三国志・韓遂の「手下八部」メンバー紹介

三国志・韓遂の「手下八部」メンバー紹介

曹操に対して反乱を起こした韓遂と馬超。それに従った関中の軍閥八人についてお伝えします。


地方で反乱を続けた大物・韓遂

韓遂、字は文約。涼州金城郡の出身で、若い頃は計吏として洛陽の朝廷に出仕し、大将軍・何進に宦官殲滅の進言をしたこともありました。
地元に戻ってからは、羌族からの信頼を得ていたこともあり、その反乱に手を貸すことになります。しかし董卓らが率いる官軍に倒され退却します。その後は馬騰と共にまたも反乱を起こし、今度は皇甫嵩に敗れました。
董卓の死後、長安に進軍し、董卓の後継者である李傕らと和睦しました。そこで鎮西将軍に任じられています。馬騰とはその後も義兄弟の契りを結ぶなど良好な関係を結んでいましたが、涼州の覇権を巡って対立し、韓遂は馬騰の妻子を殺害してしまいます。このとき朝廷から遣わされた鍾繇によって和睦し、子供を人質として朝廷に差し出しています。

しかし曹操の関中への侵攻に対抗するために再び反旗を翻しました。手を結んだ相手は関中の軍閥、それに馬騰の長子・馬超でした。この反乱により韓遂は人質に出していた子供を失うことになり、馬超は朝廷に出仕していた父・馬騰の他、弟の馬休と馬鉄が処刑されてしまうのです。

211年、関中軍閥VS曹操軍

曹操は漢中の張魯を降すために兵を出しましたが、自分たちの領土を侵されることを危惧した関中の軍閥は連合して曹操軍に立ち向かいました。
曹操は重臣である曹仁を潼関に向かわせて守備させて時間を稼ぎ、その後は曹操自らが軍勢を率いて韓遂らに対峙しています。

韓遂らは10万の兵力でしたが、曹操軍はそれ以上だったようです。なかなか打つ手がない韓遂らでしたが、曹操が黄河を渡り進軍する隙を見逃しませんでした。総大将である馬超自らが先陣をきって曹操の首を狙います。熾烈な突撃で、曹操も危機に瀕しますが、ここは警護役である猛将・許褚の働きで難を逃れました。
曹操は対応策を改め、軍師である賈詡の進言に従い韓遂と馬超に「離間の計」を仕掛けます。これが功を奏し、韓遂らの連合軍は一気に崩れていくのです。

韓遂の手下八部とは

韓遂の「手下八部」とは、「三国志演義」の脚色になります。本来は関中にあって有力な独立した軍閥です。ですから「三国志正史」と「三国志演義」では描かれ方が違っています。

ちなみにこの手下八部のメンバー構成は、梁興、李湛、成宜、馬玩、程銀、侯選、楊秋、張横の八人です。この中で後に曹操に降ったのは、楊秋、侯選、程銀の三人になります。
それぞれ正史と演義でどう描かれているのか確認していきましょう。

馬玩と梁興

馬玩については、正史では関中の軍閥として韓遂らに加担したという記載しかありません。活躍もその後の生死も不明になっています。
演義では、離間の計の後に馬超が韓遂を疑い襲撃してきたところで登場。韓遂を守って馬超と戦いますが、討たれています。

梁興については、正史によると韓遂らが敗退した後も略奪などを続け曹操軍に抵抗します。しかし派遣された夏侯淵によって討たれています。
演義では、馬玩と同じく襲撃してきた馬超と戦い、馬玩の次に討たれています。正史と演義では討たれた相手も時期も異なるのです。

成宜と李湛

成宜については、正史によると離間の計によって混乱した際に曹操軍に攻められ、ここで討たれています。この成果が曹操の魏公昇進の理由のひとつに数えられました。それだけ大きな勢力だったのではないでしょうか。
演義では曹操の本陣を偵察に行き、そこで伏兵の罠にかかり、夏侯淵によって討たれています。正史に比べると軽めの取り扱われ方です。

李湛については、正史によると成宜同様に曹操軍に攻められて敗れ、討たれています。
演義では離間の計で韓遂に襲い掛かった馬超と戦い、韓遂の援軍として駆けつけた于禁の流れ矢に当たって命を落としました。

程銀と張横

程銀については、正史によると韓遂らが大敗した後に漢中の張魯のもとに逃げ込んでいます。しかし張魯は曹操に降伏してしまいます。こうして程銀も曹操に降ることとなるのですが、本領は安堵されました。
演義では韓遂らとともに長安を落としますが、曹操の主力が到着すると、渭南の戦いで曹操軍に敗れ、討たれています。正史とは異なりかなり序盤で戦死した設定になっているのです。

張横については、正史ではほとんど名前が登場せず、曹操軍によって序盤で敗れたという記載だけです。
演義では程銀とペアとして描かれており、渭南の戦いで程銀とともに戦死しています。亡くなるのは、正史も演義もほぼ同じタイミングではないでしょうか。

楊秋と侯選

八人の軍閥の中で最も出世することになるのが楊秋でしょう。正史では韓遂らが大敗すると、楊秋は安定郡に逃走します。しかし曹操の追撃は厳しく、侵攻してきた夏侯淵と張郃の前に降伏することになります。曹操の陣営に降ってからは、討寇将軍まで昇進し、臨涇侯に封じられています。
演義でも韓遂が曹操に降伏する際の使者に選ばれ、曹操に降ってからは列侯に封じられています。曹操に降ってから活躍しているのは正史も演義も同様です。

侯選については、正史では曹操に敗れてから程銀と共に漢中の張魯のもとに逃れ、その後は曹操に降伏しています。本領安堵は程銀と同様の扱いです。
演義でも曹操に降伏し、列侯に封じられています。正史は程銀とペアにしていますが、演義では楊秋とペアにしているのです。

まとめ・それぞれの力量は未知数

精鋭揃いの関中連合軍ですから、八人の軍閥たちもそれぞれ武勇に優れていたと思われますが、その活躍ぶりはほとんど描かれていません。想像するに器量の優れていたのは成宜と楊秋なのかなと思います。

関中連合軍の征討には夏侯淵が活躍していますが、夏侯淵はそのまま涼州や漢中方面の司令官としてこの地に残り、やがて侵攻してくる劉備(玄徳)の勢力とぶつかり合うことになるのです。有名な定軍山の戦いですね。楊秋あたりはおそらく曹操軍の一員としてこの戦いに参加していたのではないでしょうか。

ちなみに韓遂は、正史では離間の計で分裂した後も曹操には降らずに対抗しています。214年には夏侯淵に敗れ、翌年に味方に裏切られその首を曹操に送られています。
演義では韓遂は曹操に降伏しており、西涼侯に封じられています。正史と演義では反乱後の描かれ方がまったく異なりますね。

関連する投稿


徐州--三国志前半の激戦区

徐州--三国志前半の激戦区

三国志演義、序盤から数々の見せ場があります。その中で印象深いものの一つが曹操による徐州での大虐殺でしょう。父親を殺された曹操が復讐のために徐州に攻め入り、劉備がわずかの援軍を率いてやってくる。二人の対称的な姿が映し出されます。その後、呂布や袁術が絡んできて、複雑な人間模様が描かれます。では、正史の徐州での攻防はどのようなものだったのでしょうか?


ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

三国志に登場する人物はカッコイイですが、実は失敗も多いです。ダメ上司が多くおり、反面教師にすることができます。そこで今回は、魏・呉・蜀のダメ上司を紹介していきたいと思います。ぜひ、反面教師にしてみてください。


一時代を築いた天性の策士【司馬懿】

一時代を築いた天性の策士【司馬懿】

魏の策略家として名が挙がるのは荀彧や荀攸を筆頭に大勢の文官が揃っていました。しかし、その中でも飛びぬけて出世し、後に魏を倒して晋を建国するまでに至ったのは司馬懿の功績が強かったといえます。一時代を築いた司馬懿の功績をここで紹介していきます。


五虎大将軍の一人 馬超(孟起)の迷走と劉備軍への帰順

五虎大将軍の一人 馬超(孟起)の迷走と劉備軍への帰順

渭水の戦いにおいて離間の計に敗れた西涼軍。韓遂(文約)は曹操(孟徳)に降伏。馬超(孟起)は逃走します。流浪の立場となった馬超(孟起)は漢中の張魯(公祺)を頼りますが、張魯(公祺)は食客として迎えるものの、積極的に召し抱える訳でもなく、いいように彼を使い始め劉備軍と戦わせます。


三国志一番の悲劇の皇帝【献帝】波乱の人生とは~後編~

三国志一番の悲劇の皇帝【献帝】波乱の人生とは~後編~

後漢王朝の最期の皇帝となった献帝は、戦乱の洛陽を逃れ、曹操を頼るようになります。聡明な曹操は一見救世主のように映りますが、側近らが心配していたように権力を握ってしまいます。曹操の庇護下に置かれてからの献帝の行く末をみていきましょう。


最新の投稿


徐州--三国志前半の激戦区

徐州--三国志前半の激戦区

三国志演義、序盤から数々の見せ場があります。その中で印象深いものの一つが曹操による徐州での大虐殺でしょう。父親を殺された曹操が復讐のために徐州に攻め入り、劉備がわずかの援軍を率いてやってくる。二人の対称的な姿が映し出されます。その後、呂布や袁術が絡んできて、複雑な人間模様が描かれます。では、正史の徐州での攻防はどのようなものだったのでしょうか?


諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

諸葛亮(孔明)亡きあと後事を託された蒋琬(公琰)と費韋(文偉)

あなたは蒋琬(公琰)と費韋(文偉)をご存知でしょうか?この2名はあまり有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が亡くなるほんの数日前に「あなたの後は誰に任せたらよいか?」という質問に諸葛亮(孔明)が挙げた2名です。 本記事では諸葛亮(孔明)という天才に後を託された2名について説明します。


ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

ダメ上司にならないために三国志から学ぼう!

三国志に登場する人物はカッコイイですが、実は失敗も多いです。ダメ上司が多くおり、反面教師にすることができます。そこで今回は、魏・呉・蜀のダメ上司を紹介していきたいと思います。ぜひ、反面教師にしてみてください。


三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

三国志・一騎打ちの勝率で父親である張飛と関羽を凌駕した張苞と関興の活躍ぶり

蜀の猛将「関羽」と「張飛」にはそれぞれ息子たちがいました。三国志演義ではその息子たちが、父親以上の活躍を見せているのです。 「張苞」と「関興」の一騎打ちの成績に注目してみましょう。


三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志巡りの旅行へ!舞台となった土地は今!?

三国志が中国を舞台にしている物語なのは理解している人も多いですが、実際の舞台となった土地を見に行った人は少ないでしょう。 そこで今回は三国志の舞台になった土地が現在どうなっているのか、現在の状況を紹介します。