三国志・袁紹の配下で最も優秀だったのは誰なのか

三国志・袁紹の配下で最も優秀だったのは誰なのか

一時期は天下統一に一番近づいたのが河北を制した「袁紹」です。袁紹には有能な士が多かったといいますが、はたして誰が最も優秀だったのでしょうか。探っていきます。


河北の雄・袁紹

河北の雄・袁紹

河北の雄・袁紹

宿敵である公孫瓚を滅ぼし、河北を制したのが名門袁氏の袁紹です。200年に官渡の戦いで曹操に敗れ、202年に病没しますが、その時期に天下統一に最も近かったのが袁紹なのです。袁紹は四世に渡り三公を輩出した名門中の名門の出であり、冀州という肥沃で広大な領地を拠点にしていました。さらにその名声に惹かれて多くの名士が集まっています。軍事力も強大であり、誰もが曹操の負けを予想していました。曹操はそんな危機的状況を乗り越え奇跡の大逆転を演じるわけですが、今回は勝利するはずだった袁紹の家臣団にスポットを当てて、誰が優秀だったのかを考察していきます。

武勇に優れた将

武勇に優れた将

武勇に優れた将

まずは武勇に優れた武将を探してみましょう。ここはやはり袁紹配下で最強と呼ばれた「顔良」と「文醜」でしょうか。顔良は三国志演義においては曹操配下の魏続と宋憲を討ち取り、徐晃を撃退する活躍を見せました。文醜も猛将のひとりとして張遼を退け、徐晃を破る働きをしています。まさに袁紹配下の二枚看板です。

ここに加えるのならば「張郃」でしょう。曹操に降伏してからは楽進や張遼と並ぶ五大将軍のひとりに数えられています。後年は蜀の諸葛亮とも交戦しており、街亭の戦いではその先陣を務める馬謖を破っています。さらに「高覧」もいます。こちらも張郃と同じタイミングで曹操に降伏しました。三国志演義では猛将として知られる許褚と互角の一騎打ちを披露していますが、曹操に降ってからの活躍はほとんどありません。

知略に優れた参謀

知略に優れた参謀

知略に優れた参謀

筆頭は「田豊」でしょうか。権謀術策に優れていたとされています。ただ、田豊の進言が用いられることが少なく、そのために袁紹は滅亡へ突き進んでいきました。田豊の進言で用いられなかったものの有名なところでいくと、「曹操との持久戦」、「献帝の保護」、この2点があげられます。曹操は袁紹が田豊の知略を活かしていたら自分は負けていただろうと感想を述べています。そしてもう一人、田豊に匹敵するのが「沮授」です。参謀というよりも総司令官といった知将でした。田豊と同じように進言がなかなか用いられていません。さらに総司令官という立場を失い、その権力を三分割されています。沮授もまた曹操とは持久戦をすべきと主張しており、献帝の保護も訴えていました。袁紹が田豊と沮授をもっと重用していれば官渡の敗戦も起こり得なかったことでしょう。

足を引っ張り合う名士たち

足を引っ張り合う名士たち

足を引っ張り合う名士たち

袁紹の組織は名士たちの集合体という一面もありました。そこではプライドのぶつかり合いもあり、激しい派閥争いも生じてきます。相手とは逆の意見を主張し、さらには相手を失脚させようという動きも出てくるのです。田豊と沮授はこうして失脚していったのです。そこには冀州出身の名士と豫州出身の名士の衝突もありました。

例えば「郭図」です。曹操の配下で軍師として名高い郭嘉と同族にあたります。官渡の戦いでは田豊や沮授に対抗すべく短期決戦を主張しました。袁紹亡き後は長子である袁譚を推し、そのために内紛が発生しています。「審配」も同様です。郭図が豫州の名士であるのに対し、審配は冀州の名士です。やはり田豊や沮授に対抗して短期決戦を主張しました。袁紹亡き後は郭図と衝突し、三子の袁尚を推しています。袁尚を推したのは「逢紀」も同様です。袁紹の旗上げ当時から仕えていた古参メンバーのひとりで、冀州乗っ取り作戦などを提案しています。同様に古参メンバーでは「許攸」もいます。袁紹に重用されていましたが、見限り曹操に寝返っています。許攸の寝返りによって最重要機密であった烏巣の兵糧庫を知られることになり、攻撃されることになるのです。名士といえば烏巣守備の総大将である「淳于瓊」もいます。かつては袁紹や曹操とともに西園八校尉に選出されたほどの人物です。三国志演義では酒好きとして描かれており、そのために曹操の襲撃を防げなかったとされています。

その他の袁紹の名臣

その他の袁紹の名臣

その他の袁紹の名臣

豫州の名士である「辛評」もいます。審配とは犬猿の仲で失脚させようとして失敗しています。郭図とともに長子・袁譚を推しました。辛評には弟がおり、それが「辛毗」です。辛毗は袁氏が滅びた後も曹操に仕えて活躍しています。曹丕とも昵懇の間柄でした。曹丕が禅譲を受ける準備をしたのも辛毗になります。長命で、曹叡の代にも仕えており、さらには蜀の諸葛亮とも対峙しました。五丈原の戦いでは諸葛亮の挑発によって司馬懿ですら将兵を押さえられなくなっていましたが、辛毗が登場することで規律は守られたといいます。もし辛毗がいなかったら、魏軍は統制が取れずに五丈原の戦いで敗れていたかもしれません。

袁紹の家臣の中で曹操を強烈に怒らせた人物がいます。建安七子にも数えられる「陳琳」です。打倒曹操の檄文の筆者で、曹操のみならずその祖先すらも痛烈に批判しています。それを読んだ曹操は怒り心頭だったそうですが、降伏した陳琳を処刑することもなく、許して仕官させています。能力のある者を評価する曹操の徹底した姿勢には驚きです。

まとめ・袁紹一門

まとめ・袁紹一門

まとめ・袁紹一門

袁紹の死後は長子・袁譚と三子・袁尚の間で後継者争いが勃発します。これは事前に沮授が恐れを抱いていた出来事でした。袁譚は袁紹の指示によって伯父の養子に出されていたので後継者に該当していなかったのです。しかし青州の刺史となったことで力を得、袁紹が明確に後継者を指名せずに病没したこともあり内紛が発生しました。だからこそ沮授は袁譚を青州刺史に任じることに異を唱えていたのです。この内紛が曹操のつけ入る隙となり、河北は曹操に制圧されてしまいます。

いかがでしたでしょうか。こうやって袁紹の家臣をあげてみると有能な士が多いことに改めて気づきます。そしてその能力をうまくまとめあげられなかった袁紹は、やはり曹操よりも器が小さかったのかなと感じてしまいますね。曹操が偉大すぎたのでしょうか。

私としては、一番手はやはり沮授でしょうか。知略だけでなく統率に優れていた点も見逃せません。周瑜のような存在だったのではないでしょうか。もう少し活躍を見たかったですね。周瑜や諸葛亮とも互角の戦いを繰り広げてくれたかもしれません。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


袁紹 曹操

関連する投稿


”天下に最も近かった男” 袁紹はなぜ敗れたのか?

「三国志」前半の主要人物である袁紹(字:本初)。曹操と華北の覇権を争い、西暦200年に官渡の戦いで敗れた。多数の優秀な人材を抱え、圧倒的な優位にたっていたにも関わらず、なぜ袁紹は敗れたのか。その敗因を探る。


そうだったのか!?英雄たちの前職や職歴

蜀の初代皇帝の劉備(玄徳)、関帝聖君として祀られ神様になった関羽、五虎将のひとりに数えられる張飛、漢の丞相となり魏国の基盤を作った曹操も呉を建国した孫権の父孫堅も、もともとは一端の商人や小役人だったのですが、小説やドラマではあまり触れられることがありません。英雄たちはどんな職業について生計を立てていたのでしょうか。


意外?イメージが大きく異なる武将たち

三国志の武将のイメージは三国志演義、そして三国志演義を元にしたもので出来上がってしまっているのですが、実際には案外イメージが異なる武将も多いです。そんな「実際とちょっと違う」武将を何人か挙げてみるとしましょう。


三国志で一番天下に近かった袁紹とは

三国志の登場人物で、一大勢力を誇ったのが河北の英雄【袁紹】です。一時は曹操や劉備(玄徳)、孫権ら三国を形成していく諸将を差し置いて天下統一に一番近い人物といえました。数々の書物では曹操の引き立て役に甘んじている袁紹とはどのような人物だったのでしょうか。


三国志・イケメン荀彧はいったい誰に仕えていたのか!?

曹操が最も信頼した相手とされる「荀彧」。彼は魏の建国を認めず、最期まで朝廷に仕える臣として抵抗しました。今回はそんな荀彧についてご紹介いたします。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。