三国志お笑いネタ(2)

三国志お笑いネタ(2)

三国志のお笑いネタとして、前回も下らないエピソードをご紹介しました。爆笑とまではいきませんが、クスっと笑えるネタを今回もお届けします。


娯楽度がアップした見返り

前回の記事でも紹介させていただいたように、三国志は庶民たちからも愛される物語でした。しかし、三国志は長編物語なので、すべてを観る、聞くには長い時間がかかりました。講談師の中には、本ではたった1ページしかない内容をおもしろおかしく話を盛って1日中語る手口で儲けた方もいたそうです。

筆者もそうですが、人はまじめな話ばかりを聞いているとどうしても飽きてしまいます。公演の合間にブレイクタイム中の見世物として、笑いを重視した寸劇や噺がありました。

長坂の戦いで曹操が追撃しなかった理由

司会者や団長の前説

いろいろな名士のもとを渡り歩き、戦に勝ったり負けたりの繰り返しだった劉備(玄徳)御一行。
ようやく同族の劉表を頼って新野城を得たとき、義勇軍を旗揚げしてから10年が過ぎていた。

間もなく劉表が亡くなるとその次男の劉琮(りゅうそう)が母親の計略により、兄を押しのけて
後継者の椅子に収まった。
これを好機とばかりに、曹操は20万の兵士を引き連れて劉琮を攻めた。劉琮は小者で、
曹操と一戦も交えることなく、即降伏した。

劉備(玄徳)は慌てて新野城を捨てて逃げた。しかし、劉備(玄徳)は元来のお人よしで、軍隊だけを連れてさっさと
逃げればよかったのに付き従った避難民を連れて亡命を行った。
そのせいか劉備(玄徳)御一行の行軍は遅く、すぐに曹操軍に追い付かれた。劉備(玄徳)や家臣、避難民は家族とバラバラになってしまい、己の身を守ることだけで精一杯だった。

「あの橋を越えれば渡し場は目前ぞ!!」
劉備(玄徳)はよく通る声で、逃げ惑う家臣と民の士気を奮い立たせた。やっと希望の光が差し込んだ…かに思えたが、曹操軍は劉備(玄徳)御一行のすぐ後ろまで迫っていた。

「兄者はみなを連れて早く逃げろ!!俺がひとりで曹印の腑抜け野郎どもを食い止めてやる!!」
名乗り出たのは劉備(玄徳)御一行の殿を務める我らが張飛だ。

張飛たった一人で長坂橋に残り、曹操軍に三度恐喝して撃退した。
これが俗に言う長坂の戦いである。

しかし、みなさんおかしいと思いませんか?
矢が降りかかり、火が燃え盛る戦場を駆け巡った曹操や夏候惇が、張飛の喝ごときで圧倒されるでしょうか?
それは否(いな)。きっとこうだったに違いない。それではこれより曹操軍が劉備らを追撃できなかった理由をご覧に入れましょ~。

喜劇の本編

張飛が長坂橋で待機していると、間もなくそこに曹操が夏候惇、夏侯淵、曹仁らを引き連れて到着しました。

張飛 「やいやいやいやいっ!!我こそは燕人張飛。この先は何人も通さん!!趙子龍一匹腑抜けどもの中に丈夫の雄がいるのなら。いざ勝負、勝負!!」

曹操 「誰かと思えば。貴様がかの張飛であるか。見たところそちらはお前ひとりのようだが、どうやら薄情な兄貴に見捨てられたようだのう。勝負しろ?お前ひとりで?我らは20万ぞ!!悪いことは言わん。見逃してやるから今すぐそこを退け!!」
張飛 「やーかましいわっ!!どうした?腑抜けども。命知らずなバカ野郎は今すぐ俺の前に出いっ!!」
夏候覇「主君、私が行きます!!」
曹操 「待て、奴一人相手にするのは時間と労力の無駄だ。腹が立つのはわかるが、今は劉備(玄徳)に追い付くことこそ先決ぞ!!」

張飛はなかなか一騎打ちの相手が現れないことにイライラ。そして馬を降りるとドスンドスンと地響きをたてながら曹操軍に近づいた。

張飛 「臆病者めが!!俺様が全員ブチのめしてくれるーっ!!」

ドスーンッと足を踏みしめた途端、ブチブチブチッと音を立てて吊り橋が落ちて行きました。

張飛 「アアアーッ!!!」

耳をつんざくような悲鳴とともに一瞬にして張飛は曹操の視界から消えました。張飛の最後の一喝がすさまじく、その勢いで吊り橋が落ちてしまったのです。

曹操 「さすがは張飛。ひとりで万兵に匹敵すると言われるだけのことはある。声で橋を落とすと
    は、なかなかの者ぞ!橋を架けるか迂回路を進むしかないが、それでは劉備に追い付けま
    い。奪った食糧や財産をまとめて引き上げるぞ!!」

こうして曹操軍は劉備(玄徳)御一行の追撃を諦め、張飛は渡し場まで川に流されたとさ…。
おしまい。

七歩の賦

むかしむかし、朝廷で司法を司る大臣がいたそうな。その大臣は「三国志」を読んで、ある詩人に感化されました。その詩人は、姓を曹、名を植、字を子建といいました。曹植はいかにも曹操の息子で文帝曹丕の弟です。司法大臣は彼の詠んだ「七歩の賦」に感動したのでした。

司法大臣 「詩聖と言えば、杜甫だと思っていた。しかし、それ以前にこの異名をとり、こんなにも
      素晴らしい詩を読むお方がいたとは知らなかった。よし、曹植先生の真似をする
      ぞ!!」

後日、その大臣は宮殿の廊下で天井を見つめながらボソボソと呟いていました。そこへ仲の良い軍事大臣がやってきました。

軍事大臣 「やあ!司法大臣殿」
司法大臣 「おお!これはこれは軍事大臣殿。お元気ですかな?」
軍事大臣 「見ての通りですよ。ところで、今しがた浮かない顔で考えごとをしていたようですが…
      悩みごとがあるなら相談に乗りますぞ?」
司法大臣 「それはお恥ずかしいところを見られてしまいましたな。」
軍事大臣 「何をおっしゃいますか?こんな人気の多いところではいやでも目につきますよ」
司法大臣 「実は悩んでいたのではなく、詩を考えていたのです。」
軍事大臣 「さすがですね!、ささっ!!立ち話もなんですから場所を移動しましょう」
司法大臣 「あー少し待ってくださらぬか?もう少しで思いつきそうなのです。」
軍事大臣 「詩くらい茶や菓子をつまんでも考えられるでしょう?早く行きましょ行きましょ」
司法大臣 「申し訳ないが、それはできません。」
軍事大臣 「それはなぜですか?」
司法大臣 「実は先日三国志を読みましてな。曹植先生の七歩の賦に感動して、七歩歩く度に詩を作
      っているのです。しかし、もう今日はこれで107つ目の詩となりなかなか思いつかない
      のです。」
軍事大臣 「…」

司法大臣は「七歩の賦」を”七歩”歩くたびに詩を詠む芸当だと勘違いしていたのでした。
おしまい。

あとがき

いかがでしたか。楽しんで頂けましたでしょうか?
張飛は当時国民的キャラクターで、日本でいう「ドラえもん」のような存在でした。現代引き継がれている京劇でも張飛が全く関係のない場面でもひょっこり登場したり、客席に向かって見栄を切りそのまま舞台を横切っていくだけの登場シーンがあったりします。張飛は三国志のマスコットキャラクターなのです。それらはこの漫談や喜劇の名残と言っても過言ではありません。

関連する投稿


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志が好きになると、関係するスポットに一度は観光したいと思うでしょう。実は中国には、三国志関連の遺跡や観光スポットがたくさんあります。そこで今回は、おすすめの三国志に関係する観光スポット8つを紹介していきたいと思います。


曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

人生を生きていく上で辛い時や困っているときは必ずと言っていいほど訪れます。そんな時、あなたの背中を押してくれるものが必ず必要となります。三国志の歴史の中にもそういった名言などがたくさん散りばめられています。今回はそんな人生の教訓となるようなエピソードをご紹介します。


諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

208年、江東・江南支配を目指した曹操(孟徳)でしたが、劉備(玄徳)、孫権(仲謀)の連合軍に阻まれて大敗北を喫します。河北・荊州を制して日の出となっていた曹操(孟徳)の勢いが止まり、三国志が新たな局面を迎えます。そして、結果的には最期まで曹操(孟徳)は江東・江南を支配するに至らなかった彼の限界が、ここに伺えます。


最新の投稿


桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

関羽(雲長)は桃園の誓いにて劉備(玄徳)らと義兄弟の契りを交わして以降、青龍偃月刀を愛刀としました。軍神と言われるほどの関羽(雲長)の活躍は関羽(雲長)個人の実力だけでなく、青龍偃月刀という武器が優れていたからと言っても過言ではありません。


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


三国志演義の武器は実在?

三国志演義の武器は実在?

三国志には関羽の青龍偃月刀や呂布の方天画戟など数多くの武器が出てきます。それらは後の世の物語などにも多くの影響を与えています。また、日本でも横浜の関帝廟などでは、青龍偃月刀をもっている関羽の像があります。これらの武器は実在していたのでしょうか?また、どのように生まれてきたのでしょうか?


蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

三国志といえば蜀!名君といえば劉備(玄徳)と多くの人が認識しているわけですが、これは三国志演義という小説が蜀や劉備をあたかも主人公視点のように書いているからでもあります。とはいえ劉備(玄徳)の人気はありますし、脚色であったとしても慕われる理由は知りたいので今回はその理由について考察してみることにしました。


呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

三国志で呂布(奉先)は「陣中の呂布、馬中の赤兎」と噂され、一人で一国一城を陥落させることのできると恐れられた武将です。彼には赤兎馬と言われる名馬がありましたが、もうひとつ彼の活躍を助けたのは方天画戟という高機能兵器の存在です。


https://sangokushirs.com/articles/196