三国志・蜀の英雄・諸葛亮孔明の兄、呉の諸葛瑾の実直さが神対応!

三国志・蜀の英雄・諸葛亮孔明の兄、呉の諸葛瑾の実直さが神対応!

諸葛亮孔明の兄にして、呉の大将軍を務めた「諸葛瑾」。その実直な人柄は、三国志の中でも随一といえるかもしれません。孫権の絶大な信頼を得た諸葛瑾をご紹介いたします。


弟・諸葛亮と分かれて暮らすことになる

諸葛瑾、字は子瑜。徐州琅邪国陽都県の生まれです。祖先は司隷校尉を務めたほどの士大夫であり、父親は地方官吏だったものの、諸葛家は名士に名を連ねる家柄といえるでしょう。(もともとは諸葛ではなく葛という姓だったそうです。陽都県に移り住んでから諸葛という姓に変えています)
諸葛瑾も若い頃に洛陽の都に遊学し、「詩経」「書経」「春秋左伝」などを学んでいます。
しかし家庭は厳しい状況でした。母はかなり早い段階で亡くなっており、継母がいるものの、父も諸葛瑾が成人する前に亡くなっています。
さらに黄巾の反乱などといった戦乱も絶えず、故郷を離れることを決意することになります。弟二人と妹は叔父の諸葛玄が養ってくれることとなり、荊州へ向かいました。しかし義姉である未亡人の面倒はみられないということで諸葛玄に断られ、諸葛瑾は継母を連れて呉郡の曲阿へ移り住むことになったのです。こうして、諸葛瑾と諸葛亮、二人の兄弟は離れ離れで暮らすことになりました。

孫権に仕える

江東を平定した孫策が急逝し、弟の孫権が跡を継ぐことになります。曲阿には孫権の姉婿である弘咨という人物がおり、弘咨に才能を認められていた諸葛瑾は孫権に推挙されることになります。孫権は諸葛瑾に会い、魯粛と同列の賓客として迎えたそうです。孫権は諸葛瑾を長史に任じています。事務副官ですね。孫権は一目見て諸葛瑾のことを気に入ったわけです。その後は中司馬に任じられています。将軍府の属官です。こうして諸葛瑾は孫権の重臣になっていきます。

諸葛瑾の神対応の説得術

諸葛瑾はとても立派な容姿をしていたそうです。さらに寛容さと奥ゆかしさを持っていました。張昭などの長老たちに対しても、君主である孫権に対しても自己の主張はしっかり行いますが、決して露骨に伝えることはしませんでした。断定的な表現を避け、「こういう方法もいいかもしれませんね」と柔らかく伝えました。相手が興味を示さない場合は、自己の主張に固執することをせずに他の話題に転じ、少しずつ本来の話題に戻して自らの主張を展開するのです。実に時間のかかる手法ですが、孫権ですらこのやり方でこられると大抵は認めざるをえなくなったといいます。周瑜や魯粛にしてみるとかなりまどろこしかったでしょうが、その手腕はしっかりと認めていたようです。
孫権と諸葛瑾の関係はとても息のあったもので、「神交」とも呼ばれています。絶大な信頼を得ていた証でしょう。
家臣の不手際に対して孫権が腹をたてて重刑を科そうとした際に、多くの臣下が弁護しましたが、火に油の状態でした。しかし最後に、何も口を開こうとしない諸葛瑾を指名し、発言を求めました。
諸葛瑾は平伏し、「互いに流浪の境遇から殿に救っていただき、新しい生き方を与えていただいてもらったにもかかわらず、互いに励まし合って恩に報いるどころか、恩にそむいて罪を犯してしまいました。わたしがお詫びを申し上げようにももはや手遅れ、それで何もいえなかったのです」と答えました。
孫権は悲し気な表情を浮かべ、諸葛瑾の顔を立てて、その家臣の罪を許したといいます。

死すとも変わらぬ誓い

関羽の討伐に従軍して功績のあった諸葛瑾は、綏南将軍、南郡の太守となります。孫権の配下には諸葛瑾が劉備と通じているという噂を流す者がおり、陸遜が上奏してそれを否定しています。
孫権は「諸葛瑾とは長く事業を取り組んできており、肉親以上の間柄だ。たがいによく気心を知っている。これまでも中傷するような上奏文を受け取ってもすぐに封をして諸葛瑾に渡してきた。他人の言葉で隙間が生じるようなことはない。この上奏文も封をして諸葛瑾に見せ、陸遜の心遣いを伝えよう」と答えたそうです。
どんな内容を孫権に吹き込んでも、孫権は「諸葛瑾とは死すとも変わらぬ誓いを交わした仲だ。諸葛瑾が私を裏切るはずがない」とまったく意に介していません。
ここまで主君に信用される家臣も珍しいのではないでしょうか。
諸葛瑾は222年に左将軍、公安の督となり、節を与えられ、宛陵侯に封じられました。

長子・諸葛恪への懸念

諸葛瑾は武官として出撃する機会が多くなります。孫権が合肥を攻めるのに対し、諸葛瑾は荊州方面の攻略を担当しました。江陵の援軍の他、襄陽への侵攻も担当しています。襄陽を巡る戦いでは、魏の司馬懿に敗れたこともありました。
229年に孫権が皇帝に即位すると諸葛瑾は大将軍・左都督・豫州牧に任じられます。
軍務中心で、その後も魏の荊州への侵攻を繰り返しています。
大将軍にまで順調に出世した諸葛瑾にも、ただひとつ懸念していることがありました。それが長子の諸葛恪です。とても優秀で、幼少のころから将来を嘱望され、太子である孫登の学友として遇されたほどでした。しかし父親の諸葛瑾は才能よりもその人柄に不安を抱き、「我が家を興すどころか、一族を根絶やしにしてしまうだろう」と嘆きました。
陸遜も諸葛恪の「上司に反抗的であり、部下をさげすむ性格」、その傲慢さを正そうとしましたが、あまり効果はなかったようです。孫権の寵愛を受けていたことも慢心を生んだのでしょう。

まとめ・諸葛瑾の死

孫権から突出した信頼を得ていた諸葛瑾は241年に没しました。遺言によって諸葛瑾の亡骸は白木の棺に普段着のままおさめられ、簡素な葬儀が行われました。諸葛瑾らしい最期ですね。
その後、長子・諸葛恪も大将軍に昇進し、荊州の総司令官となりました。孫権が没すると太傅に就任し、絶頂期を迎えますが、魏との戦で失敗して支持を失います。帰国後、増長していた諸葛恪は多くの下僚に問責と懲罰を加え、憎まれるようになりました。そして武衛将軍の孫峻によって酒宴の場で誅殺されたのです。諸葛瑾の不安が的中し、呉に住む諸葛瑾の子孫はことごとく処刑されたわけです。蜀の諸葛亮のもとに養子に出していた諸葛喬だけが唯一生き残ってその血統を後世まで残したと伝わっています。
諸葛瑾の謙虚さが諸葛恪に受け継がれていれば、このような事態にはならなかったでしょう。諸葛瑾にしても子育ては難しかったのですね。実に残念な話ですね。


関連するキーワード


孫権 諸葛瑾

関連する投稿


政略結婚 劉備(玄徳)と孫尚香の結婚 そして切ない結末

政略結婚 劉備(玄徳)と孫尚香の結婚 そして切ない結末

赤壁の戦い後の混乱に乗じて荊州を占領してしまった劉備軍。呉はあの手この手を使ってこれを排除しようとしますがウマク行きません。兵を差し向けてもダメ。外交交渉をしてもダメ。業を煮やした周瑜(公瑾)は策を講じます。孫権(仲謀)の妹である孫尚香と劉備(玄徳)を結婚させるというモノです。


呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

三国時代の知将として代表的なのは蜀の諸葛亮(孔明)と魏の司馬懿(仲達)です。三国志のシミュレーションゲームでも、軍師として誰もが欲しがるビッグネームですが、呉の孫権(仲謀)配下には彼らのような大物軍師はいませんでしたが、知将として名高い武将たちがリレー形式で孫一族を支えていったのです。


夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

壮大な国盗りゲームである三国志の勢力図がほぼ固まるのが夷陵の戦いです。関羽を討ち、荊州を孫権が奪いとると、関羽の仇討ちと荊州奪還を目指して劉備(玄徳)が出陣しますが、敗れます。その結果、魏・呉・蜀漢の三国の領土が決定します。一体どんな戦いだったのでしょう


結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

呉の主要人物である孫堅ですが、孫権に隠れてしまっているということもあり、あまり有名ではありません。なおかつエピソードもあまり聞きません。今回はそんな孫堅について紹介します。


魏・呉・蜀の戦犯は誰だ!滅亡に追い込んだ武将・君主を紹介

魏・呉・蜀の戦犯は誰だ!滅亡に追い込んだ武将・君主を紹介

三国志では、魏・呉・蜀がしのぎを削って争いました。しかし、最終的に魏を乗っ取った晋が統一します。そこで注目したいのが、魏・呉・蜀のそれぞれの国が滅亡に追い込まれた戦犯です。もちろん、滅亡の理由は複合的なのですが、今回は中でも戦犯として挙げることができる武将・君主を紹介していきたいと思います。


最新の投稿


初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

三国志で広大な領土を築いた魏の曹操ですが、人材の宝庫といわれ、文官・武官ともに有能な武将たちが勢ぞろいしていました。そんな魏の人材でも、当初は曹操に敵対勢力として所属していた武将も多くいます。そんな曹操を苦しめて、後に魏の発展に貢献した人物を見ていきましょう。


三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

凄まじい勢いで、江東を制圧していった「孫策」。しかし、相手も備えは充分です。もちろんそんな簡単にはいきませんでした。奪った拠点を奪還されたりもしているのです。


これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

三国志の魅力は何と言っても登場人物の多さです。なかでも勇猛果敢に活躍する三国志の武将には魅力を感じるものです。そこで今回は、勇猛果敢に戦った三国志の武将をピックアップして紹介していきたいと思います。


三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義は劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)といった蜀の武将、官吏を贔屓した描写が多いです。実際その場ではなにもしていないのにさも獅子奮迅の活躍をしていたことになっていたり、神様のように描かれることもしばしばあります。それでは三国志演義にある蜀将にまるわるフィクションをお届けしましょう。


実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

荊州を支配した劉表は、三国志演義では優柔不断で頼りない印象を受け、劉備や孫策の引き立て役になっていました。しかし、三国時代には激戦区となる荊州を、存命中に実効支配していたのは劉表の影響力が強かったからといえます。そんな劉表の凄さをみていきましょう。


https://sangokushirs.com/articles/196