたのです。

まとめ

劉禅(公嗣)について紹介しましたが、なぜ嫌われているか分かっていただけたでしょうか。三国志のゲームなどでも彼の能力値が著しく低いことも納得していただけたら幸いです。
とは言え彼がすぐに降伏した為流れなくて済む血が少なくなったというのも事実かもしれません。しかし皇帝という職位を全うするという評価には値せず、結局「どうしようもない皇帝」で片づけられるのは否めないことでしょう。

関連するキーワード


劉禅

関連する投稿


劉禅は本当に無能なの?どんな人物だったのか紹介!

劉禅は本当に無能なの?どんな人物だったのか紹介!

蜀の2代目皇帝の劉禅と言えば、暗君として挙げられることが多いです。しかし、三国志好きの方でも、劉禅がどんな人物だったのかわかっていない方がいます。そこで今回は、劉禅とはどんな人物であり、本当に無能だったのかを検証していきたいと思います。


もうダメだと思った時に参考にしたい三国志の人物

もうダメだと思った時に参考にしたい三国志の人物

誰にでも1回や2回は人生もうだめだと思ったことがあることでしょう。そんな時三国志の武将の生き方を参考にしてみてはどうでしょうか。力でピンチを打破する者もいれば知恵で回避する者はもちろん「えっまさか!」と思うようなことをする者もいます。


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備(玄徳)と曹操の死後。三国志終焉の経緯とは

劉備(玄徳)と曹操の死後。三国志終焉の経緯とは

220年代、中国に大きな打撃を与えました。蜀の劉備(玄徳)と魏の曹操が世を去った後、三国時代は晩期に入ります。三国志の目玉といえる戦いは数多くありますが、最後を飾る「五丈原の戦い」も欠かせません。また、新たなる国・晋はどのように誕生したのでしょうか。今回は、三国志終焉の経緯についてご紹介します。


三国志・劉禅は魏に降伏してからどうなったのか

三国志・劉禅は魏に降伏してからどうなったのか

三国志の時代には魏・呉・蜀が競い合っていましたが、蜀が最初に滅んでいます。皇帝だった劉禅はその後いったいどうなったのでしょうか。今回は劉禅についてご紹介いたします。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。