結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

呉の主要人物である孫堅ですが、孫権に隠れてしまっているということもあり、あまり有名ではありません。なおかつエピソードもあまり聞きません。今回はそんな孫堅について紹介します。


呉の”孫堅”

三国志と言えば、魏と呉と蜀の国の勢力争いが見所の1つと言えるでしょう。そんな中でも特に武力に長けており、様々な国を脅かしたのは呉という国です。呉という国には武勇に長けている武将がとても多く所属していた国であり、戦闘ということにおいてはどの国にも引けを取らない強さを誇っていたと言われています。

そんな呉を引っ張り支えていたのが孫家の者たちです。孫家の者たちは呉の常にトップに立っており、民を引っ張りながら天下統一を目指したと言われています。

そんな孫家を表舞台に立たせ、息子たちに武勇を見せた孫堅が歴史的には様々な功績を残していますが、そこまで詳しく取り扱われていません。今回は呉の孫堅にフォーカスを当てて紹介していきたいと思います。

孫堅の先祖と孫堅が戦うようになったきっかけ

孫堅にはとても有名で注目が集まるんですが、孫堅より前の孫家の者たちつまりは孫堅の先祖に関してはあまり注目が集まりません。それは何故かと言うと孫堅の先祖があまり正確に分かっていないからと言われています。

噂程度では孫子の兵法書を記した孫武と言われています。しかし、その噂は定かではありません。孫堅は漁師として呉郡一帯で生計を立てていました。漁師をやっていたそんな最中近辺の村が海賊によって、襲われている姿を目にします。

孫堅は海賊を撃退するために兵士を引き連れているように見せかけ、海賊に近づいていったところ、海賊は急いで逃走し、孫堅はそれを追いかけ海賊の頭領の首を取ります。その功績が認められて、村を警備する隊長に任命されることとなりました。

実力を上げていき、黄巾の乱へ

実力を上げていった孫堅は県令の補佐官として職務に励んでいました。そんな最中に起きたのが三国時代の始まりと言われる黄巾の乱です。黄巾の乱が始まると孫堅は黄巾の乱に参加してくれないかと言う依頼を受けます。この黄巾の乱に孫堅も参加し、各地で華々しい活躍を行っていきました。

黄巾の乱が鎮圧された後に、張温という武将から討伐作戦があるので参加しに来いと言う命令を受け、孫堅はこの討伐に参加します。この戦いでも優れた武勇を見せて、彼の名はどんどん広がっていきました。とにかく戦場での振る舞い方や武勇が彼の名を押し上げていたと言っても過言ではありません。

そしてこの時、彼は黄巾の乱の終了後から猛威をふるっていた董卓の存在を危ぶみ、これを進言しましたが受け入れられる事はあまりありませんでした。

董卓を危ぶみ、董卓討伐へ

その後にそんな董卓の様子に怒り始めた各地の実力者達が連合軍を組み、董卓を打つべく進軍を始めます。もちろんその中に孫堅の姿もありました。孫堅は袁術の部下となり、袁術の経済的な援助なども受けながら董卓との戦いに向けて準備を始めます。

そんな中、孫堅の順調であった足並みを阻む武将が現れます。当時猛将と呼ばれており、武勇ではかなり名を轟かせていた華雄という武将です。董卓は孫堅軍が近づいていることを知り、華雄を進軍させます。

華雄は軍勢を率いて孫権軍を迎え撃つべく体制を整えていました。孫権の耳にも董卓の元から華雄が向かってきていると言う報告が入りますが、ひるまず攻撃を開始します。両軍は当初互角といえるような戦いを繰り広げられていました。

孫権は自分の手下であった猛将たちの活躍によって追い込んでいき、華雄の軍は次第に負けムードになっていました。孫堅が華雄を切ったことによって、華雄の軍勢を完全に崩壊し、孫堅は董卓との戦いで初めての勝利を上げることになります。

孫堅による快進撃を続けていましたが思わぬ形でその快進撃が止まってしまいます。それは袁術からの兵糧が届かなくなってしまうことです。袁術の配下となり、自分の軍の兵糧が届くことが続いていましたが、その兵量が滞ってしまい、進軍は難しくなってしまいます。

ここで孫堅の快進撃はいちど止まってしまいます。孫堅は進軍をやめ、袁術のもとに戻ると兵量を送ってこなかった袁術に向かって大声で怒鳴ります。かなり激昂した様子でしたが、それを見た袁術はすぐさま孫堅に謝り、兵糧再度送り直すことを約束します。

孫堅は袁術からの兵糧の補給が再開されると同時に董卓のいる洛陽に進軍を始めます。董卓は孫堅の武勇と勢いに恐怖を抱き始め、彼と和解するために自分の配下などの使者を派遣しますが、孫堅はそんなもの全く目にせずにただただ進軍を続けていきます。各地の実力者もいたため、董卓は結果的に滅ばされてしまい、董卓討伐戦はこれにて閉幕しました。

兄弟ゲンカの戦場へ

しかしこの時に関わっていた袁術によって、孫堅は再び戦場に足を運ぶことになります。袁術の兄弟喧嘩になって、孫堅は再び戦いの世界に足を入れることになります。袁術の下についた孫堅は兄弟である袁術の軍と敵対するようになります。

ここで、袁紹の味方となっている劉表の討伐を命じられた孫堅は命じられてすぐに進軍していきます。それまで武勇を誇っていた孫堅に対しても袁術は信頼感を寄せており、孫堅に任せておけば必ず良い結果がでると思っていました。しかし実はこの戦にて孫堅は命を落としてしまいます。

劉表は黄祖という武将に孫堅の退治を任せますが、やはり孫堅はとても勇猛で強いため、黄祖はあっさり破れてしまいます。黄祖が破れてしまい、一旦引きますが孫堅はそれを追い詰めるため、黄祖が山に入ったところを1人で追いかけてしまいます。

確かに、孫堅は強いため、1人で戦いを挑んでもそれなりに追い詰めることができたかと思いますが、あまりにも迂闊な行動でした。山の中に潜んでいたその黄祖が放った矢が孫堅の体を貫いてしまい、孫堅はこの矢によって亡くなってしまいます。

孫堅はこのような形で亡くなってしまいます。勇猛さによってその名を轟かせ、孫家という呉を担う勢力を作ったことは評価できますが、死に際が意外とあっさりしています。三国志の武将というと、死に際も華やかだったりすることが多いのですが、孫堅は意外と敵の術中にはまってしまい、あっさり死ぬというそれまでの戦績では考えられないような死に方をしてしまいます。

まとめ


今回は三国志の歴史の中で勇猛さを誇っていたのにあまり目立ったことがない呉の孫堅について紹介しましたが、やはり戦績などの戦いでの評価には見合っていない死に方をしている武将という印象を受けました。

しかし、孫堅の意志などは息子たちが引き継いでいき、呉という国の礎を作っています。孫堅の勇猛さを学んでいなければあのような勢いのある国を作ることはできなかったでしょう。

関連するキーワード


孫権 孫堅 孫家

関連する投稿


呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。