三国志から人生の教訓を得よう!考え方が変わるエピソード・名言!

三国志から人生の教訓を得よう!考え方が変わるエピソード・名言!

三国志には数々のエピソード・名言が存在しています。そのエピソードの中には、人生の教訓を得ることができるようなエピソード・名言があるのです。そこで今回は、人生の教訓を得て考え方が変わるエピソード・名言を紹介していきます。


1.三国志から人生の教訓を得る(エピソード)

10万の矢

赤壁の戦いの前のエピソードとして有名なのが「10万の矢」です。赤壁の戦いは、呉・蜀が手を結び魏と戦った三国志の大きなターニングポイントとなっています。呉と蜀は同盟しているのですが、呉の周瑜は蜀の諸葛亮を恐れており、この機会の諸葛亮を抹殺しようと考えていたのです。そこで、周瑜は諸葛亮に対し、「10日で10万の矢を作れ」と無理難題を押し付けたのです。当時の技術力では、矢の大量生産など不可能であり、10万本を10日で用意するなんて事実上不可能でした。しかし、諸葛亮は「3日で作ります」と快諾するのです。

そして、本当に諸葛亮は3日で矢を用意するのです。実は、諸葛亮は矢を作ったのではなく、曹操軍を利用して10万の矢を用意したのです。藁人形を積んだ船を20隻用意し、濃い霧の中で曹操軍の前に出航させます。曹操軍は敵襲だと思い、大量の矢を放ちます。諸葛亮は船を回収すると、藁人形に刺さった矢を抜き10万の矢を用意したのです。

このエピソードから、発想の転換について学ぶことができます。10万の矢を作るのが無理なら、あるところから都合つければいいのです。固定概念で凝り固まっていたら、こんな発想はでてきません。無理難題を押し付けられたら、10万の矢の思い出してみてください。

泣いて馬謖を斬る

現代でも使われる故事成語なのが「泣いて馬謖を斬る」です。このエピソードからも、人生の教訓を得ることができます。このエピソードは、諸葛亮が愛弟子である馬謖を涙ながらに処刑したことからできました。街亭の戦いにおいて、馬謖は諸葛亮の指示に背いたことで、蜀は敗戦したのです。その責任を取らせるために、諸葛亮は愛弟子であった馬謖を処刑にしたのです。

このエピソードから、規律を守るためには、個人的な感情に左右されるべきではないという教訓を得ることができます。もし、馬謖を処刑しなかったら、蜀の武将から「命令違反しても問題ない」と認識される恐れがあります。そうなれば蜀の規律は乱れることになってしまうのです。だから、規律を守るためには、いくら親しい間柄であっても、命令違反はしっかりと罰する必要があります。現代でも規律を守るためには、個人的な感情に左右されるべきではないのです。

三顧の礼

三国志のエピソードからできた故事成語と言えば「三顧の礼」が有名です。三顧の礼は、とても教訓になるエピソードとなっています。三顧の礼とは、劉備(玄徳)が諸葛亮を迎えるために、3度も訪ねたというエピソードとなっています。当時、劉備(玄徳)は40代であり、一方の諸葛亮は20代です。しかも劉備(玄徳)には多くの部下がおり、諸葛亮は在野の一個人に過ぎません。しかし、劉備(玄徳)は誠意をもって3度も訪ね、劉備(玄徳)を迎え入れることに成功したのです。

このエピソードから、誠意をもってあたることの大切さを学ぶことができます。肩書や年上であるという理由で横柄な態度をとっては、交渉事は成功しません。誠意をもって交渉に当たることによって、成功するのです。これは現代社会でも同じことが言えます。仕事をする上で、三顧の礼はとても良い教訓になるのではないでしょうか。

2.三国志から人生の教訓を得る(名言)

士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし

この言葉は、呂蒙が放った言葉となっています。呂蒙はもともと、学がありませんでした。家が貧しく、学問に触れる機会がなかったのです。そこで、孫権は呂蒙に学問を勧めるのです。孫権の勧めとあって、呂蒙は勉学に励むようになります。すると、学者にも劣らぬほどの知識を身に付けたのです。その後、呉随一の知恵者である魯粛と会話を交わし、魯粛は「呉下の阿蒙に非ず」と評価すると、呂蒙は「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」と答えたのです。

この言葉の意味は、「士(男)なら別れて三日もあれば、随分と成長するものであり、次に会うときには注意して見るべきです」となります。この言葉から得ることができる教訓は、誰もが成長することはあり得るということです。努力すれば成長するものであり、過去の評価を引きずっていては、相手を正確に評価することはできません。日々、人は成長するものだと思い知らされる名言となっています。

その長ずる所を貴び、その短なる所を忘れるべし

この名言は、もともと老子が使った言葉となっています。三国志では、呉の初代皇帝である孫権が好んで使った言葉としても有名です。「その長ずる所を貴び、その短なる所を忘れるべし」とは、人には一長一短があることを認識し、短所には目をつぶり長所を活かせるようにするべきとの意味があります。これは、現在でも通用する考え方であり、とても教訓になります。誰でも長所と短所の両面を持っているものであり、完全無欠の人などいません。だからこそ、短所ばかりを見るのではなく、長所を見ることが大切なのです。これからは、相手の長所を見るように心がけていきましょう。

勝負は変化あり、詳らかにせざるべからず

沮授が残した名言である「勝負は変化あり、詳らかにせざるべからず」も、現代社会でも通じる教訓となります。この名言には、勝負は常に変化するものであり、よく見定める必要があるという意味があります。現代社会において、勝負事はたくさんあるのが現実です。日々、勝負と言っても過言ではありません。そのため、この名言は教訓として活かすことができるのです。どんな勝負であっても、絶対はありません。状況が変われば、勝負の結果は変わってきます。だからこそ、勝負の変化を見定め、勝つために行動していく必要があるのです。「勝負は変化あり、詳らかにせざるべからず」という名言を胸に刻んで、日々勝負していきましょう。

3.まとめ

今回は、三国志のエピソード・名言から、人生の教訓として活かせるものをいくつか紹介してきました。どのエピソード・名言も、人生において大切なことを教えてくれています。胸に刻んでおくことによって、これからの人生において大きな影響を与えてくれるのではないでしょうか。三国志のエピソード・名言は、これ以外にもたくさんあります。そのどれもが、人生の教訓として得られるばかりです。そのため、三国志のエピソードや名言にも注目してみてください。座右の銘なども見つかるかもしれません。ぜひ、三国志を人生の教訓として活かしてみてください。

関連するキーワード


諸葛亮 呂蒙 孫権 沮授

関連する投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。