もしも君主になったら?部下にしたい武将8選!

もしも君主になったら?部下にしたい武将8選!

三国志には非常に多くの将軍や軍師が存在します。そして自分だったら誰を部下にしたいかと想像することで天下統一をシミュレーションすることができます。例えば魏の君主曹操は関羽を招き入れたかった。そんな風に自分なりのオールスターを結成してみてはいかがでしょうか。


部下にしたい武将1 司馬懿(しばい)

司馬懿と言ったら一番人々の頭に残されているのは「死せる孔明、生ける仲達を走らせる」の仲達に当たる人物です。これだけ見たら弱そうな奴という感じですが、実は相当の切れ者です。慎重な性格の為、生死が不明確だった孔明に背を向けました。しかし最終的な三国志の覇者である司馬炎の祖父です。孔明に次ぐ軍師と言っては過言ではないでしょう。ちなみに私が孔明や周瑜より司馬懿を買っている理由があります。まず孔明に至っては細かすぎます。何でも自分でやらなければ気が済まず、社長にずばずば物を言う経理部長的存在だから部下にはしたくありません。周瑜は才能にあふれ呉を盛り立てた天才軍師ですが、短命なので司馬懿が好きです。

部下にしたい武将2 趙雲(ちょううん)

趙雲は関羽や張飛と並んで五虎将軍と呼ばれ蜀を支えた将軍です。幼い劉禅が敵に捕らえられた際自ら先陣を切って連れ戻すことに成功するなどまさに期待に応えてくれるヒーローと言っていいでしょう。一騎打ちでも負け知らずで、とにかく頼りになる将軍です。蜀の将軍と言ったら真っ先に挙げられるのが関羽や張飛でしょうけど、関羽は上の者に対して折れない態度を見せるし、張飛は下の者に強く当たり最終的に寝首を掻かれる有様です。五虎将軍の中で一番扱いやすく忠実そうな趙雲。強そうな敵が出てきたら「こいつに任せておけば大丈夫」という存在で是非とも部下にしておきたいところです。

部下にしたい武将3 馬超(ばちょう)

敵である劉備(玄徳)からも称賛を得るほど馬超は若くして頭角を現します。発言力があり、馬超が負けたら戦も負けというくらい影響力を持っている人物でした。劉備(玄徳)に投稿した後その強さを見込まれ五虎将軍の一人として蜀を盛り立てました。劉備(玄徳)に降伏する前は一匹狼として曹操に牙をむいたし、三国志最強の武将との呼び声の高い呂布にも匹敵する武力を持っていると言われるほどの武将でした。やや単純な性格も扱いやすそうで一度仲間にしたら頼りになる武将で裏切りなどは全く考えられない人物です。孔明曰く文にも優れているため重用したい武将です。嫌いな曹操に挑み続けるメンタルの強さを持つ馬超は大好きです。

部下にしたい武将4 王允(おういん)

王允のずる賢い智略は是非とも手元に置いておきたいところです。王允って誰?という人がいるかもしれませんが、董卓討伐の際の超重要人物です。中国四大美人と呼ばれる貂蝉(ちょうせん)を使い董卓と呂布を仲たがいさせ見事董卓の討伐を達成させた人物です。袁紹を中心に曹操、劉備(玄徳)、孫権などが集まった反董卓連合というオールスターをもってしても崩せなかった牙城を、女一人を使って崩したのは圧巻としか言いようがありません。特に王允を部下にしたらもれなく貂蝉もついてくるというのであれば喉から手が出るほど欲しくなる人物です。董卓残党兵にやられなければもっと彼の罠を見られたのにと思うと残念でなりません。

部下にしたい武将5 魯粛(ろしゅく)

魯粛はどちらかというと慎重派タイプの呉の軍師です。周瑜の後継者と言われていますが、周瑜より蜀との同盟を重要視していたためあまり人気のある軍師とは言えませんでした(やはりガンガン攻めるタイプの軍師の方が人気のようですね)赤壁の戦いで呉蜀同盟ができたのは魯粛と活躍もあってのことだった。しかもこの魯粛の憎めないところは派手さが無い上に短命という恵まれない境遇でほっておけないタイプという所でしょう。さらに魯粛は戦場に出て戦うタイプではなく、内政に勤しむというタイプなのでうちのことは魯粛に任せたら安心した国づくりができると思います。魯粛がもっと長生きしていれば呉の運命も変わっていたでしょう。

部下にしたい武将6 孫策(そんさく)

孫策は君主であるため部下にというのはちょっと邪道かもしれませんが、父である孫堅に仕えた武将としてエントリーさせたいと思います。「江南の小覇王」の異名を持ちリーダーシップも持ち合わせていました。26歳という若さで亡くなってしまいますが、人柄もよく、弟の特徴もよくとらえている良き兄としても脱帽してしまうところです。文武に優れていて幼馴染には周瑜を持つ。2代目は基本的にはダメなパターンが多いのですが、恐らく孫策以上にできた2代目は三国志では現れないでしょう。彼を味方に付けたら強い敵も倒してくれる、民のことも思ってくれる。最高の部下になってくれること間違いなしでしょう。

部下にしたい武将7 姜維(きょうい)

姜維は孔明の後継者とも言われる人物で蜀の末期を支えた武将です。元々蜀の人間ではなかったものの最後はどっぷりつかり、蜀に姜維ありと恐れられました。劉備(玄徳)亡きあと傾いた蜀を支えていたのはまさに姜維でその忠誠心たるや目を見張るものがあります。魏に対して一矢も二矢も報いた姜維ですが、元の国力が違うため、君主である劉禅があえなく魏に投稿してしまうこととなりました。状況が状況だったら孔明並みのスターになれたかもしれなかった姜維。忠誠心にも優れ、切れ者で、受けた恩は返すという性格。これはやはり部下にしたい武将と言えるでしょう。

部下にしたい武将8 貂蝉(ちょうせん)

三国志一と言ってもいいほどの美貌の持ち主はやはり手元に置いておきたいことでしょう。貂蝉は王允と連携して見事董卓と呂布の仲たがいをさせることに成功したハニートラップの申し子!きっとそのかわいさは言葉では表せられないくらいだったのでしょう。后にしたいという考え方もありますが、ただ単純に超美人の部下を持つ気分に浸ってみたいという願望があります。「俺の秘書超かわいいだろ」と言った感じですかね。
さらにこんな美女がいる国だったら男もきっとやる気を出してくれることでしょう。

まとめ

もし私が君主になったらこのようなチームを作っていきたいと思います。軍師が多く若干偏った傾向はあるかもしれませんが、強い敵は趙雲、馬超、孫策に任せて策に関しては司馬懿に、内政は魯粛に、外交は王允に全ての補佐役に姜維を置き、貂蝉をチアリーダー的存在にする。
私が思うに完璧なチームの出来上がりです。
このメンバーを組むことができたら中華統一できる気がします。
皆さんも架空オールスターを結成してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


三国志 もしも

関連する投稿


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

三国志のストーリーはお隣中国が天下大乱を迎えたところから始まり、約1世紀をかけて司馬炎が興した晋に統一され絶筆します。実は我が国でも同時期は大小の国や跡目争いが起きていた乱世で、のほほんと弥生土器を作っていた訳ではありませんでした。


三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志と日本の戦国時代には似ている英雄が存在します。誰と誰が似ているのか、どんな点が似ているのかご紹介いたします。


三国志のアクションゲーム『真・三國無双』とは?オススメBEST5も!

三国志のアクションゲーム『真・三國無双』とは?オススメBEST5も!

「三国志のゲームでストレス発散したい!」そんな方には、『真・三國無双』シリーズがおすすめです。数多くの作品の中で、BEST5に選ばれたのは?このシリーズとその派生作品についてもご紹介します。


強くなれる食べ物ってある?三国志の時代の食事背景

強くなれる食べ物ってある?三国志の時代の食事背景

日々鍛錬を積む鍛えている武将も多いであろう三国志の世界ですが、当然その食事にも何か特徴はあるはずです。強くなれる食べ物はあるかわかりませんが、強くなるための食事のヒントはきっとそこに隠されているだろう。ということで、今回は三国志の時代の食事について紹介していこうと思います。


最新の投稿


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

曹操の妻として曹丕や曹植を産んだ「卞夫人」。彼女と、彼女以外で曹操の正室となった女性を紹介していきます。


https://sangokushirs.com/articles/196