劉備や曹操など多くの主君に評価された知将【田予】

劉備や曹操など多くの主君に評価された知将【田予】

三国志のライバルといえば劉備(玄徳)と曹操(孟徳)を思い浮かべることでしょう。確かに両者は幾多の激闘を繰り広げてきましたが、両陣営に属した武将で、両雄から評価されていたのは田予(国譲)が第一人者といえます。群雄割拠の戦国模様の中、幾多の君主に評価され続けた知将の田予(国譲)とは、どのような人物だったのでしょうか。


若かりし頃は劉備や公孫サンに評価される田予

田予(国譲)は少年時代に劉備(玄徳)と出会い、旗揚げから随行していたといわれています。そこには関羽(雲長)や張飛(益徳)といった猛将がいたことから、田予(国譲)は劉備(玄徳)のそばに就くことを許されていたと考えられます。劉備(玄徳)は少年ながら聡明な田予(国譲)に感銘を受けており、各地を転戦するのにも連れていきました。

義勇軍として活躍していた劉備(玄徳)は一時期、北方の実力者である公孫サン(伯圭)の元に身を寄せていました。その後、田予(国譲)は劉備(玄徳)が豫州刺史になると、故郷に残してきた母親を心配して、劉備(玄徳)の下から去る決意を下します。劉備(玄徳)は田予(国譲)を高く評価しており、「君と共に大事を成せないのは惜しいことだ」と述べて涙を流したといいます。田予(国譲)は帰郷すると劉備(玄徳)と親交のある公孫サン(伯圭)に仕えました。

田予(国譲)は東州の県令を代行しています。公孫サン(伯圭)と河北の雄である袁紹(本初)が対立してきたあるとき、公孫サン(伯圭)軍の配下だった王門が袁紹(本初)陣営に寝返る事態が起こりました。王門は1万の大軍を以って田予(国譲)の城を攻めてきますが、田予(国譲)は城壁の上から王門に対して弁舌のみで対応し、主君を裏切って後ろめたい王門は恥じ入り退散していきました。田予(国譲)が無傷で1万の軍を撃退したことを受け、公孫サン(伯圭)は田予(国譲)の智略に驚きましたが、公孫サン(伯圭)の存命中に重用されることはありませんでした。これには古き重臣たちの嫉妬や公孫サン(伯圭)自体が王門に裏切られたばかりで、よそ者である田予(国譲)を心から信用するのが難しかったのが背景にあるのでしょう。

曹操の配下として活躍

公孫サン(伯圭)が袁紹(本初)に攻められて自害すると、田予(国譲)は旧友である鮮于輔によって漁陽太守を代行しています。この鮮于輔は袁紹(本初)とともに公孫サン(伯圭)を破っており、袁紹(本初)と曹操(孟徳)の戦いが始まるとどちらに従属すれば自分では判断できませんでした。そこで、自分を頼りに来ていた田予(国譲)に今後の身の振り方を相談しています。田予(国譲)は袁紹(本初)よりも曹操(孟徳)の力量を認めており、曹操(孟徳)に帰服することを勧めました。

この判断はその後の官渡の戦いをみても分かる通り、曹操(孟徳)が袁紹(本初)を破ることになりますが、当時の力背景では、曹操(孟徳)よりも袁紹(本初)の方が家柄も各上であり、国力や軍事力も大きいものでした。しかし、両者の力量を比較して曹操(孟徳)の方が上であると見越す眼力は確かなものがあったのでしょう。

田予(国譲)は曹操(孟徳)に歓迎され、各地の太守に任命されるとそのすべて治安を安定させて善政を敷いています。

冷静な眼力をもつ田予

田予(国譲)は曹彰(子文)の部下になり、北方の異民族である烏桓を討伐する軍に編成されています。曹彰(子文)は力自慢で武力に秀でていましたが、まだ若く、血気盛んなところがあるので、敵の伏兵を見抜けずに窮地に陥りました。

しかし、田予(国譲)は落ち着いて対応し、馬車や貨車などの車を用いて円陣を作り、弓や弩で懸命に敵を防いで、守りが固いことから敵が一時退却するのを見計らって一気に追撃するように指示して曹彰(子文)軍を大勝に導きました。曹彰(子文)は烏桓によって驚異な武将となりましたが、この勝利には田予(国譲)の貢献が大きかったことがうかがえます。

田予(国譲)は功績を認められて南陽太守に任命されています。前任の太守時代が要因で起きた反乱があって、盗賊が発生していました。もとは近隣が激戦区であったために、民衆には重税が強いられていたのが起因で、田予(国譲)はあえて囚人500人を説得して釈放し、彼らが仲間を呼び集めて盗賊が解散することにつながりました。こうして田予(国譲)は領地の治安を取り戻しています。

魏を守るため、異民族に容赦せず恐れられる

曹操(孟徳)が死去すると、曹丕(文帝)が跡を継ぎます。田予(国譲)は変わらず重宝されていました。曹操(孟徳)の死を好機とみて、北方の異民族が国境を脅かしてくると、田予(国譲)はその対策を練るために派遣されています。

田予(国譲)は鮮卑や匈奴といった部族が連合を組んで反乱を興さないように分離策をとって、常に互いを争わせるように仕向けていました。魏に味方をする部族には援軍を送り、敵になる部族には徹底して追い込みをかけました。また、烏桓王が魏の方針に従わなかったとき、田予(国譲)は自ら出向いて出迎えた烏桓を切り捨てました。このことから、北方の異民族にとって、魏国よりも田予(国譲)の名が恐れられたといいます。いくら反抗したからといって、その部族の王に対して容赦なく斬首させる田予(国譲)の徹底したやり方は、言葉や文化の違いがある異民族に対して恐怖を抱かせるには十分な処置といえるでしょう。

晩年にも活躍をみせる

曹丕が死去すると嫡男の曹叡(明帝)が跡を継ぎました。これによって田予(国譲)は曹氏3代に仕えることになっています。公孫淵が反乱を興すと、曹叡は田予(国譲)に追討の指示を出しますが、公孫淵が呉と同盟を結んだことを知ると、撤退させるように考えを変えました。田予(国譲)は敵軍の進路を予想して航路を防ぐように待ち伏せしていました。

この案は若い諸将らに軽んじられますが、田予(国譲)の予想通りに敵軍が流れ着き、捕虜を増やすことに成功しています。逆に諸将らが好機とみて追撃を企てようとすると、田予(国譲)は必至の抵抗を受けて自軍の被害が増えることを想定し、諸将らを引き留めています。こうして、自軍の被害を最小限にし、敵軍を退けた田予(国譲)の名声はますます盛んになっていきました。

田予(国譲)は幽州・冀州で暗躍していた山賊を懲らしめ、捕えて斬首し、都に送り届けています。この功績を評価されてさらに出世しました。田予(国譲)からすれば広大な領土を持つ異民族に対応するよりも、国内の山賊のほうが相手にしやすかったのは間違いありません。

質素な生活で死を迎える

田予(国譲)は70歳を過ぎると各地の太守から都に出仕するようになりますが、何度も辞意を見せています。中央の実力者である司馬懿(仲達)にも思いとどまるように諭されますが、田予(国譲)は重病と称して官職を退いています。

数々の功績を残しながらも、田予(国譲)は戦利品を将兵に分配しており、また、贈呈品も国庫に寄付していました。82歳で死去するまで質素な生活を続けており、多くの人がその人格に尊厳をもっていたと考えられます。

田予(国譲)の家族は貧窮に苦しんでいましたが、その死後に貢献度を評価され、遺族には国から多大な金品や穀物が贈られています。

関連するキーワード


田予 劉備(玄徳) 曹操

関連する投稿


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

三国志・曹操や孫策には評価されたが、孫権に疎まれた謀臣・虞翻

あまり知られていない謀臣に呉の「虞翻」がいます。彼の才は孫策や曹操に認めらながらも孫権には評価されず、不遇を強いられています。三国志演義にはほとんど登場しない虞翻の活躍ぶりを見ていきましょう。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。