ギャップ萌え?猛将・張飛の可愛らしさを探ってみた

ギャップ萌え?猛将・張飛の可愛らしさを探ってみた

「三国志で好きな武将は?」と質問したとき、「張飛」と答える男性はかなりいるのですが、女性にはなかなかお目にかかれません。イケメンに描かれていることが少ないから?でも、だからこそ女性にグッとくるポイントがあるんです!このコラムを読んだあと、「張飛素敵!張飛最高!」と張飛に心を鷲掴みされているかもしれません……。


張飛は女子ウケポイント少なめ?いやいや、そんなことない!

『三国志演義』の主人公・劉備(玄徳)の義弟にして軍の中心人物であった、張飛益徳。24回行われた一騎打ちでは無敗、その武勇を敵国にまで轟かせたほどの猛将です。「三国志で一番好きな武将は?」という質問に対して、張飛の名前を挙げる男性は結構見かけるのですが、女性ファンは少ないという印象があります。理由は恐らく単純でがさつで酒癖が悪いという人物像、ギョロ目に虎髭、ガチムチ体型といった“イケメン”には程遠い容貌で描かれがちな点も大きいのではないでしょうか?
でも、そんな張飛にも、いや、そんな張飛だからこそ女性の心に訴えかける萌えポイントがいくつかあるのです。この先は是非とも「ギロ目虎髭ガチムチのおっさん」を思い浮かべながら読み進めてください!

正史と演義の張飛は別人?なぜ?

さて、歴史書である『正史三国志』(以下正史)には、張飛の容姿についての記載はありません(張飛に限らず、容姿について書かれている方が稀)。それどころか、お酒に関する失敗談も見つかりませんし、単純でがさつというよりは、有能ながら残虐で冷徹な印象が……。『三国志演義』(以下演義)のイメージとは違いすぎる張飛像ですね。
さて、どうしてこのような違いが生まれてしまったのでしょうか?

陳寿(ちんじゅ)が『正史』の編纂を終えたのは晋が呉を滅ぼした280年前後と言われています。それに対して『演義』が書かれたのは14世紀後半、中国で言うと明代。実に1000年以上の開きがあるのです。
この間多くの民間伝承が語り継がれ、次第に張飛の姿も「ギョロ目虎髭、酒好きで単純なうっかりさん」としてキャラクター付けされたのでしょう。

ではなぜ張飛だったのか。恐らく理由は彼の出自。
張飛は劉備(玄徳)に仕える以前、肉屋を営み生計を立てており、つまりは庶民の出でした。そのために差別されることもあったようで、コンプレックスから目上の者に媚びへつらい、目下の者を軽んじる態度に繋がっていったのだと思われます。
とはいえ、庶民から将軍にまで成り上がった張飛は、民衆にとって夢を与えてくれ、なおかつ親近感を抱かせてくれる存在であったと考えても無理はありません。そして「粗暴なところはあるけれど、人間臭くて愛すべき人物」としての張飛像が作られていったのでしょう。

孔明の謎かけに挑んだ張飛。その結果は?

では、民間伝承の中で張飛がどのように描かれてきたのか、いくつか紹介いたしましょう。

まずは劉備(玄徳)、関羽、張飛が諸葛亮孔明の庵を3度訪れた、いわゆる三顧の礼にまつわるお話です。
根負けした孔明は「私と問答をして、答えられたらご一緒しましょう」と言いました。劉備(玄徳)と関羽が答えようとすると、「孔明先生、私がお相手します」と張飛が割り込んできたのです。

その言葉を受け、孔明が天を指すと、張飛は地を指しました。片手を出す孔明を見て、両手を出す張飛。孔明が3本の指で小さな円を描くと、張飛は9本の指を使って大きな円を描きました。最後に孔明が胸元で大きな円を描くと、張飛はうなずいて袖の中を指したのです。
「張将軍、お見事です。約束通り、ご一緒いたします」

一体どういう謎かけだったのか、劉備(玄徳)は孔明に問いました。
「私が天文と申すと、張将軍は地理と答えたれた。私が天下統一と申すと、将軍は三国鼎立とおっしゃる。私が3回で元に戻ると問うたら、将軍は9回でも元通りだと答えられた。私の胸には陰陽八卦(易における8つの基本図)があると申したら、張将軍は太陽と月を袖の中に隠してあるとおっしゃるではありませんか。恐れ入りました」

張飛にこんなにも深い教養があったのかと驚いた劉備と関羽。なぜ孔明の問いがわかったのかと、あとでこっそり問うと、張飛は大笑いをしながら答えました。
「孔明先生が今日は雪が降るって言うから、俺は道が滑るって答えたんだ。すると先生が月餅を3つ持ってきたって言うんで、俺は9つくらいはないと足りないって返したんだよ。先生は自分の持ってきた月餅は大きいから食べきれないぞって言うんで、だったら袖に入れて持って帰るから大丈夫だって言ったんだ。え?これのどこが難しいんだ?」

伏龍と呼ばれる天才を軍師に迎えるべく、義兄弟たちと遠路はるばる訪れてお天気と月餅の話を!乱世の平定を慮る天才軍師の問いが張飛の脳内ではお天気と月餅の話に!寒くて疲れていてお腹が空いていたんですかね……。
筆者はこの話を読んで「腹ペコ張飛に大きな月餅を9個でも10個でも食べさせてあげたい!」と庇護欲のようなものを刺激されてしまいました……。いっぱい食べる人っていいよなあ……。

短気な張飛を案じた孔明が出した命令は、なんと刺繍!?

もうひとつ、こちらも孔明と張飛にまつわる民話です。

孔明は趙雲と張飛と共に、劉備(玄徳)を援護するために蜀(現在の四川省)に入ろうとしていました。張飛の無鉄砲さを案じた孔明は、出陣前の訓練の際、張飛に刺繍をさせることにしました。すると張飛は激怒。
「武人の俺がどうして刺繍なんてしなくちゃならないんだ!馬鹿にするな!」
すると孔明はこう返しました。
「将軍たるもの、文武両道でなければなりません。豪胆なばかりではなく、細部に心を配れてこそ大群を率いることができるもの。もし刺繍がお嫌とおっしゃるのなら、ここに残って見張りをお願いいたします」
出陣できないとなってはたまりません。張飛は仕方なしに布に花の刺繍を始めることにしました。
最初は針に糸を通すことも難しかったのですが、なんとか糸を通すと、その後三日三晩飲まず食わずで刺繍に打ち込んだ張飛。ところができあがったのは花には似ても似つかぬ代物。
「どうしよう……こんな出来栄えじゃあ軍師殿に叱られてしまうよなあ……」

想像してみてください。まずは花の刺繍。「やっていられるか!俺は武人だ!」と言っていた張飛が花の刺繍!ギョロ目虎髭のガチムチ大男が花の刺繍!
そしてでっかい体をちっちゃく屈めてちくちく刺繍に励んで、仕上がりを見て「軍師殿に叱られちゃう……」としょんぼりする張飛の姿。可愛過ぎやしませんか!?

張飛に刺繍を手渡された孔明は、にっこり笑って言いました。
「張将軍、よくぞ刺繍に打ち込んでくださいました。今度の戦は任せましたよ」
戦の最中、何度も頭に血が上りかけた張飛ですが、その度に刺繍のことを思い出して心を鎮めました。敵軍の将を生け捕りにした際、その将が投降しようとしないことに腹を立て、斬り殺してしまいそうになった際も、刺繍のことが頭をよぎり、冷静になれたのです。そして敵将に情けをかけて釈放したところ、心を打たれた将はその後張飛を助け、その戦いに勝つことができました。
「益徳、豪胆なお前に細心さも備わった。もう頭が上がらんよ」
劉備(玄徳)が張飛を称えると、張飛はこう答えたのです。
「軍師殿が俺に刺繍をさせてくれたからだよ。そのおかげで冷静になることができたんだ」

このときの張飛、大好きな義兄・劉備に褒められて照れ笑いしているに違いないですよ!「へへっ、軍師殿のおかげだよ!」とかなんとか言って。素直!可愛い!張飛素敵!!!

猛々しさと和ませキャラっぷりのコントラストがたまらない。

民話でもさまざまな三国志関連の作品でも、オチ要員として扱われがちな張飛。それと同時に、言動で読者をクスッと笑わせてくれる、和ませ要員でもあります。冒頭にも書きましたが、武人としての猛々しさがあるからこそ、愛らしさが際立つのですよね。
また、物語を追っていくと、自分の酒癖の悪さを逆手に取った作戦に出るなどの知恵ものぶりも発揮、「ああ、成長したんだね……」と感じさせてくれる人物でもあります。母性本能をくすぐり、ギャップ萌えさせてくれるタイプなのではないでしょうか?
筆者の主観がかなり入ってしまっていますが、「あれ?言われてみると張飛ってかなり魅力的な男性かも!」と感じてしまったそこのあなた!共に張飛萌えしちゃいましょう!

関連するキーワード


張飛 孔明(こうめい)

関連する投稿


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

漢中開戦!張郃(儁乂)、張飛(翼徳)に完敗

218年、三国志の永遠のライバルたる曹操(孟徳)と劉備(玄徳)の勢力が激突します。それまで、常に強大勢力の曹操(孟徳)が矮小な劉備(玄徳)を「追う」構図でしたが、荊州・益州を支配し一大勢力となった劉備(玄徳)が曹操(孟徳)の勢力を次々と打ち破って行く展開となって行きます。最初の攻防は蜀の張飛(翼徳)と魏の張郃(儁乂)。戦いの経過を見て行きます。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。