もうダメだと思った時に参考にしたい三国志の人物

もうダメだと思った時に参考にしたい三国志の人物

誰にでも1回や2回は人生もうだめだと思ったことがあることでしょう。そんな時三国志の武将の生き方を参考にしてみてはどうでしょうか。力でピンチを打破する者もいれば知恵で回避する者はもちろん「えっまさか!」と思うようなことをする者もいます。


馬超(猛起)の執念

自分の野望や目標が達成できないと分かったらどうするでしょうか。昔の人の場合「当たって砕けろ」精神でとにかくダメでもやってみると言う人が多く、現在の場合「そういう場合は諦める」と言う人が多いのではないでしょうか。
そう言った時に紹介したい三国志の武将が馬超(猛起)です。彼は一族を曹操軍にやられ孤立状態となってしまいました。それでも勇猛果敢に立ち向かって曹操(孟徳)をあと一歩と言うところまで追い詰めたのです。しかしそこに立ちはだかったのが曹操(孟徳)のボディーガードの許褚(仲康)に阻まれ曹操(孟徳)を討つことができませんでした。
しかしそれで終わらないのが馬超(猛起)です。彼は劉備軍に合流し最終的に五虎将軍と称されるほどのポジションを得ました。自分の野望のためなら移籍もしてしまう執念は見習うべき点です。曹操(孟徳)の首を取ることを最後まで持ち続けた彼の生き様は参考にできると思います。

姜維(伯約)の移籍

同業他社へ転職したはいいがしばらくして冷遇されているのではないかと思う人は少なからずいると思います。そういった時は「元に戻りたい」と思う人がいるかもしれません。そういった人にお勧めの武将は姜維(伯約)です。
彼は元々曹操軍の人間でした。諸葛亮(孔明)が第一次北伐を行った際敵対し、彼を驚かせたほどの実力者でした。幸か不幸かその時諸葛亮(孔明)から見込まれました。諸葛亮(孔明)は姜維(伯約)に狙いをつけ捕らえることに。見事姜維(伯約)を捕らえることができた諸葛亮(孔明)は彼を自分の部下にしてしまうのでした。
その後彼は諸葛亮(孔明)の元で必死に働き、彼が五丈原で死ぬとき枕元に呼ばれ、諸葛亮(孔明)が書き記した兵法の書物を譲り受けたのです。
その後代将軍にまで成長した姜維(伯約)は蜀では絶対的存在となり、諸葛亮(孔明)の意思を次いで北伐を行ったのです。
三国志の時代でも移籍先でひたむきに頑張ってトップまで上り詰めた武将がいたのです。

劉禅(公嗣)の生き様

上司ともめた時、もしくは絶対に勝てない相手と討論になった際、自分の意見をはっきり言って我を押し通す人は一目置かれます。しかしそういう際かっこよく戦う人もいれば周りからバカにされようと頭を下げて言いなりになることを選ぶ人もいるでしょう。そういったタイプの人間は三国志の時代にもいました。
それに最も当てはまるのが劉禅(公嗣)です。彼は劉備(玄徳)の息子で蜀の二代目皇帝です。諸葛亮(孔明)は劉備から「この子がだめなら君が帝位に就け」と言われましたが、彼は帝位につくことはありませんでした。蜀にとってはそれが完璧に裏目に出ました。日夜酒色に溺れるようになった劉禅(公嗣)は何もせずただ宦官達の言いなりになっていたのです。魏軍が攻め込んでくると各地で戦っている将兵を見捨ててあっけなく降伏してしまいました。
これに対しては上記の姜維(伯約)が激怒した訳ですが、怒ったところでどうしようもありません。結局劉禅(公嗣)は降伏後も安楽な生活を続けることができ、姜維(伯約)は魏兵に捉えられ殺されました。
よく美しく散るのがよしとされますが、負け戦は早々に終わらせて今後の人生いかに優雅に過ごすかという事に頭を使った方が得をすることも多いようです。

李厳(正方)の大博打

仕事をしている上でミスをすることは誰にでもあることです。しかしそのミスをどうするかというのは人によって違います。中にはそのミスをごまかすためにとんでもない嘘をでっちあげてしまおうかと考えている人もいると思います。
ここで三国志史上最大と言ってもいいほどの偽造を紹介したいと思います。
諸葛亮(孔明)が魏と対戦した時のことです。彼はあと一歩で魏の大軍に勝利することができるというところまで来ていました。しかし、食糧輸送の責任者だった李厳(正方)の怠慢により食料が滞ってしまい敗戦を喫することとなってしまいました。
李厳(正方)がとんでもないことをしでかしたのはこの後です。彼は保身のために嘘をつくのですが、それがあまりにも大きい物でした。彼は皇帝である劉禅(公嗣)に対し「諸葛亮(孔明)が謀反の疑いがあり」とし、この戦争事態をなかったものにしようとしてしまったのです。そんな嘘が通るわけもなく結局李厳(正方)は職を解かれ庶民にまで落とされました。
実際は処刑でもおかしくなかったのですが李厳(正方)が劉備(玄徳)からたいそうかわいがられていたという理由でそのようなことにはなりませんでした。
嘘も方便と言いますが、スケールのでかすぎる嘘はかえって災いをもたらすこともあるので気を付けてください。

夏侯惇(元譲)の気合

討論の際に痛いところを突かれて二の句を告げないでいると心証を悪くするのは言うまでもありません。戦も同じで将軍が致命傷を負った時倒れてしまったら軍全体が倒れてしまう可能性もあります。そういう時踏ん張って痛くもかゆくもないそぶりをしたら逆に相手がひるむことでしょう。そんな「ピンチをチャンスに変えた男」を紹介したいと思います。
曹操(孟徳)の従弟である夏侯惇(元譲)は下邳の戦いで呂布(奉先)の配下である高順と戦った際、目に矢が刺さってしまうという重傷を負ってしまいました。しかし彼は「両親からいただいたものを捨てるわけにはいかない」と言ってその矢を目玉ごと抜きとって食べてしまったというエピソードがあります。
きっとそこで痛がったり倒れたりしたら敵兵に殺されていたでしょう。さらに士気が下がり一気に戦いは持って行かれたことだと思います。しかし彼がひるまず踏みとどまったおかげ(と言ってもいいかもしれません)と曹操(孟徳)が自ら兵を率いて進軍した結果、最終的にはこの戦いで呂布(奉先)を捕らえ勝利を手にしています。
痛いところを突かれても平然とすることで流れが来るという事が分かるかもしれません。

まとめ

現在起こりうる状況とそれに呼応したシチュエーションでの武将の対処の仕方について紹介しましたがいかがだったでしょうか。
いつの時代にもピンチというのはつきものです。そしてどう対処するかというのは人によって違います。自分はこういう選択をしたけど果たしてよかったのか、どうするのがよかったのかと頭を悩ませることでしょう。そんな時は三国志の武将たちはこういう対処をしてこういう結果になったという事を理解していれば少しはいい対応ができるかもしれません。

関連する投稿


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


本当にあった合戦の華"一騎打ち"

本当にあった合戦の華"一騎打ち"

三国志を読んでいて一番盛り上がるのは一騎打ちのシーンだという人は多いと思います。関羽と黄忠・張飛と馬超・許褚と典韋・etc。どれも演義で読むとワクワクするシーンですが、その殆どは演義での創作です。日本でも、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちなどが有名ですが、殆どが創作です。合戦者の著者も読者が楽しめる内容を求めて書いたのでしょう。ですが、わずかながらも正史に記載されている一騎打ちもあります。果たして、どのような一騎打ちがあったのでしょう。


三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志と言えば、英雄や名君がたくさん登場します。武勇伝も多く、カッコイイ武将・君主が多いです。しかし、実は過大評価されている武将・君主もいるのが事実です。そこで今回は、「過大評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポーツを当てて紹介していきたいと思います。


三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

三国志・一騎打ちの勝率が最も高いのは、なんと超脇役の馬岱だった!

一騎打ちは三国志演義の見せ場ですが、そこで最も勝率が良かったのが、蜀の武将「馬岱」です。なぜこのようなマイナーな武将がここまで活躍しているのか、その謎を追います。


これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

これを知っていたら三国志通!有名なあだ名~武将篇~

三国志を知る上で重要になってくるのは戦いなどの流れと個々の武将のエピソードを知ることです。そして三国志をより楽しみたいという人は後者のエピソードを探ることをお勧めします。中にはあだ名がついている武将がいるので「なぜそのあだ名になったのか」「あだ名をつけた人は誰なのか」というのを抑えるとより楽しむことができます。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。