神になった武将・関羽信仰と関帝廟

神になった武将・関羽信仰と関帝廟

非業の死を遂げ、後年の人々によって神格化された蜀漢の武将・関羽=関聖帝君(関帝)。中国で最も信仰されている神と言われており、絶大な人気を誇っていることをご存知の方は少なくないと思います。いつごろから、なぜ関羽が神格化されたのかを調べてみました。


神としても絶大な人気を誇る義絶・関羽

横浜関帝廟(撮影・筆者)

『三国志』の登場人物の中で、広くその名が知られており、人気の高い武将のひとり・関羽雲長。主君であり義兄弟の劉備玄徳に忠節を尽くしたことから、「義絶(この上なく義を重んずる人物)」とも呼ばれています。
現在においては関聖帝君(関帝)という名で、主に商売の神として信仰を集めています。筆者は以前中国出身の方と接する機会がしばしばあったのですが、関羽の人気は絶大という印象を抱いていました。三国志に興味のない若い方でも神としての関羽を信仰していたり、お店や事務所、時として自宅の一角に関帝の御札や小さな関羽像が祀られていることが少なくありませんでした。
しかし、商売の神として崇められるようになったのは、関羽信仰が始まってからからずいぶんと後になってからの話。当初は軍神として祀られていたのです。

武神として起こり、商人たちによって広められた関羽信仰

関羽への信仰は唐代から始まりました。755~763年に起こった安史の乱によって衰えていた国力を盛り返しを祈念すべく、782年、第12代皇帝・徳宗により、関羽は武神・武成王の従祀に選ばれました。これが国家祭祀の始まりです。しかしこの時は古今の名将64人の1人に過ぎませんでした。宋代に入ると、いよいよ関羽は武神としての地位を高めます。北方民族の度重なる侵入に苦しんでいたため、北宋の第8代皇帝・徽宗(きそう)は国家の危機のたびに関羽の神号を次々と進め、守護を願ったのです。
明代に入ると、初代皇帝・洪武帝が関羽を祀る廟を造営。第3代皇帝・永楽帝も新たな廟を建立すると、民間においても信義の神として関羽信仰が発展し、やがて商売の神として崇められるようになりました。

武将である関羽が武神とされるのはすんなり理解できます。しかし商売の神というのは少し不思議な気がしますよね。武将として理財に精通していたから、劉備(玄徳)に仕える以前の関羽は塩の密売人だった、もしくは用心棒など、それに関わる人物だったから等、由来は諸説あります。
その中でも有力とされている一説に、関羽の出身地・河東郡解県(現在の山西省)に関わるものがあります。この地での関羽信仰は当初、関羽の子孫や縁者が偉大なる先祖を祀っていただけでした。山西省にある解池という塩池から産出される塩を商う人々が、これに目をつけて道教信仰と結びつけ、商売においても重要な「義」を重んじる関羽を、商売の神としたことが始まりであるというものです。塩商人たちが販路を広げていくことで商売の神としての認知も、中国全土に広まっていったと言われています。

かくして関羽を祀る関帝廟も、各地に建立されるようになりました。孔子を祀る孔子廟を「文廟」と呼ぶのに対して、関帝廟は「武廟」と呼ばれ、清代にはこの二つが必ず県の中に建てられて、爆発的に増加。しかし文化大革命の際、多くの孔子廟が破壊されてしまったため、関帝廟のみが単独にて残るかたちになってしまったのです。
余談ですがこのとき「革命の邪魔になる高い階級の象徴である」として、諸葛亮に関する遺跡も多数破壊されたのだとか。後年、低い身分の出自であることで廟が被害を免れるとは、関羽も思いもしなかったでしょうね(その前に神格化を想像できていたか、という話ですが)。

そもそも神格化されたのはなぜ?

そもそもなぜ関羽が神として崇められるようになったのでしょうか。その由来は、関羽の最期にありました。
219年の樊城の戦いによって魏と呉の挟み撃ちに遭い、息子の関平と共に捕らえられ、斬首された関羽。その年の末には関羽を討った呉の呂蒙、翌年には関羽の首級を受け取った魏の曹操と、関係者の死が相次ぎました。中国では非業の死を遂げた人物には、強い霊力があるのだと考えられていたことを踏まえれば、この偶然が関羽の霊力によるものだと受け取られることにもうなずけますね。生前の武功や知名度に加えて、関羽の死とそれにまつわるできごとが、人々に超自然的な印象を与え、関羽を神たらしめたのでしょう。
『三国志演義』が編纂された明代にはすでに関羽信仰が成立していましたので、呂蒙や曹操はまるで神罰が当たって死んだかのような脚色がなされていましたね。正史での関羽の記録は1000字も満たない(裴松之の注釈が別に761字)にも関わらず、『演義』では登場からその最期に渡るまでにスポットが当てられ、主役級の扱いをされていたり、本来は別の武将の武勇であったことが関羽の手柄にすり替えられていたり、欠点に関しては一切触れられていないのも、神格化が進んでいたゆえかもしれません。

日本各地にもある関帝廟と関羽像

夜の横浜関帝廟門前(撮影・筆者)

さて、世界各地に渡った華僑たちが商売繁盛を願い、またなくてはならない心の拠り所として、移住先に関帝廟を建てました。そのため、神となった関羽は中国国内のみならず、世界中の中華街に祀られています。
日本の各地の中華街や中国人コミュニティーにも関帝廟や関羽像が建てられており、横浜関帝廟、神戸関帝廟、函館中華会館などがよく知られていますね。とはいえ横浜と神戸が幕末の開港以降、函館は明治時代に建立されたものですので、関羽信仰の歴史に照らし合わせると新しい方だと言えるでしょう。

実はもっと古くに関羽信仰は日本に持ち込まれていました。それが長崎県にある黄檗宗・崇福寺などのいわゆる「唐寺」です。江戸時代、幕府は鎖国政策を敷いていましたが、長崎のみ清とオランダとの貿易ができていたことは、ご存知の方も多いでしょう。そのため現地には多くの華僑が居留しており、彼らが中国の僧を招聘して建立したのです。崇福寺は中国様式の寺院としては日本最古のもので、院内には釈迦如来や観音菩薩の堂と並んで、関羽や媽祖といった中国道教の神の堂が建てられています。異教の信仰対象が同じ場所で同等に祀られている光景は、なかなかにして珍しく、あまり見られないかもしれませんね。
ちなみに崇福寺では旧暦の7月26~28日に中国盆会、横浜中華街では関羽の誕生日とされる旧暦6月24日を祝う関帝誕が開催されています。そうしたスケジュールを照らし合わせつつ、各地の関帝廟、関羽像を参拝してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


関羽 関帝廟

関連する投稿


「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

三国志を語る上で武将と武将が1対1で正々堂々と槍や刀、戟を打ち合って戦いを繰り広げる一騎打ちはどうしても欠かすことができません。 三国志では一騎打ちがくたびも出てきますが、その中からこれはと思う一騎打ちをピックアップしました。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

魯粛に認められていく呂蒙は、曹操や関羽とも対決していき、徐々に名を天下に知らしめていきます。孫権からの信頼も厚くなっていくさまは、周瑜にも匹敵する将軍であることを意味していきます。ここでは呉の重鎮となっていく呂蒙をみていきます。


三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

よく戦は「将軍のもの」とされることが多い。そのため将軍が倒れれば部下は一気に士気は下がり、戦に負けてしまう。逆に兵が少なくても将軍の器が大きければ相手を圧倒することができる。では将軍の力が圧倒的に強かった蜀が天下を取れなかったのはなぜか。もしくは将軍の力は魏が一番強かったのか。様々な角度から検証してみよう。


呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

三国時代の知将として代表的なのは蜀の諸葛亮(孔明)と魏の司馬懿(仲達)です。三国志のシミュレーションゲームでも、軍師として誰もが欲しがるビッグネームですが、呉の孫権(仲謀)配下には彼らのような大物軍師はいませんでしたが、知将として名高い武将たちがリレー形式で孫一族を支えていったのです。


夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

壮大な国盗りゲームである三国志の勢力図がほぼ固まるのが夷陵の戦いです。関羽を討ち、荊州を孫権が奪いとると、関羽の仇討ちと荊州奪還を目指して劉備(玄徳)が出陣しますが、敗れます。その結果、魏・呉・蜀漢の三国の領土が決定します。一体どんな戦いだったのでしょう


最新の投稿


蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀には心優しく民を思う武将が集まったとされています。もちろん関羽のように三国志に絶対欠かせない存在になった人もいれば、陰ながら蜀を支えた武将もいます。 そこで今回は目立ちはしなかったものの蜀を支えた武将である龐統について紹介します。


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


https://sangokushirs.com/articles/196