劉備(玄徳)の「玄徳」は名前ではない?三国志わかりにくいあるある。

劉備(玄徳)の「玄徳」は名前ではない?三国志わかりにくいあるある。

日本人の三国志のイメージにはいろいろあると思いますが、初歩的な面でえ、そうなの?と思うことも多々あります。例えば劉備(玄徳)は「劉備」が苗字で「玄徳」が名前だと思っている人は少なくないでしょう。しかし正解は劉が苗字、備が名前です。ここではそういったわかりにくいところを紹介していきたいと思います。


字(あざな)は名前ではない

三国志に出てくる登場人物の多くに字(あざな)というものがあります。当時の中国では「名前を口に出すのはよくないこと」とされていました。しかし劉備(玄徳)の場合、劉が苗字、備が名前、玄徳が字のわけですが、劉さんと言っても劉さんがうじゃうじゃいて不便だったため、字(あざな)を作りそれを呼ぶようになりました。

しかしながらさらに複雑な話があり、「では字で呼んでいたか?」と言ったらそういう訳でもありませんでした。字で呼ぶのは親族や親しい間柄の者たちであって、位の高い者たちは大抵役職で呼ばれていました。
戦闘力が関羽(雲長)や張飛(翼徳)並みに高かったとされている馬超(猛起)が劉備(玄徳)のことを「玄徳」と呼んだ際、関羽(雲長)や張飛(翼徳)は「失礼だ!」と言ってブチ切れたというエピソードがあるくらい、字で呼ぶのは失礼とされていました。
「じゃあ字って何のためにあるの?」という疑問に達してしまうかもしれませんが、親しい仲の人が言うあだ名と考えてもらえればと思います。

正史=正しい史実という意味ではない

日本で三国志と言ったら正史である『三国志』と小説である『三国志演義』がもとになっています。三国志演義は小説なので誇張されて書かれている面が多々あるのでより史実に基づいていると言ったら三国志の方と言えるでしょう。
しかしここで間違えがちなのが正史だから「正しい史実」だと認識してしまうことです。もちろん正しい面は多いのですが、正史というのは「国家が公認した歴史書」という意味です。
中国にはこの正史と呼ばれる歴史書が二十四あります。この正史は歴史家の陳寿が書き、さらに補足部分を150年ほど後に同じく歴史家の裴松之が注を加えました。
一方三国志演義は14世紀中ごろに羅漢中が書きました。吉川英治の小説、横山光輝の漫画はこの『三国志演義』を基に書かれているため、日本人にとってはこちらの方が馴染んでいると言えるでしょう。

赤壁の戦いでの兵士の数は大きな誤り?

赤壁の戦いと言えば三国志の中でも1,2を争うほど大戦でした。孫権軍と劉備軍が手を取り合って曹操軍を撃破するというこの戦いは三国志ファンがうなるほどの名だたる武将が投入されました。三国志を語る上で知らなければいけない戦いというのは間違いありません。
ところで数年前にブレイクしたレッドクリフはご覧になられたでしょうか。日本の映画ではあまりお目にかかれないほどの壮大なスケールで描かれた作品で「三国志を学ぼう」という人にとてもお勧めの作品です。
さて、話をレッドクリフから赤壁の戦いに戻します。この赤壁の戦いについては多くの意見、推論がなされていますが、この戦いがここまで注目を浴びている理由として「誇張」という物がカギを握っているように思えます。
一番のポイントは人数の誇張です。孫権軍と劉備軍が7万程度の軍だったと言われているのに対し、曹操は自軍を80万の大軍と言っています。しかし実際曹操軍は20万人程度だったのではないかという案が有力視されています。もちろん7万の軍勢で20万の軍勢を破ったら大金星と言えるでしょう。ですが、80万の軍を破ったという方がより伝説的になります。なので、この「80万」という数字が先走ってしまったのではないでしょうか。
もう一つのポイントは疫病です。赤壁の戦いでは周瑜(公瑾)や諸葛(孔明)の戦略が凄すぎたように書かれていますが、曹操(猛徳)にとって一番の難敵は兵士の命をことごとく奪った疫病だと言われています。
とは言え上記で挙げたようにこの孫権軍、劉備軍の連合軍が勝ったのは歴史的快挙と言っても過言ではありません。

三国で最初に滅んだ国は最強国の「魏」だった

日本では三国志と言えば三国志演義の影響を受けていることが多い為、劉備(玄徳)が治めていた蜀が「正義」、曹操(猛徳)が治めていた魏が「悪」という見方が強いです。そのため劉備(玄徳)亡き後実質的に蜀を束ねていた諸葛(孔明)が亡くなった後の記述については多くありません。
(私も幼いころ諸葛(孔明)が亡くなった後、魏が三国を統一して終わったものだと思っていました)
しかし諸葛(孔明)亡き後の三国志も相当面白いです。まずは絶対安泰だと思っていた最強国「魏」が消滅したのです。消滅と言っても呉や蜀にやられて滅びたという訳ではなく、曹一族が司馬一族に追いやられ、そのまま司馬炎(安世)が国名を魏から晋にし、初代皇帝の座についています。
最終的にこの晋が蜀や呉を倒し天下を統一することになります。

曹操(猛徳)はコンプレックスの塊だった

中国では三国志で最も優れていたとされている人物に諸葛(孔明)、関羽(雲長)、曹操(猛徳)を挙げることが多いです。日本では完璧悪役の曹操(猛徳)はさぞ死角がないと思われがちですが、実はそうではありませんでした。
家柄もよく才能豊かな曹操(猛徳)ですが、彼には大きなコンプレックスがありました。それは宦官(去勢された男性で宮廷の切り盛りをする役割を与えられている)の家の出身だということです。
宦官は王に近い位置にいるため地位が高く権力がある者が多かったのですが、その一方他の官僚や武将からは蔑視されていました。
宦官だった曹騰が曹操(猛徳)の父である曹嵩を養子にもらったので、曹操(猛徳)からしてみたら祖父が宦官ということになります。こういった彼の苦悩を考えると少しは悪役から解放されるのではないでしょうか?

まとめ

三国志にまつわる思い違いなどは多いと思います。便利だと思うような字(あざな)も「よくよく考えると余計ややこしくしている」ということや「三国志は魏が統一したわけではない」ということが分かっているだけで「お、君三国志通だね!」と思われる可能性は大です。
また赤壁の戦いであったり、曹操(猛徳)の出世についての正しい知識があったりすればさらに三国志の見方も深まることでしょう。
歴史なので伝達時期やその方法によって必ずゆがみという物は生じてきますが、「実際どうだったのだろう」、「これは事実なのか?」という視点で紐解くと面白い一面が見えて来てより謎を紐解くことが出来ると思います。三国志を学んでいくうえでいろいろな書物やネットから情報を入手していく上で異なった記載が出てきますが、「こちらの意見を尊重しよう」と自分なりに咀嚼し三国志を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)の祖父曹騰が誕生したころには既に曹家は衰退していたのですが、曹操(孟徳)の系図を辿ってみると前漢を建国した高祖劉邦に仕えた曹参にたどり着きます。本記事では、曹操(孟徳)の出身である曹家の家柄について解説します。


魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

215年、曹操(孟徳)は張魯(公祺)が治める漢中の平定に成功しました。劉備(玄徳)の統治が始まったばかりの蜀にとっては大いなる脅威となりました。曹操軍の実力も去ることながら、劉備(玄徳)が統治して日の浅い蜀は人的結束力にまだまだ不安があったからです。漢中平定に成功し日の出の勢いの曹操軍。蜀に攻め込んで来るのは明白。ついに、諸葛亮(孔明)が「切り札」を投入します。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。