赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


零陵郡の攻防 力の差を認識できなかった劉延

劉備軍が最初に侵攻したのは零陵でした。太守劉度は降伏を考えていましたが、息子の劉度は猛将刑道栄を用いて劉備軍を蹴散らしてみせると主張します。議論の末、劉延、刑道栄率いる零陵軍が劉備軍を迎え撃つ事に。しかし、刑道栄は張飛(翼徳)にあっけなく敗れ、捕らわれてしまいます。

ここで諸葛亮(孔明)が策を講じます。捕えた刑道栄に「劉度を生け捕って来ればお前(刑道栄)は殺さない。さらに劉備軍で重く用いてやる」と伝えます。釈放された刑道栄は零陵軍に戻りますが、諸葛亮(孔明)に服する気などなく、劉延に夜襲を進言します。この辺の行動からして恩知らずの小人。結局、夜襲は失敗に終わり刑道栄は殺され、今度は劉延が捕らわれてしまいます。

劉延が捕らわれたことを知った劉度は即座に降伏。零陵郡は劉備(玄徳)の支配下に入ります。

この攻防は、そもそも国家(中国)の歴史を左右する曹操(孟徳)との戦いを続けている劉備軍と一地方軍たる零陵軍との「力の差」を認識できなかった劉延の浅はかな考えが招いた敗戦でした。無謀でしたね。

劉度をそのまま零陵太守に これは寛大な処置か

劉備(玄徳)は劉度を殺さなかったばかりか、そのまま零陵太守を続けさせます。そして劉延を劉備軍に組み込みます。これは「寛大」とも受け取れますが、実際には「効率的」と表現する方が近いでしょう。劉度を殺さないことで零陵の民衆に対する劉備(玄徳)の「義」は保たれますし、劉延を劉備軍に組み込むことで、暗黙の「人質」を取るような形になります。これで劉度が反乱を起こすことはできません。劉備軍にとっても、人材を「現地調達」できれば元の人材を割かずに次の地(桂陽郡)の攻略に向かえます。降伏したばかりの劉度が心服しているとは考え難いですので、まさに「効率的処置」と言えるでしょう。

桂陽郡の攻防 実戦も計略も格の違いが浮き彫り

劉備軍侵攻の報を聞き、桂陽郡太守趙範も劉度同様に降伏を検討しますが、桂陽郡の将、陳応が趙範を説得し劉備軍(総大将趙雲)と交戦します。しかしこちらもあっけなく決着します(劉備軍勝利)。元々戦う気のなかった太守趙範は直ちに降伏、劉備軍の桂陽入りを歓迎すると称して酒宴を行いますが、ここでちょっとした騒動が起こります。

酒宴の際、趙雲(子龍)は歓待を受けますが、そこに一人の美女が現れます。その女性は趙範の兄の嫁で、今は未亡人でした。そのため、趙範はこの女性を趙雲(子龍)に娶(めと)らせようと紹介しました。すると、趙雲(子龍)は激怒します「そもそも兄嫁を酒宴で接待させること自体、礼を欠く(女性に対して)のに、それを男(趙雲自身のこと)に薦めるとは言語道断!」と言い放って趙範を殴ってしまいます。

これを逆恨みした趙範は後日、降伏していた陳応に協力させ、趙雲(子龍)に夜襲を企てますがあっけなく露呈。逆に趙範が再度捕らえられることとなります。

兄嫁騒動から見る趙雲(子龍)の忠誠心

こうして桂陽郡は劉備軍によって平定されますが、劉備(玄徳)は「美人なら嫌う者はおるまい。私が仲人となってその美人を娶らせようか」と趙雲(子龍)に相談しますが、趙雲(子龍)は固辞します。趙雲(子龍)は「占領したばかりの桂陽で私がその地の女性を妻に娶れば、権力に任せて女を奪ったと民衆に誤解されかねません。臣下である私がそのような誤解を受ければ、それは当然、我が君(劉備のこと)の義にも影響します。美人と言えども、そのようなリスクを冒してまで娶りたいとは思いません」と言いのけます。

まさに「忠義の人」の「まっすぐな言葉」です。

武陵郡の攻防 零陵、桂陽とは異なる展開

次に劉備軍は武陵郡に侵攻します。武陵太守は金旋(元機)。零陵、桂陽の時とは違い、太守金旋(元機)自身が劉備軍を迎え撃つと言い出します。しかし、これを武将の鞏志が反対、「我が武陵軍と劉備軍との力の差は明らか。零陵、桂陽の前例もあり、むやみに民を戦火に巻き込み、将兵の命を奪うことは避けるべきである」と主張します。

金旋(元機)は「武将の身でありながら臆病風に吹かれおって!」と鞏志をののしり、裏切りの疑いもかけて打ち首にしようとしますが他の部下たちに諫められます。しかし、鞏志は投獄され、金旋(元機)自身が劉備軍に対峙します。劉備軍総大将は張飛(翼徳)。

どう考えても勝敗は明らかです。これまたあっけなく張飛(翼徳)が勝利します。

命からがら逃げる金旋(元機)。やっとの思いで武陵城に辿り着きますが城門は開きません。そして、城壁の上で姿を見せたのは鞏志でした。

鞏志は言います。

「私は民衆と相談しました。あなた(金旋)は実力の差が明らかなのに民を戦火に巻き込み、多くの人々の将兵の命を奪った。あなたに太守の資格はない。今日から武陵は劉備(玄徳)様にお渡しする。」

そして、金旋(元機)は弓矢で射殺されてしまいます。鞏志は金旋(元機)の首を持って劉備軍に投降。張飛(翼徳)は武陵城を攻撃することなく入城し武陵郡は陥落します。

武陵郡の攻防においては、金旋(元機)が戦いに敗れて戻った際に投獄されていた鞏志が城壁で待ち構えていたところがすべての答えでした。投獄されたいたはずの鞏志が牢から出され、金旋(元機)を待っていた訳ですから…これは「民衆(将兵も含め)の金旋(元機)に対する静かな反乱」です。

後日、この鞏志の行いを評価した劉備(玄徳)は彼を武陵太守に任じます。

このように「民衆の事を真摯に考える人が正しく評価される」のは当たり前ですが、三国志の時代のような乱世では必ずしもそうでない場合も多いです。そんな中での武陵郡の出来事は愉快な事例のひとつです。

まとめ

零陵、桂陽、武陵の荊州南部侵攻は劉備(玄徳)が初めて「有利な立場で戦いを進める局面」というところが、三国志のこれまでの展開と大きく異なります。劉備(玄徳)がこれまで大事に守ってきた仁愛の情もしっかりと発揮され、また、零陵での戦い後の人材配置など諸葛亮(孔明)の現実的な采配も見所です。

それまで、董卓(仲穎)、呂布(奉先)、袁術(公路)等々の「弱肉強食」「裏切り」「勝てば官軍」といった行動、曹操(孟徳)の帝を利用した専横…乱世ですから致し方ない面もありましたが、やはり何となく後味の悪い展開が三国志の主流となっていました。

劉備軍の荊州南部侵攻については「勧善懲悪」的な愉快な場面が多く、安心してその展開を見守れます。

関連するキーワード


劉備 天下三分の計 諸葛亮

関連する投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。