まるでホラー。三国志で起きた怖い殺人事件

まるでホラー。三国志で起きた怖い殺人事件

三国志では各地で戦争が起きそのたびに何万もの人間が命を落としています。しかし不思議なことに「合戦中の死亡」に対してはさほど残虐性が感じられないのに、一度合戦を離れての「殺害」というと妙にホラーじみた感じになってしまいます。今回は三国志の時代に起きたホラー要素満載の殺人事件について紹介します。


曹操の殺人劇

曹操は董卓を暗殺しようとたくらんでいましたが、あとちょっとのところで失敗しました。打ち損じてしまった曹操は逆に董卓から追われる身となり、命からがら逃げることになりました。最初は一人で逃げていましたが、途中から陳宮(ちんきゅう)と合流して二人で力を合わせて義兵を挙げようという話をしていました。その道すがら呂伯奢(りょはくしゃ)という者の家に訪れようということになりました。呂伯奢は曹操がお尋ね者となっているのにもかかわらず、快く受け入れて匿ってくれることになりました。その際呂伯奢は酒を買いに行くと言って出かけてしまいました。早々と陳宮は怪しいと思い与えられた部屋で聞き耳を立てて外の様子を伺うことにしました。

曹操と陳宮が耳を澄ますと外では刀を研ぐような音と「殺せ」という声が聞こえるではありませんか。しかも四、五名の男女の声がするので二人は一室に閉じ込められ一網打尽にされると思ったのです。そこで二人がとった行動は相手を皆殺しにすることでした。「殺される前に殺せ」という曹操に陳宮も加勢し、家族や召使を次々と殺し、八人の命を奪ってしまったのです。そしてここは危険だと思った二人がその場を後にしようとすると異様なうめき声が聞こえてきました。それは厨房の外で足を木につるされて喚く猪だったのです。陳宮は猪料理を振る舞ってくれようとしてくれていた人達を殺してしまったことを酷く後悔しましたが、曹操は「してしまった物はしょうがない」とあっけらかんとしていたのです。この場面で人道のない曹操にドン引きする人も多いことでしょう。

さて、八人を皆殺しにしてしまった曹操と陳宮だが、話はこれで終わりではありません。いそいそと逃げる二人がばったり呂伯奢と出くわしてしまったのです。曹操はアドリブで「昼間に寄った茶屋に忘れ物をした」と言ってその場を去ろうとしました。人のいい呂伯奢は「家の者に猪鍋を振る舞うように言っておいたからすぐ戻ってきてください」と優しすぎる言葉を曹操にかけました。しばらく歩いたところで、曹操は陳宮に「ここで待っていてくれ」と言ってきた道を引き返していきました。そしてさらっと陳宮に「今のも殺って来たよ(=呂伯奢を殺した)」というのです。宿を提供し猪鍋を振る舞おうとしている呂伯奢を何とも思わずスパッと殺してしまう曹操の恐ろしすぎる一面でした。そして最後に「殺した際に持っていた酒を奪っておくべきだった」という曹操を陳宮は殺すかどうか迷ったほど悩まされました。

呂布、死んだ貂蝉を井戸に落とす

董卓対反董卓連合が激化を極め、長期戦の末反董卓連合が内輪もめをして瓦解してしまった直後の話です。(諸説様々ありますが、吉川英治の三国志新装版によると)王允(おういん)と貂蝉(ちょうせん)は色仕掛けを使って董卓と呂布(言ってみれば董卓軍のNO.1とNO.2)の間を引き裂こうという算段を思いつきました。呂布は貂蝉の美しさにまんまと引っかかって、董卓と仲たがいしてしまいました。最終的に呂布が董卓を殺してしまい、いざ貂蝉を嫁にしようという時です。貂蝉が自殺してしまいました。貂蝉にぞっこんだった呂布は「これから夫婦となれるはずだったのにどうして自殺なんてしてしまったんだ」と貂蝉の死体を抱きかかえました。しかし、貂蝉の遺書を見て「自分ははめられたんだ」ということに気づいてしまいました。それまで貂蝉の美しさにたじたじだった呂布でしたが、急に「美人は他にいくらでもいる」と思い返しいきなり抱きかかえていた死んだ貂蝉を井戸に落としてしまいました。はめられた腹いせとは言え、三国志最強の呼び声高い呂布にしてはちょっと間抜けで、怖い一幕でした。

曹操、主治医の華佗(かだ)を処刑する

またも非道、曹操のお話です。曹操は頭痛もちで度々頭痛に悩まされていました。それに対し華佗は名医ということで曹操の元に連れてこられました。その際華佗は「簡単な病気ではないからゆっくり時間をかける必要がある」と言いました。しかし、曹操は聞く耳持たずで時間がないから即効性の薬を用意しろ」と命令します。すると華佗は「頭を一度かち割って薬で洗浄したら治る」と告げました。これに対し曹操は「頭を割ったら死ぬだろ!」と激怒し、逆に華佗を牢に閉じ込めて最終的には処刑してしまいました。
華佗も華佗ですが、曹操のあっさり人を殺してしまう性質には驚きです。

恐らく三国志最悪の皇帝、孫皓(そんこう)

呉のラストエンペラーにの孫皓は恐らく三国志最悪の皇帝と言っても過言ではないでしょう。三国志の非道な人物は?と聞いたら恐らく曹操や董卓が真っ先に出るものだと思いますが、実はやっていることは孫皓が最悪だと思います。彼のダメ要素はまず生まれつきの地位が皇帝だったという所にあります。孫権の孫にあたる孫皓はやりたい放題でかなりのわがままでした。忠告されるのを極端に嫌い、忠告しただけの家臣の目玉をくりぬいたり、舌を抜くなどの残忍性がありました。以上性癖の持ち主で毎夜宮中の女性たちはおびえていたと言います(ちなみに孫皓が囲っていた宮女は2500人程度と言われています)そしてそんな皇帝の元で必死に国を守ろうとするものなどおらずあっさり晋に滅亡させられてしまいました。

そしてホラー話はここからです。晋に攻め込まれた呉の民がどうしたかというと、敵を倒すことではなく、皇帝・孫皓が寵愛していた宦官の岑昏(しんこん)を取り囲んで血祭りにあげたと言われています。しかもこれは兵士たちの士気を上げるための苦肉の策というのだからぞっとします。これは私個人の考えですが、孫皓も呉の民が国に不満を持っているのを悟り、怒りのはけ口を岑昏に向け、自分に火の粉がかからないようにしたのではないかと思っています。呉の最後はもはやぐちゃぐちゃですべてがホラーです。

まとめ

三国志の時代には大戦が目立つもののやはり殺人事件というものは存在しました。それが国策であったり、保身であったりしますが、今では考えられないぞっとする事件ばかりです。
今では考えられないようなことが平気で行われていた時代に恐ろしすぎる事件があったことだけ覚えてもらえれば幸いです!

関連するキーワード


曹操 三国志

関連する投稿


初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

三国志で広大な領土を築いた魏の曹操ですが、人材の宝庫といわれ、文官・武官ともに有能な武将たちが勢ぞろいしていました。そんな魏の人材でも、当初は曹操に敵対勢力として所属していた武将も多くいます。そんな曹操を苦しめて、後に魏の発展に貢献した人物を見ていきましょう。


三国志・曹操の従弟である曹仁は、武将としてどのランクに位置するのか?

三国志・曹操の従弟である曹仁は、武将としてどのランクに位置するのか?

三国志演義ではあまり注目されることのない「曹仁」ですが、最強ランクの名将だったという説もあります。その背景を考察していきましょう。


呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

三国時代の知将として代表的なのは蜀の諸葛亮(孔明)と魏の司馬懿(仲達)です。三国志のシミュレーションゲームでも、軍師として誰もが欲しがるビッグネームですが、呉の孫権(仲謀)配下には彼らのような大物軍師はいませんでしたが、知将として名高い武将たちがリレー形式で孫一族を支えていったのです。


三国志・赤壁の戦いで活躍した軍船と、曹操が敗れた理由を探る

三国志・赤壁の戦いで活躍した軍船と、曹操が敗れた理由を探る

曹操はなぜ赤壁の戦いで大敗することになったのでしょうか。三国志の時代の水軍と共に紹介していきます。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


最新の投稿


初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

三国志で広大な領土を築いた魏の曹操ですが、人材の宝庫といわれ、文官・武官ともに有能な武将たちが勢ぞろいしていました。そんな魏の人材でも、当初は曹操に敵対勢力として所属していた武将も多くいます。そんな曹操を苦しめて、後に魏の発展に貢献した人物を見ていきましょう。


三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

凄まじい勢いで、江東を制圧していった「孫策」。しかし、相手も備えは充分です。もちろんそんな簡単にはいきませんでした。奪った拠点を奪還されたりもしているのです。


これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

三国志の魅力は何と言っても登場人物の多さです。なかでも勇猛果敢に活躍する三国志の武将には魅力を感じるものです。そこで今回は、勇猛果敢に戦った三国志の武将をピックアップして紹介していきたいと思います。


三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義は劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)といった蜀の武将、官吏を贔屓した描写が多いです。実際その場ではなにもしていないのにさも獅子奮迅の活躍をしていたことになっていたり、神様のように描かれることもしばしばあります。それでは三国志演義にある蜀将にまるわるフィクションをお届けしましょう。


実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

荊州を支配した劉表は、三国志演義では優柔不断で頼りない印象を受け、劉備や孫策の引き立て役になっていました。しかし、三国時代には激戦区となる荊州を、存命中に実効支配していたのは劉表の影響力が強かったからといえます。そんな劉表の凄さをみていきましょう。


https://sangokushirs.com/articles/196