最終的な三国志の覇者司馬一族についてまとめ

最終的な三国志の覇者司馬一族についてまとめ

三国志は結局魏に取って代わった晋が天下を統一して終わりとなります。曹一族の力がなくなった際に司馬一族が台頭し、権力者を味方につけたのです。その後呉を滅ぼしたわけですが、今回はこの司馬一族について着目してみましょう。


司馬一族の始まり司馬懿(しばい)

司馬一族の始まり司馬懿(しばい)

司馬一族の始まり司馬懿(しばい)

司馬懿といえば行く度にも渡り歩き孔明と相対した魏の天才軍師です。よく孔明と比較されますが、実力では明らかに劣っていたと考えていいでしょう。しかし彼は孔明以上の成功者です。孔明が太く短く生きたのに対し、司馬懿は孔明ほどではないにせよ太く、そして長く生きたのです。彼の生き様から長寿の大事さが分かります。彼が司馬一族台頭の礎を築いたと言って間違いなしです。彼はクーデターで魏を掌握した訳ですが、恐らく孔明と対峙した事によりレベルが数段もアップしていたのでしょうね。彼のような生き方ができるのであれば「死せる孔明いける仲達(司馬懿のこと)を走らせる」と馬鹿にされても全然堪えませんね。

司馬師(しばし)

司馬師(しばし)

司馬師(しばし)

司馬師は容姿端麗、冷静沈着と言った面を兼ね揃えていました。それでいて父親は司馬懿というものだからはっきり言って誰もがうらやむ環境下にいたというのは確かでしょう。若い頃から頭角を現したため、司馬懿が魏の中でより大きな顔をできたというのは少なからずあったでしょう。クーデターを起こし、魏を乗っ取った時も、父の功績よりも司馬師の功績の方が大きかった気がします。(弟の司馬照にはクーデターの前夜に打ち明けるという周到さ)人々の心を掴むのがうまく、司馬一族の権力を絶対的なものにしたのは紛れもなく司馬師と言ってもいい。曹一族からして見たら最悪な事に、司馬懿を一代目と捉えると珍しくできた二代目と言えます。

司馬昭(しばしょう)

司馬昭(しばしょう)

司馬昭(しばしょう)

司馬懿の次男である司馬昭は父と兄の司馬師と共にクーデターを起こし、魏を司馬一族色に染めることに成功しました。司馬師には男の子が生まれなかったため司馬昭が後継者となり司馬一族の地位をより強固なものにしました。司馬昭の最も注目される点は司馬懿の息子というより、司馬炎の父であったという事でしょう。もともと晋王の座に三男の司馬攸をつかせようとしましたが(司馬攸は兄である司馬師の養子でもありました)、周りの反対もあり結局は司馬炎が後を継ぎ中華を統一する次第になりました。父や子に比べたらパッとした功績を残していませんが、司馬昭の活躍のおかげで子である司馬炎が中華統一できたと言っても過言ではないでしょう。

司馬炎(しばえん)

司馬炎(しばえん)

司馬炎(しばえん)

司馬炎は三国志の終焉を迎えた際の晋の皇帝です。政治にも励みより良い国を建国しようと知恵を振り絞りました。しかし、すぐに政治に飽き、女中と楽しむ生活を始めました。その数5千人。どこかの超有名ゴルフ選手の愛人が10数人程度なのでその300倍以上です。しかし彼がやりたい放題やっていたにもかかわらず、董卓ほどの悪名が高くないのは「そういう時代だった」という事と「やる事はきちっとやった上で後は興味がなくなったから」と言ったところでしょうか。いずれにせよ司馬炎の政治放置が晋を長続きさせなかった理由の一つであることには間違いないでしょう。天下を取ったらダメになる典型的なパターンの人間でしたね。

司馬衷(しばちゅう)

司馬衷(しばちゅう)

司馬衷(しばちゅう)

司馬衷は司馬炎の跡を継いだ二代目ですが、典型的なダメな例である二代目でした。民が飢えると言う際に「米がなければ肉を食べればいいじゃないか」と言ったほどです。あまりにも民とかけ離れている考えを持っていたため人気はなく、愚帝と捉えられていました。しかしその反面で家臣が皇族の乱で司馬衷を守った時に血が司馬衷の衣装にかかってしまいました。それに対して衣装を変えるよう言われたが、自分を守ってくれた者の尊い血だ、と言い衣装替えを退けました。恐らく身近な者に対しては良心を見せる皇帝だったのでしょう。とは言え視野が狭い事には変わりませんね。

賈南風(かなんぷう)

賈南風(かなんぷう)

賈南風(かなんぷう)

司馬一族がダメになったのは賈南風が一躍かっている可能性が大きいです。賈南風は愚帝司馬衷の妻で、自らも政治に携わっていました。実権は賈南風が握っており、義理父である司馬炎ですらその扱いに手を焼いたほどでした。司馬一族衰退の最も大きな要素として賈南風をあげる人は少なくないでしょう。司馬炎が司馬衷の力量を図ろうとテストをした際も替え玉を遣わせそのテストをクリアしています。しかも司馬衷の出来が悪いため完璧にやってはいけないと指示を出したほどです。嫉妬深く、自分の意のままに国を動かそうとした賈南風は、凄いといえば凄いかもしれませんが、晋国滅亡を促進させる元凶だったという事には違いなかったでしょう。奥さんがだめだとこの時代は本当に国が傾くほどダメになっていたのかもしれませんね。

司馬一族によって建国された晋

司馬一族によって建国された晋

司馬一族によって建国された晋

晋が結局どうなったかというとわずか31年で実質的に滅びてしまいました。戦って、戦って最終的に平定した晋は日本の平成とほとんど変わらない長さという訳です。そして隋が中華を統一するまでおよそ270年の月日がかかってしまうのです。恐らく司馬炎が狂ったあたりから晋の崩壊は予想できたことで、さらに司馬衷と賈南風という最悪な夫婦がとどめを刺したと言っていいでしょう。司馬懿のひ孫にあたる司馬睿(しばえい)は逃げるようにして東晋を建国しました。
司馬懿が作った司馬一族ブランドの貯金を司馬師、司馬昭が多少増やし、司馬炎がさらに爆発的に増やした後、自らそれを使い、司馬衷、賈南風が見事使い果たしてしまいました。こう考えると奥さん選びは超重要ということが分かりますね。

まとめ

まとめ

まとめ

司馬懿から始まった司馬一族ストーリーは下の代になっていくほど尻つぼみになっていき、最終的にはポンコツとなっています。それでも中華を統一できたのは記録では見られなかったカリスマ性があったからかもしれません。もしくは運的なもので、豪傑が出まくった三国志時代とは打って変わって人々は戦いに疲れ武将のエゴに付き合いきれないと思ったのかもしれません。もし司馬一族が三国志の前半に出てきていたら呂布や関羽にぶちのめされている気がしてならないのです。とは言え一つの時代を終わらせ天下を統一させた司馬一族はやはり凄いとしか言いようがありませんね。
晋が長続きしなかったため、「死せる孔明生ける仲達を走らす」という言葉が笑い種になっているという可能性もありますね。(後付けで、ビビりの子孫は大したことないと皮肉交じりに言っているということです)


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


司馬懿

関連する投稿


三国志 ー司馬懿の逆襲、そして晋へー

曹操に強引に出仕させられたのに、天才的な才能を警戒され重職に就けなかった司馬懿。今、司馬懿の逆襲が始まる。そして晋へ。


孔明VS司馬懿、割って入る李厳が面白い!

三国志を紐解くと国と国の争い以上に武将と武将の争いに焦点が当てられています。そして孔明をもってしても計算できないものがあります。それは敵の動きではなく味方の保身。天才がいるからと言って必ず計算通りに事を勧められるわけではないという人々の思惑がより一層三国志を面白くしています。今回紹介する李厳はなかなかの厄介者です。


劉備(玄徳)と曹操の死後。三国志終焉の経緯とは

220年代、中国に大きな打撃を与えました。蜀の劉備(玄徳)と魏の曹操が世を去った後、三国時代は晩期に入ります。三国志の目玉といえる戦いは数多くありますが、最後を飾る「五丈原の戦い」も欠かせません。また、新たなる国・晋はどのように誕生したのでしょうか。今回は、三国志終焉の経緯についてご紹介します。


日本の戦国時代にタイムスリップしても本当に通用する武将は?

三国志の武将たちと日本の戦国武将が共に戦うアクションゲームが人気を博していますが、三国志ファンならば戦国時代も好きな人も多いのは確かでしょう。単純に武将としての能力でいえば、比較して想像するだけでも楽しいものです。どんな武将が戦国時代に生き抜けたのか興味が湧くので、ここで考えてみましょう。


孔明がナンバーワン?いやいや、知力は俺の方が上だ

三国志の天才軍師と言ったら大多数の人が諸葛亮(孔明)を推します。三国志をあまり知らない人でも彼の名前を聞いたことがると思います。しかし諸葛亮に匹敵する、もしくは諸葛亮以上に多大な功績を残し、国を支えたという軍師は実は沢山存在します。そんな天才軍師たちをご紹介します。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。