三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


側室が少ないところも人気の一つ?劉備(玄徳)にまつわる女

皇帝は多くの側室を設けるという流れがあった三国時代でしたが劉備(玄徳)は最小限の夫人しかいなかったためフェミニストだったのではないかと言われています。
劉備(玄徳)の周りには最初の正妻である甘夫人、側室の麋夫人、および孫夫人しかいません。中でも孫夫人は政略結婚でしたが呉の策略通りいかないとされたため孫夫人は呉に連れ戻されてしまったため実質の側室は麋夫人のみでした。
そういったところも民衆の支持を集めたのではないかと思います。しかし後を継いだのが劉禅(公嗣)という事を考えるともう少し宮女を設け有能な子供をもうけておけばよかったのにと思わずにはいられません。
宮女を囲わないというのは経済的を圧迫することがないため国力が下がることがないと考えられがちですが、いい跡継ぎが生まれないというデメリットも生じてしまいます。とはいえいい跡継ぎが多くても跡目争いが起こりかねないので、一概に宮女が多いからいい、少ないからいいという訳でもなさそうです。しかし多くの君主は自分の欲望のために奥の宮女を囲うという事も少なくなく、恐らく民衆からはそういった目で見られていたのではないかと思います。それを考えると宮女が少ない劉備(玄徳)は理想的な君主だと思われていたことでしょう。

女によって皇帝となることができなかった董卓(仲穎)、人生を狂わされた呂布(奉先)

三国志の前半、最も権力を持ち、最も皇帝に近かったのが董卓(仲穎)です。野心にあふれやりたい放題していたため、生きていたら間違いなく皇帝となっていたでしょう。しかし身内の呂布(奉先)によって阻まれました。そして呂布(奉先)が董卓(仲穎)を討つ原因を作ったのが女である貂蝉でした。
結果的には絶世の美女として知られる貂蝉の取り合いから二人の争いが勃発し、最終的に呂布(奉先)が董卓(仲穎)を討ち晴れて貂蝉を自分の妻にするという算段でした。
ところが貂蝉は呂布(奉先)の妻になることは全く望んでおらず董卓(仲穎)が討たれるとすぐに自決し、呂布(奉先)はすぐに「貂蝉にはめられた」と気づいてしまうのです。
貂蝉が現れなかったら董卓(仲穎)は皇帝になれたし、呂布(奉先)は丞相となり少なくとも彼らが生きている間は各地で殺戮が繰り返すのをよしとした世の中が出来上がったかもしれません。

こいつの宮女にだけはなりたくない!やばすぎる男孫晧(元宗)

三国志において最も残虐な人間は?と聞かれると多くの人が「董卓(仲穎)」と答えることだと思います。もしくは「曹操(孟徳)」と答える人もいるでしょう。しかし私は孫晧(元宗)こそが残虐な人間で最悪な君主だったと思っています。
まず董卓(仲穎)と曹操(孟徳)は生まれのアドバンテージがあった物の、自分の力でトップまで上り詰めて国を治めるという能力がありました。
しかし孫晧(元宗)は周りが敷いたレールを進んだだけです。しかも彼は幼少期からちやほやされていたため自分が正されるという事をしてきませんでした。
そのため自分の思い通り事が運ばないと他人を処刑し、そうしてもいいものだという思考回路になっていました。
さて、この孫晧(元宗)、腐っても皇帝という位置づけなのでもちろん多数の宮女がいました。その数5千とも言われています。数が多くどうしようもない皇帝ですが、それ以上に見過ごすことができないのが彼のふるまいです。
孫晧(元宗)は宮女に対し暴力をふるったり切り刻んだりしていたというエピソードもあります。なんでも思い通りになり、何をしても許されると思っていることがここからも見て取ることができます。
そのため呉が晋に討ち滅ぼされた際に「これでよかった」と思った人間は少なくないという記述すらあります。そして女中が最もそう思っていたのではないでしょうか。

最終的な宮女の数は1万人!司馬炎(安世)の宮女について

三国志の中で最も宮女を囲っていたのは間違いなく司馬炎(安世)です。彼はとにかく酒色が好きで囲っていた宮女の数は1万人ほどと言われていました。
それもそのはず、司馬炎(安世)は長きにわたって覇権争いを行っていた三国時代に終止符を打ち三国を統一した人物だから「何をしてもいい皇帝」でした。
何をしてもいい皇帝が酒色好きとなったら宮女の数が多くなるのは必然的です。しかし司馬炎(安世)のそれはとにかく度を越えていました。元々宮女が5千人ほどいたと言われていますが、さらに上で挙げた孫晧(元宗)が囲っていた宮女5千人を加え総勢1万人の宮女を囲うことになりました。
三国を統一した司馬炎(安世)ですが、息子の司馬衷(正度)に皇位を継がせ酒色にふける生活を送っていました。求心力のない司馬衷(正度)は国力を下げせっかく統一した中華もすぐに分裂してしまうようになりました。

宮廷にいた男について

宮廷に男が入ることはご法度とされていました。それは宮女と間違いがあって皇帝の子かその男の子か分からなくなるという可能性があったからです。そのため男は隔離されていたわけですが、宦官となれば別です。
宦官とは男性器を取った男性を指します。男にして宮廷にいる。そして皇帝の一番近くにいたため位は高かったようです。いい暮らしができるのであれば男性器を取ってもいいと考える者は少なくなかったためそこそこ人気はありました。
確かにどうしようもなく生活苦で超貧困を極めるのであれば「宦官となって安定した生活を」と思うこともあるかもしれませんね。余談ですが、宦官にはプライドが高かったり野心が強かったりする者が多かったと言われています。
きっと「自分は一番大事なものを失ったんだからその見返りがあって当然だ」とどこかで思っていたのでしょう。
そんなもの達が皇帝の一番そばに仕えているため皇帝の考えが屈折していくことは容易に想像がつきます。その結果が十常侍だったわけですが、この制度が廃止されることはなかったようです。

まとめ

三国志の女にまつわる話をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。女に溺れる者、女によって人生が狂わされたものなど多々います。とはいえやはり合戦などとは違いサイドストーリー的な要素が強いので肩の力を抜いて楽しんでもらえれば幸いです。

関連する投稿


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。