中国四大美人の一人貂蝉(ちょうせん)はどうなった?

中国四大美人の一人貂蝉(ちょうせん)はどうなった?

三国志の最高の美女貂蝉は王允の策略により董卓と呂布の仲違いをさせることに成功させます。これにより反董卓連合すら叶わなかった董卓討伐を可能にした訳ですが、その後の様子は未知とされています。ここではそんな貂蝉の最後についての仮説を展開していきたいと思います。


仮説1 関羽に殺された

仮説1 関羽に殺された

仮説1 関羽に殺された

一緒に企んでいた王允はすでに殺されてしまったため王允と一緒になっているという線はまずないのですが呂布と一緒にいたと言う説はあります。そして呂布が張飛に捉えられた際関羽は張飛を賞賛しました。その際貂蝉は自分が助かるために関羽、張飛に対し命乞いをし、夫である呂布をボロクソ言います。

それに対し関羽は「夫を愚弄するとは何事か」と言い貂蝉を斬ってしまいました。この説は明の戯曲選集『風月錦囊(ふうげつきんのう)』に収められています。

もしこの説が正しいとすれば私の中では関羽の株が大暴落し、ひいては蜀の見方も変わってきます(中国四大美人は殺しちゃいかんという思いが強いのもあります)

そもそも貂蝉と王允の策がなければ董卓を討つことはできず、袁紹、曹操などは飲み込まれていた可能性すらあります。それを考えたら英雄扱いにしてもいいでしょう。少なくとも無能な袁紹よりは董卓相手に頑張った人物といえます。

仮説2 王允が討たれた際に自害した

仮説2 王允が討たれた際に自害した

仮説2 王允が討たれた際に自害した

この時代の女性がどこまで主に対して従順だったかは定かではありませんが、もし王允に「今日は董卓の妾になれ」、「今日は呂布の妾になれ」と言われたとしても今の時代なら「嫌です」と言ってしまいますよね。

そうしなかったくらい王允に対して忠誠心(恋心)を抱いていたとしましょう。そこまでの気持ちがあるのであれば王允が討たれた時に自害したと言う仮説を持ってきても何ら不思議ではありません。その記述がない原因として貂蝉の顔はあまり知られておらず、死んだら血色が悪くなり、それが三国志一の美女貂蝉だとは誰も気付かなかったなんていう線があるのではないでしょうか。

王允の隣で倒れていたならともかく、一人でいたら、そしてきらびやかな衣装をまとっていなかったらありえる話です。

仮説3 呂布が討たれた際に自害した

仮説3 呂布が討たれた際に自害した

仮説3 呂布が討たれた際に自害した

王允と手を組んで呂布と董卓が仲違いをした訳ですが、その際本当に呂布のことが好きになり妻となったと言う専門家考えられます。呂布は裏切りに裏切りを重ねるどうしようもない人物ですが、その力は折り紙付きで三国志一の武力の持ち主とされています。

そんな人物に惚れる女性は少なくないでしょう。連れ添って一緒に天下を目指すが夫呂布が討たれそうになった時についに観念して自害することを決意します。その最後が公にならなかった理由として実は呂布はその後も生き延びたが、貂蝉が早とちりして自害してしまい、「呂布と一緒じゃないから貂蝉じゃないんじゃない?」と言う結論に至ってしまう。

一般的には考えづらいですが、呂布ならありえるかもしれませんよ。

仮説4 実は誰かの妾になっている

仮説4 実は誰かの妾になっている

仮説4 実は誰かの妾になっている

誰かの妾となっているという考えは最もありそうな展開です。中国四大美人と言われるほどの美女だった訳ですから、貂蝉を宮中に入れたいと思う人間は少なくないでしょう。

問題はそれが誰かということです。レッドクリフでなんとなくエロオヤジっぽい雰囲気を醸し出していた曹操は最もありえそうですよね。実は関羽となんて言ったら驚きでここでもまた関羽の株は下がってしまいます。

司馬炎がこの時代の皇帝なら100%自分の妾にすることでしょう。いずれにせよ表立って出てきてないということはひっそりと誰かの妾になっていたと言うパターンで決まりです。とすればやはり妾を多く抱えていた大物が怪しいところです。

仮説5 李傕と郭汜に殺された

仮説5 李傕と郭汜に殺された

仮説5 李傕と郭汜に殺された

これも結構考えられるパターンです。残虐性の高かった董卓軍において悪名を轟かせていたのが李傕と郭汜です。その二人がトップになったものだから董卓が殺される原因となった貂蝉は生かしておけないというのが一般論でしょう。

王允は死に呂布は逃げ切りましたが、貂蝉まで逃げ切るのはなかなか至難の技ですね。色仕掛けが聞く相手ならいいのですが彼らは有無を言わさず殺してしまう可能性は大です。そしてただ殺されるのであればまだいいかもしれませんが残虐的な殺され方をされていたらと思うと胸が痛くなってしまいます。

三国志史上最も残虐だとの呼び声高い董卓。それ以上に残虐なのではないかといわれた二人相手となると悪い予感しかしません。

仮説6 李傕と郭汜の争いにも一役買っていた

仮説6 李傕と郭汜の争いにも一役買っていた

仮説6 李傕と郭汜の争いにも一役買っていた

5に続き、董卓軍の残党兵をまとめる李傕と郭汜が関わるパターンです。といっても5の二人に殺されるという仮説ではなく、なんとこの二人の仲違いも貂蝉によって起こされたという仮説です。

王允を殺した二人は仲が良くこれから二人で董卓軍をまとめあげようとしていました。そんな矢先貂蝉がまたも完璧なハニートラップをかける。王允の策なしに一人で二人を手玉に取り二人の仲違いを引き起こしました。どちらが貂蝉を自分のものにするかということで争いが起こり、董卓軍がバラバラになりました。

実際仲が良かった二人が争った理由が貂蝉であれば董卓・呂布の二の舞になって面白いですよね。

貂蝉の美貌があればこの説は全くないとは言い切れず、私が立てる仮説の中で一番面白い展開です。そして董卓軍を崩壊させた後はあまり目立たない武将の妻となり幸せに暮らす。そんな人生が残されていてもいいのではないでしょうか。

仮説7 関羽に使われた

仮説7 関羽に使われた

仮説7 関羽に使われた

呂布が早々に討たれた後、貂蝉は関羽に身を預けられることになりました。仮説1のように関羽に殺されているのではなく、重宝されているという線も考えられます。

そのまま関羽の妾になるということも考えられますし、ハニートラップ用に使われたかもしれません。

蜀の武将はまっすぐで強い武将が多い記述が多いのですが、この時代に力だけで渡り歩くことは出来ないので実はこういう行為もされていたのではないかというのが私の考えです。

仮説8 張飛に使われた

仮説8 張飛に使われた

仮説8 張飛に使われた

仮説7の様に重用されるのですが、関羽ではなく張飛がそのまま重用するという考えです。貂蝉を捉えた張飛はその美貌にやられ自分の妾にしてしまうという考えです。

関羽の場合より考えられますが7、8は期待薄として仮説を立ててみました。

まとめ

まとめ

まとめ

結局のところ貂蝉の最後を知る術は今の所ないのですが、上記の様に殺された仮説が2つ、自害したと言う仮説が2つ、そのまま生き続けたと言う仮説が4つできました。

中国四大美女の一人貂蝉ですが、その最後について考えるのは楽しいので皆さんも自分なりの仮説を立ててみてはいかがでしょうか。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


三国志外伝 絶世の美女貂蝉

皆さんは貂蝉という女性をご存知でしょうか。三国志演義にその名をとどめる傾城の美女・貂蝉のはかなくも美しい生き様をご紹介します。


知らなきゃ良かった? 三国志の伝説の美女 貂蝉と二喬

三国志の美女といえば、貂蝉と二喬。知りたくはないと思いますが、彼女らの隠れた逸話をご紹介しましょう。


三国志を華やかに ~私達だってイロイロ戦ってます~

三国志では英雄が活躍する数々の戦いが描かれてますが、男ばかりの活躍ではむさ苦しくてかないませんよね。そこで華を添えてくれるのが、女性たちです。


王允と呂布から見る処世術!

歴史からいろいろなものを学んで現代社会に役立たせなければいけないということは多々あります。戦国の時代と言えど現代にも通づる考え方は多岐にわたって存在します。王允と呂布を参考に処世術を学んでみましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。