三国志に登場する、いろんな劉氏

三国志に登場する、いろんな劉氏

「劉」という姓がつく人物は、三国志で多く登場します。劉備(玄徳)こそ代表的ですが、そのほかの劉氏もどのような人物なのでしょうか?


蜀の君主 劉備(玄徳)

蜀の君主 劉備(玄徳)

蜀の君主 劉備(玄徳)

前漢の末裔にして、蜀の初代皇帝。貧しい暮らしを経て、民を助けたいという思いが生まれました。
「三国志演義」の主人公なので、(史実に置いて)不参加の戦いにも登場することがあります。

巨漢の関羽と張飛とともに義兄弟の契り(桃園の誓い)を交わしたほか、知略に長けた諸葛亮の元を3度訪れたこともあります。赤子を抱えて単騎で駆け抜けた趙雲も、劉備(玄徳)の配下です。
また、諸葛亮が考案した「天下三分の計」により、成都に城を建てました。

晩期では義兄弟の死がきっかけで病に倒れましたが、その後も諸葛亮によって蜀はしばらく守られ続けました。

桃園の誓いとは

桃園の誓いとは

桃園の誓いとは

「桃園の誓い」は、劉備(玄徳)・関羽・張飛の3人が義兄弟の契りを交わした出来事を指します。左から長男・次男・三男です。

その内容は、「俺たちの生まれた時間は違うけど、死ぬときは一緒だ」というもの。逆賊討伐を募る掲示板を見ていた際、劉備(玄徳)はため息をつきました。すると張飛に声をかけられ酒場に連れていかれたあと、関羽とも出会います。

やがて彼らは意気投合したため、張飛の家の庭で契りを交わしたのです。このとき、桃が多く咲いていました。

史実でこの出来事は起きていませんが、有名なエピソードとして長く語り継がれています。

名族に肩入れした劉表

名族に肩入れした劉表

名族に肩入れした劉表

劉備(玄徳)が前漢の皇族の末裔であるのに対し、劉表は「後漢」のそれにあたります。荊州を治めていました。

孫堅(呉の君主の父親)が玉璽を手に入れたことで、名族の袁紹が激怒。袁紹は孫堅を失脚させるために、劉表を頼りました。劉表が孫堅を攻撃したことで、孫堅がリベンジとして荊州に侵攻します。
劉表には部下の黄祖がいたため、黄祖に孫堅への返り討ちを命じます。黄祖がわざと撤退することで孫堅を誘導したのち、大量の矢で射殺しました。

劉表は孫堅を殺した人物として有名ですが、一方で劉備(玄徳)を同族として城を与えています。魏の曹操が侵攻してきた頃には病で倒れていたため、後を劉備(玄徳)に託したそうです。

違う道を歩んだ劉キと劉琮

違う道を歩んだ劉キと劉琮

違う道を歩んだ劉キと劉琮

劉キ
長男。父の劉表に可愛がられていましたが、継母の嫌がらせによって父からの対応が一変します。弟(劉琮)へのひいきに嫌気がさした劉キは、諸葛亮からのアドバイスで他方へ移りました。のちに劉備(玄徳)に管理職を任されますが、翌年に病死してしまいます。

劉琮(りゅうそう)
次男。周囲が兄を追い払ったことで劉表の後継者となりますが、その後曹操に降伏します。
曹操への降伏後は、演義と史実で大きく変わります。演義では曹操の部下に殺害されますが、史実では仲間とともにキャリアアップしています。

期待外れの兄弟 劉岱と劉ヨウ

期待外れの兄弟 劉岱と劉ヨウ

期待外れの兄弟 劉岱と劉ヨウ

宗族の血を引く兄弟。ある人物はこの劉兄弟を登用する際、こう評価します。
「この兄弟なら、2人の力で天下を変えられるでしょう」
しかし、兄弟ともにこの期待を後に裏切ってしまいます。

劉岱
董卓の討伐に参加。多くの武将が参加した結果、董卓を追い払ったことで毎日宴会ムードに。兵糧が尽きて解散した後、かつて討伐に参加していた武将と口論になり、殺害してしまったのです。

劉ヨウ
19歳の頃、盗賊に捕まった叔父を助けたことがある劉ヨウ。兄とともに登用されるも、戦いから逃れるために辞退します。部下には、武勇に長けた太史慈がいましたが、周囲の目を気にして上手く使いこなせなかったそうです。(その後、太史慈は呉で大活躍します)

魏の重臣 劉曄(りゅうよう)

魏の重臣 劉曄(りゅうよう)

魏の重臣 劉曄(りゅうよう)

さて、「劉」という姓を見ると無所属か蜀を思い浮かべるかもしれません。しかし、この劉曄は魏(曹操)の下で様々な策を提案しました。曹丕と曹叡が後を継いだ時代でも貢献しています。

曹丕の時代では、部下の裏切りや、劉備(玄徳)による呉への復讐を予測。曹丕はこれらの話を受け入れませんでしたが、予想を当てることは容易ではないと筆者は思います。
(余談ですが、関羽は呉の人物に殺害されたため、蜀は呉に対し報いを持ち掛けます)

ところが、曹叡の時代では優柔不断ぶりが顕著になります。政論について曹叡と朝まで語り合ったのち、晩に語ったこととは違うことを言い出すのです。それ以降は信用されず、魏の武将に首をはねられました。

蜀のパイオニア 劉焉

蜀のパイオニア 劉焉

蜀のパイオニア 劉焉

劉焉は、三国志が始まったころに活躍した政治家です。入蜀の先駆けとして有名ですが、それはなぜでしょうか?

知識を身につけた劉焉は、教師として名声を得ました。そして皇帝に携わる管理職へと登りつめます。

あるとき政治の乱れを感じた劉焉は、派遣として益州という地域に向かいます。益州では重税が問題となっていたため、劉焉がその地域の管理職となります。のちに蜀の本拠地になったので、これが「入蜀の先駆け」といわれる所以です。

しかし、これまで献身的だった劉焉は堕落し、豪華な馬車を作ることで威厳をアピールしました。住民たちに優しく接しながらも、野心を秘めていたのです。

やがて様々な不幸に苛まれ、そのまま病死します。

悲運の息子たち

悲運の息子たち

悲運の息子たち

劉焉には4人の息子がいましたが、そのうちの3人は長安に仕えていました。

長男の劉範と次男の劉誕は、長安でクーデターを起こします。このころは暴君の董卓が殺害されたばかりで、腹心の李カクが実権を握っていました。
しかし、クーデターは失敗。戦死した劉範と処刑された劉誕は、長安の市場で晒し首になってしまったのです。

また、三男の劉ボウだけ父の側にいました。劉ボウは将軍として認められたものの、精神を病んで他界します。
未亡人となった呉氏は、やがて劉備(玄徳)の妻として迎えられました。

独立した四男 劉璋

独立した四男 劉璋

独立した四男 劉璋

若いころは、劉範や劉誕と共に長安で仕えます。皇帝は劉璋を益州に派遣しましたが、劉焉が「2度と戻すな」と言ったためそのまま君主になります。
しかし、劉璋は国を治める力に乏しかったため、益州での反乱を治めることに難儀していました。

劉璋を見限った重臣たちは、「劉備(玄徳)に後を任せよう」と提案。劉璋は劉備(玄徳)を受け入れましたが、彼の熱意を疑ったことで不仲になります。

やがて劉備(玄徳)は成都城に向けて進撃。劉璋軍の抵抗は打ち砕かれたのち、劉璋は「これ以上民を苦しませたくない」と降伏しました。
劉備(玄徳)の命を受けて荊州の警察となりましたが、のちに呉に荊州を奪われたことであっさり帰順してしまいます。

漢王室と由縁のある劉氏

漢王室と由縁のある劉氏

漢王室と由縁のある劉氏

今回紹介した劉氏は、誰もが漢王室の血を受け継いでいます。しかし、最も後世まで語り継がれたのは劉備(玄徳)だけです。

劉氏にまつわる話といえば、荊州と益州が思い浮かぶかもしれません。
また、荊州は劉表の領地ですが、のちに関羽が(呉に)殺された場所となります。関羽は劉備(玄徳)の義弟だったため、呉に復讐を誓ったのは言うまでもありません。

もし劉岱が日々の宴会に流されなかったら、評価通りの人物像に近づいていたでしょう。盗賊を倒した劉ヨウもまた、もったいないことをしたと思います。

王家の血を引いているといえど、結局その血を活かすのは己の強い意思ではないでしょうか。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


女性目線から見た「関雲長」曹操と関羽

関羽、男として魅力的。義の人、一騎当千。曹操、悪党のイメージ強いです(泣)。策略家、女好き、等関羽に比べあまり印象が良くないです。この二人を主人公にした映画から、曹操の片思いに重点を置いて観てみようというこの企画。宜しかったら最後までお付きお願いします。


【三国志の歴史を変えた!?】孔明と劉備(玄徳)の出会い三顧の礼とは

三国志は魏・蜀・呉の三つの国が戦いを繰り広げた物語です。この三国の戦いには歴史の分岐点となる事件がいくつもありますが、今回は蜀の天才軍師・諸葛孔明と三国志の主人公・劉備(玄徳)。彼らは一体どのようにして出会うことになったのでしょうか。そして二人が出会うことによって歴史はどのように変化したのでしょうか。


【武将考察】趙雲、決死の阿斗救出劇-長坂の戦い

【武将考察】シリーズの第1回。長坂の戦いでの趙雲の活躍とそこから見えてくる趙雲の性格などについて考察します。


英雄たちの物語はここから始まった!「桃園の誓い」とは?

三国志は今から約1800年前、昔の中国の史実です。(史実を元にした小説でもあります。)役人のわいろなどが横行し、治安の乱れた世を正そうと同じ志を持った若者3人が出合うところから三国志ははじまります。この出会いのシーンで最も有名なのが「桃園の誓い」なのです。


まるでコント!民衆の間で語り継がれてきた桃園三兄弟の姿とは?

『三国志演義』には作者・羅貫中の創作がさまざま盛り込まれており、劉備(玄徳と関羽、張飛の3人が志を確かめ合い、義兄弟の契りを交わす“桃園の誓い”もそのひとつ。羅貫中は民間伝承も参考にしたそうなのですが……。さて、桃園三兄弟は中国の人々の間でどのように語り継がれてきたのでしょうか?


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。