”天下に最も近かった男” 袁紹はなぜ敗れたのか?

”天下に最も近かった男” 袁紹はなぜ敗れたのか?

「三国志」前半の主要人物である袁紹(字:本初)。曹操と華北の覇権を争い、西暦200年に官渡の戦いで敗れた。多数の優秀な人材を抱え、圧倒的な優位にたっていたにも関わらず、なぜ袁紹は敗れたのか。その敗因を探る。


名門の御曹司として期待された

 袁紹は、汝南袁家という名家の出身である。紀元1世紀(後漢の初期)に袁安という官僚が重臣として取り立てられ、汝南袁家の礎になった。4代にわたり三公(宰相)を輩出したことから、「四世三公」と称された名門中の名門だった。
 袁紹自身も、名門出身にふさわしい風格を備えていたらしい。彼の風采の評価には、以下のようなものがある。

・紹、姿貌威容あり。
・紹、外は寛雅にして局度あり。
・威容、器観あり。

 つまり、威厳があるとか度量の大きさを感じさせるような雰囲気を持っていた、といえる。宦官の家の出身である曹操、江南の豪族出身の孫権、貧しい家の出身の劉備(玄徳)といった面々とは、毛並みがまったく違うのだ。
 しかも、血筋がいいことを鼻にかけたりせず、遊侠の徒のような人々とも気楽に付き合ったので、自然と多くの人材が彼の周りに集まっていた。

 西暦189年、董卓率いる軍勢が洛陽に入り、董卓の暴政が始まる。袁紹は洛陽を脱出して冀州に逃亡。翌190年、董卓の圧政に反対する諸侯らによって、反董卓連合軍の盟主に担ぎ上げられた。
 反董卓連合軍は、のちに諸侯の内輪もめから瓦解してしまい、中国は各地で諸侯が勢力争いをする群雄割拠の乱世に突入した。
 こうした中で、冀州という有力な根拠地を手に入れた袁紹は、彼の血筋と風格に惹かれて集まってくる人材に支えられ、順調に勢力を伸ばしていった。弱小勢力を率い、自ら前線で苦労を重ねながら勢力を拡大していった曹操とは対照的だ。

圧倒的に袁紹有利なはずだった官渡の戦い

 西暦199年、袁紹は幽州の公孫サンを滅ぼす。一方の曹操も呂布を破り、張繍の降伏を受け入れてその勢力を吸収する。西暦200年までに、華北は大きく袁紹と曹操の勢力に二分された状態になっていた。
 西暦200年、両雄は現在の河南省にある官渡にて対峙した。しかし、華北の二大勢力といっても、兵力には隔たりがあった。
 袁紹の軍勢は約10万、対する曹操は2万にも満たなかったという。

 前哨戦である白馬・延津の戦いでは、曹操軍は巧みな用兵によって袁紹軍の二枚看板である顔良・文醜を討ち取る。だが、この時点でも兵力面で袁紹が優勢だった。官渡に築かれた砦に立てこもった曹操に対し、袁紹は大軍をもって圧迫を開始する。

 ところが、ここで1人の人物が状況を変えるきっかけを作った。
 袁紹の配下である軍師・許攸が曹操のもとに投降してきたのだ。彼は袁紹に策を進言したが聞き入れられず、嫌気がさして袁紹を離れたという。
 許攸は、烏巣という場所に袁紹軍の兵糧庫があること、そこの守備が手薄であることを曹操に教えた。曹操は兵糧庫を奇襲することを即断し、自ら5千の兵を率いて烏巣を急襲。敵将の淳于瓊を討ち取って兵糧を焼き払った。

 兵糧を失った袁紹軍は戦争継続の能力を失い、河北へと敗走を余儀なくされる。圧倒的に有利でありながら曹操に敗れたことで、袁紹本拠地の冀州では反乱が起き、袁紹幕下の内輪もめも深刻になった。

 袁紹は西暦202年に憂悶のうちに病死。袁紹の死後、長男・袁譚と三男・袁尚との間で後継者争いが勃発する。曹操は袁家が仲間割れしているのに乗じ、あっけなく袁家を滅ぼしてしまった。

 一軍師の許攸が離反するというちょっとしたきっかけから、袁紹は勝利を逃したばかりか家をも滅ぼしてしまったことになる。

有能な者の意見を採用しないという致命的な欠点

 しかし、官渡の戦いの際の袁紹の動向を見てみると、彼は敗れるべくして敗れたとわかる。許攸を重用せず離反させたのが敗北の直接のきっかけだが、袁紹はそれ以外にも部下の進言を取り入れず、器の小ささを露呈していた。

 前述の通り、袁紹の声望によって彼のもとには多くの人材が集まっていた。だが、せっかく優秀な人材がいたのに、彼らの意見を用いなかったのだ。

田豊のケース

 田豊は袁紹配下の代表的な軍師だ。博学で知略に優れていたが、歯に衣を着せない物言いによって袁紹に疎ましく思われていたようだ。
 官渡の戦いの直前、曹操は袁紹を迎え撃つ前に、劉備(玄徳)の軍を叩いて背後の心配をなくそうとした。この時、曹操の本拠地である許都はがら空きとなる。田豊は、今こそ許都を攻撃して曹操に打撃を与える好機であると進言した。
 しかし、袁紹は子供の病気を理由として兵を起こさなかった。田豊は主君の優柔不断さに、持っていた杖を地面に叩きつけて悔しがったという。

 両軍が対峙すると、田豊は同僚の沮授とともに、こう進言する。
「曹操の用兵は侮りがたいものがあります。決戦を急がず持久戦に持ち込み、敵の疲弊を待つべきです」
 だが、袁紹はこれを受け入れなかったばかりか、食い下がる田豊に怒り、投獄してしまった。

 獄中で袁紹が敗れたことを聞いた田豊は、こう言ったという。
「殿が勝てば私も助かったろう。だが、負けてしまったので私は殺されるだろう」
 果たして、田豊の言ったことは的中した。袁紹は、
「田豊は、今頃私の失敗を聞いて笑っているだろう」
 と言って、田豊を殺してしまった。

沮授のケース

 沮授は田豊と並び、袁紹配下の謀臣の代表格である。袁紹の勢力拡大に大きく貢献した人物だが、官渡の戦いでは彼の進言もことごとく退けられた。

 田豊とともに持久戦を主張したが無駄に終わったのは、前述の通り。

 他にも、前哨戦の白馬・延津の戦いでは、顔良を先鋒とする作戦について、
「顔良では任に耐えられないでしょう」
 と進言したが用いられなかった。沮授の危惧したとおり、顔良は孤立して曹操軍に討ち取られてしまう。
 さらに、烏巣における兵糧庫の守備を固めるように、という進言も、袁紹は聞き入れることはなかった。結局、烏巣の兵糧庫が奇襲を受けたことが命取りになった。

 袁紹の軍が敗走するとき、沮授は逃げ遅れて曹操に捕らえられた。曹操は彼の才能を惜しんだが、沮授は曹操に仕えることを拒否。脱走を図ったため、処刑されてしまった。

 田豊も沮授も、能力にふさわしい主君に仕えられなかった悲劇の参謀だったといえる。

袁紹の失敗は、すべてのリーダーへの反面教師?

 血筋と風格のおかげで、自然と優秀な人材が集まってきた袁紹。しかし、彼らの意見に耳を傾けるだけの器量がなかったために、曹操との決戦に敗れてしまった。
 正史の「三国志」の編者である陳寿は、袁紹にこんな評価を下している。

「才有れども用いる能わず、善を聞けども納(い)るる能わず」
(=才能ある人材がいるのに使いこなせず、良い進言を聞いても受け入れられなかった)

 袁紹の失敗は、現代に生きる私たちにも教訓を残している。リーダーであれば、部下の意見を柔軟に受け入れなければ、組織は立ち行かないのだ。

(参考文献:守屋洋「『三国志』の人物学」PHP文庫)

関連するキーワード


三国志 袁紹 曹操

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。