三国志で過小評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過小評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志の世界では、多くの登場人物がいます。当然、評価されている人物がいれば、まったく評価されていない人物もいます。そこで今回は、「過小評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポットを当てて紹介していきたいと思います。


1.三国志では過小評価される人物がいる

1.三国志では過小評価される人物がいる

1.三国志では過小評価される人物がいる

英雄や豪傑、策略家など様々な人物が登場するのが三国志の醍醐味です。しかし、実は有能なのに過小評価されている武将・君主が多くいます。これは、三国志の宿命と言っても過言ではありません。なぜなら、三国志は「三国志演義」と「正史三国志」があり、日本では三国志演義の方が好まれているからです。三国志演義は創作であり、正史三国志は史実に基づいています。そのため、わかりやすくて面白い三国志演義の方が日本では好まれているのです。

そして、三国志演義は蜀がメインとなっており、蜀以外の登場人物が過小評価されやすい傾向があります。とくに、蜀と敵対する魏の人物は、過小評価されやすいです。これは、蜀の人物を目立たせるためと考えられています。また、蜀の中でも劉備(玄徳)や関羽、諸葛亮などがメインとなっており、蜀の人物の中にも過小評価されている人物はいるのです。そのため、三国志の登場人物のなかには、過小評価されている人物が意外と多くいます。

2.三国志で過小評価されている武将・君主5選

2.三国志で過小評価されている武将・君主5選

2.三国志で過小評価されている武将・君主5選

袁紹

袁紹

袁紹

三国志に登場する君主で過小評価されているひとりと言えば袁紹が挙げられます。袁紹は、名門・汝南袁氏の出身であり、若くして活躍しています。董卓との抗争に敗れるも、その後反董卓連合の盟主となっています。ちなみに、反董卓連合軍は董卓を破るも、内紛が起こり瓦解し、群雄割拠の時代へと進んでいったのです。その後袁紹は着々と勢力を強め、「最も天下に近い男」にまで成り上がっているのです。

それなにに、袁紹は「ダメ君主」との声が多いのが現実となっています。理由は、有能な軍師である田豊と沮授の助言を受け入れなかったからです。著しく袁紹の評価を落とした官渡の戦いでも、田豊と沮授の助言は退けられています。その結果、圧倒的に数的優位だったにも関わらず、官渡の戦いで大敗を喫してしまうのです。とは言え、一時でも「最も天下に近い男」になったのだから、袁紹はもう少し評価されてもいいのではないでしょうか。

曹仁

曹仁

曹仁

魏の曹仁も過小評価されている三国志の人物のひとりです。曹仁は曹操と血のつながらない従兄弟です。曹操の古参の武将であり、曹操軍の騎兵隊を率いています。曹仁は数々の戦で功績を上げており、曹丕の時代には車騎将軍・都督荊揚益州諸軍事・陳侯に昇進し、さらには大将軍に任命されているのです。それだけ曹仁の功績は大きく、有能だったことがよくわかります。

しかし、曹仁の評価は、「三国志演義」の影響で低い傾向があります。なぜなら、「正史三国志」での曹仁の活躍が、三国志演義にはほとんど記されていません。しかも、徐庶や諸葛亮に翻弄されるため、曹仁の評価が低くなっているのです。しかし、あれだけの豪華メンバーがいる魏において、曹仁は大将軍にまで上り詰めています。それを考えると、曹仁は有能な武将であり、もっと評価されてもいいのではないでしょうか。

司馬懿

司馬懿

司馬懿

司馬懿もまた、過小評価されている人物のひとりです。司馬懿は、曹操の時代から活躍し、曹丕の時代には絶大な信頼を得て大権を握ることになります。その後、曹叡の時代にも数々の功績を挙げて大将軍にまでなっています。また、司馬懿は西晋の礎を築いた人物でもあるのです。

そんな司馬懿なのに、過小評価されている原因は諸葛亮にあります。諸葛亮の北伐に対し、それを抑えたのが司馬懿です。しかし、司馬懿は局地的ながら諸葛亮に敗れています。そして、「死せる孔明生ける仲達を走らす」とあるように、亡くなった諸葛亮を相手に退却しているのです。これらのことから、諸葛亮の方が有能とのイメージが強く、なぜか司馬懿の評価が高くありません。実際には、諸葛亮と同等かそれ以上の評価をされてもおかしくない人物なのです。

于禁

于禁

于禁

三国志の武将で過小評価されている人物と言えば、于禁も挙げられます。于禁は、黄巾の乱の際に鮑信が義兵を募った際に参加しています。その後鮑信が亡くなると、曹操の下で活躍するようになるのです。陶謙の徐州を攻めて陥落させ、さらに呂布との戦いでも活躍し、有能な武将としての評価を勝ち取っていくのです。その後も、袁術軍との戦いや官渡の戦いで功績を立てており、左将軍にまで成り上がっています。

これだけ見れば、于禁が如何に有能な武将だったのかがわかります。しかし、于禁の評価を著しく落とした事件があったのです。関羽が樊城を包囲した際、于禁は援軍の将として出陣します。このとき、関羽は船を用意していたのに対し、于禁らの軍全は船を用意していませんでした。そこに、長江の支流である漢水が氾濫し、于禁らは水没して関羽の捕虜になってしまったのです。捕虜となった于禁は、関羽に対して命乞いをしていまいます。この命乞いが、于禁の評価を著しく貶めている原因なのです。命乞いをするまでは有能な武将として評価されていただけに、ひとつの行動次第で評価は大きく変わってしまうことがよくわかります。

魏延

魏延

魏延

劉備(玄徳)や劉禅に仕えた魏延も過小評価されている武将のひとりです。劉備(玄徳)の入蜀の際には、配下として随行しています。劉備(玄徳)が漢中王に即位し、成都に帰還する際には、魏延を督漢中・鏡遠将軍・漢中太守に抜擢しており、劉備(玄徳)から評価されていることがわかります。劉備(玄徳)の死後も重用されており、魏相手に活躍し、前軍師・征西大将軍にまで昇進しているのです。

そんな有能な武将だった魏延ですが、過小評価されている原因は諸葛亮の死後にあります。諸葛亮の死後、魏延は自分が指揮官となり北伐を続けようするのです。しかし、軍を掌握していた楊儀は退却をしてしまい、これに対して魏延を怒ってしまいます。そして、劉禅に楊儀が反逆したと上奏するのですが、同じく楊儀も魏延が反逆したと上奏したのです。その結果、劉禅は董允と蒋琬にどちらが正しいのか問い、魏延に疑いを持つようになります。その後、魏延は出奔したのですが、楊儀は馬岱に追跡させ、魏延を斬り殺させたのです。これらの最期から、魏延の評価は過小評価されているのです。

3.まとめ

3.まとめ

3.まとめ

今回は、三国志に登場する人物で過小評価されている武将・君主を紹介してきました。いずれの武将・君主も、実はとても優秀であり、手柄や功績を立てています。しかし、晩年の言動やライバルの存在によって、やけに過小評価されているのです。これから三国志を楽しむときには、すでに下されている評価を鵜吞みにするのではなく、フラットな目線で評価してみて下さい。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


”天下に最も近かった男” 袁紹はなぜ敗れたのか?

「三国志」前半の主要人物である袁紹(字:本初)。曹操と華北の覇権を争い、西暦200年に官渡の戦いで敗れた。多数の優秀な人材を抱え、圧倒的な優位にたっていたにも関わらず、なぜ袁紹は敗れたのか。その敗因を探る。


そうだったのか!?英雄たちの前職や職歴

蜀の初代皇帝の劉備(玄徳)、関帝聖君として祀られ神様になった関羽、五虎将のひとりに数えられる張飛、漢の丞相となり魏国の基盤を作った曹操も呉を建国した孫権の父孫堅も、もともとは一端の商人や小役人だったのですが、小説やドラマではあまり触れられることがありません。英雄たちはどんな職業について生計を立てていたのでしょうか。


意外?イメージが大きく異なる武将たち

三国志の武将のイメージは三国志演義、そして三国志演義を元にしたもので出来上がってしまっているのですが、実際には案外イメージが異なる武将も多いです。そんな「実際とちょっと違う」武将を何人か挙げてみるとしましょう。


三国志で一番天下に近かった袁紹とは

三国志の登場人物で、一大勢力を誇ったのが河北の英雄【袁紹】です。一時は曹操や劉備(玄徳)、孫権ら三国を形成していく諸将を差し置いて天下統一に一番近い人物といえました。数々の書物では曹操の引き立て役に甘んじている袁紹とはどのような人物だったのでしょうか。


三国志・イケメン荀彧はいったい誰に仕えていたのか!?

曹操が最も信頼した相手とされる「荀彧」。彼は魏の建国を認めず、最期まで朝廷に仕える臣として抵抗しました。今回はそんな荀彧についてご紹介いたします。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。