三国志・徐庶はなぜ強烈なインパクトを放ちながら、一瞬で退場していったのか

三国志・徐庶はなぜ強烈なインパクトを放ちながら、一瞬で退場していったのか

劉備(玄徳)に諸葛亮(孔明)を推薦して陣営を去っていった徐庶。一瞬の登場でしたが、そのインパクトはまさに衝撃的でした。なぜ徐庶はここまで強烈なインパクトを放ちながら、すぐに消えてしまったのでしょうか。


徐庶の登場シーン

徐庶、字は元直、豫州潁川郡の出身です。
曹操に追われ、荊州に逃れた劉備(玄徳)は、劉表の下に身を寄せることになり、新野に駐屯します。ここで劉備(玄徳)に仕えるようになったのが徐庶です。

三国志演義の第35回では、劉備(玄徳)は劉表配下の重臣である蔡瑁に命を狙われます。的盧にまたがった劉備(玄徳)は、壇渓を越え、何とか蔡瑁の暗殺計画から逃れることができ、名士・司馬徽の邸宅に身を隠しました。
そこで徐庶と劉備(玄徳)は出会うのです。
徐庶は、「的盧は馬主に祟る凶馬だが、それを避ける方法がある」と劉備(玄徳)に提案します。劉備(玄徳)が興味を持ってその話を聞くと、徐庶は「まず他人に乗せて、災いがあった後に乗るようにすれば祟られることはない」と伝えました。
劉備(玄徳)がそのやり方に怒りを示したことで、徐庶は劉備(玄徳)の仁徳を知り、仕官することになるのです。

徐庶の驚くべき活躍

荊州に侵攻してくる曹操軍に対し、兵力の足りない劉備(玄徳)軍は圧倒的に不利な状況でした。これまでも劉備(玄徳)は曹操に敗れ、苦い思いをしています。三国志演義の読者は、またもや劉備(玄徳)は曹操によって荊州を追われるのかとがっかりするのですが、ここで驚くべき活躍をするのが新参者の徐庶でした。

曹操軍の総大将である曹仁は、まず呂廣と呂翔を先鋒として出撃させます。徐庶は軍師としてこの撃退に貢献しました。呂廣は趙雲に、呂翔は張飛にそれぞれ討ち取られています。
これに怒った曹仁は李典と共に、本隊を率いて新野に襲い掛かりました。その数2万5千。
しかも曹仁は、ここで八門金鎖の陣を布くことになりますが、劉備(玄徳)をはじめ、歴戦の勇を誇る関羽や張飛、趙雲はその陣形の恐ろしさを知りません。
しかし徐庶はその陣形を見破っていました。さらにその弱点まで知っていたのです。
劉備(玄徳)は徐庶のアドバイスに従って、見事に曹仁の八門金鎖の陣を打ち破ります。もし徐庶がいなかったら、劉備(玄徳)軍は全滅していたかもしれません。
まさに徐庶は救世主のように登場し、活躍したわけです。

軍師の重要性を強烈にアピールする

これによって三国志演義の読者は、軍師の重要性をはっきりと知ることになります。いくら関羽や張飛のような猛者がいても、戦術に精通した軍師がいなければここから先の曹操との戦いに勝つことはできないと痛感します。

これまでも、曹操の陣営には荀彧や郭嘉、程昱、荀攸といった軍師がおり、袁紹には田豊や沮授、董卓には李儒、呂布には陳宮、張繍には賈詡といったような軍師が輝きを放っていました。
しかし劉備(玄徳)の陣営には誰もいなかったのです。それが劉備(玄徳)の弱点だったことに読者は気づきます。そして徐庶の加わった劉備(玄徳)軍の巻き返しに期待するのです。

これが「軍師の役割と価値を伝えるプレゼンテーション」であったのならば、まさに大成功です。これまで注目されてきた呂布や関羽などの個の「武勇」から、読者の興味は「智謀」に移っていきます。
徐庶の登場は、まさにその転換期となったのです。

あっと言う間に消える徐庶

徐庶の登場に驚いたのも束の間の話で、あっという間に徐庶は退場していきます。
曹操の軍師である程昱の引き抜き工作によるものですが、読者をさんざん期待させておいて、あっさりといなくなるので驚きです。
読者としては、これまで登場してきた軍師の中で、最も優秀なのが徐庶だろうと思っていただけに失望はかなり大きなものがあったことでしょう。

しかし徐庶はもっと大きな期待感を残して去っていきます。自分よりもはるかに有能な人材が荊州にはいると言うのです。それが「臥龍」の異名を持つ諸葛亮(孔明)です。
これは読者に相当な衝撃を与えました。徐庶がいるだけで劉備(玄徳)軍は無敵になったのではないかと思わせるほどだったのです。その徐庶より凄い人物が加わったら劉備(玄徳)軍はどうなってしまうのか、期待値は高まり、どんどんハードルが高くなっていきます。
そして諸葛亮(孔明)は見事にそのハードルをクリアしていくことになるわけです。

徐庶にこれほどのインパクトがなぜ必要だったのか

徐庶の登場は、完全に諸葛亮(孔明)登場の布石です。
徐庶の登場によって軍師に注目が集まり、さらに徐庶を上回る智謀を誇る諸葛亮(孔明)の存在に期待が高まるのです。劉備(玄徳)が「三顧の礼」を尽くしたことも一段と読者をワクワクさせることになります。

諸葛亮(孔明)の登場は、まさに「真打ち登場」です。待ってました!の大喝采に包まれます。
三国志演義後半の主役である諸葛亮(孔明)は、こうして華々しくデビューすることになります。
諸葛亮(孔明)をひときわ輝かせるためには、徐庶の存在が必要だったわけです。徐庶が凄ければ凄いほど、その後に登場する諸葛亮(孔明)は引き立ちます。この演出は見事に決まり、ここから読者は諸葛亮(孔明)の虜になっていくことになります。

徐庶の智謀や活躍は、三国志演義の脚色がとても強いのです。ほぼ想像上の人物となっています。これは「三国志正史」と比較すると一目瞭然で、三国志正史では、徐庶は諸葛亮(孔明)を推薦しただけで、劉備(玄徳)の下を離れて曹操の陣営に鞍替えしています。名軍師ぶりは発揮されていません。

まとめ・ちょっとやり過ぎて違和感が出たかも

諸葛亮(孔明)にスポットライトを当てるためとはいえ、徐庶の登場と活躍は強烈過ぎました。鮮烈過ぎて、諸葛亮(孔明)に匹敵するほどの軍師ぶりになってしまったのです。

両者を比較すると、徐庶は「戦術面」だけで優れていて、「戦略面」でも天才的な諸葛亮(孔明)には、総合力で劣るだろうという意見が多いですが、あくまでも推測の域です。
実際に三国志演義に登場するような徐庶であれば、司馬懿を押しのけ、本当に諸葛亮(孔明)のライバルになっていたかもしれません。

結果として、ちょっとやり過ぎてしまったために、違和感が生じ、徐庶の軍師ぶりは諸葛亮(孔明)に匹敵するという憶測を呼ぶことになったのでしょう。でも、このあたりの演出こそが三国志演義の面白さでもありますね。

関連するキーワード


徐庶 劉備 諸葛亮

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。