危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)

危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)

危急存亡の秋とは、「危険・災難が差し迫り、そのまま存続できるか、それとも滅びてしまうかの瀬戸際」を表す言葉です。


危急存亡の秋

危急存亡の秋

危急存亡の秋

危急存亡の秋という故事成語は、蜀の宰相、諸葛亮(孔明)が記した『出師の表(すいしのひょう)』が原典となっています。
『出師の表』とは臣下が君主に奉る文書のことです。
中でも諸葛孔明が劉禅に奉った上奏文が名文として有名です。

劉禅

劉禅

劉禅

章武3年(223年)、父の劉備の崩御に伴い、劉備の子である劉禅(りゅうぜん)が17歳で蜀の二代目皇帝に即位しました。
魏の曹丕、呉の孫権が国を強固にまとめる中、豪族のおぼっちゃんとして育った劉禅は、特にこれといった危機感を感じることなく暮らしていました。

出師の表

出師の表

出師の表

※秋は穀物が実る季節、つまり万物が成熟する大事な時であることから、「大切な時、重要な時期」という意味があり、「あき」ではなく「とき」と読みます。

実際のことは不明ですが、諸葛孔明が『出師の表』として送った文書の通り、益州(蜀)は滅亡してしまったのですから、諸葛孔明は、確かな感覚を持っていたことにもなります。

どうしようもない阿斗(劉禅の幼名)

どうしようもない阿斗(劉禅の幼名)

どうしようもない阿斗(劉禅の幼名)

劉禅の「暗愚」「無能」イメージには、いくつかのエピソードがあります。

劉禅は美しい女性を、後宮(妃が住まう場所)に増員していたようです。
諸葛亮の死後、蔣琬、費禕が国政を担当し、その後、「黄皓(こうこう)」という宦官を器用してしまいます。
黄皓は劉禅を政治から遠ざけ、政治を混乱させました。
家臣たちの対立、例えば、特に軍事を司る「姜維(きょうい)」との対立

蜀の国の混乱に乗じ、魏が263年、蜀の攻略に乗り出し、蜀の防衛を担当していた姜維はこれを察知し、何度も援軍の要請をしましたが、宦官の黄皓に邪魔されたりしました。
援軍の要請をためらい滅亡へと導いてしまいました。

劉禅は魏に降伏したのち、魏の首都の「洛陽」に移送されました。
魏での宴会の席で蜀の音楽が流れ、蜀の旧臣たちは涙を流すのですが、劉禅は笑って楽しんでいたそうです。
このエピソードから中国では無能な人物の事を「どうしようもない阿斗(劉禅の幼名)」と言われています。

ただ、近年、暗愚の象徴される蜀の皇帝「劉禅(りゅうぜん)も、40年間は弱小国を守ったことから、再評価の機運もあります。

劉禅は本当に無能なの?どんな人物だったのか紹介!


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国それぞれ。君主の残念な息子たち!

2代目は残念な奴が多い。それは日本に限らず遠い昔の中国でも同じことが言えました。そんな君主の残念な息子たち(息子も君主となるわけですが)についてみていきましょう。


三国志・劉禅は魏に降伏してからどうなったのか

三国志の時代には魏・呉・蜀が競い合っていましたが、蜀が最初に滅んでいます。皇帝だった劉禅はその後いったいどうなったのでしょうか。今回は劉禅についてご紹介いたします。


劉備(玄徳)と曹操の死後。三国志終焉の経緯とは

220年代、中国に大きな打撃を与えました。蜀の劉備(玄徳)と魏の曹操が世を去った後、三国時代は晩期に入ります。三国志の目玉といえる戦いは数多くありますが、最後を飾る「五丈原の戦い」も欠かせません。また、新たなる国・晋はどのように誕生したのでしょうか。今回は、三国志終焉の経緯についてご紹介します。


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


もうダメだと思った時に参考にしたい三国志の人物

誰にでも1回や2回は人生もうだめだと思ったことがあることでしょう。そんな時三国志の武将の生き方を参考にしてみてはどうでしょうか。力でピンチを打破する者もいれば知恵で回避する者はもちろん「えっまさか!」と思うようなことをする者もいます。


最新の投稿


「呉下の阿蒙」にあらず。

「呉下の阿蒙」とは、いつまで経っても進歩しない人のことを指す言葉です。 同義語に旧態依然などがあげられますが、基本的には悪い意味合いで使われています。みなさんは、本内容を読んだ後は、ぜひ、後ろに「~にあらず」を付け加え、よく進歩する人という意味に変え、褒め言葉として利用しましょうね。


死せる孔明生ける仲達を走らす

三国時代、諸葛亮 孔明 率いるの蜀と司馬懿 仲達 率いる魏が五丈原で対陣している最中、諸葛亮 孔明が病に伏す。 そして遂にその時がやってきた。 孔明が陣中にて没したのである。 これを見た司馬懿は総攻撃に転じるが・・・


水魚の交わり(劉備 と 諸葛亮 孔明)

水魚の交わり は、魚は水がなければ生きていけないように、魚と水は切ってもきりはなせない。親しく信頼しあう間柄のことを言う。


千載一遇

曹操は、荀彧との出会いで、魏王朝を築き上げる偉業を成し遂げました。このような出会いは滅多にありません。


破竹の勢い

破竹の勢いは、三国志の終盤となる呉平定の時の故事成語の一つです。