ファンに聞いた!三国志にハマったキッカケ

ファンに聞いた!三国志にハマったキッカケ

三国志の魅力どっぷり浸かってしまったそこのあなた!!そろそろ他の三国志ファンのことが気になり始めていませんか?三国志ファンに「三国志にハマったキッカケ」をインタビューしてきました。


この記事をご覧になっているあなたはようやく三国志ファンの仲間入りをし、そろそろ他のファンのことが気になり始めていると思います。

筆者もそうですが、記事を閲覧しているあなたも、現在三国志ファンである方々も、最初から「三国志」を認知していたわけではないはずです。
「友達に薦められた」、「家族の影響」など「三国志」を見知ったキッカケは人それぞれ。

そこで筆者とオンラインゲームやコミュニティを架け橋に同志となってくれた数名に本記事のテーマである「三国志にハマったキッカケ」をインタビューしてきました。インタビューの趣旨を同志に説明したところ、ある人は情熱的に、ある人は少し恥ずかしそうに語って協力してくれました。「ファンの生の声を発信する」ことを重視するため、彼らの口調を真似て書いています。

SE 20代 男性

大人気アクションゲームのキャラクターがかっこよくて

オレがシステムエンジニアを志すキッカケにもなったんだけど、小学1年か2年だったかな…。
筆者も知ってるだろうけどPS2で「真・三國無双」が発売されて、それがキッカケで三国志を知ったかな。でも、その当時はただキャラがカッコイイってだけで、三国志のことなんか全然知らなかったし、漢字も難しいから読めなかったよ。
ホントはさ…野球のゲームを買ってもらうために母親にファミコンショップに連れて行ってもらったんだけど、店頭でプレイ動画を流しているディスプレイあるじゃん?それ見て「真・三國無双」を買うことにしたんだ。

でさ、なんだかんだでゲームをクリアすると、ゲームメニューに「宝物庫(ほうもつこ:武将事典や用語集が蓄積されているライブラリ」を読みまくっているうちに好きになったって感じ。

営業マン 30代後半 男性

横山光輝の「三国志」

オレは横山光輝が書いた漫画の「三国志」を読んだのがキッカケ。たしか、「三国志」を漫画化したのは横山光輝がはじめてじゃなかったかなー。今は結構出てるけど…。この漫画がなかったら、小説を読もうとかわざわざ字幕版の香港映画を見るようなことはしなかったと思う。

保育士 20代後半 女性

映画「レッドクリフ」

私はね、みんなに比べるとにわか者だよ。金城武が好きで、「レッドクリフ」に諸葛孔明の役で出てるでしょう?その映画を彼氏と一緒に見に行ったのね。てか、それまで「三国志」って難しそうで興味すらなかったの。
漫画があることは知ってたんだけど、「男の子が好きそうだなぁ」くらいにしか思ってなかったなぁ。んで、映画のあとごはんを食べてるときに映画の感想話してたんだよね。そしたら、私の彼氏が
「すごく迫力あって面白かったけど、どうせなら全部映画化すればいいのに~」って言ってたのが気になったから、次の休みにブックオフで漫画を全巻そろえて、読んでいくうちにズルズルと…。「レッドクリフPart2」を見に行く前に全部読んじゃった。

建築業 40代前半 男性

NHK人形劇

昔はさ、毎日のように夕方にアニメが出てて、ゴールデンタイムには野球中継とかプロレスが出てたんだよ。そんな感じでNHKでも「三国志」の人形劇がちょうど夕飯前くらいの時間帯に出てたんだ。その人形劇で島田伸介と竜介が人形にリポートしたり、コメディチックに解説してくれて、それで三国志を覚えたんだよ。

会計事務員 50代前半 女性

香港アクション映画から派生して

筆者くんみたいな若い年代の子にはわからないと思うけど。私が若いころはジャッキー・チェンの酔拳シリーズとか、ブルース・リーの燃えよドラゴンみたいな香港アクション映画が流行しててねー。レンタルビデオショップに行ってアクション映画とかホラー映画とか…いろいろ観たね。
それで、「香港映画で面白そうなのないかなぁ~」って棚を物色してたら、たまたま三国志の映画があってね。関羽役の俳優のゲジゲジ眉毛が気になって借りてみたの。
中国語だったから字幕版をみたんだけど全然内容がわからなくて。吉川英治の「三国志演義」を読んだら次は漫画、次は北方謙三の「三国志」っていう感じで、気が付いたら好きになっちゃった。もちろん映画もドラマもほとんど見たよ!

配送業 50代後半 男性

本の読み聞かせ

おそらく30前半の年齢の人には想像もできないだろうと思うけど…おじさんが子供のころは土曜日も学校があったんだよ。それでね、2週間に1回くらいのペースで土曜日の放課後におじさんの担任の先生が本の読み聞かせをしてたんだ。

それで、おじさんがいちばん興味をもったのが「三国志」ってわけだ。先生はさ、貂蝉のセリフを言うときは裏声を使ったり、張飛のセリフはいつもよりもドスの効いた声色を使って読むから、毎回ワクワクして聞いてたんだ。

でさ、やっぱり子供って飽き性だから、聞いているうちにクラスメイトと話始めたりするだろ?
そうすると、わざとその子たちの名前を話の中に登場させるから、それがまた面白かったのさ。
おじさんの場合は、担任の先生の読み聞かせがキッカケだね。

専門学生 10代後半 男性

ガンダムのプラモデル

僕の場合は”ガンプラ”(ガンダムのプラモデルの略称)っすよ。武者ガンダムのシリーズ知ってます?僕が中学入るくらいのときにそのシリーズで三国志のバージョンが出たんですよ。曹操も関羽もいるんで、それを作っているうちにゲームとか漫画にも興味出てきて、漫画とか小説を読んでくうちに覚えちゃいました。

介護士 20代後半 男性

夏休みの宿題

オレのキッカケは、夏休みの宿題。読書感想文ってあるでしょ?
低学年の頃は、絵本とかでもOKだったんだけど、中学年以上からダメってことになっちゃって…。オレは本読むのが正直苦手だったから、先生にアドバイスをもらいに行ったんだ。そしたら先生にさ「好きな本を読みなさい」って教えられたんだけど。パッとは出て来ないでしょ?
大河ドラマが好きだったから伝記とか古典が並んでいる棚に行ってみて、「三国志」の表紙に描かれている誰かもわからない絵にそそられてそれを借りて読んでみたんだ。児童向けだったから、活字も大きくて挿絵もついててさ、読むのにそんなに苦労しなかったんだよ。それにそのころちょうど「真・三國無双」も出たし。タイミングが良かったとしか考えられないよ。

キッカケは十人十色

インタビューに応じてくれた方々もゲームや漫画、人形劇などいろいろなルートで三国志に興味を持ち始めて三国志ファンの扉を開いていましたよね?
筆者の場合は、1人目の方と同一のゲームで三国志魂に火がつきました。さて、あなたはどんなキッカケで三国志にハマりましたか?

関連するキーワード


三国志 キッカケ

関連する投稿


勝手に三国志!劉備軍を将棋の駒に例えてみた

勝手に三国志!劉備軍を将棋の駒に例えてみた

藤井四段の活躍により脚光を浴びている将棋業界。そんなテーブルゲームに三国志を重ねてみました。今回は劉備軍を将棋の駒に例えるとこんな感じになるというご紹介です。もちろん独断と偏見なので皆さんの意見とは違うかもしれませんが、初心者の方は大雑把に力関係やタイプが分かるかもしれません。


一体どんな人がいるの? 夏候惇を筆頭とした夏候一族

一体どんな人がいるの? 夏候惇を筆頭とした夏候一族

三国志には多くの氏があります。特に権力を有していたり、名門の家柄だったりすると、宗家や分家でも相当数の人物がいます。中でも劉氏や孫氏、曹氏、司馬氏といった皇帝の系列は多く存在しています。そこで、長らく魏に仕えていた武将の夏候氏について、ここでご紹介していきます。


どっちが凄い?三国志VSキングダムその2

どっちが凄い?三国志VSキングダムその2

前回三国志とキングダムの登場人物を引き合いに出してどちらが凄いかという架空対決を行いました。今回はその2弾です。前回は4勝3敗1分けで三国志が勝ちとなったわけですが、今回はどうなることでしょう。


「孫子」には何が書いてあるの?(4) 戦争の勝敗はココで決まる―――三国志の実例から

「孫子」には何が書いてあるの?(4) 戦争の勝敗はココで決まる―――三国志の実例から

戦争の勝敗を見極める具体的ポイントとして、孫武は「七計」という考え方を提唱しています。それをただご紹介するだけでは解りにくいので、三国志での具体例を使ってお話して行きたいと思います(前回の続きです)。


「孫子」には何が書いてあるの?(3)「戦争の勝ち負け」を予測する方法

「孫子」には何が書いてあるの?(3)「戦争の勝ち負け」を予測する方法

前回、戦争の勝敗を見極める5つの要素―――「五事」についてご紹介しました。今回はそれを判断するための具体例、「七計」について、お話いたします。


最新の投稿


三国志・孫策に敗れた劉繇は実は大物だった

三国志・孫策に敗れた劉繇は実は大物だった

呉郡に勢力を築き、孫策に敗れ去った劉繇といえば三国志ではあまり注目されない人物です。しかし意外にも劉繇って凄かったのです。今回はそんな誤解の多い劉繇についてご紹介いたします。


三国志・イケメン荀彧はいったい誰に仕えていたのか!?

三国志・イケメン荀彧はいったい誰に仕えていたのか!?

曹操が最も信頼した相手とされる「荀彧」。彼は魏の建国を認めず、最期まで朝廷に仕える臣として抵抗しました。今回はそんな荀彧についてご紹介いたします。


三国志・魏の明帝・曹叡はいったい誰の子なのか?

三国志・魏の明帝・曹叡はいったい誰の子なのか?

曹操の孫にして、曹丕の長子である「曹叡」。魏の二代目皇帝です。しかしその誕生には大きな謎が隠されていました。今回は曹叡、そしてその母親である「甄氏」をご紹介いたします。


三国志・孟達の内応が成功していたら諸葛亮の北伐は成功していたのか?

三国志・孟達の内応が成功していたら諸葛亮の北伐は成功していたのか?

劉璋から劉備に寝返り、劉備から曹丕に寝返り、さらに曹叡から劉禅に寝返った「孟達」。第一次北伐の重要なカギを握っていた孟達の生涯をご紹介します。


勝手に三国志!劉備軍を将棋の駒に例えてみた

勝手に三国志!劉備軍を将棋の駒に例えてみた

藤井四段の活躍により脚光を浴びている将棋業界。そんなテーブルゲームに三国志を重ねてみました。今回は劉備軍を将棋の駒に例えるとこんな感じになるというご紹介です。もちろん独断と偏見なので皆さんの意見とは違うかもしれませんが、初心者の方は大雑把に力関係やタイプが分かるかもしれません。


https://sangokushirs.com/articles/196