蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀には心優しく民を思う武将が集まったとされています。もちろん関羽のように三国志に絶対欠かせない存在になった人もいれば、陰ながら蜀を支えた武将もいます。 そこで今回は目立ちはしなかったものの蜀を支えた武将である龐統について紹介します。


皆さんは三国志の中で好きな武将はいますでしょうか。武勇が長けており、多くの敵兵をなぎ払ったとされている武将もいるでしょうし、対照的に武勇ではなく頭がキレる存在で軍略などをたくさん編み出す武将も三国志にはいます。

多くの武将が活躍した三国志の中では様々な個性がある武将が多いため、選ぶのに困る人も多いことでしょう。しかし、今回はそういった目立った活躍をした武将ではなく、陰ながら蜀の国を支えたそんな武将でもある龐統を紹介します。

龐統の生まれ

龐統は荊州の出身となっており、才能も豊かであり、頭もキレる男だったとされています。しかし見た目がとてもひどく男前というわけではなかったようです。

諸説では、太り過ぎか痩せすぎだったと言われていますが、どちらだったのかはわかっていません。これが原因で世間ではなかなか認められることはありませんでした。

龐統の活躍のスタートは?

龐統が正史の中に現れるのは、少し遅い段階になります。まだ蜀に所属する前の段階の話から龐統は正史に出てきますが、周瑜が弓矢を食らってしまい、護衛が必要となった際に護衛した人物が龐統だと言われています。

そのため、蜀の武将として生涯を送っていった龐統ですが、この段階では呉の武将として生活を送っていくのではないかと言えるかもしれません。当時の呉の重臣たちとも仲が良かったようで、何か後押しがあれば呉の武将として活躍していたかもしれません。

また、このことから実は呉の手先で孫権から蜀を見張るという任務を預かっていたスパイだったという噂もたてられていますが、本当だったのかというのは依然として分かっていません。ある意味で掴みどころがない人物でもあったため、そう思われても仕方のないところはあります。

劉備との不仲

龐統は荊州の武将ということもあり、この当時荊州を収めていた劉備のもとに使えます。

しかし、人徳に溢れている人物として有名な劉備ですが、その仲はあまり上手く行きませんでした。劉備は龐統の見た目を醜いと感じてしまい、さらにその存在を気に入らなかったため、遠い僻地に飛ばしてしまいます。

これに怒った龐統は僻地に行ってからというものの、とにかく酒を飲むようになりあまり仕事に打ち込むこともなくなりました。元々期待されていた人物でありましたが、この待遇には、劉備が「見た目」で判断したことに腹を立てていたようです。

この事実を知った劉備はこれに呆れて龐統をクビにしてしまいます。しかし、ここに待ったをかけた人がいました。それが蜀の中でもキレ者として有名であった魯粛です。魯粛は劉備にクビにするのではなく、大きな任務を与えてみたらどうだろうか?と提案しました。

これによって、龐統は蜀の中でも有名な 諸葛亮(孔明)と同じ「軍師中郎将」という職に就きました。これはかなり評価が高い人でないと就くことはできないため、龐統が優秀なのはここで証明されましたが、やはり 諸葛亮(孔明)の陰に隠れてしまいました。

龐統の名を轟かせた戦い

龐統も僻地ではなく蜀の本格的な戦いに参加できるようになり、その才能を思う存分に発揮できるタイミングがきます。もちろん、蜀には最強の軍師と言っても過言ではない諸葛孔明がいますが、諸葛孔明が荊州の守備にあたっている間は龐統が軍師を務めるという形をとります。

そこで龐統の才能が発揮されたのは蜀が益州攻略に向けて動き出した時です。この時は龐統が軍師として動いており、戦場を動かしています。軍師として龐統はまず、自分の味方を焚きつけるところから始めます。

この益州争奪戦は劉備と劉備と同じ劉一族である劉璋との戦いになります。もちろん、劉備は人徳に溢れる存在であるため、同族に手をかけることを少しばかりためらっていました。

しかし、龐統はとても非情に「今我々が手をかけなくても呉か魏にいずれ取られてしまう」と声をかけました。それなら我々がということもあり、劉備は益州に攻め込むことを決意します。

劉璋をただ攻め込んでも真正面からぶつかるだけでは時間もかかってしまい、兵士もなくなってしまうため、しっかりと策を練ってから挑みます。まずは劉璋には攻めるつもりはないように見せかけるため、別の相手に攻め込むことをあからさまにしながら準備します。これによって、兵力を強大なものにしていきました。たくさんの兵力を集めた結果、成都に攻め込むことを決意します。

成都に攻め込んだ結果

準備が整ったため、劉備は成都に攻め込みます。もちろん、劉璋は何も知らないため、事は容易に進んでいきます。まずは成都の近くから攻めていくことになります。成都に直接つながっている白水関から攻めていきますが、白水関を守っている高沛と楊懐を用意に破ることができて、そこから成都に入城して、劉璋を降伏させます。これによって益州を手に入れます。

しかし、肝心な龐統はこの戦いの最中に命を落としてしまいます。益州の別の場所に隠れていた劉璋の部下が撃っていた弓矢の流れ弾に当たってしまいこれによって戦死してしまいます。誠に残念ながら、これによって36歳という若さで死んでしまいます。

思ったよりあっさりと亡くなってしまいますが、龐統は陰に隠れながらも蜀には必要な武将とも言えるでしょう。その証拠にこの龐統の死は劉備を救ったことになっているのです。

実はこの龐統を殺した劉璋の部下ですが、劉備を狙っており劉備を殺害するために動いていた部隊なのですが、劉備と龐統を勘違いして殺害しました。

この時、龐統が乗っていたのは劉備の白馬であり、馬だけを見て劉備と判断して弓矢を放ったのです。そのため、「劉備の身代わり」になったと言っても過言ではありません。

まとめ

今回は蜀の縁の下の力持ちとも言える「龐統」という武将について紹介しましたが、やはり掴みどころがない人物だったように思います。しかし、 諸葛亮(孔明)の功績があったのは、ある意味で龐統の援助があってのことと言っても過言ではないようです。

早すぎる死でしたが、その短い期間に残した行いはかなり評価できることなのではないでしょうか。出てきた時間は短いものの優秀な行いをした龐統が少しでも誰かの頭に残れば報われるのではないでしょうか。

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

孫呉の宿将! 数えきれない手柄を打ち立てた程普

三国時代の一つである呉は優秀で短命な武将が多くいました。君主の孫堅や孫策、周瑜、呂蒙といった時代を彩った歴史に名を残す名将が含まれています。一方で長生きしながらいくつもの戦場で貢献した武将もいます。その一人が孫堅・孫策・孫権と三代に尽くした程普です。そんな程普の功績をみていきます。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。