知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

三国志で知略NO.1と言ったらやはり諸葛亮(孔明)を推す声が多いです。しかし他にも知略に長ける軍師は多数存在します。ここではそんな諸葛亮(孔明)を推す声に待ったをかける軍師について紹介したいと思います。


諸葛亮(孔明)について

もはや伝説的な語り草が多すぎてあまり説明する必要もないかもしれませんが、あえて彼の凄さを表すとすると大国魏に対して果敢に北伐を行ったことです。普通ならあっさり敗れてしまうところをあと一歩というところまで追い詰めました。
さらに彼の凄いところは蜀に対して規律をもたらせたというところでしょう。数多くの戦績があるため誰もが彼に従いました。
また南部の勢力も制圧し蜀を魏、呉と対等に戦えるまでに成長させました。もし関羽(雲長)が呂蒙(子明)に討たれた時に劉備(玄徳)をコントロールすることができたら蜀が天下をとっていた可能性はあります。
それほど有能な軍師だったのが諸葛亮(孔明)です。

周瑜(公瑾)について

諸葛亮(孔明)の最大のライバルとしてよく挙げられるのが周瑜(公瑾)です。彼の功績と言ったらやはり赤壁の戦いで劉備軍と手を結び曹操軍を撃退したことでしょう。諸葛亮(孔明)もここまでのインパクトある勝利を収めたことがないため一概にどちらが上か言い難いところでしょう。
しかし諸葛亮(孔明)が彼より上だとされている理由は、その赤壁の戦いのさなか仲間であるはずの周瑜(公瑾)が何度も諸葛亮(孔明)の命を狙いましたがことごとく周瑜(公瑾)を出し抜いたというところにあると思います。
特に蜀よりに話が描かれている三国志演義の影響が強いためそういった印象を受けますが、実際のところ周瑜(公瑾)が本気で諸葛亮(孔明)の命を狙ったかは定かではありません。
そう考えると周瑜(公瑾)が諸葛亮(公瑾)より下だったとは一概には言えないと思います。

司馬懿(仲達)について

司馬懿(仲達)と言えば「死せる孔明生ける仲達を走らす」という不名誉な格言を作られた人物です。そのため諸葛亮(孔明)はすごい、司馬懿(仲達)は間抜けというレッテルが張られています。
しかしながらこの戦に限っては攻める諸葛亮(孔明)守る司馬懿(仲達)という構図ができていました。言ってみれば攻め落とすことができたら諸葛亮(孔明)の勝ち、守ることができたら司馬懿(仲達)の勝ちとなるのです。
そういった観点で見ると諸葛亮(孔明)はことごとく司馬懿(仲達)に打ち負かされたという事になります。
さらに司馬懿(仲達)の凄いところは曹操(孟徳)に対して進言できたというところです。曹操(孟徳)が自国のピンチの際に都を移そうとしたときに「そうするべきではない」と言って曹操(孟徳)を説得しきったのです。もはや国の運命は司馬懿(仲達)が握っていたといっても過言がなかったわけです。
その証拠に最終的に曹操(孟徳)亡きあと魏を衰退させることなく、孫の司馬炎(安世)が皇帝となり国名を「晋」とし、三国を統一しました。
その足掛かりを作ったという意味では司馬懿(仲達)の功績は諸葛亮(孔明)よりも大きかったといえるでしょう。

龐統(士元)について

鳳雛(鳳凰の雛)として天才とあがめられていたのが鳳雛(士元)です。諸葛亮(孔明)とは学友で諸葛亮(孔明)か龐統(士元)のどちらかを軍師として迎えることができたら天下を統一することができるといわしめたほどの傑物です。
彼は劉備(玄徳)が入蜀する際に欠かすことのできない進言をもたらし、劉備(玄徳)が国を挙げる礎を作ったといっても過言ではない人物です。
また赤壁の戦いの際には自ら曹操軍に潜り込み火攻めを成功させた人物です。赤壁の戦いでは「この人物が欠けていたら勝つことはできなかった」というギリギリの戦いだったわけですが、間違いなく龐統(士元)もその中の一人だったといえます。
欠点としたら謙虚さがないところで、孫権(仲謀)に対して「自分は周瑜(公瑾)より上だ」と言ったため、それが気に入られず呉の軍師になることはありませんでした。(ルックスが醜かったから孫権(仲謀)に嫌われたという説もあります)
彼の最後は敵兵に劉備(玄徳)と間違われ殺されたわけですが、それは彼が劉備(玄徳)の白馬に乗っていたためです。それを考えると劉備(玄徳)は自分の馬を貸すほど信頼していたといっていいでしょう。

郭嘉(奉孝)について

曹操(孟徳)の元、呂布討伐や官渡の戦いで的確な作戦を立案したのが郭嘉(奉孝)です。恐らく曹操(孟徳)が最も短時間で意気投合した人物でしょう。
その証拠に曹操(孟徳)は郭嘉(奉孝)を軍師に迎えるにあたって「この男こそ私の大業を達成させてくれる人物だ」と言ったのです。
同じく郭嘉(奉孝)も曹操(孟徳)を見るなり「この人に仕えるべき主君だ」と言ったのです。まさに相思相愛と言える二人というわけです。
残念だったのは彼が早死にしたことです。曹操(孟徳)より15も若かったが先に亡くなったのは郭嘉(奉孝)でした。曹操(孟徳)は自分が亡くなった後全てを郭嘉(奉孝)に委ねるつもりでしたが早死にという形となったためそれは叶いませんでした。
もし郭嘉(奉孝)がもっと長く生きていたら司馬懿(仲達)の立場も変わっていて魏の運命も大きく変わっていたことでしょう。

李儒について

軍師というか策士という意味において忘れてはいけないのが李儒です。彼は董卓に唯一進言できた人間でした。董卓が頭にきて「こいつを殺してしまえ」と言っても李儒が「それをしたら困ります」と言ったら董卓(仲穎)は殺しをやめるほどでした。
三国志最強の男呂布(奉先)を迎え入れたのも李儒の作戦ですし、「董卓の行った政策の全ては李儒から生まれたもの」という人も多いくらいです。
知略という意味においては諸葛亮(孔明)の方が長けていたかもしれませんが、もし同じ数の人数が与えられ「いざ戦争をせよ」という状況が作られたとしたら、なりふり構わず冷酷な手法を使う李儒が勝ってしまうのではないかと思います。
それほど敵に回すと厄介な男が李儒なのです。

まとめ

知略NO.1について紹介してみましたがいかがでしたか?今までは諸葛亮(孔明)が1番に違いないと思っていた人も「周瑜(公瑾)の方が凄そうだ」とか結局「司馬懿(仲達)の方が功績を上げてるじゃん」という見方をしていただけたら幸いです。
また三国志にはその他にも天才がたくさんいて「俺の方が凄かった」という軍師は少なくないでしょう。歴史に「たられば」は不要ですが三国志のゲームなどで諸葛亮(孔明)以外にもすごい奴はたくさんいたんだなと実感してもいいかもしれません。

関連する投稿


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

諸葛亮は本当に天才?実はたくさんの失敗をしていた!

三国志で天才的な人物と言えば、諸葛亮を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、そんな諸葛亮も何度となく失敗をしています。実は、蜀が滅亡したのは、諸葛亮のせいだと主張する方もいるのです。そこで今回は、諸葛亮の失敗にスポットライトを当ててみたいと思います。


そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

そこは違うぞ!!三国志のドラマや映画にひとこともの申す!

華流映画、ドラマでは三国志は人気の題材です。現地の監督や脚本家が筋書きや監修をしているので、私たち日本人はその描写を真に受けてしまいがちですが、史学的な観点から見ると「そこは違うぞ!」とツッコミを入れたくなってしまう描写が散見されます。今回はそういった相違点についてピックアップします。


なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

なかなか聞けない三国志の常識を一挙公開

「三国志」ってよく聞くけどいったいどういう物なのかイマイチ分からない。もしくは「曹操(孟徳)が劉備(玄徳)を倒して天下統一を果たしたんだよね?」という人は少なからずいるとおもいます。他国の歴史なので知らなくてもそこまで恥ずかしいものではないかもしれませんが、ここでは「三国志においてまず知っておくべきこと」についてまとめてみました。三国志入門なのでここから三国志の世界を知ってもらえたら幸いです。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。