諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


戦乱の地から江東へ

諸葛瑾は若い頃に実母を亡くします。その後、父が迎えた継母に孝養を尽くしました。儒教の影響が強く「孝」を大切にする当時、諸葛瑾の評判は非常に上がりました。その後、後漢末に起こった「黄巾の乱」「董卓の乱」などを避けて揚州に住みました。その地に住んでいた時に、孫策が死亡し、孫権が後を継ぎました。その孫権に諸葛瑾は推挙され、仕えるようになりました。孫権の諸葛瑾に対する評価は高く、魯粛と共に賓客として扱われました。

弟と戦略での衝突

弟の諸葛亮は言わずと知れた、劉備(玄徳)軍の参謀です。当然のことながら、諸葛瑾は孫権のため、諸葛亮は劉備(玄徳)のため、策を練るので徐々に衝突していきます。諸葛瑾も諸葛亮も辛さはあったことでしょう。
諸葛瑾自身は孫権に忠誠を誓っていましたが、やはり敵の大幹部に実の弟がいるということで諸葛瑾に対して疑いの目を持つものはいました。あるいは、いつの時代にもあるように出世レースのライバルとして彼を陥れようとした者もいたかも知れません。ですが、孫権は一貫して諸葛瑾を信頼し続けます。
劉備(玄徳)の使者として諸葛亮が孫権の元を尋ねます。その時孫権は諸葛瑾に対して諸葛亮を引き抜くことは出来ないか?と相談します。諸葛瑾はそれに対して
「私がこの国を裏切らないのと同じように、弟も自分の国を裏切らないでしょう」
と返答します。諸葛兄弟の絆とお互いを信頼している事が伝わってきます。そして、孫権はその答えを聞いて、諸葛瑾を一層信頼したということです。

悪化する同盟関係--孫権VS劉備(玄徳)

・赤壁の戦い
・荊州南部の戦い
・劉備(玄徳)の入蜀
これらを経た後、孫権は荊州南部を手に入れようとします。元々、劉表・劉琮の領土で、曹操がそこを手に入れたわけなので、特にどちらのものというわけではないのですが、劉表の血を引く劉琦が死亡した際に、劉備(玄徳)が益州を手に入れたら、孫権に譲り渡すという約束でした。なので、孫権としては当然、荊州は自分のものと考え、諸葛瑾を使者として益州の劉備(玄徳)の元へ送ります。この交渉は結局失敗に終わります。諸葛瑾が益州にいた間、弟の諸葛亮とは公式な場での顔合わせはあったものの、私的に面会することはなかったといいます。
やがて、孫権は荊州を手に入れようと呂蒙に兵を率いさせます。劉備(玄徳)も自ら兵を率いて迎え撃とうとします。まさに一触即発の状態です。ここで、同盟関係を維持しようと魯粛が働きかけます。関羽と直に話し合います。また、同時期に曹操が漢中に攻め入り、おとします。漢中は益州の入口とも言うべき場所。劉備(玄徳)としてはオチオチしていられません。結局、劉備(玄徳)が歩み寄り、伊籍を使者として、荊州の一部を孫権に譲り渡します。諸葛瑾は同盟確認の使者として益州を訪れます。
その後、劉備(玄徳)は漢中を奪い、関羽が荊州から都へ攻め入る姿勢を見せます。これに対抗するため、魏は孫権に働きかけ、荊州に攻め入らせます。諸葛瑾も従軍し、手柄を立てます。孫権軍が荊州を奪った後は、諸葛瑾が南郡太守となります。
この荊州奪取が夷陵の戦いを呼び起こします。孫権は陸遜を総大将にして劉備(玄徳)軍を迎え撃たせます。諸葛瑾は講和を劉備(玄徳)に求めますが、受け入れられません。諸葛瑾が劉備(玄徳)の右腕である諸葛亮の兄であることから、内通を疑うものが出てきます。それを陸遜に進言するものも出てきました。陸遜はそんなことあるわけないとしつつも孫権に伺いを立てます。それに対しての孫権の返事は
「諸葛瑾が私を裏切らないのは、私が諸葛瑾を裏切らないのと同じだ」
とあります。諸葛瑾がいかに孫権の厚い信頼を得ていたかが分かります。

強大な魏の国に対抗するために

夷陵の戦いが終わると、魏が呉に攻め込んできます。諸葛瑾は荊州方面に出陣して魏軍を迎え撃ちます。曹真や夏侯尚と言った魏の名将相手に一進一退で戦い続けます。演義を読んだ人は、諸葛瑾は文官で戦争に出ているシーンとかはあまり想像しないかも知れません。ですが、後に「左将軍」「長史・中司馬」と軍事的に昇進しています。面白いエピソードとしては、孫権が臣下に政治的な意見を求めた時に、「自分は武官だから」と諸葛瑾は意見を控えるようなことを言ったそうです。正史と演義で全く諸葛瑾のイメージが変わってきます。
劉備(玄徳)の死後は呉と蜀漢の同盟が復活します。同盟復活後は弟の諸葛亮と直接連絡等をとっていたようです。諸葛亮には長らく息子がいませんでした。そこで諸葛瑾は自分の次男である諸葛喬を諸葛亮の養子とさせています。五丈原の戦いの際には、蜀漢軍の出陣に合わせて、陸遜とともに江夏方面に出陣しています。強大な魏の国に対抗するために、結果的に弟と共に同じ相手に対して戦うことになったのです。
諸葛亮の死亡後、魏との戦が再度あり、陸遜とともに出陣しますが、結局撤退することになります。この時、陸遜の指示に従い、損害を出さずに撤兵に成功し、孫権に褒められたようです。

まとめ

諸葛瑾は孫権の性格をよく掴んでおり、進言する時も真っ向から言うのではなく、諭すように伝えたといいます。孫権との折り合いが悪くなった重臣の朱治や虞翻との仲を修復して、彼らに感謝されたといいます。また、周瑜の子である周胤は罪を犯して、流罪になっていましたが、それを許してほしいと、歩騭と共に孫権に上奏しました。また、妻が亡くなった後、後妻を迎えることはなかったそうです。自らが優れていただけでなく、同僚や家族を非常に大切にしていました。
見た目やなりも立派で、それでいて奥ゆかしい態度であったので、周りの人から大変尊敬されていたと言われています。孫権も大事なことがあると、自ら諸葛瑾の元を訪れ、相談に乗ってもらったそうです。
家族を大切にしていた諸葛瑾ですが、息子の諸葛恪には非常な不安を持っていました。才能あふれる人物でしたが、驕ったところがあるため、諸葛家を滅ぼすのは諸葛恪ではないかと思っていたそうです。そして、実際に、昇進した諸葛恪が誅殺され、一族は皆殺しに会いました。ですが、諸葛亮の元へ養子にいった諸葛喬の一族が残っていたため、やがて呉の国の諸葛家も復興しました。自分がおくゆかしい性格だったからこそ、息子の欠点がよく見えていたのでしょう。
演義では同僚の魯粛同様、劉備(玄徳)の元にいる諸葛亮に振り回される文官というイメージが強い諸葛瑾ですが、非常に優れた将軍であり、政治家でありました。そこのところは演義は正しく伝えてはいません。ですが、凄く人格的に優れた人であったというのはなんとなく演義からも伝わってくると思います。本人としては半分は伝わったかなという感じでしょうか。

関連するキーワード


諸葛瑾 諸葛亮 孫権

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。