三国志・一騎打ち最強の武将は誰なのか!?

三国志・一騎打ち最強の武将は誰なのか!?

三国志に登場してくる武将の中で最も強いのは誰だと思いますか。今回は一騎打ちをしたら強いとされる猛将を15名ご紹介いたします。


一騎打ちは戦の華

三国志の時代の戦場での武力衝突といえば、やはり「一騎打ち」に注目が集まります。武将同士が馬上からぶつかり合い、その武勇を競い合うのです。互いに名乗り合い、息詰まる攻防戦を繰り広げる。まさに戦場の花形といえるでしょう。三国志ではこの一騎打ちにおいて、幾多の名勝負が繰り広げられています。皆さんが三国志の一騎打ちで真っ先に思い出すのはどのシーンでしょうか。皆さんは一騎打ちで一番強い武将は誰だと思いますか?

15名の猛将の面々

まずは三国志に登場する武将の中で、猛将としての呼び声の高いメンバーをピックアップしてみます。なにせ腕自慢の男たちがひしめきあっている世界ですからね。たくさんいます。
魏)張遼、許褚、典韋、徐晃 
蜀)関羽、張飛、趙雲、馬超 
呉)孫策、太史慈、甘寧
他)呂布、華雄、顔良、文醜
以上15名のメンバーに絞ってみました。さて、この中で最強はいったい誰なのでしょうか。まずはこの15名を強さ別に3分割してみたいと思います。上・中・下です。三国志正史と三国志演義の両方を考慮して選んでみました。

下グループ

もちろん下グループとはいえかなりの手練れであることは確かです。
① 華雄・・・反董卓連合の戦いでは、数々の武将を討ち取っています。間違いなく董卓軍では最強ランクです。しかし三国志演義では関羽にあっさりと首を刎ねられました。三国志正史でも孫堅を攻め、陽人の戦いで討ち取られています。
② 文醜・・・袁紹配下の猛将です。三国志演義では追撃してきた張遼を射落とし、徐晃を退けるという活躍をしています。しかし関羽に押し切られ、逃げるときに背後から斬られるという最期でした。三国志正史では曹操軍の猛攻の前に討ち死にしています。
③ 徐晃・・・曹操の配下で「周亜夫」の風格があると評価された名将です。三国志演義では顔良、文醜に敗北していますが、怪我をしている関羽を一騎打ちで退けています。最期は孟達に射殺されました。三国志正史では顔良、文醜を撃破する活躍を見せ、ほぼ負けなしの戦ぶりです。樊城に関羽が攻め寄せた際には援軍として出陣し、関羽を撃破しました。
④ 顔良・・・袁紹配下の猛将です。三国志演義では呂布から曹操に寝返った魏続と宋憲を討ち、徐晃を退けていますが、関羽に討たれました。関羽に敗れたという記述は三国志正史も同様になっています。
⑤ 甘寧・・・来襲する孫権軍の将・凌操を討っています。その後は孫権に仕え、合肥の戦いでは百人ほどを率いて曹操の陣に決死の夜襲を仕掛けて成功させています。三国志演義では劉備(玄徳)との夷陵の戦い時に、異民族の沙摩柯に射殺されています。三国志正史では戦死したとは記されていません。

中グループ

① 趙雲・・・三国志ではとても人気のある武将です。三国志演義では数々の敵将を討つ活躍を見せていますが、三国志正史での評価はあまり高くはありません。趙雲といえば、長坂の撤退時には劉禅(阿斗)を抱いて戦場を離脱したことで有名です。また老齢になってからですが、三国志演義では姜維と一騎打ちをして引き分けています。
② 張遼・・・江東では「遼来遼来」といえば泣く子も黙るというほどの武勇で知られる猛将です。合肥の戦いでは敵君主である孫権をあと一歩のところまで追い詰めました。三国志演義では太史慈の夜襲を見抜いて射殺しています。しかし曹丕と共に臨んだ孫権討伐戦では丁奉の矢を受けて亡くなっています。三国志正史では病で亡くなったとあります。
③ 典韋・・・三国志演義では「悪来」に例えられています。三国志正史では呂布の猛攻に一歩も引かず、敵将を撃破しました。一騎打ちでは許褚と互角に戦っています。降伏した張繍が反乱を起こしたときに命をかけて曹操を守り、討ち死にしました。
④ 太史慈・・・孫策の配下の猛将です。一騎打ちでは劉繇の配下であった頃、攻め込んでくる孫策と一騎打ちを繰り広げ引き分けています。三国志正史において一騎打ちが記されていることは珍しく、こちらは三国志演義と同様な内容です。三国志演義では張遼に夜襲を見抜かれて射殺されています。
⑤ 馬超・・・「錦馬超」の異名を持ち、許褚や張飛と互角に渡り合ったと三国志演義には記されています。しかし三国志正史では、会見の際に許褚の存在があり曹操を襲えなかったともあります。三国志演義だけで考えると間違いなく最強ランクの武将です。

上グループ

① 関羽・・・「美髯公」とも呼ばれ、その武勇と忠義から後世では神格化しています。数々の武将を撃破してきました。顔良を斬り、于禁や龐徳も撃破しています。三国志演義では猛将・華雄をあっという間に斬り伏せて周囲を驚かせました。長沙を攻めた際に黄忠と一騎打ちを繰り広げており、馬が挫いたことで隙ができた黄忠を見逃しています。
② 孫策・・・「小覇王」と呼ばれる名将です。総大将でありながら先頭に立って兵を鼓舞し、強力な進撃を続けています。敵将の太史慈と一騎打ちで引き分けながらも旗下に組み込む懐の深さも孫策の魅力です。
③ 許褚・・・「虎痴」の異名を持ちます。三国志演義では典韋と引き分け、馬超と引き分けています。常に命がけで曹操を警護しました。ただし、酒に酔ったところを張飛に敗北したという記載も三国志演義にはあります。
④ 張飛・・・関羽が自分より強いと曹操に紹介したほどの武勇の持ち主です。長坂の撤退時には殿を任せられ、大喝によって曹操軍の追撃をひるませました。曹豹や紀霊など名だたる武将を討ち取っています。
⑤ 呂布・・・「飛将」の異名を持つ三国志最強の将です。三国志演義では劉備(玄徳)、関羽、張飛の三人を一度に相手しています。「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と伝わっており、三国志正史でもその武勇は高く評価されています。

まとめ・最強武将は・・・

三国志演義で考えると間違いなく呂布がチャンピオンですね。関羽・張飛の二人を相手に戦える武将など他にいないでしょう。あまりにも別格すぎます。しかし三国志正史ではほとんど一騎打ちが描かれていないため、判断が難しいですね。それにしてもここまで強い関羽と張飛を義兄弟に迎えた劉備(玄徳)もまた凄い男だったのかもしれません。

関連する投稿


三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志が好きになると、関係するスポットに一度は観光したいと思うでしょう。実は中国には、三国志関連の遺跡や観光スポットがたくさんあります。そこで今回は、おすすめの三国志に関係する観光スポット8つを紹介していきたいと思います。


歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

人生を生きていく上で辛い時や困っているときは必ずと言っていいほど訪れます。そんな時、あなたの背中を押してくれるものが必ず必要となります。三国志の歴史の中にもそういった名言などがたくさん散りばめられています。今回はそんな人生の教訓となるようなエピソードをご紹介します。


【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.2~

【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.2~

三国志検定3級に出題される問題は、三国志演義のストーリーから中心に出題されます。三国志検定の試験対策の助けになればと僭越ながらオリジナル問題を作成しました。あなたは何問正解できるでしょうか?


【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.1~

【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.1~

三国志検定は悲しいことに実にマイナーな検定です。問題集などの書籍は漢字検定や英語検定に比べるとバリエーションが少なく、検索エンジンにて調べてみてもなかなか例題にヒットできません。そのお悩みを解決いたしましょう。


あなたの三国志愛が資格になる!!「三国志検定」

あなたの三国志愛が資格になる!!「三国志検定」

現代社会では誰しもがひとつは検定資格を持っている時代となり、それを趣味や生きがいとする人たちまで現れています。そのひとつとして、三国志検定を受験してみるのはいかがですか?


最新の投稿


三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

呉の最後の皇帝である「孫皓」。残虐な皇帝として有名ですが、はたしてどのような器量だったのでしょうか。


諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

三国志きっての天才・蜀の軍師である諸葛亮(孔明)を育んだのは襄陽の隆中でした。そこは英傑がこぞって在野で知を競い合う土地だったのです。どんな人物たちが切磋琢磨していたのでしょうか。


諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

三国志演義では関羽(雲長)の愛刀の青龍偃月刀や張飛(翼徳)の蛇矛(じゃぼう)など、人々を魅了する武器が登場します。そこまで有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が発明した当時は画期的な新兵器だった幻の連弩を紹介します。


知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

魏・呉・蜀と多くの国々が戦った三国時代ですが、この時代ではなんと約7割の民衆が命をおとしたというとても悲しい現実があります。今回はあえて三国武将にスポットをあてずに三国時代を生きた民衆の文化について考察していこうと思います。


桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

関羽(雲長)は桃園の誓いにて劉備(玄徳)らと義兄弟の契りを交わして以降、青龍偃月刀を愛刀としました。軍神と言われるほどの関羽(雲長)の活躍は関羽(雲長)個人の実力だけでなく、青龍偃月刀という武器が優れていたからと言っても過言ではありません。


https://sangokushirs.com/articles/196