知っておきたい!有名な戦いと登場人物

知っておきたい!有名な戦いと登場人物

三国志に入門するなら抑えておきたい知識として有名な戦いがあります。そこではどんなドラマがあり、どのような人物が活躍したのでしょうか。


黄巾の乱から董卓の台頭まで

三国志がメインとなるのは中国史において後漢末期(184年)から西晋による中国大陸統一(280年)を指し、約100年に渡る戦いの歴史となります。184年に発生した、黄巾の乱と呼ばれる民衆の大規模反乱を平定した後から群雄割拠の時代が始まります。

各地の太守(戦国大名のようなもの)がそれぞれ独立して兵力を持っており、その地方の治安を担っていました。しかし、皇帝がいる都では宦官とよばれる側近たちが政治を牛耳り、黄巾の乱が平定された後も変わらず政治は腐敗していました。そこで宦官を始末するべく追討軍が結成され、各地の太守や将軍たちがこぞって終結してきます。中でも西涼(北西地方)の太守で後漢の将軍でもあった董卓(トウタク 生年不明―192年)がゴタゴタの中で皇帝を保護し、権力を手中に収めました。

反董卓連合軍が結成された【陽人の戦い】

董卓は幼い皇帝をないがしろにして、政治を握り、暴虐の限りを尽くします。有力者の金品を強奪したり、民衆を惨殺したり、董卓の行いを諌める人はすぐに誅殺されてしまいました。これに対し袁紹(エンショウ 154年―202年)や袁術(エンジュツ 生年不明―199年)を中心として反董卓連合軍が結成され、孫堅(ソンケン 155年―192年)らが参戦しました。

呂布(リョフ 生年不明―198年)ら猛将がいる董卓軍は強大で、なかなか連合軍は一つにまとまることもなく連敗してしまいます。しかし、軍を立て直した孫堅が董卓軍の華雄を打ち破ると、董卓は都に火を付けて焼き払い、長安へ撤退します。董卓を打倒すことはできませんでしたが、反董卓連合軍はそこで解散となりました。都を失った後漢の権威は失われ、各地の群雄たちはこぞって勢力争いを繰り返す動乱の時代が幕開けました。この一連の戦いを【陽人の戦い】といいます。

曹操の飛躍を決定づけた【官渡の戦い】

董卓や呂布が亡くなり、中原で支配力をみせていたのが曹操(ソウソウ 155年―220年)です。曹操は皇帝を手中にし、その才能と人望で多くの優秀な部下を擁し、権力を手に入れていました。一方、名門家ともいうべき袁紹は、河北(中国北東)を平定し、その兵力は10万以上ともいわれていました。単純な兵力では袁紹が大いに勝っており、曹操の5倍以上は有していました。

200年には袁紹陣営では曹操との対決が迫り、曹操軍の兵糧不足を読んで持久戦を主張する参謀の沮授(ソジュ 生年不明―200年)を疎んだ他の重臣たちが兵力に任せた短期決戦を主張し、袁紹は短期決戦を選択します。沮授は自軍の武将たちをよく理解しており、袁紹に様々な進言をしますが、そのほとんどが却下されてしまいます。また、沮授は自軍の兵糧の守備隊を念のために増員させようと袁紹に進言しますが、これも却下されてしまいます。このころの袁紹はこれまで河北を平定するのに貢献してきた沮授の意見を採用することがありませんでした。


逆に曹操は参謀の荀攸(ジュンユウ 157年―214年)や郭嘉(カクカ 170年―207年)の意見を取り入れ、袁紹軍の兵糧を守備していた部隊を奇襲攻撃します。その結果、兵力で勝っていた袁紹軍は大混乱に陥り、総崩れとなっていきました。この【官渡の戦い】では曹操軍の圧勝に終わり、袁紹は多くの武将が曹操に寝返ったり、打ち取られたりして戦力低下が免れない事態となっています。また、長年貢献してきた沮授が曹操軍に捕えられます。曹操は沮授の才能を高く評価し、自軍に降るように説きますが、沮授は主君を裏切ることはせずに脱走を図り、曹操の部下に殺されてしまいます。

袁紹配下の武将たちはこぞって敗戦の責任を押し付け合い、袁紹は有能な武将まで処刑することになりました。ここに曹操と袁紹の器の大きさが結果につながっていることがうかがえます。

歴史が変わった【赤壁の戦い】

曹操が袁紹を破り、中原から河北を制圧すると、とうとう南下を始めました。そこで荊州を手中に収め、次なるターゲットは江東(中国南東)の孫権(ソンケン 155年―192年)となりました。孫権は劉備(玄徳)と同盟を組み、曹操に対抗します。

孫権軍を掌握していたのは都督の周瑜(シュウユ 175年―210年)であり、圧倒的兵力差のある曹操軍に対し、自軍の有利を見抜いていました。黄蓋(コウガイ 生年不明―215年)が偽の降服で曹操に寝返る振りをして曹操軍の船団に近づき、火を付けます。大軍とあって船を密集させていた曹操軍はたちまち火計の餌食になりました。また、周瑜の読み通り、曹操軍は慣れない土地で疫病にかかり、満足に戦うことができませんでした。劉備(玄徳)と孫権の連合軍は曹操軍を打ち破り、曹操陣営に多大な被害をもたらしました。208年に起きたこの戦いを【赤壁の戦い】といいます。

陸遜の名を広め、劉備(玄徳)最後の戦いとなる【夷陵の戦い】

劉備(玄徳)が益州(蜀)に入り、その地盤を固めようとしていた矢先、荊州を収めていた配下の関羽(カンウ 生年不明―220年)が呉の呂蒙(リョモウ 178年―219年)によって打倒されます。劉備(玄徳)は関羽の弔い合戦として呉を大軍で攻めることを自ら主張します。奇しくも関羽と共に旗揚げ時から参戦している張飛(チョウヒ 生年不明―221年)も部下の裏切りに遭い、殺されてしまいます。張飛を暗殺した部下はそのまま張飛の首を手土産に呉へ降服してしまいます。これに激怒した劉備(玄徳)は、諸葛亮(ショカツリョウ 181年―234年)が引き留めるのを無視して221年に荊州を攻め入ります。

呂蒙はすでに亡くなっており、後を継いだのが陸遜(リクソン 183年―245年)でした。陸遜は数に勝る劉備軍に対し、火計に弱い布陣を敷いていたのを見抜きます。陸遜は夜襲をかけて劉備陣営に火を放ちます。たちまち火の手につつまれた劉備軍は混乱して後退しますが、陸遜はそれを読んでおり、四方から追撃を喰らわせ、劉備軍は壊滅状態に陥りました。劉備(玄徳)は白帝城に逃げ帰り、失意のもとで亡くなりました。劉備(玄徳)は諸葛亮に後事を託しています。この一連の戦いを【夷陵の戦い】といい、大軍を率いた劉備(玄徳)を破った陸遜はこの後に名声を手にしています。

まとめ

これらの戦いには三国志の歴史の変化点が記されています。また、【官渡の戦い】、【赤壁の戦い】、【夷陵の戦い】は少ない兵力側が勝利しており、その後の三国志において非常に重要な変化点となっています。この3つの戦いについては三国志ファンなら覚えておきたい戦いといえるでしょう。

関連するキーワード


曹操 戦い

関連する投稿


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

諸葛亮(孔明)に追い込まれ、赤壁の戦いに見る曹操(孟徳)の限界 

208年、江東・江南支配を目指した曹操(孟徳)でしたが、劉備(玄徳)、孫権(仲謀)の連合軍に阻まれて大敗北を喫します。河北・荊州を制して日の出となっていた曹操(孟徳)の勢いが止まり、三国志が新たな局面を迎えます。そして、結果的には最期まで曹操(孟徳)は江東・江南を支配するに至らなかった彼の限界が、ここに伺えます。


曹操と対決! 【劉備玄徳】の軌跡②「徐州陥落~流浪~三顧の礼」

曹操と対決! 【劉備玄徳】の軌跡②「徐州陥落~流浪~三顧の礼」

曹操とともに呂布を倒した劉備(玄徳)は、その才能を恐れられるようになり、曹操は警戒を強めていきます。ここから曹操との対決が多くなりますが、袁紹や劉表の下へと逃れていきます。しかし、諸葛亮を三顧の礼で従え、劉備(玄徳)陣営は飛躍の時を迎えようとしています。ここでは徐州の陥落からまたしても流浪、三顧の礼までをみていきます。


リーダーになったらお手本にしたい三国志の武将・君主7選

リーダーになったらお手本にしたい三国志の武将・君主7選

三国志では、多くの武将・君主が登場します。なかには、現代社会でもお手本にしたいようなリーダーシップのある武将・君主がいるのです。そこで今回は、三国志に登場するリーダーになったらお手本にしたい武将・君主7選を紹介していきたいと思います。


最新の投稿


桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

関羽(雲長)は桃園の誓いにて劉備(玄徳)らと義兄弟の契りを交わして以降、青龍偃月刀を愛刀としました。軍神と言われるほどの関羽(雲長)の活躍は関羽(雲長)個人の実力だけでなく、青龍偃月刀という武器が優れていたからと言っても過言ではありません。


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


三国志演義の武器は実在?

三国志演義の武器は実在?

三国志には関羽の青龍偃月刀や呂布の方天画戟など数多くの武器が出てきます。それらは後の世の物語などにも多くの影響を与えています。また、日本でも横浜の関帝廟などでは、青龍偃月刀をもっている関羽の像があります。これらの武器は実在していたのでしょうか?また、どのように生まれてきたのでしょうか?


蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

三国志といえば蜀!名君といえば劉備(玄徳)と多くの人が認識しているわけですが、これは三国志演義という小説が蜀や劉備をあたかも主人公視点のように書いているからでもあります。とはいえ劉備(玄徳)の人気はありますし、脚色であったとしても慕われる理由は知りたいので今回はその理由について考察してみることにしました。


呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

呂布(奉先)の方天画戟は高機能兵器だった

三国志で呂布(奉先)は「陣中の呂布、馬中の赤兎」と噂され、一人で一国一城を陥落させることのできると恐れられた武将です。彼には赤兎馬と言われる名馬がありましたが、もうひとつ彼の活躍を助けたのは方天画戟という高機能兵器の存在です。


https://sangokushirs.com/articles/196