三国志・空前絶後の最強武将・呂布は容姿でも最高レベルだったのか

三国志・空前絶後の最強武将・呂布は容姿でも最高レベルだったのか

三国志で最強の武将といわれ人気のある呂布ですが、実は容姿も素晴らしかったと伝わってます。呂布の強さをお伝えしながら、その容姿についても触れていきます。


呂布の愛馬・赤兎

呂布の愛馬・赤兎

呂布の愛馬・赤兎

呂布、字は奉先。三国志ファンであれば誰もが知っている「三国志最強」の武勇を誇る武将です。同時に裏切り癖があり、義を重んじる「関羽」とは対照的な存在でもあります。「三国志演義」ではこの対照的な二人を、最高の名馬とされる「赤兎馬」の主として描いている点が面白いですね。気性が荒くプライドが高い赤兎馬は生涯において呂布と関羽しか乗せることを許さなかったわけです。あの曹操ですら乗ることを諦めています。
しかし、三国志「正史」では赤兎馬の主は呂布だけです。「呂布伝」には「人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と記されています。呂布と赤兎馬の主従は、人馬共に最強と賞賛されているわけです。戦場におけるその圧倒的な存在感が呂布の最大の魅力でしょう。いかに裏切り癖があろうとも、呂布は三国志においてとても人気のある英雄の一人なのです。

呂布の出身地・五原郡

呂布の出身地・五原郡

呂布の出身地・五原郡

呂布の登場は、董卓が洛陽の都を牛耳ったときになります。幷州刺史の丁原の配下で、丁原に寵愛されていたとされていますが、呂布はなぜか主簿を務めていました。会計係といった感じでしょうか。武勇優れた呂布がなぜ主簿なのか不思議ですが、丁原は常に傍らに呂布を従えていたようです。丁原は呂布を養子に迎えていたという話もあるぐらいです。
呂布はもともと幷州の出身で、五原郡で生まれています。現代では内モンゴル自治区です。ですから純粋な漢民族というよりも、異民族として漢王朝に支配されていた匈奴の血を受け継いでいたのではないかと考えられています。匈奴はモンゴル系騎馬民族です。騎乗を得意とした呂布のイメージどおりではありますね。
また、国境には万里の長城が築かれていますが、北にはトルコ系の異民族・鮮卑もおり、屈強で有名です。後に唐として大陸を統一しますが、もしかすると呂布はこの鮮卑の方の血を受け継いでいたかもしれません。

飛将の由縁

飛将の由縁

飛将の由縁

呂布の代名詞といえば「飛将」です。そもそも飛将というのは前漢の時代に活躍した李広の綽名であり、飛将軍と呼ばれて畏怖されていたそうです。李広を恐怖に感じていたのは異民族の匈奴であり、李広は国境近くを任されて匈奴と70回以上も戦っているのです。ですから呂布のことを飛将と呼び始めたのは幷州近郊に住む匈奴だったのかもしれませんね。丁原の配下として匈奴討伐などで武功をあげ、昇進の機会となり、さらに匈奴に恐れられる存在になったのではないでしょうか。呂布に匈奴の血が流れていたとしたら、匈奴の猛者たちを従えていた可能性もあります。
もちろん呂布が武芸に秀でていたことは間違いなく、李広のように馬術、弓術が巧みだったことは記録に残っています。

射戟轅門の奇跡

射戟轅門の奇跡

射戟轅門の奇跡

呂布の強さは一騎打ちで数々の猛将を討ってきたことからも明らかですが、特にインパクトがあるのは「虎牢関三戦」でしょう。あの劉備(玄徳)、関羽、張飛の三兄弟と同時に戦い引き分けるのです。関羽、張飛という最強レベルの武将と同時に戦ったのは三国志でも呂布くらいです。しかも負けていないことが驚きですね。ただし、こちらは三国志演義の創作なので呂布の武勇を評価するには難しい話です。
もう一つの逸話が、劉備(玄徳)と袁術を和睦させるために弓を放ったものになります。門に戟を掲げさせ、「一矢で命中すれば退去し、命中しなければ好きに戦え」と言って弓をとって射たところ、見事に戟の枝に命中しました。劉備(玄徳)はほっと安堵したでしょうが、諸将はその奇跡を見て「将軍は天威をもっている」と驚愕したと記されています。
呂布の武勇は神がかっていたということですね。

ハニートラップ・連環の計

ハニートラップ・連環の計

ハニートラップ・連環の計

呂布が丁原に続き董卓も裏切ったことは有名です。丁原は定かではありませんが、董卓とは父子の契りを結んでいたと正史にも記されています。
主君への「忠」よりも親への「孝」を重視する中国の文化において、親殺し以上に重い罪はないそうです。
董卓を裏切り、しかもその首を討った理由はいろいろ考えられていますが、一番有名な話は司徒・王允の侍女である「貂蝉」を取り合ったというものです。これは董卓暗殺を目論む王允と貂蝉が仕組んだ罠でしたが、見事に成功しました。呂布は貂蝉の魅力の虜となり、それを力づくで奪おうとする董卓を倒すのです。この計略を「連環の計」と呼びます。
呂布は自分の欲望を満たすために義父を殺すわけですが、三国志演義ではその非道を「三姓奴」と表現し罵っています。義父である丁原、董卓を殺し、姓を三度変えている不忠不孝者というわけです。ちなみに呂布に向って真っ向からそう言い放ったのは張飛です。張飛らしいですね。というか、張飛以外の者であれば呂布に瞬殺されているはずです。

呂布の容姿

呂布の容姿

呂布の容姿

三国志演義では呂布は身長が一丈(関羽が九尺、張飛が八尺です。2m20cm以上ではないかともいわれています)腰回りは十囲、眉目秀麗。
つまり呂布は偉丈夫であり、かつイケメンなのです。
さらに「束髪金冠を戴き、百花を縫った戦袍を羽織り、唐獅子模様の鎧に獅子をあしらった玉帯、奔馬に跨り、手には方天画戟。まさに天神の如し」と、煌びやかに描かれています。
他の武将とは別格の容姿描写になっていますね。これが後の京劇にも大きな影響を及ぼし、呂布は美男子として演じられることになります。
恋の相手の貂蝉は中国四大美女の一人です。それに釣り合わせるためにも呂布はかなり美化されています。現代においても中国では「呂布=最強の美丈夫」というイメージのようです。
三国志には他にも孫策、周瑜、荀彧などイケメンの英雄はたくさん登場しますが、もしかするとその中でも最高レベルなのが呂布なのかもしれません。

まとめ・伝説の呂布の娘

まとめ・伝説の呂布の娘

まとめ・伝説の呂布の娘

呂布には娘が一人いたことが記録に残っています。呂布が徐州を得た時に、隣国の雄である袁術と政略結婚が計画されました。この計画が実行されると袁術の息子・袁耀と呂布の娘が結ばれていたかもしれないのです。そうなると呂布も袁術もそう簡単には滅びなかったでしょう。もしかすると天下を獲っていたかもしれません。
呂布の娘には、後世の人が「呂玲綺」と名付けています。もちろん三国志演義にもその名前は登場してきません。
はたして呂布の娘がどれほどの美貌を誇っていたのか、呂布の死後どうなったのか気になりますね。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志の中で強烈なインパクトを残した飛将、呂布

三国志の中で一際インパクトを残した男、呂布。裏切りを重ねながらも己の欲を全うし続けた呂布は、ある意味三国志の中でも魅力的な豪傑だと言えます。そんな呂布の波瀾万丈な生涯をまとめてみました。


三国志外伝 絶世の美女貂蝉

皆さんは貂蝉という女性をご存知でしょうか。三国志演義にその名をとどめる傾城の美女・貂蝉のはかなくも美しい生き様をご紹介します。


裏切り、裏切り、また裏切り! 呂布のスゴすぎる人生の結末は?

三国志の武将で最も勇猛だともいわれる呂布。しかし彼は、世話になった相手をことごとく裏切ったことでも知られています。中国であれ日本であれ、ここまで人を裏切り続けた男もめずらしいでしょう。呂布の裏切り人生がどのようなものだったのか。そして「裏切り野郎」はどんな末路をたどったのか、見ていきましょう。


そうだったのか!?英雄たちの前職や職歴

蜀の初代皇帝の劉備(玄徳)、関帝聖君として祀られ神様になった関羽、五虎将のひとりに数えられる張飛、漢の丞相となり魏国の基盤を作った曹操も呉を建国した孫権の父孫堅も、もともとは一端の商人や小役人だったのですが、小説やドラマではあまり触れられることがありません。英雄たちはどんな職業について生計を立てていたのでしょうか。


王允と呂布から見る処世術!

歴史からいろいろなものを学んで現代社会に役立たせなければいけないということは多々あります。戦国の時代と言えど現代にも通づる考え方は多岐にわたって存在します。王允と呂布を参考に処世術を学んでみましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。