「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(15) 張遼の偉業は、どう受け継がれたか?

「泣く子もだまる」最強の武将 張遼(15) 張遼の偉業は、どう受け継がれたか?

武将として比類なき強さを示し、後世に伝説として語り継がれる張遼。彼が命を賭けた合肥は、その後大きな改革を経て、さらに強力な防衛拠点として生まれ変わったのです。


合肥の城を、捨てる!?

曹休の死後、対呉戦線の責任者となったのは満寵(まんちょう)という武将でした。この人、知名度はそこそこながら、三国志ファンの間で特に人気があるわけでもなさそうですよね。しかし彼もまた、なかなかの人物だったのです。

しばらくの間、魏への服属と反抗を繰り返してきた孫権ですが、徐々に力をつけてきました。そして229年、孫権は呉王朝を創建し、ついに皇帝の座へとのぼったのです。満寵はこうして国力を増した呉と対峙しますが、万事に用心深く対処し、相手に付け入るスキを与えませんでした。

しかし何度撃退しても、孫権による侵略はやむことがありませんでした。その要因としては、まず合肥が孫権側から見て、とても攻めやすい場所にあったことが挙げられます。呉から合肥までの途上には長江があり、さらには合肥が湖に面していたため、船を使ってスピーディーに攻め寄せることができたのです。
さらに合肥は、魏国の他の大都市と大きく離れているため、魏の援軍がやってくるまでとても時間がかかりました。そのため、スピーディーに進軍してくる呉軍によって、すぐに包囲されてしまう傾向があったのです。

合肥の立地条件では、今後呉の侵略を防ぐのは難しい―――満寵はそう考えました。
そして彼は、ある大きな結論にたどりついたのです。
「合肥を、捨てるべきだ」

「合肥新城」 その遠大なる構想

満寵の構想は、合肥城から遠く西北に30里はなれた場所に「合肥新城」を築くというものでした(つまりは合肥を廃し、別の場所に都城を建設するということです)。
こうすれば、呉軍は新城に着くまで陸路を進まなくてはならなくなります。呉軍にとって攻めづらくなる一方、魏軍としてはずっと守りやすくなるわけです。
さらには最寄りの大都市・寿春(じゅしゅん)との距離もグッと近くなるため、有事において援軍がすぐに駆けつけられるようにもなります。

とはいえ、これだけ大掛かりなことをするには、朝廷の賛成と、皇帝の許可を得なくてはなりません。案の定、有力者のひとり蒋済(しょうさい/注)が、こう反対しました。

「そのような策は、天下に魏が弱いと示すようなものであり、賊軍(呉軍)が攻めてくるからといって城を壊すとは何事でありましょうか。
 一度そのような事をすれば、さらに敵の侵略を招き、領土を大きく失うことになりましょう」

蒋済の意見も、一理ありました。合肥は魏軍にとってただの防衛拠点ではなく、張遼ら名だたる勇将たちが命がけで守りぬいた、特別な場所です。その合肥城を廃し、まるで敵から逃げるように拠点を移すのですから、将兵の士気が低下することも考えられます。
また合肥城を廃することは、魏王朝の世間的な体面にも影響しかねない話でした。大国である魏が、呉軍を恐れて逃げているような印象を与えるのは、好ましいことではなかったのです。

(注)蒋済(しょうさい)……魏の武将・政治家。曹操軍が関羽の侵攻を受けた際は、孫権にその背後を突かせるよう献策し、危機回避に貢献した。気骨のある人物としても知られ、皇帝に対しても直言をはばからなかったという。

合肥新城が孫権を蹴散らした

こうして根強い反対論に直面した「合肥新城構想」でしたが、満寵はあきらめませんでした。彼は皇帝に上奏(じょうそう/注)し、「合肥新城」の利点を、孫子の兵法(注)の理論にのっとって説明しました。そうして2代皇帝・明帝(注)も、満寵の主張に理ありと判断し、合肥新城の築城を認めたのです。

(注)上奏(じょうそう)……皇帝に対して意見を申し述べること。
(注)孫子の兵法(そんしのへいほう)……孫子とは、中国・春秋時代の武将である孫武(そんぶ)、または彼の記した兵法書を指す。彼が著書で唱えた軍事理論を、孫子の兵法という。

(注)魏の明帝……魏の2代皇帝で、名は曹叡(そうえい)。曹操の孫で、文帝(曹丕)の子。その治世においては、蜀の諸葛亮、呉の孫権らの侵攻を退けている。自ら親征して将兵を奮起させるなど、英邁な資質があった。反面、宮殿の造営などの土木工事を盛んに行い、財政を悪化させ、民に負担を強いた面もあった。

そして233年、孫権がさっそく合肥新城に攻めてきました。しかし従来の合肥城とちがい、合肥新城は水路から離れていたので、すぐには城に向かってきません。それでも満寵は、孫権が必ず攻め寄せてくると考え、その進路に伏兵(ふくへい)を置いておきました。案の定、孫権は上陸して城に向かってきたため、満寵の伏兵に叩きのめされました。合肥新城を、水路から遠い場所に築城したからこそ、この作戦が上手くいったのです。

翌234年、孫権がさらなる大軍を率いて攻め込んできました。この時ばかりは満寵も弱気になり、合肥新城を放棄し、北方の大都市・寿春で迎え撃つよう皇帝に意見しました。しかし皇帝はこれを許さず、合肥新城を死守するよう厳命したのです。
こうして満寵は、大軍撃退のための策を講じます。彼は風の強い日を選び、呉軍の風上から火をかけさせました。これにより呉軍の攻城兵器を焼き払ったうえ、孫権の甥である孫泰(そんたい)を討ち取る戦果をあげました。孫権は結局、またも合肥新城を攻めきることができず、撤退を余儀なくされたのです。

諸葛亮の甥っ子も返り討ち!

合肥新城を築いた満寵は、242年に死去します。
その後、時は流れて253年。孫権の死後、呉の実権を握った諸葛恪(しょかつかく/注)が攻めてきました。
この時はさすがの合肥新城も落城寸前まで追い込まれ、城壁の一部を破壊されてしまいます。しかしここで城内の武将の一人が、呉軍に対して申し出たのです。

「機が来れば呉軍に寝返るので、それまで攻撃を止めてくれ」

諸葛恪はこの言葉を信じ、一時攻撃の手を止めました。しかし寝返りの約束はウソで、城内の魏軍は敵の攻撃が止まったスキに、城壁を修復してしまったのです。
怒った諸葛恪は再度城を攻めますが、合肥新城を落とすことはできず、退却したのです。
(曹休の時もそうですが、魏と呉の戦いでは「偽りの降伏」が策略としてよく出てきますね)

こうして合肥新城は、何度となく攻め寄せた呉軍を、ことごとく撃退しました。
張遼が命を賭けて守った合肥は、満寵による「合肥新城」への移転によって、さらに強力な防衛拠点へと生まれ変わったのです。

(注)諸葛恪(しょかつかく)……呉の功臣・諸葛瑾(しょかつきん)の子で、蜀の諸葛亮の甥。幼い頃から才人として知られ、孫権の死後は呉の実権を掌握する。252年、魏の侵攻軍を迎撃して大勝。翌253年には自ら合肥新城を攻めるも失敗し、多大な犠牲を生んだ。その後は専制政治により衆望を失い、暗殺された。

やはり張遼は偉大だった

僕らのヒーロー・張遼よ、永遠に…

ここまで、張遼の武将人生と、彼の死後の戦局について見てまいりました。
張遼と満寵―――合肥を守ったふたりをあえて比較するなら、張遼は敵を圧倒する超人であり、満寵は(超人ではないものの)堅実に戦う名将だったといえるでしょう。
もともと合肥は水路で呉軍に攻め込まれやすく、魏にとっては守りにくい場所でした。そこを張遼が、超人的な武勇で守り抜いてきたのです。

それに対して満寵は、超人でなくても守りぬけるよう、合肥を遠く西北に移し「合肥新城」を造りました。敵にとってはアクセスが難しく、味方にとってはすぐに援軍を得やすい環境を作ることで、張遼のような超人でなくても守りぬけるよう、新たな防衛拠点を完成したのです。

満寵は張遼の守った合肥を完全に造り変え、「超人でなくても守り抜ける」防衛システムを構築しました。
裏を返せば、それは「超人」張遼の偉大さの証明でもあったと思うのです。

関連するキーワード


張遼 孫権

関連する投稿


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。