三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


側室が少ないところも人気の一つ?劉備(玄徳)にまつわる女

皇帝は多くの側室を設けるという流れがあった三国時代でしたが劉備(玄徳)は最小限の夫人しかいなかったためフェミニストだったのではないかと言われています。
劉備(玄徳)の周りには最初の正妻である甘夫人、側室の麋夫人、および孫夫人しかいません。中でも孫夫人は政略結婚でしたが呉の策略通りいかないとされたため孫夫人は呉に連れ戻されてしまったため実質の側室は麋夫人のみでした。
そういったところも民衆の支持を集めたのではないかと思います。しかし後を継いだのが劉禅(公嗣)という事を考えるともう少し宮女を設け有能な子供をもうけておけばよかったのにと思わずにはいられません。
宮女を囲わないというのは経済的を圧迫することがないため国力が下がることがないと考えられがちですが、いい跡継ぎが生まれないというデメリットも生じてしまいます。とはいえいい跡継ぎが多くても跡目争いが起こりかねないので、一概に宮女が多いからいい、少ないからいいという訳でもなさそうです。しかし多くの君主は自分の欲望のために奥の宮女を囲うという事も少なくなく、恐らく民衆からはそういった目で見られていたのではないかと思います。それを考えると宮女が少ない劉備(玄徳)は理想的な君主だと思われていたことでしょう。

女によって皇帝となることができなかった董卓(仲穎)、人生を狂わされた呂布(奉先)

三国志の前半、最も権力を持ち、最も皇帝に近かったのが董卓(仲穎)です。野心にあふれやりたい放題していたため、生きていたら間違いなく皇帝となっていたでしょう。しかし身内の呂布(奉先)によって阻まれました。そして呂布(奉先)が董卓(仲穎)を討つ原因を作ったのが女である貂蝉でした。
結果的には絶世の美女として知られる貂蝉の取り合いから二人の争いが勃発し、最終的に呂布(奉先)が董卓(仲穎)を討ち晴れて貂蝉を自分の妻にするという算段でした。
ところが貂蝉は呂布(奉先)の妻になることは全く望んでおらず董卓(仲穎)が討たれるとすぐに自決し、呂布(奉先)はすぐに「貂蝉にはめられた」と気づいてしまうのです。
貂蝉が現れなかったら董卓(仲穎)は皇帝になれたし、呂布(奉先)は丞相となり少なくとも彼らが生きている間は各地で殺戮が繰り返すのをよしとした世の中が出来上がったかもしれません。

こいつの宮女にだけはなりたくない!やばすぎる男孫晧(元宗)

三国志において最も残虐な人間は?と聞かれると多くの人が「董卓(仲穎)」と答えることだと思います。もしくは「曹操(孟徳)」と答える人もいるでしょう。しかし私は孫晧(元宗)こそが残虐な人間で最悪な君主だったと思っています。
まず董卓(仲穎)と曹操(孟徳)は生まれのアドバンテージがあった物の、自分の力でトップまで上り詰めて国を治めるという能力がありました。
しかし孫晧(元宗)は周りが敷いたレールを進んだだけです。しかも彼は幼少期からちやほやされていたため自分が正されるという事をしてきませんでした。
そのため自分の思い通り事が運ばないと他人を処刑し、そうしてもいいものだという思考回路になっていました。
さて、この孫晧(元宗)、腐っても皇帝という位置づけなのでもちろん多数の宮女がいました。その数5千とも言われています。数が多くどうしようもない皇帝ですが、それ以上に見過ごすことができないのが彼のふるまいです。
孫晧(元宗)は宮女に対し暴力をふるったり切り刻んだりしていたというエピソードもあります。なんでも思い通りになり、何をしても許されると思っていることがここからも見て取ることができます。
そのため呉が晋に討ち滅ぼされた際に「これでよかった」と思った人間は少なくないという記述すらあります。そして女中が最もそう思っていたのではないでしょうか。

最終的な宮女の数は1万人!司馬炎(安世)の宮女について

三国志の中で最も宮女を囲っていたのは間違いなく司馬炎(安世)です。彼はとにかく酒色が好きで囲っていた宮女の数は1万人ほどと言われていました。
それもそのはず、司馬炎(安世)は長きにわたって覇権争いを行っていた三国時代に終止符を打ち三国を統一した人物だから「何をしてもいい皇帝」でした。
何をしてもいい皇帝が酒色好きとなったら宮女の数が多くなるのは必然的です。しかし司馬炎(安世)のそれはとにかく度を越えていました。元々宮女が5千人ほどいたと言われていますが、さらに上で挙げた孫晧(元宗)が囲っていた宮女5千人を加え総勢1万人の宮女を囲うことになりました。
三国を統一した司馬炎(安世)ですが、息子の司馬衷(正度)に皇位を継がせ酒色にふける生活を送っていました。求心力のない司馬衷(正度)は国力を下げせっかく統一した中華もすぐに分裂してしまうようになりました。

宮廷にいた男について

宮廷に男が入ることはご法度とされていました。それは宮女と間違いがあって皇帝の子かその男の子か分からなくなるという可能性があったからです。そのため男は隔離されていたわけですが、宦官となれば別です。
宦官とは男性器を取った男性を指します。男にして宮廷にいる。そして皇帝の一番近くにいたため位は高かったようです。いい暮らしができるのであれば男性器を取ってもいいと考える者は少なくなかったためそこそこ人気はありました。
確かにどうしようもなく生活苦で超貧困を極めるのであれば「宦官となって安定した生活を」と思うこともあるかもしれませんね。余談ですが、宦官にはプライドが高かったり野心が強かったりする者が多かったと言われています。
きっと「自分は一番大事なものを失ったんだからその見返りがあって当然だ」とどこかで思っていたのでしょう。
そんなもの達が皇帝の一番そばに仕えているため皇帝の考えが屈折していくことは容易に想像がつきます。その結果が十常侍だったわけですが、この制度が廃止されることはなかったようです。

まとめ

三国志の女にまつわる話をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。女に溺れる者、女によって人生が狂わされたものなど多々います。とはいえやはり合戦などとは違いサイドストーリー的な要素が強いので肩の力を抜いて楽しんでもらえれば幸いです。

関連する投稿


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

「三国志」ってよく聞くけどいったいどういう物なのかイマイチ分からない。もしくは「曹操(孟徳)が劉備(玄徳)を倒して天下統一を果たしたんだよね?」という人は少なからずいるとおもいます。他国の歴史なので知らなくてもそこまで恥ずかしいものではないかもしれませんが、ここでは「三国志においてまず知っておくべきこと」についてまとめてみました。三国志入門なのでここから三国志の世界を知ってもらえたら幸いです。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。