劉備(玄徳)、公孫瓚の師匠 盧植(子幹)とはどんな人物?

劉備(玄徳)、公孫瓚の師匠 盧植(子幹)とはどんな人物?

蜀を建国し初代蜀の皇帝になった劉備(玄徳)、白馬将軍と呼ばれ群雄を恐れさせた公孫瓚の師匠は盧植(子幹)という名士です。劉備(玄徳)と公孫瓚に学問を教えた盧植(子幹)とはどんな人物なのでしょうか?


一流儒学者としての盧植(子幹)

盧植は字を子幹といい、劉備(玄徳)と同じ涿郡涿県の出身です。身長は8尺2寸とあるので、メートル換算すると約190センチメートルという高身長な偉丈夫です。
盧植(子幹)の声はよく通り、その声はまるで鐘の音が響くようだと言われていました。三国志演義では黄巾党の乱の鎮圧に当たる将軍として登場して、主に武人としての側面だけが描かれています。しかし、史実では後漢を代表する儒学者の一人であり、当代一流ともいえる知識人でした。
儒学者としての盧植は、「礼記解詁」という周代の名宰相周公旦が著作した礼記の解説する書物を著しています。
「礼記」とは、中国古代の「礼」の規定、および精神を雑記した儒教経典であり、「礼記解詁」はそれを訓詁学(古典解釈学)によって解説したものです。

馬融を師と仰ぎ鄭玄のライバル

盧植(子幹)は若い頃、後漢でも屈指の儒学者であった馬融を師と仰ぎ、儒学を学びました。同門には後漢最高の儒学者と言われた鄭玄もおり、鄭玄は盧植(子幹)のよきライバルでした。
馬融は弟子たちが本気で学問に取り組めるのかを試すため、盧植(子幹)や鄭玄らが勉強している面前で芸妓を並べて歌や舞を披露させましたが、盧植(子幹)は一度も芸妓に目をやることがなかったと言われています。さらに盧植(子幹)は馬融のもとで学問をしている間は一度も芸妓遊びをせず、脇目もふらずに真面目に精進しました。

劉備(玄徳)、公孫瓚の師匠

学業を終え、馬融のもとを去った盧植(子幹)は郷里に戻って塾を開きました。そこに入塾したのが後に十八鎮諸侯に名を連ねる公孫瓚と蜀の礎を築く劉備(玄徳)でした。
後漢末期の群雄として名を知られることとなる両者はともに盧植(子幹)から儒学を学びました。公孫瓚は生まれながらの名族の出身で抜群の体力と明晰な頭脳を持ち合わせていました。一方の劉備(玄徳)は庶民の出身でしたが、盧植(子幹)とは同郷であり一族から学費を工面してもらいながら学びました。しかし、学問に対してはあまり真面目に取り組んでいなかったことが正史三国志の一部である蜀志先主伝に記されています。
その反省もあったのか、子の劉禅(公嗣)に対しては遺命として「漢書」と「礼記」は必須、さらに余裕があるのなら諸子百家および「六韜」、「商君書」を歴覧するように薦めています。

盧植(子幹)の性格

盧植(子幹)の性格は剛毅で大節があり、世を救わんとする志がありました。したがって、単なる武人でも学者でもなく、身につけた教養を実践することに重きを置いていました。「入りては相、出でては将」という言葉が示すように、国内では宰相となって政務を執り、国外では将軍となって敵を討つことのできる者が逸材であると言われていました。かような文武両道な人物のことを当時は儒将と呼びました。盧植(子幹)はまさに儒将と呼ぶにふさわしい人物で、また教育を通じて新たな儒将を育成しようとしたのでした。

儒将として黄巾党の乱を討伐

西暦184年に黄巾党の乱が勃発すると、盧植(子幹)これを討伐する責任者となり、北中郎将を拝命しました。この官職は黄巾党の乱討伐のための臨時職とされています。盧植(子幹)は北軍五校の兵と諸郡で挑発した兵士を率いることとなりました。北軍五校とは、長水・歩兵・射声・屯騎・越騎校尉のことで、後漢の中央軍の精鋭部隊です。かかる兵を以って、盧植(子幹)は冀州の黄巾党討伐に赴きました。その際、豫洲の潁川、汝南の両軍で蜂起していた黄巾党には、佐中郎将の皇甫嵩と右中郎将の朱儁が派遣されました。ところが、両者の軍は郡兵と募兵によって構成されていたため劣勢で、5月には黄巾党に包囲されてしまうことになります。それでも皇甫嵩の奇策によってようやく包囲を破ると、6月には豫洲の黄巾党をほどんど平定しました。

この間、盧植(子幹)は勝利を重ね、6月には黄巾党の首長である張角を包囲していました。そこに霊帝が宦官の左豊を派遣して、戦況を探らせました。部下は左豊に賄賂を贈ることを勧めますが、盧植(子幹)はこれを頑なに拒みました。左豊は賄賂を贈らなかったことを根に持ち、盧植(子幹)がわざと乱の鎮圧を遅らせていると虚偽の報告をしたため、盧植(子幹)は失脚します。
三国志演義の第一回で劉備(玄徳)が護送車に乗せられた盧植(子幹)を見て驚くシーンは、この時の出来事をもとにして作られたものです。
霊帝は盧植(子幹)の後釜に董卓を指名して派遣しましたが、張角を破ることはできず戦線は膠着状態となりました。そこで霊帝は皇甫嵩を冀州に派遣します。盧植(子幹)の戦略を継承した皇甫嵩が黄巾党の包囲を続けると、その年の10月に張角は病死しました。皇甫嵩は、張角の末弟張梁に率いられた10万余りの大軍を撃破し、張角の首を洛陽に送ります。
11月皇甫嵩が次弟の張宝を斬ると、霊帝は黄巾党を平定したとして元号を中平に改めました。

三国志演義では処刑されたが史実ではその後も生きていた

三国志演義で盧植(子幹)は無実の罪を着せられて死刑に処されてしまうのですが、史実を読めばどうもそれはフィクションであるようです。
左豊の讒言によって失脚させられた盧植(子幹)でしが、その身を後漢朝廷に留めていました。
霊帝崩御後、董卓が独裁政治を始めると皇帝廃位の議を百官に投げかけました。董卓を恐れて諸将が沈黙を守る中、ただひとり盧植(子幹)だけが激しく抗議しました。董卓はこれに激怒して盧植(子幹)を誅殺しようとしましたが、蔡邕(蔡文姫の父)がこれを制止したため、免職のみに留められました。自らの列伝にも記される剛毅な性格がよくわかる逸話です。
西暦191年、冀州牧となった袁紹(本初)は帰郷していた盧植(子幹)を軍師として招きました。袁紹(本初)は儒将としての盧植(子幹)の力を借りようとしたのです。しかし、盧植(子幹)ほどなくして病死してしまいました。

まとめ

劉備(玄徳)、公孫瓚の師匠の盧植(子幹)は儒将の名がふさわしい文武両道な逸材でした。三国志演義では第一回で左豊の讒言によって死刑に処されたとありますが、史実ではその後も生きていて董卓に歯向かったり、袁紹(本初)に才能を見出されていました。
残念ながら、袁紹(本初)のもとで再び政治や軍事で手腕を発揮する前に亡くなってしまいましたが、彼がもう少し長生きしていれば曹操(孟徳)の覇権を阻止していたか、それが無理でも遅らせることができていたかも知れません。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?