知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

知略NO.1は俺だ!諸葛亮(孔明)に待ったをかける天才たち

三国志で知略NO.1と言ったらやはり諸葛亮(孔明)を推す声が多いです。しかし他にも知略に長ける軍師は多数存在します。ここではそんな諸葛亮(孔明)を推す声に待ったをかける軍師について紹介したいと思います。


諸葛亮(孔明)について

もはや伝説的な語り草が多すぎてあまり説明する必要もないかもしれませんが、あえて彼の凄さを表すとすると大国魏に対して果敢に北伐を行ったことです。普通ならあっさり敗れてしまうところをあと一歩というところまで追い詰めました。
さらに彼の凄いところは蜀に対して規律をもたらせたというところでしょう。数多くの戦績があるため誰もが彼に従いました。
また南部の勢力も制圧し蜀を魏、呉と対等に戦えるまでに成長させました。もし関羽(雲長)が呂蒙(子明)に討たれた時に劉備(玄徳)をコントロールすることができたら蜀が天下をとっていた可能性はあります。
それほど有能な軍師だったのが諸葛亮(孔明)です。

周瑜(公瑾)について

諸葛亮(孔明)の最大のライバルとしてよく挙げられるのが周瑜(公瑾)です。彼の功績と言ったらやはり赤壁の戦いで劉備軍と手を結び曹操軍を撃退したことでしょう。諸葛亮(孔明)もここまでのインパクトある勝利を収めたことがないため一概にどちらが上か言い難いところでしょう。
しかし諸葛亮(孔明)が彼より上だとされている理由は、その赤壁の戦いのさなか仲間であるはずの周瑜(公瑾)が何度も諸葛亮(孔明)の命を狙いましたがことごとく周瑜(公瑾)を出し抜いたというところにあると思います。
特に蜀よりに話が描かれている三国志演義の影響が強いためそういった印象を受けますが、実際のところ周瑜(公瑾)が本気で諸葛亮(孔明)の命を狙ったかは定かではありません。
そう考えると周瑜(公瑾)が諸葛亮(公瑾)より下だったとは一概には言えないと思います。

司馬懿(仲達)について

司馬懿(仲達)と言えば「死せる孔明生ける仲達を走らす」という不名誉な格言を作られた人物です。そのため諸葛亮(孔明)はすごい、司馬懿(仲達)は間抜けというレッテルが張られています。
しかしながらこの戦に限っては攻める諸葛亮(孔明)守る司馬懿(仲達)という構図ができていました。言ってみれば攻め落とすことができたら諸葛亮(孔明)の勝ち、守ることができたら司馬懿(仲達)の勝ちとなるのです。
そういった観点で見ると諸葛亮(孔明)はことごとく司馬懿(仲達)に打ち負かされたという事になります。
さらに司馬懿(仲達)の凄いところは曹操(孟徳)に対して進言できたというところです。曹操(孟徳)が自国のピンチの際に都を移そうとしたときに「そうするべきではない」と言って曹操(孟徳)を説得しきったのです。もはや国の運命は司馬懿(仲達)が握っていたといっても過言がなかったわけです。
その証拠に最終的に曹操(孟徳)亡きあと魏を衰退させることなく、孫の司馬炎(安世)が皇帝となり国名を「晋」とし、三国を統一しました。
その足掛かりを作ったという意味では司馬懿(仲達)の功績は諸葛亮(孔明)よりも大きかったといえるでしょう。

龐統(士元)について

鳳雛(鳳凰の雛)として天才とあがめられていたのが鳳雛(士元)です。諸葛亮(孔明)とは学友で諸葛亮(孔明)か龐統(士元)のどちらかを軍師として迎えることができたら天下を統一することができるといわしめたほどの傑物です。
彼は劉備(玄徳)が入蜀する際に欠かすことのできない進言をもたらし、劉備(玄徳)が国を挙げる礎を作ったといっても過言ではない人物です。
また赤壁の戦いの際には自ら曹操軍に潜り込み火攻めを成功させた人物です。赤壁の戦いでは「この人物が欠けていたら勝つことはできなかった」というギリギリの戦いだったわけですが、間違いなく龐統(士元)もその中の一人だったといえます。
欠点としたら謙虚さがないところで、孫権(仲謀)に対して「自分は周瑜(公瑾)より上だ」と言ったため、それが気に入られず呉の軍師になることはありませんでした。(ルックスが醜かったから孫権(仲謀)に嫌われたという説もあります)
彼の最後は敵兵に劉備(玄徳)と間違われ殺されたわけですが、それは彼が劉備(玄徳)の白馬に乗っていたためです。それを考えると劉備(玄徳)は自分の馬を貸すほど信頼していたといっていいでしょう。

郭嘉(奉孝)について

曹操(孟徳)の元、呂布討伐や官渡の戦いで的確な作戦を立案したのが郭嘉(奉孝)です。恐らく曹操(孟徳)が最も短時間で意気投合した人物でしょう。
その証拠に曹操(孟徳)は郭嘉(奉孝)を軍師に迎えるにあたって「この男こそ私の大業を達成させてくれる人物だ」と言ったのです。
同じく郭嘉(奉孝)も曹操(孟徳)を見るなり「この人に仕えるべき主君だ」と言ったのです。まさに相思相愛と言える二人というわけです。
残念だったのは彼が早死にしたことです。曹操(孟徳)より15も若かったが先に亡くなったのは郭嘉(奉孝)でした。曹操(孟徳)は自分が亡くなった後全てを郭嘉(奉孝)に委ねるつもりでしたが早死にという形となったためそれは叶いませんでした。
もし郭嘉(奉孝)がもっと長く生きていたら司馬懿(仲達)の立場も変わっていて魏の運命も大きく変わっていたことでしょう。

李儒について

軍師というか策士という意味において忘れてはいけないのが李儒です。彼は董卓に唯一進言できた人間でした。董卓が頭にきて「こいつを殺してしまえ」と言っても李儒が「それをしたら困ります」と言ったら董卓(仲穎)は殺しをやめるほどでした。
三国志最強の男呂布(奉先)を迎え入れたのも李儒の作戦ですし、「董卓の行った政策の全ては李儒から生まれたもの」という人も多いくらいです。
知略という意味においては諸葛亮(孔明)の方が長けていたかもしれませんが、もし同じ数の人数が与えられ「いざ戦争をせよ」という状況が作られたとしたら、なりふり構わず冷酷な手法を使う李儒が勝ってしまうのではないかと思います。
それほど敵に回すと厄介な男が李儒なのです。

まとめ

知略NO.1について紹介してみましたがいかがでしたか?今までは諸葛亮(孔明)が1番に違いないと思っていた人も「周瑜(公瑾)の方が凄そうだ」とか結局「司馬懿(仲達)の方が功績を上げてるじゃん」という見方をしていただけたら幸いです。
また三国志にはその他にも天才がたくさんいて「俺の方が凄かった」という軍師は少なくないでしょう。歴史に「たられば」は不要ですが三国志のゲームなどで諸葛亮(孔明)以外にもすごい奴はたくさんいたんだなと実感してもいいかもしれません。

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?