三国志・魏の名将・于禁は関羽と同じように降伏したのになぜ評価は真逆?

三国志・魏の名将・于禁は関羽と同じように降伏したのになぜ評価は真逆?

魏の五大将軍の一人である于禁は、曹操配下の中でも非常に優れた名将でした。数々の武功をあげています。しかし、関羽との戦いに敗れて大きくその評価を下げることになってしまいました。今回はそんな于禁の素顔に迫ります。


鮑信の配下から曹操の配下へ

于禁、字は文則。兗州泰山郡の生まれです。同郷の名士・鮑信が兵を募るとそれに応じました。やがてこの兗州に、青州から発生した黄巾の残党百万が攻め寄せます。于禁は鮑信の配下として戦いましたが、鮑信が戦死し、それ以降は黄巾の残党との戦闘の指揮を執った曹操に従います。この戦いで武功のあった于禁は軍司馬となり、曹操の徐州大虐殺に加わります。徐州の陶謙を攻めたときにも敵陣を攻略し、都尉に出世しました。
このときに故郷である兗州を、反乱を起こした張邈や呂布に奪われます。その後の戦いでは呂布の部将を破り、張邈の弟である張超の陣を攻略しました。
于禁はこうして曹操の信頼を勝ち取っていくのです。

張繍の裏切りと于禁の対応

于禁の快進撃は止まらず、袁紹に呼応して豫州で反乱を起こした黄劭を討ちます。さらに領土拡大を目指し侵略を繰り返す袁術を攻め、橋蕤ら有力な部将を討ち果たしています。
その後、宛で勢力を誇った張繍が曹操に降伏しました。するとすぐに裏切り、曹操に夜襲を仕掛けます。曹操は危機的状況をなんとか逃れましたが、腹心の典韋や長子・曹昂らを失っています。
このとき曹操軍の青州兵が混乱する味方に略奪を働きました。青州兵とはかつて于禁と死闘を繰り広げた黄巾の残党です。死を恐れない精鋭でしたが、暴力を好み略奪も許されていました。于禁はこの青州兵を攻撃し撃退しています。逃げ出した青州兵は曹操に于禁が裏切ったことを告げました。曹操は楽進を確認のために向かわせますが、于禁はすぐに弁明しません。姿も見せないのです。楽進は怪しみましたが、そのとき張繍の追撃が来襲し、伏せていた于禁の兵が一斉に迎撃しました。于禁はまずは追撃する張繍軍に対する備えをし、これを迎撃した後に曹操に事の次第を報告しようと考えていたのです。
曹操はこの于禁の冷静さを称賛し、「古の名将にも勝る」と評価しています。

五大将軍へ

于禁は呂布を成敗した後、河内の張楊の跡を継いだ眭固を討ちます。
やがて袁紹との戦いが始まると、曹操はまず徐州の劉備(玄徳)を攻めました。その隙に袁紹は延津を攻めますが、于禁が見事に守りきります。次に曹操軍は攻めに転じ、于禁は袁紹の陣を次々と陥落させ、敵将を捕縛していきます。于禁は裨将軍に出世しました。
今度は袁紹が大軍の利を活かして曹操軍の陣を攻め、陥落寸前の曹操軍は士気が大いに下がります。ここに于禁が合流し、守りを固めると、兵の指揮がみるみる上がったといいます。
袁紹を破った曹操は、功績の大きい于禁を偏将軍に任じました。
さらに東海の反乱を鎮圧すると于禁は虎威将軍となります。
楽進、張遼、徐晃、張郃と並ぶ五大将軍として于禁は重用されました。曹操が出陣する際はこの五人が交代で先鋒と殿を務めたそうです。

親友・昌豨への対応

張繍は曹操を裏切りその長子まで殺していますが、後に曹操への降伏を許されています。
曹操は能力を認めた者に対してはあまい部分があるようです。
徐州の豪族である昌豨に対してはそれが顕著で、何度も反乱を起こされていますが降伏を許しています。
206年にも昌豨は再度反乱を起こしますが、不利になり、親友の于禁を通じて降伏しました。しかし于禁は「包囲した後に降伏した者は赦されない」という法を徹底し、曹操の許可も受けずに処刑しています。この件で曹操はさらに于禁を重んじるようになりましたが、于禁の法を遵守する潔癖症は味方や配下にも浸透しており、恐れられていたようです。融通が利かない点が于禁の欠点だったのでしょうか、人望はあまりなかったようです。

左将軍・于禁の降伏

武功を積み上げた于禁はついに左将軍にまで登りつめます。完全に曹操軍を代表する将軍です。誰もが于禁に一目置いていました。敵将の関羽も于禁の武勇は認めていたようです。しかし張遼や徐晃のようには関羽との親交はありません。
その関羽が曹操の領地に攻め込んできたのです。守将は曹仁でした。曹仁は関羽に押されて籠城します。その援軍のために出陣したのが于禁です。七万の兵を与えられています。副将には新参の龐徳が付けられました。
于禁は関羽軍の横腹を突く予定でしたが、予想外の大雨と関羽の水攻めの計略にはまり、軍船の用意のない于禁は敗北します。関羽は「勝敗は兵家の常」といって降伏した于禁を慰めたそうです。副将の龐徳は最後まで抵抗し処刑されています。
こうして曹操軍の象徴でもある于禁はあえなく敗れ去るのでした。

降伏した于禁に対する曹操の反応

結局のところ関羽は孫権の裏切りにあって敗北し処刑されます。于禁は捕虜としてそのまま呉に送られました。
それを知った曹操は「于禁を知って30年になるが、危難に際して、私と付き合いの浅い龐徳に及ばなかったのは意外だった」と語ったそうです。
司馬懿などは、天候のためであり、于禁が戦で負けたわけではないと弁明しています。
しかし曹操が怒っていたわけではなさそうです。嘆いていたという表現から、曹操は悲しんでいたのかもしれません。曹操のことですから、降伏した于禁を許さないという思いはなかったでしょう。
于禁が魏に帰国できたのは曹操が病没した後のことになります。髪もヒゲも真っ白になっていました。

まとめ・于禁の最期

皇帝に即位していた曹丕は于禁を責めることはなく、食禄も変わらぬ待遇だったようです。
しかし曹丕は于禁の降伏を許してはいなかったようです。曹丕は呉への使者に于禁を命じ、呉に向かう前に曹操の陵墓に寄るようにいいました。曹操の陵墓には曹丕が描かせた絵があり、そこには関羽と龐徳が戦っている姿が描かれていたのです。関羽の足下にはひれ伏す于禁の姿がありました。それを見た于禁は昏倒し、失意のまま亡くなったそうです。
数え切れぬほどの武功を積み上げてきた于禁はたった一度の失敗で後世まで残る汚名を着せられたわけです。
降伏といえば敵対していた関羽も一度、曹操に降った経歴があります。しかし関羽は劉備への忠義を貫いた英雄として崇められ、後世では神として祀られています。この差はいったい何なのでしょうか。
三国志「正史」を編纂した陳寿は、魏の五大将軍(五人を同じ伝に記しただけで五大将軍との表記はありません)の中でも于禁は一番威厳があり、剛毅だったと記しています。その終わりだけが残念だったと指摘しているのです。
魏の名将・于禁。もっと評価されてもよい英雄なのではないでしょうか。

関連するキーワード


于禁 曹操 関羽

関連する投稿


初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

三国志で広大な領土を築いた魏の曹操ですが、人材の宝庫といわれ、文官・武官ともに有能な武将たちが勢ぞろいしていました。そんな魏の人材でも、当初は曹操に敵対勢力として所属していた武将も多くいます。そんな曹操を苦しめて、後に魏の発展に貢献した人物を見ていきましょう。


三国志・曹操の従弟である曹仁は、武将としてどのランクに位置するのか?

三国志・曹操の従弟である曹仁は、武将としてどのランクに位置するのか?

三国志演義ではあまり注目されることのない「曹仁」ですが、最強ランクの名将だったという説もあります。その背景を考察していきましょう。


呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

三国時代の知将として代表的なのは蜀の諸葛亮(孔明)と魏の司馬懿(仲達)です。三国志のシミュレーションゲームでも、軍師として誰もが欲しがるビッグネームですが、呉の孫権(仲謀)配下には彼らのような大物軍師はいませんでしたが、知将として名高い武将たちがリレー形式で孫一族を支えていったのです。


夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

壮大な国盗りゲームである三国志の勢力図がほぼ固まるのが夷陵の戦いです。関羽を討ち、荊州を孫権が奪いとると、関羽の仇討ちと荊州奪還を目指して劉備(玄徳)が出陣しますが、敗れます。その結果、魏・呉・蜀漢の三国の領土が決定します。一体どんな戦いだったのでしょう


関羽(雲長)は項羽に感化されていた!? 項羽と関羽(雲長)の死に際に見る共通点とは?

関羽(雲長)は項羽に感化されていた!? 項羽と関羽(雲長)の死に際に見る共通点とは?

関羽(雲長)は聞きしに勝る忠義の臣です。大の読書家としても知られる関羽(雲長)は下賎の出身でありながらも日頃本を読んで人間関係や孝の精神、さらには兵法に及ぶまで学ぶことを欠かさなかったと言われています。そんな関羽(雲長)にはとある歴史上の偉人に感化されたのでは?と思いたくなるエピソードがあります。


最新の投稿


初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

初心者でも早分かり! 三国志人物伝【曹操と敵対にあった雄】( 魏②)

三国志で広大な領土を築いた魏の曹操ですが、人材の宝庫といわれ、文官・武官ともに有能な武将たちが勢ぞろいしていました。そんな魏の人材でも、当初は曹操に敵対勢力として所属していた武将も多くいます。そんな曹操を苦しめて、後に魏の発展に貢献した人物を見ていきましょう。


三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

三国志・ビジネスマンは、孫策の江東制圧戦から学べることが多い

凄まじい勢いで、江東を制圧していった「孫策」。しかし、相手も備えは充分です。もちろんそんな簡単にはいきませんでした。奪った拠点を奪還されたりもしているのです。


これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

これぞ勇将!勇猛果敢の三国志武将5選とエピソードを紹介!

三国志の魅力は何と言っても登場人物の多さです。なかでも勇猛果敢に活躍する三国志の武将には魅力を感じるものです。そこで今回は、勇猛果敢に戦った三国志の武将をピックアップして紹介していきたいと思います。


三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義に見る蜀将の活躍、逸話はフィクションが多い!?

三国志演義は劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)といった蜀の武将、官吏を贔屓した描写が多いです。実際その場ではなにもしていないのにさも獅子奮迅の活躍をしていたことになっていたり、神様のように描かれることもしばしばあります。それでは三国志演義にある蜀将にまるわるフィクションをお届けしましょう。


実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

実は凄かった荊州を支配した実力者【劉表】

荊州を支配した劉表は、三国志演義では優柔不断で頼りない印象を受け、劉備や孫策の引き立て役になっていました。しかし、三国時代には激戦区となる荊州を、存命中に実効支配していたのは劉表の影響力が強かったからといえます。そんな劉表の凄さをみていきましょう。


https://sangokushirs.com/articles/196