三国志・もしも三国志マニアが現代からタイムスリップしたら、どこまで貢献できるのか?

三国志・もしも三国志マニアが現代からタイムスリップしたら、どこまで貢献できるのか?

今回は三国志の知識を持った状態で、三国志の時代にタイムスリップしたらどこまで貢献することができるのかを考察していきます。


タイムスリップした場合のメリット

過去の時代にタイムスリップしてしまうお話は小説や漫画でいろいろ創作されていますし、映画化されている作品もあります。それだけ魅力的な要素が詰まっているということでしょう。

歴史がどう動くのか知っているというのは、かなり大きなアドバンテージです。
例えば2008年のリーマンショックの時期にタイムスリップしてドルを売って円を大量に買えば、急激な円高によって大金持ちになれます。ビットコインなどの仮想通貨でも同じことがいえますね。株や競馬、ロト6などでも大勝間違いなしです。
あっと言う間に100兆円ぐらいの資産を形成できるでしょう。お金は湯水のように使いたい放題です。

三国志のいつの時期にタイムスリップするのか

もしも三国志の時代にタイムスリップできるとしたら、いつの時期を選びますか?
① 黄巾の乱が発生した時期
② 董卓が洛陽を占拠する時期
③ 袁術が皇帝を自称した時期
④ 官渡の戦いの時期
⑤ 赤壁の戦いの時期
⑥ 関羽の魏領侵攻の時期
⑦ 夷陵の戦いの時期
⑧ 第1次北伐の時期
以上の8つの時期にタイムスリップした場合について考察していきましょう。

黄巾の乱、董卓の洛陽占拠の時期

黄巾の乱の時期にタイムスリップした場合、戦乱に巻き込まれて即死する可能性が大です。
劉備(玄徳)の配下になろうが、曹操の配下になろうが、孫堅の配下になろうが熾烈な戦闘が待っています。何が起きるのかといったアドバイスを君主にするよりも、戦場での働きの方が重要です。三国志の知識だけでは到底生き残ることができません。

董卓が洛陽を占拠した時期にタイムスリップした場合、「董卓よりも先に少帝を確保する」という働きをすることが可能です。袁紹の家臣としては大手柄になります。しかし、少帝を保護した瞬間に精悍な董卓軍に襲撃されて殺されてしまう危険性もあります。さらに少帝を保護したところで袁紹がどう動くのか見当がつきません。手柄をあげて将や軍師に抜擢されても、その後の洛陽での董卓軍との戦いは未知の世界のため、貢献するのは難しいでしょう。

袁術が皇帝を自称、官渡の戦いの時期

袁術が皇帝を自称した時期に袁術の家臣となったらどうでしょうか。
皇帝に即位することに反対したら首を斬られる恐れがあります。味方勢力である孫策や楊奉の裏切りに気をつけるように忠告しても、状況はあまり改善されそうもありません。どんな助言をしたところで袁術は滅亡し、その戦乱に巻き込まれそうです。

袁紹と曹操が激突した官渡の戦いの時期にタイムスリップした場合はどうでしょうか。
曹操側だとやはり「兵糧基地が烏巣にあること」をアドバイスすることで大手柄をあげられそうですね。ここで参謀のひとりに昇格されれば、その後の赤壁の戦いや潼関の戦い、漢中の戦いと様々貢献できそうです。名軍師として曹操に重宝されること間違いなしです。

袁紹側であれば、逆に「烏巣防衛」を進言することになりますが、袁紹の側近たちに意見を握りつぶされるか、手柄を横取りされそうです。しかも袁紹が勝った場合、その後の歴史の流れが大きく変わってしまい、まったく助言できなくなります。

赤壁の戦い、関羽の魏領侵攻の時期

赤壁の戦いで「黄蓋の偽りの降伏を見抜く」だけでも大手柄です。さらに「東南からの風も予言」すれば曹操から絶大な信頼を得ることができます。これによって曹操は赤壁の戦いに勝利する可能性が高まります。残った勢力は涼州の馬超と益州の劉璋ですから、曹操の天下統一は揺るがないでしょう。もしかすると曹操が献帝の禅譲を受けて皇帝に即位するかもしれません。そうなれば絶大な貢献をしたことから呉王などに封じられることになります。

関羽の魏領侵攻の際に、関羽の家臣として助言できたら歴史が大きく変わることでしょう。
「孫権が裏切り、背後から襲ってくること」を伝えるのです。いち早く対応できていたら、関羽が敗れて処刑される事態をさけることができます。
そして樊城や襄陽を落とし、許都を突き、曹操を倒すことができるかもしれません。漢中からは張飛や馬超、黄忠や趙雲も長安を攻め、最終的には五虎大将軍が揃って冀州の鄴を落とすという蜀ファンにはたまらない展開が待っています。
あなたの働きによって劉備(玄徳)は曹操を滅ぼし、後漢王朝は復興するわけです。

夷陵の戦い、第1次北伐の時期

夷陵の戦いでは劉備(玄徳)の家臣として、「陸遜の火計を見抜きます」。ただ、それを見抜いたとしても陸遜は臨機応変な対応をしてくるでしょうから、勝てるとは限りません。
かといって関羽の仇を討つことだけを考えている劉備(玄徳)を止めることはできないでしょう。夷陵よりも先に侵攻できたとしても、やはり最終的には敗北を喫しそうです。そうなると敵の追撃に遭って命を落とすことになります。

蜀にとって最大のチャンスが第1次北伐でした。ここで「街亭での馬謖の布陣に釘をさすこと」ができたら、諸葛亮は長安まで侵攻できた可能性があります。ただし山頂に布陣しなくても馬謖は張郃に撃破されるかもしれませんので、そうなるとやはり撤退です。
ポイントとしては、「内応していた上庸の孟達に司馬懿の襲撃に対して備えさせること」、「魏延の進言を受け入れて子午谷道から長安を突くことに賛成すること」があげられますが、どちらもそうしたところで勝てるかは定かではありません。
上庸で待ち伏せをして司馬懿を討つことに集中すれば、その後の北伐の展開も大きく変わってくることでしょう。

まとめ・曹操と関羽に仕えるのがいいのではないでしょうか

三国志の知識があっても、戦場で戦う力があるわけではありませんし、内政で貢献できるわけでもありません。手柄をあげるためにはピンポイントで、効果的なアドバイスができるかどうかにかかっています。さらにそのアドバイスを君主が聞いてくれるのかどうかも大切なポイントですね。

根本的に中国語をしっかりと取得しておくことが肝心です。そして時期を計ってからタイムスリップしなければ荒野に躯をさらすことになります。命がけのタイムスリップになりそうです。
そう考えると、やはり10年前くらいのタイムスリップが無難なのではないでしょうか。

関連するキーワード


もしも

関連する投稿


三国志・会稽郡太守の王朗が天下を統一する道筋を推察

三国志・会稽郡太守の王朗が天下を統一する道筋を推察

辺境の一太守に過ぎない「王朗」。もし彼が天下を統一するとしたらどのような道筋を辿ればいいのか考察してみました。王朗の天下統一は可能なのでしょうか。


もしも三国志の武将になったら誰を倒しに行く?~攻撃編6選

もしも三国志の武将になったら誰を倒しに行く?~攻撃編6選

三国志を学び知っている武将が多くなると「この武将に仕えたい」「この君主の力になりたい」と思うことがあるかもしれません。今回は別の角度から「こいつが嫌い!」「だからこいつを討ち滅ぼしたい」と言う解釈をしてみました。非道な君主、無敵の将軍、もしあなたが三国志の世界に放り込まれたら真っ先に攻撃対象とする武将は誰ですか?


もしも部下だったら?上司にはしたくない君主・武将8選!

もしも部下だったら?上司にはしたくない君主・武将8選!

三国志には上司にしたいと思う優れた武将もいれば、上司にしたくないという武将も多数存在します。「こんな一面を持っているから上司にしたくない」、「人間的に無理」そういった観点からノミネートさせていただきました。軽い気持ちで読んでいただけたら幸いです。


もしも部下ならば?個人的に上司にしたい三国志の登場人物8選

もしも部下ならば?個人的に上司にしたい三国志の登場人物8選

三国志と言ったら千人単位で部下を束ねる将軍がたくさん出てきます。その中でも強い武将、賢い軍師が名を轟かせ、注目を浴びてきました。しかし現代社会で彼らが「いい上司か?」と言ったら話は別です。ここでは個人的に上司にしたい武将について紹介したいと思います。


もしも君主になったら?部下にしたい武将8選!

もしも君主になったら?部下にしたい武将8選!

三国志には非常に多くの将軍や軍師が存在します。そして自分だったら誰を部下にしたいかと想像することで天下統一をシミュレーションすることができます。例えば魏の君主曹操は関羽を招き入れたかった。そんな風に自分なりのオールスターを結成してみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196