兄弟って仲良いの?三国志の時代に実在した兄弟とは

兄弟って仲良いの?三国志の時代に実在した兄弟とは

兄弟の契りなんて言葉もありますが、実の兄弟ですと日本の戦国時代でも兄弟仲の良くない兄弟も沢山います。実際、中国は近年まで一人っ子政策が用いられてますが、当時は兄弟も多かったのではないでしょうか。そこで今回は三国志の時代に存在していた兄弟について紹介します。


曹操の後継者候補であった曹丕と曹植

兄が跡を継いで弟が付いてゆく構図は三国志の時代と言えど通用しませんでした。曹丕と曹植の兄弟は年齢は5つほど違いますが、母は共に曹操が最も信頼したと言われる卞夫人との子なので、完全なる血のつながりをもった兄弟にあたります。その兄弟が父である曹操が後継者を決めなかったがために周囲に引き離されて行くのです。

元々は母である卞夫人は正室ではなかったので、皇位からは程遠い仲の良かった二人ですが、兄である曹昴の死によって運命が変わっていきます。曹昴は当時正室であった丁夫人の子でしたが、死んでしまったがために丁夫人と曹操は疎遠になってしまいました。そうすると曹操は卞夫人を正室としたのです。

そしていつしか皇位をめぐって二人の周りには派閥が出来ました。そして曹操がなくなると結局は兄である曹丕が跡を継ぐことになりました。曹植がそれを素直に祝福できれば何の問題もなかったのですが、そうもいかず兄を怒らせるようなことをしてしまったのです。

いつしか曹丕は弟を殺してしまおうと思うほどになっていました。母が泣きついたために難は逃れましたが、弟も弟の息子たちも更迭されることになったのです。権力は人を変えてしまうものかもしれません。立場などない普通の兄弟でいられたならこの二人も仲良く過ごせたのかもしれませんね。

出来の良い弟を立てた優しい兄だった司馬朗

曹操を支えた名軍師に司馬懿がいますが、その司馬懿には兄である司馬朗がいました。もちろん兄も有能で決して司馬懿に劣っているというわけではありませんでした。洛陽に出仕していたときも洛陽が董卓の手におちると危険を察知して父の命によって去ろうと決めました。司馬朗は行政官としてはとても有能な人だったのです。

しかし、弟が曹操のもとで出世すると同僚で仲が良かった崔琰が司馬懿と比較して司馬朗は弟に及ばないということを言ってきました。普通なら怒るとこですが、司馬朗は弟が褒められていることを素直に喜び崔琰に感謝したそうです。このエピソードだけでも人格者と言えますね。

その後、夏侯惇に仕えて呉に討伐に向かった際に風邪が流行したのですが、優先的に兵士に薬を分け与えて自分は飲まなかったがために命を落としたと言われています。弟である司馬懿も人柄では兄には叶わないと思っていたようです。本当に人として優れた人だったのです。出来の良い弟でも嫉妬することなく仲良くいられる器の大きい兄ってなんだか素敵ですよね。

兄弟で性格の全く違った諸葛恪と諸葛融

諸葛亮孔明の兄として知られる諸葛瑾には二人の息子がいたのですが、兄は諸葛恪、弟は諸葛融という名前でした。この二人の兄弟は全くといっていいほど性格が似ていませんでした。兄はイライラするとすぐにカッとなるタイプですが幼いころから才能に恵まれて優秀でした。そのため典型的なオラオラ系であったと言われています。

一方、弟の諸葛融はマイペースで温厚な性格をしていました。諸葛融は遊びの達人で国境の守備などをしていた時代もあるのですが、その際にはゲーム大会を催し、国境が穏やかな空気に包まれたといいます。

兄の諸葛恪は孫峻によって誅殺されてしまうのですが、弟の諸葛融はその事実を知った際に回避する術を知らずに毒を飲んで死んでしまったようです。兄弟として性格も違えば死ぬ間際もどこか違う二人の兄弟でもこんなに違うとはびっくりですよね。

三国志で最も仲が悪い兄弟は袁術と袁紹

三国志に登場する兄弟の中で最も仲が悪いのは袁術と袁紹ですよね。関係性としては母親の違う異母兄弟なわけですが、袁術よりも袁紹が才能も人望もあったことに袁術が嫉妬してしまったことが二人の兄弟仲を悪くする原因になっていました。

元々は嫉妬した袁術が嫉妬のあまり袁紹の母の身分が卑しいなどと吹聴してまわったがために、袁紹も袁術を恨むほかなく、兄弟の溝はどんどん広がっていきました。袁術は呉や呂布などと手を結び、袁紹は魏や蜀などを従えて勢力争いを繰り広げました。

結局は袁術も最期は没落し、プライドを捨てて袁紹を頼ることになるのですが、袁紹にたどり着くまでに阻まれて餓死してしまったそうです。もし、たどり着けていたら兄弟仲は修復されたでしょうか?真相は闇の中ですね。

権力争いをする事無く生涯を終えた孫策と孫権

三国志で一番ポピュラーな兄弟と言えば孫策と孫権の兄弟です。孫策は江東の小覇王と呼ばれていた人物で、孫権はその孫策から受け継いだ領土を拡大した人物です。呉という国を語るには恐らくこの二人無くして語れません。

この二人の父はおなじみの孫堅ですが、まだ孫策が17歳、孫権が10歳のときに戦死してしまったので、まだ幼かった孫権にとっては孫策は父代わりの人物でした。必然的に孫策は残された弟や家臣を守るほかなく年も離れていた為に兄弟喧嘩とは無縁の日々が続きました。

結果的に孫権が18歳になると同時期に孫策が亡くなってしまうために、権力争いとは無縁の一生を終えました。もしも、孫策が亡くなってしまわなければ兄弟仲がこじれた可能性もありますが、そうならなくてすんだことがこの二人にとって幸せだったと言えるのではないでしょうか?

まとめ

三国志の時代の兄弟について今回は紹介しましたがいかがでしたでしょうか?兄弟の形はいつの時代も人それぞれですが、特にこうした戦国時代と呼ばれるような時代では生まれた家によっては兄弟仲が悪くなってしまうケースも多かったようです。

肉親だからこそ愛せるし、肉親だからこそ憎いなどあるのかもしれません。それにしても嫉妬という感情は人間関係をいとも簡単に壊してしまうということがわかりました。袁術と袁紹のように争うよりも、̪司馬懿を司馬朗が立てたように仲良くできることが望ましいと改めて感じました。

皆さんも兄弟、姉妹などいらっしゃる方もいるかとは思いますが、血をわけた兄弟とは争うことなく仲良くしていただきたいと思います。それが自分たちからしても周囲からしても本当に幸せなことであることをわかることができるとずっと仲良くしていられるでしょう。兄弟とはいつの時代も素晴らしいのでした。

関連するキーワード


兄弟 袁紹 曹操

関連する投稿


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


最新の投稿


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。