女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

三国志の登場人物の多くは「人情味あふれる武将」「一騎当千となるような豪将」と言った男性に好かれる面を押し出していることが多いです。そういった場合あまりルックスや、モテ要素などは語られないのですが、ここでは逆にそういった要素たっぷりの呉の武将を紹介します。架空で誰と付き合いたいか考えてみてください。


周瑜(公瑾)~やっぱり女性はイケメンが好き~

強さや権力は女性を魅了する一つではありますが、やっぱりイケメンは最も女性を引き付ける武器ではないでしょうか。そして「三国志一のイケメンは?」と言われ真っ先に名前が挙がるのは周瑜(公瑾)でしょう。そのイケメンぶりから周りから「美周郎」と言われたほどです。
そして彼の凄いのはそんなイケメンであるにも関わらず、頭は諸葛亮(孔明)のライバルと言われるほど。それに加え武芸も秀でていて、さらには音楽もできました。今でいう「モデル+司法試験合格+プロサッカー選手+天才ピアニスト」と言ったところです。
「これでモテないわけはないでしょ」というスペックを備えすぎている周瑜(公瑾)はやはり女性がほっとかない存在と言えます。
彼の最大の功績と言ったらやはり赤壁の戦いで曹操軍を撃退したというところです。映画『レッドクリフ』では主人公となった人物です。やることもスケールが大きすぎる周瑜(公瑾)は一押しです。

孫策(伯符)~自身があり、野望もある、そして才能がある~

孫策(伯符)は幼少期から抜群の才能を誇っていて父である孫堅(文台)に「この子がいれば孫家は大丈夫」と言わしめたほどです。そして彼についたあだ名が「小覇王」です。
たった3千の兵で連戦連勝を重ね呉の礎を作り、弟の孫権(仲謀)の代で三国の1角を担うほどまでに成長させることに成功しました。
それは一重に彼の才能、周りの物を引き付けるカリスマ性、自信、野望があったからと言えるでしょう。
そんな才能の塊の持ち主に「ついていきたい」という女性は少なくないはずです。彼は死ぬ間際国をまとめなくてはならなくなった弟に対し「自分より優れている点」を述べました。弟への気遣い、周りを見る力。全てにおいて余裕を持っていたとも捉えられる孫策(伯符)と付き合ったらずっと笑えて過ごせるかもしれません。
彼は若くして亡くなりましたがその短い生涯で非常に大きなことを成し遂げました。歴史に「もし」を言ったらキリがありませんが、彼がもし長生きしていたら本当に覇王になっていたかもしれません。

呂蒙(子明)~やんちゃ者が大化けしたギャップ萌え~

「やんちゃだった幼少時代を知っている男の子と同窓会であったら文武両道だった」そんな男性がいたら女性はくらくらしてしまうのではないでしょうか。そんなギャップ萌えを演じてくれる武将は呂蒙(子明)が一番と言えます。
彼は若い時手が付けられないほどの荒くれものでしたが、呉の総大将である孫権(仲謀)に実力を認められ彼の懐刀的存在として呉の繁栄に努めました。
しかも兵法も学び、周瑜(公瑾)の後継者である魯粛(子敬)に計略の指南をするほどまでに成長したのです。その際彼から「もう呉下の阿蒙じゃないんだな」(荒くれものだったころの蒙ちゃんじゃないんだな)と言わしめたほどです。
ギャップ萌えしてしまう、やんちゃな男性がピシッとスーツを身にまとったら「くらっ」としてしまうという人には呂蒙(子明)がお勧めです。
呂蒙(子明)はあの関羽(雲長)を討った武将です。劉備軍押しの人からは嫌われてしまうかもしれませんが、国別の好き嫌いがない場合は彼に対して好意を持てる面が多々あるのではないでしょうか。

陸遜(伯言)~成功する男はやっぱりかっこいい~

「なんだかんだ言っても男はやっぱり成功者がいい」そういう女性に一押しなのは陸遜(伯言)です。陸遜は上記で挙げた孫策(伯符)の娘婿となり(つまり皇帝である孫権(仲謀)の義理の甥にあたる)、最終的には丞相(今の日本でいう総理大臣に匹敵するくらいのポジションだと捉えると分かりやすいかもしれません)になりました。
呂蒙(子明)と共に関羽(雲長)を葬っただけでなく、魏からの攻撃も総大将として迎え討ち撃退するなど名前だけでなく、実力も伴っていました。若くして成功を収めた陸遜(伯言)はまさに順風満帆な生活を送ったといっても過言ではありません。
生まれも江東の名族の一つだった陸遜はやはり「成功するべくして成功した男」と言えるでしょう。
陸遜(伯言)と付き合ったら不自由のない暮らしが確約されるかもしれません。

陸抗(幼節)~敵も認める強者+サラブレッド~

馬でも人でもサラブレットは生まれながらにして2段も3段も上から人生のスタートを切っています。上記に挙げた陸遜(伯言)の息子、陸抗(幼節)はまさにサラブレッド中のサラブレッドで、父・陸遜(伯言)、母・孫策(伯符)の娘という最高のスタートを切っています。
それだけでも十分すぎるほどですが、この陸抗(幼節)、度胸満点で、気持ちが良すぎるほどの男です。
敵国である晋の大将(晋は元々魏でしたが、クーデターにより皇帝が変わり、国命も変わりました)羊祜(叔子)から一目置かれている人物でした。晋平が呉を攻めようとしている際に「陸抗(幼節)がいるから攻めるのは辞めろ」と言わしめるほどの実力者でしたし、その羊祜(叔子)が使者を使い仮で得た獲物を届けた際に酒をふるまいました。一方逆に陸抗(幼節)が臥せっている時に羊祜(叔子)は薬を送りました。陸抗(幼節)の部下が「毒でも入っているのでは」と言ったが「羊祜(叔子)はそういうことをする卑怯者ではない」と一蹴し薬を飲み、すぐに回復させました。
生まれがいいのにそれを悪用せず、地力をつけて他国の将軍に一目置かれるまでに成長した陸抗(幼節)は魅力の塊です。こんな男がいたら女性は「かっこいい」と思ってしまうのではないでしょうか。
余談ですが、羊祜(叔子)は陸抗(幼節)が亡くなった後、「攻め時だ」と上奏しましたが却下されてしまいました。

まとめ

「女性に薦めたい三国志の武将~呉編~」をつづってみましたがいかがでしたでしょうか。この他にも呉には魅力的な武将が多数存在しましたが、いざ女性にお勧めするとなるとやはりこの5人が真っ先に思い浮かびました。
三国志はストーリーもそうですが人物のドラマに魅力があると思っています。まずは好きなキャラを作ることが三国志を楽しめる一番の方法だと思うのでまずは「この人彼氏にしたら楽しそう」という邪な見方でもいいので推しメンを作ってみたらいかがでしょうか。

関連する投稿


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。