三国志に登場する武器のあれこれ

三国志に登場する武器のあれこれ

三国志は武将以外にも武器も注目の一つです。関羽の青竜偃月刀、張飛の蛇矛、呂布の方天画戟など武将を象徴する武器がたくさんあります。


三国志は武将以外にも武器も注目の一つです。
関羽の青竜偃月刀、張飛の蛇矛、呂布の方天画戟など武将を象徴する武器がたくさんあります。
また、武器により武将の個性が引き立てられます。
そんな魅力的な三国志で登場する武器と武器にまつわるエピソードを交えて紹介します。
武器にまつわる真実がわかるかもしれません。

青竜偃月刀(せいりゅうえんげつとう)

青竜偃月刀(せいりゅうえんげつとう)

青竜偃月刀(せいりゅうえんげつとう)

青龍偃月刀は、大刀の一種です。名前の初めに「青龍」と付くのは、刃の部分に青龍の装飾が施されているためです。
関羽(かんう)が愛用していた青龍偃月刀は冷艶鋸(れいえんきょ)と呼ばれています。
関羽と言えば青龍偃月刀、青龍偃月刀と言えば関羽です。
三国志では青龍偃月刀は関羽を象徴する武器です。
形は日本の薙刀(なぎなた)のように長い柄の先に湾曲した刃が取り付けられたイメージです。薙刀とちょっと違うのは薙刀よりも刀の部分が幅広で大きくなっています。 また薙刀に比べて、柄の長さはやや短めになっています。違った見方をすると刀の刃の部分が大きく、刀より絵の部分が長いとイメージしてもわかりやすいかもしれません。これは馬上で戦う際、片手での取り回しの良さを考慮した為です。
荊州陥落後、関羽は呉に捕まってしまいます。青龍偃月刀はその後、関羽を捕らえた潘璋(はんしょう)に褒美として与えられます。その後、潘璋は関羽の子・関興に斬られ青龍偃月刀は関興へと受け継がれます。
実は青龍偃月刀と呼ばれる武器は宋代以降に登場しており、実際には関羽は青龍偃月刀を使用していなかったようです。

蛇矛(だぼう)

蛇矛(だぼう)

蛇矛(だぼう)

蛇矛と言えば張飛(ちょうひ)の愛用した武器です。
蛇矛と言うだけあって、刃の部分が蛇のようにくねくねとした形をした、柄の長い矛です。
刃の部分が蛇のようにくねくねとした形をしているのには理由があります。敵を刺したときに、通常の矛より傷口を広げよりダメージを大きく治りにくくする効果を目的としていたようです。
三国志の物語でも張飛が蛇矛をブンブンと振り回して戦っています。蛇矛で切られたらいたそうですね。
実は三国志の時代には蛇矛は存在しなかったようです。登場するのは明の頃のようです。

方天画戟(ほうてんがげき)

方天画戟(ほうてんがげき)

方天画戟(ほうてんがげき)

三国志史上最強とされる呂布が愛用する武器が方天画戟です。
槍の刃の両側に左右対称に「月牙(げつが)」と呼ばれる三日月状の刃が付いている形状を方天戟(ほうてんげき)と呼びます。
「月牙」が片方にしか付いていない方天戟のことを「青龍戟(せいりゅうげき)」「単戟(たんげき)」もしくは「戟刀(げきとう)」と呼びます。
その中でも呂布が愛用した方天戟のことを「方天画戟(ほうてんがげき)」と呼びます。
戦いでは相手を槍のように突いたり、月牙の部分で切ることもできる武器になります。
戟という武器は、商の時代からあり、三国時代には一般的に広く使われていた武器になります。方天戟が使われるようになるのは宋の辺りと言われています。

倚天剣(いてんけん)

倚天剣(いてんけん)

倚天剣(いてんけん)

倚天剣は、曹操(そうそう)が愛用した武器になります。
倚天剣は、「天をも貫く」という意味が込められており、岩を泥のように斬ったと言い伝えられています。
倚天剣と対をなす剣として青紅剣(せいこうけん)も一緒に作られました。
倚天剣と青紅剣は、名剣として知られています。倚天剣と青紅剣セットで青釭倚天(せいこういてん)と呼ばれています。
青紅剣は夏候恩(かこうおん)が所有しました。
しかし、倚天剣と青紅剣共に史記では出てこないので架空の剣と思われます。

青紅剣(せいこうけん)

青紅剣(せいこうけん)

青紅剣(せいこうけん)

青紅剣はもともと夏候恩(かこうおん)が所有しましたが、長坂橋の戦いの際、夏侯恩が趙雲(ちょううん)との一騎打ちで破れ、青釭の剣は趙雲のものとなりました。以降、青釭の剣は趙雲の愛用の剣となりました。
柄の部分に青紅の文字が刻まれていたために青紅剣と呼ばれたようです。
青紅剣も倚天剣と同様、岩を泥のように斬ったと言い伝えられる名剣だったようです。
しかし、倚天剣と青紅剣共に史記では出てこないので架空の剣と思われます。

三尖両刃刀(さんせんりょうじんとう)

三尖両刃刀(さんせんりょうじんとう)

三尖両刃刀(さんせんりょうじんとう)

「三尖両刃刀(さんせんりょうじんとう)」があります。
三尖両刃刀は紀霊(きれい)、晏明(あんめい)などが愛用した武器です。
結構ポピュラーな武器のようです。
三尖両刃刀は、ボートで使用するオールのような感じです。水をかく部分が刃にあたり刃の先の部分が三つに分かれています。
三つに分かれた刃を使用して、突いたり切ったりして攻撃ができたようです。
古くから原型になる武器はあったようですが、三尖両刃刀が使われるようになったのは明代以降のようです。

雌雄一対の剣(しゆういっついのけん)

雌雄一対の剣(しゆういっついのけん)

雌雄一対の剣(しゆういっついのけん)

雌雄一対の剣は劉備(玄徳)愛用の剣です。
雌雄一対の剣は、桃園の誓いで劉備(玄徳)、関羽、張飛が義兄弟の契りを交わした後、黄巾賊討伐の為に先祖から伝わる剣に似せた二振りの剣のようです。
三国志の中では劉備(玄徳)が戦う場面はほとんどないので、雌雄一対の剣を二刀流のように使用したかは定かではありません。

七星宝刀(しちせいほうとう)

七星宝刀(しちせいほうとう)

七星宝刀(しちせいほうとう)

七星宝刀は王允→曹操→董卓(とうたく)の順番で所有されました。
七星宝刀は王允(おういん)の家に古くから伝わる鞘に七種類の宝石が散りばめられた名剣です。
また家宝としてだけではなく、切れ味も鋭いので戦いにも使用できました。
王允は、董卓暗殺のために曹操に七星宝刀を渡し暗殺を依頼しました。
しかし、曹操は董卓暗殺時に董卓にばれそうになり、七星宝刀を董卓に献上するふりをして難を乗り切りますが董卓暗殺に失敗します。この際に七星宝刀を董卓に献上してしまった為、七星宝刀は董卓が所有することになります。

その他

その他

その他

徐晃(じょこう)愛用の長い柄のついた大きな斧、大斧(だいふ)や
黄蓋(こうがい)愛用の鉄筋を太くしたような鉄鞭(てつべん)などがあります。

まとめ

まとめ

まとめ

簡単ですが三国志に登場する武器を簡単ですが紹介しました。
しかし、三国志に登場する武器は、三国志の時代にはなかった武器または、史記には記載のない武器などが多いです。
それはなぜかというと三国志演義は大衆向けな読み物の為、物語を面白くするために武将ごとに武器が被らないようにしているからと言われています。関羽愛用の青竜偃月刀、呂布愛用の方天画戟
とした方が三国志を読んでいてこの武将カッコイイとか愛着がわきませんか?
たかが武器かもしれませんが武将愛用の武器があることにより物語としてはとっても面白くなります。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


三国志 武器

関連する投稿


三国志の英雄がイケメンに!?三国志をテーマにした女性向けゲームアプリ!

日本の戦国時代や幕末をテーマとした女性向け恋愛シミュレーションアプリがあるように、三国志をテーマにしたものも存在するんです! 素敵な英雄と恋を楽しんでみませんか?


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


三国志の始まり~王朝の乱れより黄巾の乱の始まり~

「蒼天己死」~そうてんすでにしす~ 腐敗した漢王朝に代わる新しい世界を求めた者たちは、この言葉のもと各地で蜂起する。これが「黄巾の乱」である。この反乱が成功することがなかったが、三国志の英雄たちを歴史の表舞台に登場させることとなる。


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。