おさえておきたい三国志イケメン武将7人

おさえておきたい三国志イケメン武将7人

三国志は熱い熱い男たちの戦い。そして熱い男たちが居るところには、必ずイケメンが居るものなのです。今回は、三国志の中でも容姿が整った人物だった7名をご紹介したいと思います。イケメン好きな方は、是非ご覧になってみて下さいね。


三国志っておじさんばかりでしょ?そんなことはないのです!

「三国志」とは、中国の三国時代に起きた歴史を元にした歴史娯楽小説です。…と書くと、なんだかいかついおじさんがたくさん出てきて戦うんでしょう?と思う方もいるのではないでしょうか。難しそうだし、古代の中国のことなんてよくわからない…という方もいらっしゃるでしょう。
ですが、私達の社会に何人ものイケメンがいるように、三国志にもたくさんのイケメンが登場するのです。イケメンと言うだけで、がぜん興味が沸いてくるのがわたしたち女性のサガです。三国志の中でもこの人を抑えておきたい、という7人のイケメンをピックアップしてみました。ただ具体的な顔立ちは伝わっていませんので、頭のなかで想像してみて下さいね。

魏の武将編

荀イク

(じゅん いく、字は文若、163−212年)
荀イクは三国志でも非常に有名な人物である曹操の家臣です。涼し気な顔立ちのイケメンであったようで、同僚にからかわれるほどであったそうです。同時に決して見逃せないのが、その知謀の深さ。後に曹操の重臣となる人物を何人も推薦し、曹操に何度も策を授けた荀イクは、イケメンと知謀という、「天が二物を与えた」人物であったようです。ただし、晩年は主君である曹操と対立し、やや不遇であったことが伝えられています。そんな不運な荀イクですが、呉編で紹介する周瑜にも匹敵するような美男子だったそうです。

曹叡

(そう えい、字は元仲、206?−239年)
曹叡は曹操の孫にあたる人物です。三国時代中期に中国は3つの勢力に別れましたが、曹叡はそのうちのひとつ「魏」の2代目の皇帝になりました。抜きん出たイケメンであり、たいへん威厳のある人物だったそうです。ただし皇帝としての評価は賛否両論で、また短命であったことから三国志の中ではあまり注目されない人物だったりします。それにしても、国の最上の地位にある人物の容姿が良いというのも、なんだかすごい話ですね。

呉の武将編

周瑜

(しゅう ゆ、字は公瑾、175−210年)
周瑜は友人である孫策とともに、3つの国のうちのひとつ、呉の前身を作った人物です。たいへんな美男子として有名で、あだ名が「美周郎」(イケメンの周、とでもいいましょうか)だったといいますから驚きです。また音楽の才能もあったと伝わります。孫策の死後、三国志の中で最も有名であろう戦い「赤壁の戦い」の立役者となった周瑜ですが、若くして病死してしまいました。ちなみに奥さんである小喬(しょうきょう)も美人として有名で、その美しさの前では「花も羞じらう」とまで言われたそうです。美男美女はやはりくっつく運命にあるのでしょうか…?

陸遜

(りく そん、字は伯言、183−245年)
陸遜は孫権(孫策の弟で、兄の後を継いで呉の皇帝となった人物)に仕えた武将の一人で、その功績と人柄から孫権に信頼され、呉の重鎮となった人物です。歴史小説・三国志演義によると「美玉の如し」とありますから、相当なイケメンであったことがうかがえます。ただし正式な歴史書にはイケメンかどうかは書かれておらず、本当のところは不明です。しかし、後世の人に「きっと美男子だったのだろう」と思わせるほど活躍した人物であることは間違いありません。中国の伝統芸能である京劇でも、陸遜役はイケメン俳優さんが務めるのが定例となっているそうです。

蜀の武将編

趙雲

(ちょう うん、字は子龍、?−229年)
趙雲の名前は三国志に詳しくない方でも聞いたことがあるという方が多いと思います。三国志でも極めて人気の高い武将の一人で、コーエーテクモゲームスから出ているゲーム『三國無双シリーズ』では主役格です。堂々たる容姿を持った趙雲は劉備に仕え、208年に起きた「長坂の戦い」では、敵に囲まれた際に、まだ赤ちゃんだった劉備(玄徳)の子・阿斗を自分の身に抱いて守ったと言う武勲の持ち主でもあります。イケメンで同時に仕事もでき、主君への忠義も篤い。理想的とも言える人物で、人気が高いのもうなずけますね。

馬超

(ば ちょう、字は孟起、176−222年)
馬超は、正式な歴史書では特に容姿への言及は無いようですが、歴史小説・三国志演義の中では、その見事な武者振りから「錦馬超(きんばちょう)」と呼ばれています。敵である曹操に一族を皆殺しにされてしまう不憫さも、馬超の人気が高い理由の一つなのかもしれません。ちなみに彼は漢族と少数民族である羌族(きょうぞく)の混血であったことが伝わっています。ひょっとしたらエキゾチックな顔立ちのイケメンだったのかもしれませんが、皆さんはどう想像されますか?

三国以外の勢力編

公孫サン

(こうそん さん、字は伯圭、?−199年)
公孫サンは、三国時代に大陸が3つの国に別れる前、群雄割拠の時代に現れた人物です。容姿が優れていただけではなく、物言いもさわやかだったそうです。ですが残念ながらひとつの勢力を作るにとどまり、国を樹立するには至りませんでした。しかし30万の大軍を2万の味方軍で撃破するなど武勇にも優れていたようで、三国時代前期を彩るイケメンであることは確かです。

まとめ

三国志に登場する7人のイケメンをご紹介しました。三国時代は約1800年前の事ですが、これだけの時を超えてイケメンの活躍が伝わってくるのは、なんだかすごいことですね。普通、歴史書には容姿のことはよほどの特徴がない限り書きませんので、現代に伝わっているということは、彼らがいかに優れた容姿だったかを証明することになると思います。現代の私達とはイケメンの基準が違うのかもしれませんが、それでも古代中国にも、イケメンでしかも頼りになる英傑がたくさん居たかと考えると、楽しくなってきますね。

ちなみに、三国志にはイケメンだけではなく、いわゆる「異相」(変わった顔立ち)や、残念ながら容姿があまり優れていなかった人物も登場します。イケメンだけではなく、そう言った顔立ちの人々のことを調べてみるのも楽しいかもしれません。さまざまな容姿の人物とその武勇、才能と知謀が交錯する三国志。この記事を読んで、三国志に興味を持っていただけたのなら幸いです。

関連するキーワード


三国志

関連する投稿


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


三国志・呉が建国されたときには曹操・曹丕・劉備(玄徳)はすでに没していた

三国志・呉が建国されたときには曹操・曹丕・劉備(玄徳)はすでに没していた

三人の皇帝が並び立った異例の時代「三国志」。しかし皇帝が三人揃ったのはずいぶんと後のことでした。それぞれの国の建国についてお伝えしていきます。


諸葛亮(孔明)でさえ苦労した劉備軍での「新入り時代」

諸葛亮(孔明)でさえ苦労した劉備軍での「新入り時代」

天才軍師諸葛亮(孔明)。劉備(玄徳)の手厚い招聘を受けて劉備軍へ加入しますが、最初のうちは内部の人間関係で結構苦労しています。圧倒的な知力を持ち、参謀となれば大きな戦力となるであろう人材なのに周囲の目は意外に冷ややか…どんな世界でも「新人さん」は大変ですね。


三国志・馬謖が街亭を守り抜いていたら蜀の北伐は成功していたのか

三国志・馬謖が街亭を守り抜いていたら蜀の北伐は成功していたのか

馬謖の失策によって失敗したとされる第一次北伐。はたして馬謖だけの責任だったのでしょうか。その検証ともし馬謖が街亭を守り抜いていたらどうなっていたのか予想していきます。


魏の一番槍といえばこの男【楽進】

魏の一番槍といえばこの男【楽進】

三国志で国力・人材ともに最大規模といえば、曹操(孟徳)が築き上げた魏です。魏には有能な武将たちが勢ぞろいし、諸葛亮(孔明)や関羽、張飛、周瑜(公瑾)、呂蒙、陸遜ら傑出した人材を従えていた劉備(玄徳)や孫権たちでも恐れていたほどでした。その中でも魏の有名武将に引けをとらない活躍を見せた楽進を紹介していきます。


最新の投稿


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志・毒舌家として有名な禰衡(でいこう)が高評価した二人とは?

三国志の登場人物の中でもっとも「口の悪い」ことで有名な「禰衡(でいこう)」と、その禰衡に高評価されていた二人についてお伝えします。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

三国志・曹操の恋愛事情は?三国志でもっとも良妻である卞夫人

曹操の妻として曹丕や曹植を産んだ「卞夫人」。彼女と、彼女以外で曹操の正室となった女性を紹介していきます。


https://sangokushirs.com/articles/196