袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


公孫瓚の武勇

公孫瓚は有力豪族の子として生まれました。生母の身分が低く、厚遇されていませんでした。ですが、頭の回転が早く、わかりやすく話をしていたので、頭角を現し、盧植の元で兵法学などを学びました。この時の学友に劉備(玄徳)がいます。
漢王朝の末期、河北や涼州などの北方は異民族が多数住んでいて、朝廷の力も届いていないところが多く、小競り合いが耐えませんでした。そんな中、公孫瓚は武勇を誇り、鮮卑族や韓遂など、漢王朝から見て異民族、反乱者などを討伐して名を挙げていきました。
公孫瓚が戦った相手に張純という反乱者がいました。張純は烏桓族などと手を組み、公孫瓚ら漢軍と戦い、一進一退を続けます。結局、公孫瓚は張純、烏桓族を破ることが出来ませんでした。ここで、漢王朝が派遣してきのが劉虞です。劉虞は烏桓族にも人気があり、彼らを帰順させると張純も仲間に裏切られて戦死します。一方、公孫瓚は劉虞に手柄を持っていかれるのを恐れ、劉虞と烏桓族の間を離間させるように計略を巡らせます。公孫瓚と劉虞の関係は非常に悪いものとなり、後の動乱の元となります。

袁紹の台頭

袁紹は四代に渡って三公を排出した名門、汝南袁氏の出身です。前半生ははっきりしたことは不明ですが、成人後は演義と同様で
・何進と協力して宦官(十常侍)と激しく対立
・董卓との権力争いに敗れ都から逃走
・反董卓連合の大将となって董卓と決戦
を行っていきます。
袁紹は、董卓が擁立していた漢王朝の献帝に代わって劉虞を皇帝として立てることを提案します。自分が皇帝の側近として権力を握る事を狙ってのことでしょう。ですが、この提案は袁術や曹操の反対にあいます。また、劉虞本人も拒絶したため、実現はされませんでした。

袁紹VS公孫瓚--前半

幽州において劉虞と対立していた公孫瓚は、従弟の公孫越を派遣して袁術と同盟を結びました。他にも、韓馥を攻撃するなど軍事的野心を露骨にしてきます。同盟を結んでいた袁術軍の武将である孫堅が領土を巡って袁紹と戦になると、袁術の元にいた公孫越も出陣します。ところがそこで公孫越は戦死します。激怒した公孫瓚は出陣します。公孫瓚の勢いを恐れた袁紹は講和を求めますが、公孫瓚はますます勢力を強めていきます。公孫瓚は袁紹の非を上表し、自分の息のかかったものを次々と郡や県の長官に任命していきます。
袁紹と公孫瓚の戦は広川で火蓋が切って落とされます。公孫瓚の得意な騎兵戦術を熟知した、袁紹軍の武将である麴義の奮闘があり、袁紹軍が公孫瓚軍を撃破します。その後、袁紹軍は数万の兵を持って故安城を包囲します。が、ここは公孫瓚が守りきり、袁紹が撤退するところを追撃して大いに打ち破ります。公孫瓚が勢いに乗って攻め込めば、袁紹は数万の大軍を持って迎え撃つなど、この戦は2年以上の長期戦となります。結果的に、袁紹は自分の領土を守りきり、公孫瓚は退却していきます。
同時期、長安では董卓が呂布に暗殺されます。そして、呂布は李傕・郭汜らに敗れ、袁紹のもとに逃亡してきます。袁紹は呂布を殺害しようとしますが、張邈に止められ、それ以降張邈との関係が冷え込んだものとなります。
公孫瓚は袁術の援軍のため、劉備(玄徳)、陶謙らを派遣しますが、袁紹の要請に応じた曹操にことごとく打ち破られています。劉備(玄徳)には配下である趙雲を随行させています。また、公孫瓚は劉虞の城の近くに本拠を構え、次第に両者の対立は深まっていきます。

袁紹VS公孫瓚--後半

劉虞は公孫瓚が勢力を伸ばして、乱を起こすことを警戒し、異民族に働きかけるなどして数万の兵士を集めて、公孫瓚を攻撃します。しかし、劉虞側に内応者が出て、公孫瓚は奇襲をもって劉虞の軍を散々に打ち破ります。劉虞が逃れた後も執拗に追撃をかけ、ついには劉虞を捕らえます。そして、
「劉虞は皇帝を僭称しようとした」
と誣告し、殺害してしまいます。この頃の公孫瓚は非常に驕り高ぶった人物で他人の過ちをよく記憶していて多くのものが処罰されました。劉虞の旧臣の多くが処刑されましたが、鮮于輔らが烏桓・鮮卑と手を組み、数万の兵士を集め、公孫瓚への反撃を開始しました。袁紹は劉虞の子である劉和を擁立し、鮮于輔らを支援します。公孫瓚は敗れると易京城への籠城を余儀なくさせられます。

易京城の決戦

易京城は何重にも城壁を備える堅城でした。袁紹軍は1年以上対峙しますが、打ち破れません。兵糧がなくなり、退却する麴義と劉和の軍を公孫瓚は散々に打ち破ります。その後も易京城は袁紹軍を寄せ付けません。袁紹は公孫瓚に降伏勧告を送りますが、公孫瓚ははねつけます。この頃、公孫瓚は異常なまでに警戒心をいだき、自分のそばには家族や妾だけを起き、報告も遠くから大声でさせたり、文書を吊るして受け取ったりと完全に疑心暗鬼の状態に陥ります。
ある時、公孫瓚配下の将軍が袁紹軍に包囲されました。公孫瓚は
「援軍を送ると、次からそれを当てにして全力で戦わなくなる。ここで見殺しにすることによって、それを見た将軍たちは死にものぐるいで戦うようになるだろう」
と言って、援軍を送りませんでした。すると、戦っても援軍が来ないと分かった、公孫瓚軍の城を守っていた将軍たちは、次々と戦わずに袁紹に降伏してしまいました。袁紹はあっさりと易京城に辿り着き、包囲します。
袁紹に包囲されると、公孫瓚は自ら突撃兵を率いて、場外の張燕・公孫続と共に、袁紹軍を挟撃する戦法をたてます。ところが、密使が袁紹に捕らえられ、作戦がバレ、袁紹軍の伏兵によって公孫瓚は惨敗します。そして、袁紹は易京城を地下から穴を掘って攻め入ります。公孫瓚の住む楼閣も突き崩され、最期を悟った公孫瓚は妻子を自ら殺し、城に火を放って自害して果てます。

まとめ

演義において、曹操と直接戦った袁紹はある程度物語に登場し、盛り上げてくれますが、公孫瓚は曹操・劉備(玄徳)・諸葛亮といった演義の中心人物との関係が薄く、どうしても存在感が薄いです。ですが、低い家柄から実力を武器にのし上がっていき、袁紹に敗れるまでは、華北における強大な勢力でありました。
「低い身分から一大勢力になった」
「皇帝を擁立しようとした袁紹と対立」
「皇帝に推された劉虞を殺害」
というのは、日本で言えば、足利将軍を暗殺したり、将軍を擁立・守護していた織田信長と対立した松永久秀と共通するところが多いです。演義においてはなんとなく人の良い凡人というイメージの公孫瓚ですが、正史では曹操と同じく乱世の姦雄というのがふさわしいです。そして、姦雄にありがちに、疑心暗鬼に陥り、自分の性格の欠陥から最期を遂げてしまいます。

関連する投稿


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志・曹操軍の十面埋伏の計は、どれほどの威力だったのか

三国志演義に登場する最強の戦術「十面埋伏の計」とは、いったいどれほどの威力を持っているのでしょうか?「倉亭の戦い」を振り返って検証してみましょう。


三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志と言えば、英雄や名君がたくさん登場します。武勇伝も多く、カッコイイ武将・君主が多いです。しかし、実は過大評価されている武将・君主もいるのが事実です。そこで今回は、「過大評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポーツを当てて紹介していきたいと思います。


三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

三国志・魏の名将である張郃が一騎打ちでほとんど勝てていないのはなぜか?

魏の名将である張郃、その功績は三国志正史にしっかりと記されています。しかし一方で、三国志演義ではその強さを発揮できずにいます。張郃の一騎打ちの戦歴を紐解いてみましょう。


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。