趙雲を描く華やかなエンターテイメント韓流・華流ドラマ

趙雲を描く華やかなエンターテイメント韓流・華流ドラマ

三国志を知るきっかけは様々で、映画やドラマの映像作品や漫画、ゲーム等沢山あります。今回は、英雄と呼ばれた趙雲の知られざる愛と義の物語を中国若手スターと韓国トップスターの豪華共演によって実現したドラマ「三国志-趙雲伝-」をご紹介します。


ドラマのあらすじ&概要

三国志の時代に蜀随一の武将といわれた趙雲(趙子龍)の成長と活躍、恋愛を描いた物語です。総製作費を40億円もかけて作られるだけあって出演陣も豪華。日本でも馴染みのある韓国のキム・ジョンフンや少女時代のユナなども出演しています。

キャスト一覧

趙雲/趙子龍(ちょううん/ちょうしりゅう):ケニー・リン(林更新)
夏侯軽衣(かこうけいい):ユナ<少女時代>
高則(こうそく):John-Hoon
公孫宝月(こうそんほうげつ):ジア・チン(賈青)
李全(りぜん):コリン・チョウ(鄒兆龍)
呂布(りょふ):カオ・イーシャン(高以翔)
劉備(りゅうび):イェン・イークァン(厳屹寛)
貂蝉(ちょうせん):グーリーナーザー(古刀娜扎)
李飛燕(りひえん):チャオ・ハンインズ(趙韓櫻子)
柳擎児(りゅうけいじ):スン・シャオシャオ(孫驍驍)
趙安(ちょうあん):ユー・ロングァン(于榮光)

ドラマの予告編

時代は後漢の末期、好き勝手に振る舞う董卓は、皇帝が密かに趙安と李全に託したと言われている二本の宝剣を手に入れようと企んでいた。二本の剣はそれぞれ倚天剣と青釭剣と名付けられていた。董卓はある日、それを奪おうと常山郡に兵を送り込んだ。

そして青釭剣を守ろうとした趙雲の父、趙安は奇しくも命を落としてしまった。父を亡くした趙雲は
青釭剣を持ち、真定県にいる父の弟弟子である李全を頼ることにした。李全のもとで修行することとなった趙雲こと趙子龍はこの場所で運命的な出会いをする。

彼女の名前は夏侯軽衣。そして二人は恋に落ちてゆくのだが、実は夏侯軽衣には許婚である高則がいた。それから高則とは宿命のライバルとして関係を築いていくことになる。李全のもとで武芸の腕を磨き、ついには山賊の手から真定県を守り抜く、そしてこの場所にて英雄と呼ばれた趙雲は自らが仕える主君を求めて旅に出るのだった。そしてその行き先には蜀の初代皇帝となる劉備玄徳がいた。彼との出会いが趙雲の運命を切り開いてゆく。

ドラマの見どころ

1.趙雲の知られざる人間味溢れるストーリー

趙雲と言えば日本の戦国時代に例えるのならば勇猛果敢な真田幸村に近い人物です。当然、武将としての名声やエピソードはあげたらきりがありませんが、本作では趙雲を主人公に置いているために人間味溢れるストーリーを味わうことができます。その一つが恋愛的な部分です。この作品を観ることで趙雲もまた、一人の恋をする男性であったということが否応なしにわかります。勿論キャストはイケメンですので女性でも十分に入っていきやすい内容になっております。

2.美男美女しか登場しないイマドキの三国志でトキメキ

本作は主人公にケリーリン。ヒロインに少女時代のユナなどを起用しているので美男美女のカップルのいちゃつき具合を楽しむことができます。趙雲とは馴染みの薄い呂布や貂蝉も登場しますが、とにもかくにもキャストが美しすぎる人が多いのでちょっと現実とかけ離れすぎた美しい三国志となっています。まあとはいえ、ドラマに汚いおっさんを出すわけにもいかないのでこのあたりは納得しましょう。恋愛ドラマ要素が強いので武将やヒロインにときめいてしまうかもしれませんね。

3.三國無双並みにど派手で美しい衣装

本作では人気ゲーム三國無双を思わせるようなド派手な衣装にも注目です。40億円というお金をかけているだけあって衣装の作りこみも素晴らしいものになっています。ドラマ作品とはいえ、史実とは無関係なほどの煌びやかな衣装は見るものを魅了します。どうせ、三国志を見るならば煌びやかなほうが良いですからね。この辺りは日本の戦国時代などを題材にしたものであっても少しばかり衣装を豪華にしてあるのと同じように演出上は必要なものだったのかもしれません。

4.超人的な趙雲の身体能力

本編中に趙雲がヒロインを助けようとするシーンがあるのですが、趙雲はヒロインを助けようとして数十メートルはありそうな崖から転落してしまいます。常人ならば大怪我どころか死んでしまうようなエピソードですが、この後、趙雲は傷一つ負うことなく生還します。ヒロインも軽い怪我程度で済んでしまうという珍事に思わず目を丸くして見入ってしまいます。

5.有名声優による豪華吹き替え

日本版吹き替えキャストとして有名声優などを起用しているのも特徴的です。例えば主人公の趙雲を演じているケニー・リンさんの吹き替えにはアニメ「トリコ」で主人公のトリコを演じていた置鮎龍太郎さんを起用したり、ヒロインの夏侯軽衣こと少女時代のユナの吹き替えには化物語などで阿良々木火憐などを演じる人気声優の喜多村英梨さんなどを起用しています。

他にも多方面で活躍している役者さんや声優さんが多く、それらのファンにとっても大変魅力的な作品となっております。

6.すぐ拗ねちゃう可愛いヒロイン

趙雲こと趙子龍は作中で修業をするのですが、あまりにも修行に夢中になるためにヒロインの夏侯軽衣はやたら頬を膨らませて拗ねてしまいます。夢中になる男の人って魅力的ですけど、あんまり夢中になりすぎて相手にしてもらえないと女性的には、構ってオーラを出してしまいますよね。

いつの時代も女の子は女の子なんだなという事を表現したこのシーンに女性視点では思わず共感してしまいます。でも本当に夢中になってるイケメンって格好良いですよね。思わずひきこまれそうです。

まとめ ドラマをおすすめする理由

こちらのドラマをは映像作品としては40億円もの大金をかけているだけあって完成度が高く見ごたえがあります。勿論、ドラマですので史実とは異なる部分も多少は出てくる事もありますが、三国志の世界観を楽しむには十分すぎるほど高クオリティな作品です。

三国志を好きになるきっかけは結局はゲームであったり、アニメであったり、ドラマであることが多いのは否めません。実は、私も三国志を好きになったのは三國無双というゲームがきっかけでした。もちろんゲームですので史実と異なる点はありましたが、それでも武将に対する格好良いというイメージはこうした映像でみるとより一層強くなります。映像作品がより三国志の世界を知るきっかけとなればと思います。

関連するキーワード


趙雲

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。