呂蒙子明の死因は呪い?関羽雲長を討ち取った事で知られる武将の最期

呂蒙子明の死因は呪い?関羽雲長を討ち取った事で知られる武将の最期

皆さんは呪いって信じますか?おそらく多くの人は信じないでしょう。信じたくないというのが本音かもしれません。三国志の中で名将と言われる関羽雲長を討ち取った事で知られる呂蒙子明。彼の最後は悲劇的にも謎の病死と言われています。果たして実際はどうなのか、その謎に迫ります。


呂蒙子明が関羽雲長の呪いで死んだと言われている理由

実は三国志演義と呼ばれる小説で出てくるエピソードです。ですので実際に呪いがあったかどうかと問われると全くの作り話といっても過言ではありません。219年の樊城の戦いで敗走した関羽雲長は孫権軍に退路を阻まれ、捕えられて斬首に処せられました。

関羽雲長の処刑後、祝宴が行われたのですが、この席で呂蒙子明は第一の功労者として盃を授けられます。しかし、突然人が変わったように地面にそれを叩き付けると孫権仲謀の胸倉を掴み、「わしが誰かわかるか」と言った後、「我こそは関雲長なり」と叫びます。

そして呂蒙子明は倒れ、血を噴き出して死んでしまうという話です。この場面があまりにもインパクトが大きかったことから、小説の中のお話ですが、実際呪いで死んでしまったという噂が流れてしまったと言われています。

呂蒙子明の死因

病気とは言われているものの実際どういった病気かという情報が一切ないのが不思議です。42歳の若さで亡くなっている点も考えるとかなり進行の早い突発性の病気だったと考えられます。体中から血を噴き出して死んだかどうかという点に確証はありませんが、もしも血を噴き出して死んだという点が噂ではなく事実だったとするとエボラ出血熱だったのではないかとも考えられます。

でも果たしてこの時代にこういった感染症があったかどうかを問われるとはっきりしたことはわかりません。陸遜伯言も同じく病死していることから感染症の疑いはちょっとはずせませんよね。真相はわかりませんが彼らの死因には何か因果関係がありそうです。

関羽雲長と戦う前から病気だった説

関羽雲長の呪いで死んだという噂があるのはわかるのですが、それを否定してしまう説として関羽雲長と戦う前から病気だったのではないかという説があります。というのも関羽雲長と戦う前に病気を理由に後継者の陸遜伯言に役目を交代しているという事実があるのです。

ちなみに関羽雲長の呪いと言われるに至る経緯の中では呂蒙子明の病気が関羽雲長と戦った後に容態が悪くなってしまったことがあります。

もしかすると呂蒙子明は自身が死ぬことを既に予期していたのではないでしょうか?その証拠に早いうちに役目を交代することを申し出ています。また、腹の内はわかりませんが、関羽雲長の配下のものを丁重に扱っていたという説もあります。死ぬ前に良い人になるなんてことは良くある話なので死を覚悟していたと考えても良いのではないでしょうか?

とはいえ表向き関羽雲長と友好的な関係を築いているふりをしながらも裏切ったことは事実で
病気で死んだのは罰があたったと言われても仕方がないのかもしれません。

日本でも不治の病だった結核が直接的な死因となった説

何の病気であったかと言われる中でもっとも説として可能性が高いとされているのが労咳(結核)です。今でこそ死ぬほどの病ではない結核ですが、当時は不治の病だと言われていました。血を全身から噴き出すというのは血を吐くを誇張して表現しているからかもしれませんよね。

ちなみに呂蒙子明が結核であったと言われる理由には、それ以前に亡くなっている周瑜公瑾が結核で亡くなったと考えられているからです。その周瑜公瑾の後継者は魯粛子敬だったわけですが、彼の死因は自然死と言われています。

そのまた後継者であぅた呂蒙子明に結核が伝染するのならば魯粛子敬もそうであってもおかしくないとは思うのですが、どうやらそうではないようですね。ちなみに魯粛子敬は呂蒙子明を後継者として指名したような伝記は残っておらず、どうやら孫権の意向が強いようです。

呂蒙子明の遺言~後継者に指名したのは陸遜伯言ではなかった~

死を悟っていたのか、病気がしんどかったのかは定かではありませんが生きているうちに後継者を指名した呂蒙子明。孫権がある日こう尋ねました。

「卿が起てなくなるようなら、誰を代わりにすればよいだろう」

この問いかけに対して呂蒙子明は暫く考えてからこう提言します。

「朱然の胆力と実行力は有り余るほどです愚考しますに私の後を託すに充分でしょう」

なんと呂蒙子明が後継者に指名したのは朱然義封だったのです。関羽討伐の際も配下として関羽を捕縛する功績を残したので呂蒙子明はこのとき彼を褒め称えたといいます。傍で共に戦った者であるからして贔屓したと見られても仕方ないですが、それだけ信頼が厚かったのではないかと思います。

結局は陸遜伯言の活躍によって後継者となったのは陸遜伯言だったというわけですが、実際に呂蒙子明が後継者として望んだのは彼だったのかもしれませんよね。ちなみに朱然義封も晩年は病床に伏せて最期は病死しています。この際も孫権は呂蒙子明の時と同様、見舞いに何度も訪れていることから孫権との関係も良好であったのではないかと思われます。

呉には何かと呪いの類の話が多い

実は呂蒙子明が関羽雲長に呪い殺されたという話以外も孫策伯符もまた呪いによって傷口が広がって亡くなったなどと言われています。于吉という仙人の呪いだと言われていますが、これもまた実は三国志演義の中の話。小説による着色って怖いですよね。とはいえ亡くなったのが26の時ですから病気であることはほぼ間違いなさそうです。

また、大将軍たる諸葛瑾の長子、諸葛恪も同格の孫峻に殺されてしまいます。しかし、その後、孫峻は夢の中で諸葛恪に殴られる夢を見て目を覚ましますがそのまま心臓病で亡くなってしまうというエピソードがあるのです。にわかには信じがたいことですが、もしかすると呪いって存在するのかもしれません。惨いことしちゃいけませんよ。

まとめ

呂蒙子明の死因や呪いとの因果関係、そしてその最期について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?もし、本当に関羽雲長の呪いなのだとしたら恐ろしいですよね。この時代に戦の最中に亡くなって討ち取られた武将の霊が討ち取った武将を呪い殺していたらキリがありません。

真相はわかりませんが結果的には呪いという説は薄いような気はします。恐らく関羽雲長の支持者や蜀好きの方々が着色したのではないでしょうか?本当に呪いがあるのだとしたらこんなこと書いている私も呪われてしまいますね。怖い怖い。

関連するキーワード


呂蒙 関羽 演義

関連する投稿


「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

三国志を語る上で武将と武将が1対1で正々堂々と槍や刀、戟を打ち合って戦いを繰り広げる一騎打ちはどうしても欠かすことができません。 三国志では一騎打ちがくたびも出てきますが、その中からこれはと思う一騎打ちをピックアップしました。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】③

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】③

呂蒙は周瑜亡き後、重鎮として成り上がっていきます。そんな中、孫権と劉備(玄徳)が再度手を組んで曹操と対決するようになっていきます。呂蒙は合肥や濡須口での戦いで曹操軍と死闘を演じていきます。呂蒙の魏との決戦や呉でも評価を得ていた人柄をみていきましょう。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

魯粛に認められていく呂蒙は、曹操や関羽とも対決していき、徐々に名を天下に知らしめていきます。孫権からの信頼も厚くなっていくさまは、周瑜にも匹敵する将軍であることを意味していきます。ここでは呉の重鎮となっていく呂蒙をみていきます。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】①

三国志の中でも魏と蜀という強敵相手に対等に戦った武将というのは数少ないものです。その中でも呂蒙は孫策や孫権、周瑜のもとで功績を挙げていき、ついには大都督にまで登りつめました。そんな呂蒙の軌跡をみていきましょう。


三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

よく戦は「将軍のもの」とされることが多い。そのため将軍が倒れれば部下は一気に士気は下がり、戦に負けてしまう。逆に兵が少なくても将軍の器が大きければ相手を圧倒することができる。では将軍の力が圧倒的に強かった蜀が天下を取れなかったのはなぜか。もしくは将軍の力は魏が一番強かったのか。様々な角度から検証してみよう。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196