冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


遠路の疲れ勢は陣の夜討ちに用心 緒戦は大敗した曹操軍

満を持して征西軍を編成した曹操(孟徳)。先鋒に夏侯淵(妙才)、張郃(儁乂)を立てます。険しい山岳地帯を行軍し、漢中最大の要害である陽平関に辿り着きます。想像を絶する険しい道のりであったため、兵たちは行軍だけで疲れ果てていました。そこで、二将は「兵を休ませ、陽平関攻撃は明日から」という方針を採りました。その日の夜は、皆、深い眠りに就く曹操軍の将兵たち…。

この状況が漢中軍に完全に読まれていました。

楊任、楊昂率いる漢中軍が夜襲を行い、曹操軍の「寝込み」を襲います。夜襲は大成功。曹操軍は抵抗するどころか、武器がどこにあるか分からない有様…夏侯淵(妙才)も張郃(儁乂)も鎧すら身に付ける間もなく着の身着のままの恰好で逃げ回ったとか…挽回の余地のない大敗を喫します。

激怒する曹操(孟徳)。夏侯淵(妙才)、張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将たちに諫められて思い留まります。そして曹操(孟徳)は怒気を含んでこう言います。

「遠路の疲れ勢は陣の夜討ちに用心」お前たち(夏侯淵、張郃)はこんな兵法の基本を心得ていなかったのか!

誘引の計 退却と見せかけて敵を誘い出す

陣を後退させた曹操軍、しばらく膠着状態が続きます。戦いは長期化すれば攻め込んでいる側の曹操軍が不利になります(攻め手は兵糧輸送の問題があるため)。そこで曹操(孟徳)は全軍に退却を命じます。もちろんこれは策で、退却すると見せかけて、実は夏侯淵(妙才)、張郃(儁乂)の二軍を山岳地帯にかかる濃霧の日に漢中軍の楊任、楊昂の陣の背後に回らせていたのです。

この策に引っかかったのは楊昂でした。

緒戦の勝利で勢い付く漢中軍、楊昂の一軍は直ちに追い討ちをかけました。しかし、曹操軍は後退した先で攻撃態勢を整え、追い掛けて来る楊昂軍を待ち構えていました。正面切っての戦いとなれば曹操軍有利は揺るぎません。罠にはまった楊昂軍は窮地に陥ります。

漢中軍の陣に残っていた楊任の軍はその異変に気付き、救援に向かいます。そして陣は「カラ」になってしまいました。そこに悠々と入ってきたのは夏侯淵(妙才)と張郃(儁乂)率いる曹操軍の一軍でした。結局、漢中軍は曹操軍に「挟み撃ち」にされて敗走。さらに、陽平関をにいた張衛(公則)(張魯の弟)は、楊任、楊昂が守っていた前衛の陣を失っては曹操軍と戦うのは不可能と判断。戦わずして陽平関を明け渡してしまいます。

存亡の危機に立つ張魯(公祺)漢中 迎え撃つのは龐徳(令明)

戦局は曹操軍絶対有利の形勢。存亡の危機に立たされた張魯(公祺)は龐徳(令明)を総大将として曹操軍を迎え撃ちます。
龐徳(令明)はかつて馬超(孟起)の片腕として活躍していました。馬超(孟起)が曹操(孟徳)に敗れ、漢中に身を隠していた時に龐徳(令明)も行動を共にしていましたが、馬超(孟起)の劉備軍への投降の際にたまたま病床に伏せていたため漢中に残っていたのです。漢中での立場は「客将」でしたが、「1日でも禄をいただけば家臣」という信念から張魯(公祺)の出撃命令を快く受け入れました。

龐徳(令明)は馬超(孟起)に匹敵する武力を持つ武将でした。疲れを見せず曹操軍の兵士を次々と蹴散らして行く龐徳(令明)。曹操軍は彼を「疲れさせる」戦術を取ります。張郃(儁乂)、夏侯淵(妙才)、徐晃(公明)、許褚(仲康)が次々と入れ替わりながら龐徳(令明)と戦い続けるのです。
それでも疲れを見せず、曹操軍においては武力第一人者と言われる許褚(仲康)を相手にしても全く譲りません。結局、決着はつきませんでした。龐徳(令明)の勇名は漢中および曹操軍にも轟き渡ります。

しかし、龐徳(令明)は「客将」。政治的には孤独な立場です。曹操軍はここに目を付け、南鄭城内に住む楊松という賄賂に目のない文官を買収して龐徳(令明)を陥れるよう工作します。

楊松に陥れられ曹操軍の計略にハマる龐徳(令明)

楊松は「四対一」の戦いについて「真剣に戦っていなかった」と張魯(公祺)に進言してしまいます。そして、龐徳(令明)が曹操(孟徳)と内通しているとまで語ります。そうなれば所詮は「客将」。張魯(公祺)は楊松の言葉を鵜呑みにし、「次の戦いで曹操(孟徳)の首を取らなければ罪に問う」と龐統(士元)に伝えます。
身に覚えのない「濡れ衣」を着せられた龐徳(令明)。何とか汚名を晴らしたいと功を焦ってしまいます。そのため、まんまと曹操軍の計略にハマり、落とし穴に落とされて取り押さえられてしまいます。「打ち首を覚悟した龐徳(令明)に曹操(孟徳)が一言。

「犬死を急ぐこともあるまい。どうじゃ、降伏せぬか?」

捕らえられた敵将のプライドを傷つけず、降伏を促す曹操(孟徳)の姿は、それまでの彼の行動にはあまり見られないものでした。そんな曹操(孟徳)に感激した龐統(士元)は進んで曹操(孟徳)に降伏します。

曹操(孟徳)の漢中平定 張魯(公祺)は打ち首にならなかった

龐徳(令明)を失った漢中軍。主要拠点だった南鄭城を捨て巴中城で徹底抗戦を計りますが、もはや戦力の差は歴然。兵士の士気も上がらず、張魯(公祺)は降伏します。

しかし、曹操(孟徳)は張魯(公祺)を打ち首にせず、手厚く迎え入れます。通常なら敵に占領される城には火を放ち、一粒の米も残さないようにしますが、漢中軍は「食料は天の授かりもの」としてこれらに火を放たず、倉に鍵を掛けただけで立ち去ったことを高く評価したのです。

余は主君を売って出世を図るなど好まん

張魯(公祺)が曹操(孟徳)に捕らえられたのは、移動した巴中城から単独で軍を率いて出撃したためでした。楊松の策略です。彼は、龐徳(令明)の後、さらに曹操軍から張魯(公祺)も裏切るよう賄賂を受けていたのです。

結局、楊松は賄賂によって主君を裏切ります。

防戦一方で追い詰められた張魯(公祺)に「兵の士気を高めるためにも主君(張魯)自ら出撃なされませ。この城は拙者(楊松)が守ります。」と進言し、絶対不利な戦場にまんまと張魯(公祺)を出撃させたのです。そして、目論み通り張魯(公祺)は降伏します。

張魯(公祺)降伏後、楊松は曹操(孟徳)に謁見します。「漢中平定の立役者」気取りです。この上ない褒美もあるだろう…。魏国での破格の出世も期待できるだろう…。「英雄」気取りです。しかし、曹操(孟徳)は一言…。

「余は主君を売って出世を図るなど好まん」

楊松は打ち首になります。

龐徳(令明)、張魯(公祺)、楊松…。曹操(孟徳)は「自身の配下として役立つか」という「能力」だけでなく「正しい信義を心得ているか」という今風に言う「モラル」がしっかりした人物を見極める目を持っていたようです。漢中平定では「冷酷非道」なだけではない曹操(孟徳)の別の一面が多く垣間見れるのです。

関連するキーワード


曹操 劉備 夏侯淵 張郃

関連する投稿


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

218年、三国志の永遠のライバルたる曹操(孟徳)と劉備(玄徳)の勢力が激突します。それまで、常に強大勢力の曹操(孟徳)が矮小な劉備(玄徳)を「追う」構図でしたが、荊州・益州を支配し一大勢力となった劉備(玄徳)が曹操(孟徳)の勢力を次々と打ち破って行く展開となって行きます。最初の攻防は蜀の張飛(翼徳)と魏の張郃(儁乂)。戦いの経過を見て行きます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。