関羽が最も人気のある武将とされているわけ

関羽が最も人気のある武将とされているわけ

三国志で最も有名な武将として知られているのが関羽です。理由の一つとしては三国志の主役である劉備(玄徳)と義兄弟として最初からお供をしていたということがあります。しかし彼の強さが際立ち、数多くの敵将を討ったということが挙げられるでしょう。そんな関羽について紹介します。


早々に武功を挙げた関羽

関羽が世に名を轟かせたのは三国志の初期の頃です。当時、まだ劉備が転々としていて董卓(とうたく)がやりたい放題やっている頃でした。世間では反董卓連合が結成され、袁紹(えんしょう)、曹操を中心に反董卓連合を作り相国(国の絶対的支配者)に対抗しようという勢力が生まれました。
そんな中董卓軍は汜水関の戦いで武将華雄(かゆう)を選出しました。誰も華雄を止めることができず連合軍は早くも大ピンチに立たされあたふたしていました。
ところが関羽が「私が行ってきましょう」と言って華雄をあっさり討ち取ってしまうのです。今まで「これは誰だ?」と言われた関羽ですが、この戦いで関羽を知らない者はいなくなりました。

倒した武将の数が多すぎる!

関羽の凄さは倒した武将の数が物語っています。関羽は三国志の中でもかなり多くの1対1の戦いをした武将です。しかも他の将軍が討てなかった相手を容易く倒してしまうということもある為強烈なインパクトを残します。関羽が倒した武将は程遠志(ていえんし)、華雄(かゆう)管亥(かんがい)、荀正(じゅんせい)、車冑(しゃちゅう)、王忠(おうちゅう)、顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)、孔秀(こうしゅう)、孟担(もうたん)、王植(おうしょく)、蔡陽(さいよう)等など。
とにかく一騎打ちをやらせたら相手を倒せる率が高く、最も頼りになる武将と言ってもいいでしょう。
特に華雄、顔良、文醜などは討ち取れず困り果てていた中「では私が」という感じで出ていきあっさり倒してしまい誰もが関羽の強さに舌を巻くようになりました。

文武に優れていた

関羽は三国志で最も強い武将の一人として知られています。(恐らく呂布の方が強かったんじゃないかという人は多く、私もそう思っていますが)そのぐらい強い武将であるにもかかわらず文にも優れていて人格者ということで非常に人気のある武将でした。呂布はものすごく強く戦う所的なしという感じでしたが彼は裏切りを繰り返していたため「人格的にはどうなの?」という感じで見られています。
それに対して関羽は今でいう教師のようなこともしていて「文」に対しても明るい人物でした。強いだけでなく文にもすぐれ君主である劉備(玄徳)に心から忠誠を誓うという所から人格者として知られています。そういったエピソードが関羽が最も人気のある所以ではないでしょうか。

張飛の良き理解者であった

劉備(玄徳)、関羽、張飛の三人は三国志の中でも別角の扱いを受けています。ところが性格は三人ともかけ離れていて、特に張飛はかなり短気で部下に対してかなり厳しい武将でした。
そんな張飛を関羽はうまくコントロールしていました。関羽がいなかったら張飛は暴走し、いろいろなところで敵を作っていたことは間違いなかったでしょう。
それが分かるのが、関羽が亡くなってからである。関羽の弔い合戦をしたくてしょうがない劉備、張飛はコントロールが効かなくなり孔明ではどうしよもうも出来なくなります。挙句の果てに張飛は自分の部下に討たれてしまうという最悪な結果に陥ってしまいました。
もし最初に討たれたのが張飛だったのであればここまで最悪な事態には発展せず何とかなったかもしれません。強いだけでもなく、弟分の張飛をコントロールできた関羽はやはり凄い武将だったと言えるでしょう。

死んでからも相手を呪い殺す

無敵を誇った関羽ですが、呉の呂蒙(りょもう)にはめられて命を落とすこととなりました。そこまではよくある話ですが、関羽の凄いところはまだまだ続きます。
なんと死してなお呂蒙を呪い殺すという芸当を成し遂げてしまうのです。しかもそれだけではなく、関羽を討ったということで蜀の君主である劉備(玄徳)がブチ切れ国策を変えてまで関羽の弔い合戦に出るという始末。
さらに関羽が討たれた際助太刀をしなかったという理由で劉備(玄徳)は養子である劉封を処刑してしまいます。しかし劉備(玄徳)は一時の感情で処刑してしまったことを嘆き病に倒れてしまいます。
関羽は養子よりも身近な存在で義兄弟とは言え、劉備(玄徳)にとってはまるで自分の一部だったと言っても過言ではなかったのかもしれませんね。

敵軍曹操が喉から手が出るほど欲しかった武将だった

関羽は武力においても人格においても優れているということは上記で挙げた通りです。そしてそのような人物は敵将にとっても「是非うちに欲しい」と思わせる人物であることには違いありません。
最も関羽を欲しがっていたのが曹操です。関羽の君主はもちろん劉備であるが、分け合って一時期曹操の元で働いていたこともありました。
その際に官渡の戦い(曹操軍対袁紹軍)というものすごく大きい戦がありました。曹操軍は袁紹軍の武将顔良、文醜に手を焼いていましたが関羽があっさり討ち取ることとなりました。
言ってみたら全然受注の取れなかった会社が一人のお助け営業マンによって超大型契約を2つも取って来たという感じでしょう。そんなものだから曹操は喉から手が出るほど関羽を自分の配下に置きたかったのです。

各地で祀られている

チャイナタウンには必ず関羽を守護神として崇められている「関帝廟」(かんていびょう)というものがある。それは関羽が強いこと、誇り高い武将であること、義を貫き通したことによるもので、それが伝承や信仰を生み関羽を祭る風習ができたからです。諸説様々ありますが、私は単に商売が繁盛するようにという意味だけではなく、関羽が曹操の元で健気に戦っていたという状況と、アウェーにもかかわらず華僑が必死に働く様が一緒なため心のよりどころとして関羽が祀られているのではないかと思っています。
いずれにせよ華僑にとって関羽というのは崇めるべき存在であり、なくてはならない人物というのに違いはありません。

まとめ

関羽の凄さについて簡単にまとめましたが、事細かに挙げたらきりがありません。それほど関羽という人物は尊い存在で、まさに中国人の誇りともいえるべき人物なのです。君主からも、部下からも、敵将からも、そして時代を超えて中国とは離れて遠い地で働く佳境にとっても崇拝される関羽は唯一無二の存在です。関羽の人物像が少しでも分かってもらえたら嬉しい限りです。
横浜や神戸のチャイナタウンにももちろん関羽を祭った関帝廟があるので機会があったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


関羽 劉備(玄徳)

関連する投稿


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。


えっこんなに?正史と演義で差のある人物

えっこんなに?正史と演義で差のある人物

三国志演義(正式名称:三国演義)は三国志正史を元に書かれた小説です。当然両者には差があります。蜀漢を正当とする演義では大活躍しても、魏を正当な王朝とする正史では、あまり目立たない人物も数多くいます。 どんな人物が当てはまるでしょうか?


袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

袁紹VS公孫瓉--河北の覇者はオレだ

三国志の序盤において、中原では曹操・袁術・呂布・劉備(玄徳)・劉表らによって勢力争いが行われていました。その一方で、黄河の北側・河北では、袁紹と公孫瓚が覇権を争っていました。袁紹VS公孫瓚、彼らの争いとはどういうものであったのでしょうか?


三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。