三国志・蜀の英雄・諸葛亮孔明の兄、呉の諸葛瑾の実直さが神対応!

三国志・蜀の英雄・諸葛亮孔明の兄、呉の諸葛瑾の実直さが神対応!

諸葛亮孔明の兄にして、呉の大将軍を務めた「諸葛瑾」。その実直な人柄は、三国志の中でも随一といえるかもしれません。孫権の絶大な信頼を得た諸葛瑾をご紹介いたします。


弟・諸葛亮と分かれて暮らすことになる

諸葛瑾、字は子瑜。徐州琅邪国陽都県の生まれです。祖先は司隷校尉を務めたほどの士大夫であり、父親は地方官吏だったものの、諸葛家は名士に名を連ねる家柄といえるでしょう。(もともとは諸葛ではなく葛という姓だったそうです。陽都県に移り住んでから諸葛という姓に変えています)
諸葛瑾も若い頃に洛陽の都に遊学し、「詩経」「書経」「春秋左伝」などを学んでいます。
しかし家庭は厳しい状況でした。母はかなり早い段階で亡くなっており、継母がいるものの、父も諸葛瑾が成人する前に亡くなっています。
さらに黄巾の反乱などといった戦乱も絶えず、故郷を離れることを決意することになります。弟二人と妹は叔父の諸葛玄が養ってくれることとなり、荊州へ向かいました。しかし義姉である未亡人の面倒はみられないということで諸葛玄に断られ、諸葛瑾は継母を連れて呉郡の曲阿へ移り住むことになったのです。こうして、諸葛瑾と諸葛亮、二人の兄弟は離れ離れで暮らすことになりました。

孫権に仕える

江東を平定した孫策が急逝し、弟の孫権が跡を継ぐことになります。曲阿には孫権の姉婿である弘咨という人物がおり、弘咨に才能を認められていた諸葛瑾は孫権に推挙されることになります。孫権は諸葛瑾に会い、魯粛と同列の賓客として迎えたそうです。孫権は諸葛瑾を長史に任じています。事務副官ですね。孫権は一目見て諸葛瑾のことを気に入ったわけです。その後は中司馬に任じられています。将軍府の属官です。こうして諸葛瑾は孫権の重臣になっていきます。

諸葛瑾の神対応の説得術

諸葛瑾はとても立派な容姿をしていたそうです。さらに寛容さと奥ゆかしさを持っていました。張昭などの長老たちに対しても、君主である孫権に対しても自己の主張はしっかり行いますが、決して露骨に伝えることはしませんでした。断定的な表現を避け、「こういう方法もいいかもしれませんね」と柔らかく伝えました。相手が興味を示さない場合は、自己の主張に固執することをせずに他の話題に転じ、少しずつ本来の話題に戻して自らの主張を展開するのです。実に時間のかかる手法ですが、孫権ですらこのやり方でこられると大抵は認めざるをえなくなったといいます。周瑜や魯粛にしてみるとかなりまどろこしかったでしょうが、その手腕はしっかりと認めていたようです。
孫権と諸葛瑾の関係はとても息のあったもので、「神交」とも呼ばれています。絶大な信頼を得ていた証でしょう。
家臣の不手際に対して孫権が腹をたてて重刑を科そうとした際に、多くの臣下が弁護しましたが、火に油の状態でした。しかし最後に、何も口を開こうとしない諸葛瑾を指名し、発言を求めました。
諸葛瑾は平伏し、「互いに流浪の境遇から殿に救っていただき、新しい生き方を与えていただいてもらったにもかかわらず、互いに励まし合って恩に報いるどころか、恩にそむいて罪を犯してしまいました。わたしがお詫びを申し上げようにももはや手遅れ、それで何もいえなかったのです」と答えました。
孫権は悲し気な表情を浮かべ、諸葛瑾の顔を立てて、その家臣の罪を許したといいます。

死すとも変わらぬ誓い

関羽の討伐に従軍して功績のあった諸葛瑾は、綏南将軍、南郡の太守となります。孫権の配下には諸葛瑾が劉備と通じているという噂を流す者がおり、陸遜が上奏してそれを否定しています。
孫権は「諸葛瑾とは長く事業を取り組んできており、肉親以上の間柄だ。たがいによく気心を知っている。これまでも中傷するような上奏文を受け取ってもすぐに封をして諸葛瑾に渡してきた。他人の言葉で隙間が生じるようなことはない。この上奏文も封をして諸葛瑾に見せ、陸遜の心遣いを伝えよう」と答えたそうです。
どんな内容を孫権に吹き込んでも、孫権は「諸葛瑾とは死すとも変わらぬ誓いを交わした仲だ。諸葛瑾が私を裏切るはずがない」とまったく意に介していません。
ここまで主君に信用される家臣も珍しいのではないでしょうか。
諸葛瑾は222年に左将軍、公安の督となり、節を与えられ、宛陵侯に封じられました。

長子・諸葛恪への懸念

諸葛瑾は武官として出撃する機会が多くなります。孫権が合肥を攻めるのに対し、諸葛瑾は荊州方面の攻略を担当しました。江陵の援軍の他、襄陽への侵攻も担当しています。襄陽を巡る戦いでは、魏の司馬懿に敗れたこともありました。
229年に孫権が皇帝に即位すると諸葛瑾は大将軍・左都督・豫州牧に任じられます。
軍務中心で、その後も魏の荊州への侵攻を繰り返しています。
大将軍にまで順調に出世した諸葛瑾にも、ただひとつ懸念していることがありました。それが長子の諸葛恪です。とても優秀で、幼少のころから将来を嘱望され、太子である孫登の学友として遇されたほどでした。しかし父親の諸葛瑾は才能よりもその人柄に不安を抱き、「我が家を興すどころか、一族を根絶やしにしてしまうだろう」と嘆きました。
陸遜も諸葛恪の「上司に反抗的であり、部下をさげすむ性格」、その傲慢さを正そうとしましたが、あまり効果はなかったようです。孫権の寵愛を受けていたことも慢心を生んだのでしょう。

まとめ・諸葛瑾の死

孫権から突出した信頼を得ていた諸葛瑾は241年に没しました。遺言によって諸葛瑾の亡骸は白木の棺に普段着のままおさめられ、簡素な葬儀が行われました。諸葛瑾らしい最期ですね。
その後、長子・諸葛恪も大将軍に昇進し、荊州の総司令官となりました。孫権が没すると太傅に就任し、絶頂期を迎えますが、魏との戦で失敗して支持を失います。帰国後、増長していた諸葛恪は多くの下僚に問責と懲罰を加え、憎まれるようになりました。そして武衛将軍の孫峻によって酒宴の場で誅殺されたのです。諸葛瑾の不安が的中し、呉に住む諸葛瑾の子孫はことごとく処刑されたわけです。蜀の諸葛亮のもとに養子に出していた諸葛喬だけが唯一生き残ってその血統を後世まで残したと伝わっています。
諸葛瑾の謙虚さが諸葛恪に受け継がれていれば、このような事態にはならなかったでしょう。諸葛瑾にしても子育ては難しかったのですね。実に残念な話ですね。


関連するキーワード


孫権 諸葛瑾

関連する投稿


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。