知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

三国志で知略NO.1と言ったらやはり諸葛亮(孔明)を推す声が多いです。しかし他にも知略に長ける軍師は多数存在します。ここではそんな諸葛亮(孔明)を推す声に待ったをかける軍師について紹介したいと思います。


諸葛亮(孔明)について

もはや伝説的な語り草が多すぎてあまり説明する必要もないかもしれませんが、あえて彼の凄さを表すとすると大国魏に対して果敢に北伐を行ったことです。普通ならあっさり敗れてしまうところをあと一歩というところまで追い詰めました。
さらに彼の凄いところは蜀に対して規律をもたらせたというところでしょう。数多くの戦績があるため誰もが彼に従いました。
また南部の勢力も制圧し蜀を魏、呉と対等に戦えるまでに成長させました。もし関羽(雲長)が呂蒙(子明)に討たれた時に劉備(玄徳)をコントロールすることができたら蜀が天下をとっていた可能性はあります。
それほど有能な軍師だったのが諸葛亮(孔明)です。

周瑜(公瑾)について

諸葛亮(孔明)の最大のライバルとしてよく挙げられるのが周瑜(公瑾)です。彼の功績と言ったらやはり赤壁の戦いで劉備軍と手を結び曹操軍を撃退したことでしょう。諸葛亮(孔明)もここまでのインパクトある勝利を収めたことがないため一概にどちらが上か言い難いところでしょう。
しかし諸葛亮(孔明)が彼より上だとされている理由は、その赤壁の戦いのさなか仲間であるはずの周瑜(公瑾)が何度も諸葛亮(孔明)の命を狙いましたがことごとく周瑜(公瑾)を出し抜いたというところにあると思います。
特に蜀よりに話が描かれている三国志演義の影響が強いためそういった印象を受けますが、実際のところ周瑜(公瑾)が本気で諸葛亮(孔明)の命を狙ったかは定かではありません。
そう考えると周瑜(公瑾)が諸葛亮(公瑾)より下だったとは一概には言えないと思います。

司馬懿(仲達)について

司馬懿(仲達)と言えば「死せる孔明生ける仲達を走らす」という不名誉な格言を作られた人物です。そのため諸葛亮(孔明)はすごい、司馬懿(仲達)は間抜けというレッテルが張られています。
しかしながらこの戦に限っては攻める諸葛亮(孔明)守る司馬懿(仲達)という構図ができていました。言ってみれば攻め落とすことができたら諸葛亮(孔明)の勝ち、守ることができたら司馬懿(仲達)の勝ちとなるのです。
そういった観点で見ると諸葛亮(孔明)はことごとく司馬懿(仲達)に打ち負かされたという事になります。
さらに司馬懿(仲達)の凄いところは曹操(孟徳)に対して進言できたというところです。曹操(孟徳)が自国のピンチの際に都を移そうとしたときに「そうするべきではない」と言って曹操(孟徳)を説得しきったのです。もはや国の運命は司馬懿(仲達)が握っていたといっても過言がなかったわけです。
その証拠に最終的に曹操(孟徳)亡きあと魏を衰退させることなく、孫の司馬炎(安世)が皇帝となり国名を「晋」とし、三国を統一しました。
その足掛かりを作ったという意味では司馬懿(仲達)の功績は諸葛亮(孔明)よりも大きかったといえるでしょう。

龐統(士元)について

鳳雛(鳳凰の雛)として天才とあがめられていたのが鳳雛(士元)です。諸葛亮(孔明)とは学友で諸葛亮(孔明)か龐統(士元)のどちらかを軍師として迎えることができたら天下を統一することができるといわしめたほどの傑物です。
彼は劉備(玄徳)が入蜀する際に欠かすことのできない進言をもたらし、劉備(玄徳)が国を挙げる礎を作ったといっても過言ではない人物です。
また赤壁の戦いの際には自ら曹操軍に潜り込み火攻めを成功させた人物です。赤壁の戦いでは「この人物が欠けていたら勝つことはできなかった」というギリギリの戦いだったわけですが、間違いなく龐統(士元)もその中の一人だったといえます。
欠点としたら謙虚さがないところで、孫権(仲謀)に対して「自分は周瑜(公瑾)より上だ」と言ったため、それが気に入られず呉の軍師になることはありませんでした。(ルックスが醜かったから孫権(仲謀)に嫌われたという説もあります)
彼の最後は敵兵に劉備(玄徳)と間違われ殺されたわけですが、それは彼が劉備(玄徳)の白馬に乗っていたためです。それを考えると劉備(玄徳)は自分の馬を貸すほど信頼していたといっていいでしょう。

郭嘉(奉孝)について

曹操(孟徳)の元、呂布討伐や官渡の戦いで的確な作戦を立案したのが郭嘉(奉孝)です。恐らく曹操(孟徳)が最も短時間で意気投合した人物でしょう。
その証拠に曹操(孟徳)は郭嘉(奉孝)を軍師に迎えるにあたって「この男こそ私の大業を達成させてくれる人物だ」と言ったのです。
同じく郭嘉(奉孝)も曹操(孟徳)を見るなり「この人に仕えるべき主君だ」と言ったのです。まさに相思相愛と言える二人というわけです。
残念だったのは彼が早死にしたことです。曹操(孟徳)より15も若かったが先に亡くなったのは郭嘉(奉孝)でした。曹操(孟徳)は自分が亡くなった後全てを郭嘉(奉孝)に委ねるつもりでしたが早死にという形となったためそれは叶いませんでした。
もし郭嘉(奉孝)がもっと長く生きていたら司馬懿(仲達)の立場も変わっていて魏の運命も大きく変わっていたことでしょう。

李儒について

軍師というか策士という意味において忘れてはいけないのが李儒です。彼は董卓に唯一進言できた人間でした。董卓が頭にきて「こいつを殺してしまえ」と言っても李儒が「それをしたら困ります」と言ったら董卓(仲穎)は殺しをやめるほどでした。
三国志最強の男呂布(奉先)を迎え入れたのも李儒の作戦ですし、「董卓の行った政策の全ては李儒から生まれたもの」という人も多いくらいです。
知略という意味においては諸葛亮(孔明)の方が長けていたかもしれませんが、もし同じ数の人数が与えられ「いざ戦争をせよ」という状況が作られたとしたら、なりふり構わず冷酷な手法を使う李儒が勝ってしまうのではないかと思います。
それほど敵に回すと厄介な男が李儒なのです。

まとめ

知略NO.1について紹介してみましたがいかがでしたか?今までは諸葛亮(孔明)が1番に違いないと思っていた人も「周瑜(公瑾)の方が凄そうだ」とか結局「司馬懿(仲達)の方が功績を上げてるじゃん」という見方をしていただけたら幸いです。
また三国志にはその他にも天才がたくさんいて「俺の方が凄かった」という軍師は少なくないでしょう。歴史に「たられば」は不要ですが三国志のゲームなどで諸葛亮(孔明)以外にもすごい奴はたくさんいたんだなと実感してもいいかもしれません。

関連する投稿


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志で過大評価されている武将・君主5選を紹介!

三国志と言えば、英雄や名君がたくさん登場します。武勇伝も多く、カッコイイ武将・君主が多いです。しかし、実は過大評価されている武将・君主もいるのが事実です。そこで今回は、「過大評価されているのでは!?」と思える武将・君主にスポーツを当てて紹介していきたいと思います。


女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

女性に薦めたい三国志の武将~呉編~

三国志の登場人物の多くは「人情味あふれる武将」「一騎当千となるような豪将」と言った男性に好かれる面を押し出していることが多いです。そういった場合あまりルックスや、モテ要素などは語られないのですが、ここでは逆にそういった要素たっぷりの呉の武将を紹介します。架空で誰と付き合いたいか考えてみてください。


張郃--魏を支え続ける猛将

張郃--魏を支え続ける猛将

演義ファンの方は「魏の国の名将は?」と聞かれたら、真っ先に答えるのは張遼でしょう。続いて徐晃、そして張郃と言ったところでしょうか。実際、この三人と楽進・于禁を合わせた五人が一つの列伝にまとめられており、魏の五虎大将軍と言っていい存在です。その中でも、もっとも後の時代まで活躍したのが張郃です。


最新の投稿


個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

個人的に三国志の武将に年俸を付けたらこうなった

多くの人が三国志で一番強い武将に呂布(奉先)を挙げます。しかし彼はよく君主を裏切る人物だったので自分が君主だった場合彼に多くの年俸を払いたいと思いたくはないでしょう。ここでは独断と偏見で「自分が君主だったら誰にどれだけの年俸を払いたいか」という事を紹介したいと思います。プロ野球などの年俸を意識してもらえたら幸いです。


三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志・掟破りの風使い諸葛亮(孔明)は赤壁に東南の風を吹かせたのか?

三国志で最も有名な戦いが「赤壁の戦い」です。劉備(玄徳)、曹操、孫権が入り乱れた駆け引きを繰り返します。手に汗を握るシーンですが、勝利に導く東南の風を諸葛亮(孔明)はどうやって吹かせたのでしょうか?


登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

登竜門の故事を生んだ軍師 郭泰(林宗)と李膺(元礼)

三国志、もとい漢代には故事成語がたくさんあります。偉大な仕事や役職につくために必ず通過するべき学校や組織、プロセスのことを指す「登竜門」もそのひとつで、郭泰(林宗)という軍師と李膺(元礼)という名士が生んだとされています。


三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志で最も不幸だった登場人物のお話

三国志では豪傑や天才のエピソードに目が行きがちですが、その裏で不幸な目にあった物も少なくありません。戦って負ける、策にはめられるというのは日常茶飯事ですがその中でも群を抜いているエピソードを持つ登場人物を紹介したいと思います。


裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

裏切りの将(呂布・魏延・蔡瑁)

三国志演義では裏切り者という印象の強い、呂布・魏延・蔡瑁。彼らは本当に恩知らずの裏切り者だったのでしょうか?それともそう描かれているだけなのでしょうか?もし、そうなら理由はあるのでしょうか?